2590件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-13 兵庫県議会 平成31年度予算特別委員会・速報版(第10日 3月13日) 未来を見据えても、航空機産業、ロボット、水素エネルギー、再生医療などの先端産業の国内市場規模は今後ますます大きく拡大することが見込まれている。県内には大型放射光施設SPring−8やX線自由電子レーザSACLA、また、今年8月で供用が終了するがスーパーコンピュータ、京など、世界をリードする科学技術基盤を有している。   もっと読む
2019-02-18 福岡県議会 平成31年 県民生活商工委員会 本文 開催日: 2019-02-18 これは、水素ステーションの整備に係る補助事業などにおきまして、年度内の事業完了が困難でありますことから繰り越しをお願いするものでございます。事業の実施に当たりましては、事業効果が早期にあわれますよう取り組んでまいります。  商工部所管分の説明は以上でございます。 もっと読む
2019-02-10 福岡県議会 平成31年2月定例会(第10日) 本文 研究会からは、二十七年の三月でございますけれども提言といたしまして、エネルギーを無駄なく最大限効率的に利用する社会、環境にも配慮したエネルギーが安価かつ安定的に供給される社会、水素を本格的に利活用する水素エネルギー社会の実現、新たなエネルギー関連産業の育成・集積による地域振興・雇用創出、この四つの目指すべき方向性が示されました。 もっと読む
2019-02-01 福岡県議会 平成31年2月定例会(第1日) 本文 このほか、将来の成長が見込まれるバイオ、ロボット、水素エネルギー、IoT、航空機といった先端成長産業の育成にも取り組んでまいりました。  農林水産業では、ブランド化、輸出促進、六次産業化を推進するとともに、担い手の確保、地産地消にも力を入れてまいりました。 もっと読む
2019-02-01 山梨県議会 平成31年2月定例会(第5号) 本文 国においても、昨年策定した第五次エネルギー基本計画において、水素を新たなエネルギーの選択肢とするための取り組みを強化する方針を掲げ、平成三十一年度予算では、水素関連の技術開発に重点配分するなど、世界に先駆けて水素社会を実現させるため、政府一体となって取り組む姿勢を明確にしています。   もっと読む
2018-12-19 東京都議会 2018-12-19 平成30年第4回定例会(第18号) 本文 ○環境局関係  一 水素社会の実現に向けて、水素の持つ大きな可能性について都民への普及を積極的に行うとともに、民間企業等と連携して費用対効果を鑑みた有効な取組を進められたい。  二 食品ロス削減・東京方式の確立に向けて、三分の一ルール等の商慣習の見直しを行い、食品ロスを削減していこうとする事業者と消費者が協働して取り組む行動プランを策定されたい。   もっと読む
2018-12-17 滋賀県議会 平成30年12月17日総務・政策・企業常任委員会−12月17日-01号 特にエネルギー、水素の利活用の問題とか、可能性のある課題がたくさんありますので、お互いがメリットのある形で取り組んでいきたいと思っています。まだまだ十分でなく反省点もありますが、そういった方向で取り組みたいと思っています。 ◆山本正 委員  滋賀県の隣接県であれば、岐阜県、三重県ですよね。 もっと読む
2018-12-14 山口県議会 平成 30年11月定例会-12月14日−07号 特に、本県が有する水素や木質バイオマスなどの地域資源を活用した産業創出は、一石二鳥にも三鳥にもなる取り組みであります。  政策提言の概要は以上のとおりでありますが、地方創生の取り組みを加速・深化していくためには、県民の皆様の御理解、御協力が不可欠であり、現場の声に耳を傾け、地域の実情をしっかりと踏まえた施策を構築することが求められています。   もっと読む
2018-12-14 福井県議会 2018.12.14 平成30年予算決算特別委員会 本文 再生可能エネルギーや、それから水素などの新エネルギー、そういったものについても検討すべきだというような意見もあるので、こちらについても今後、議論を深めていきたいと考えている。 ◯中井委員  今おっしゃったように、1市町1エネルギーということで地域おこしにもつながると思うので、積極的に進めていただきたいと思う。 もっと読む
2018-12-11 滋賀県議会 平成30年11月定例会議(第16号〜第22号)−12月11日-05号 また、グリーン・イノベーション分野におきましては、今後の市場拡大、関連ビジネスの展開が期待される水素・燃料電池関連分野のフォーラムを開催し、実用化を目指す県内の大学等研究機関の最新の研究成果発表が行われ、企業との共同開発に向けた動きにつながっております。   もっと読む
