165件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

富山県議会 2018-12-10 平成30年第5回定例会(第12日・12月10日) 本文

次に、近年、川越も多くの外国人が在住しておられますけれども、外国人の利用者の現状と対応はどうなのかお伺いをいたします。  全国では図書館カフェという事業があります。有名なのが佐賀県武雄のカフェで、会派でも視察させていただいたこともありますが、閲覧スペースにコーヒーなどの飲料を持ち込み、本を読むことができ、読書環境づくりの一つとして図書館カフェは理想的な施設だと思いました。

長崎県議会 2018-09-25 平成30年  9月定例会 環境生活委員会-09月25日−02号

新幹線工事の建設費について、年度ごとの実際の上昇状況が赤の折れ線で示されておりますが、平成24年度に武雄温泉−長崎間の認可を受ける以前は、年平均1%程度の上昇率だったのが、平成24年度以降に、平成29年度までの5年間で11%の上昇があり、年平均にすると約2%の上昇となっております。  

石川県議会 2018-02-01 平成30年 1月第 1回定例会−02月01日-02号

民間事業者等のノウハウや経験則を取り入れることにより、サービスの向上と経費の節減が期待され、レンタル大手TSUTAYAの運営する企業が佐賀県の武雄図書館の運営に乗り出して話題となりました。本県でも、スポーツ施設は総合スポーツセンターや野球場を初め多くの県立施設で指定管理者制度を導入しております。ところが、美術館や歴史博物館などの文化施設の運営はほとんどが直営で行われております。

宮城県議会 2017-12-07 平成29年 11月 定例会(第362回)-12月07日−06号

ことしの三月に九州オルレ武雄コースの視察に、佐賀県武雄を訪れた際には、ことし中にここまでこぎつけることができるとは思っておりませんでした。調印式まで迎えた今、この済州オルレそのものの説明は不要かと思いますが、さきに日本国内で運用を開始している九州オルレからは、学ぶことが多いのではないかと思います。  九州オルレは、二〇一二年二月に四コースからスタートしました。

岐阜県議会 2017-03-17 平成29年  2月定例会 厚生環境委員会-03月17日−01号

◎篠田環境管理課環境安全推進企画監   この経費は、県と3で共同設置しております核融合科学研究所の安全監視委員会に要する経費がほとんどでございまして、この監視委員会のほうで中性子の測定を年2回、それからトリチウムの測定をと分担して年4回実施しておるところなんですが、これまで核融合科学研究所の監視委員会は年2回開催をしておりましたが、実験が始まったということで、今回の実験の結果を見るということで、

石川県議会 2016-12-15 平成28年12月15日予算委員会-12月15日-01号

問題はこの考え方で全国的にTSUTAYA図書館武雄とか海老名とか多賀城で導入されましたけど、さまざまな問題が起きているのは御承知のとおりです。なぜそうなるかというと、図書館の基本的機能や発展を図るということではなくて、ただ、まちのにぎわいのために図書館を利用すると、こういう発想に立つからゆがみが出てくると。ここに私はしっかり目を向けておく必要があるのではないかと思います。  

山形県議会 2016-12-08 平成28年 12月 定例会(第378号)-12月08日−03号

近年話題を呼んだ図書館としては、佐賀県武雄のTSUTAYAを経営するカルチュア・コンビニエンス・クラブと組んで展開した画期的な図書館、入館者や貸し出し冊数などあらゆ指標で全国トップクラスの順位を誇る岡山県立図書館、この二つのパターンが二大巨頭であろうかと思います。  

埼玉県議会 2016-09-29 平成28年  9月 定例会-09月29日−02号

七、県立図書館の一館体制に向けた整備について。  本県の県立図書館は昨年三月、浦和図書館が閉館し、現在、久喜と熊谷の二館体制になっています。県立図書館をめぐっては、議会でも平成二十五年から平成二十六年に盛んに質問がなされ、新たな一館体制に向けて平成二十六年度は新図書館準備のための予算が付けられておりました。しかし、どうでしょう。

長崎県議会 2016-09-27 平成28年  9月定例会 文教厚生委員会-09月27日−03号

◎山本新県立図書館整備室長 長崎県立・大村市立一体型図書館の特徴といたしましては、県と大村が共同で運営をする一体型図書館ということがまず一つ特徴でございます。  これによって、県立図書館と市立図書館の機能と役割をそれぞれ明確にすることで、一般貸出等の市民サービスについては大村市立図書館が、各市町立図書館への協力貸出、あるいは協力レファレンスといった市町支援については県が重点的に役割を担う。

鳥取県議会 2016-05-01 平成28年5月定例会(第4号) 本文

しかし、米子、倉吉、智頭町、日野町、日吉津村の単独事業については理由を示すことなく不採択となりました。いずれも当該市町村にとって重要な事業であり財源だと思いますが、今後これらの事業の採択と財源の補填の道はあるのか知事にお尋ねします。  

長崎県議会 2016-03-18 平成28年  2月 定例会-03月18日−06号

次に、教育委員会関係について、新県立図書館の整備に関し、県立・大村市立一体型図書館の設計については、だれもが利用しやすい施設となるよう障害者団体などの意