2018-12-11 鹿児島県議会 2018-12-11 平成30年企画観光建設委員会 本文 次に、二の豊かな自然との共生と地球環境の保全の水素エネルギー利活用促進検討協議会につきましては、本県の地域特性を生かした水素エネルギーの利活用を促進いたしますため、有識者等で構成する協議会を設置し、十月十七日、第一回目の会議におきまして水素の利活用促進方法などについて検討を行ったところであります。  三ページをごらんください。   もっと読む
2018-12-10 福岡県議会 平成30年12月定例会(第10日) 本文 このため、地域の中小企業の振興、将来の成長が見込まれますバイオ、水素エネルギー、IoT、航空機といった先端成長産業の育成、ブランド化など農林水産業の収益力の向上、地域の魅力ある資源を生かした観光の振興などに取り組んでいるところであります。 もっと読む
2018-12-08 福岡県議会 平成30年12月定例会(第8日) 本文 先端成長産業につきましては、バイオテクノロジー、水素エネルギー、IoT、航空機、そういった将来の成長と大きな雇用が見込まれます産業分野におきまして、企業の製品開発や参入に向けた支援を進め、さらなる関連産業の集積、拠点化というものを目指しているところであります。 もっと読む
2018-12-07 宮城県議会 平成30年 11月 定例会(第366回)-12月07日−06号 こうした中で、水素や蓄電、デジタル制御などのさまざまなイノベーションが創出され、原発依存度の更なる低減が期待されるところであり、その先にあるべき姿として、将来的には原子力発電に依存しないエネルギー政策が実現されるべきであるという私の考えに変わりはございません。   もっと読む
2018-12-05 群馬県議会 平成30年 第3回 定例会-12月05日-10号 国では、太陽光発電設備の抑制と、他の小水力発電やバイオマス発電、水素エネルギー等の再生可能エネルギーの活用に向けて、大きくかじを切ったのではないかというふうに考えられます。しかし、こうした、いきなり新しいエネルギーへ移行するということは、なかなか困難なことであります。 もっと読む
2018-12-05 山口県議会 平成 30年11月定例会-12月05日−04号 まず、産業維新の中から何回も質問してまいりました、水素社会の実現に向けた取り組みについてお聞きします。  成果指標には、水素ステーションの設置数について、現在の一カ所から二○二二年までに八カ所設置とされていますが、これはどのように具現化されるお考えでしょうか。水素の需要づくりも課題だと思いますが、ぜひ実現してもらいたいと思います。お尋ねしたいと思います。   もっと読む
2018-12-05 福井県議会 2018.12.05 平成30年第404回定例会(第3号 一般質問) 本文 福井県のエネルギー研究開発拠点化計画に先進的エネルギー水素活用実証試験と位置づけて国に強く要望すべきと提案しました。答弁では、研究開発の動向について情報収集し、水素や再生可能エネルギーの活用をした地域振興が重要、十分検討と知事より御答弁をいただきました。 もっと読む
2018-12-05 熊本県議会 平成30年11月 定例会-12月05日−02号 蓄電の技術については、余剰電力で水素を発生し、水素で備蓄する方法もあり、国では研究が進んでいると聞きます。この技術を活用すれば、再生可能エネルギーが無駄にならないのではないかと考えます。  県は、脱炭素社会の実現に向けて水素エネルギーの普及促進の方針を打ち出し、県庁内に水素ステーション及びFCV、燃料電池自動車を導入いたしました。これまでの普及啓発の実績及び今後の方向性をお尋ねいたします。   もっと読む
2018-11-06 北海道議会 平成30年第14回環境生活委員会会議録-11月06日-01号 二つ目の「地域の特性を活かした環境にやさしいエネルギーの導入等」につきましては、省エネ、新エネの導入支援や、水素社会の実現に向けた普及啓発などに取り組んだところであり、その評価といたしましては、今後、地域の特性を生かした低炭素なまちづくりを図るため、効果的な導入支援が必要としているところでございます。   もっと読む
2018-11-06 東京都議会 2018-11-06 平成30年公営企業委員会 本文 また、燃料電池バスを導入拡大していくには水素ステーションの整備が課題であることは、私も環境・建設委員会で深く議論をさせていただいておりましたので認識はしております。  一方で、新砂の水素ステーションでは、燃料電池バスに対応できるよう改修していると聞いております。   もっと読む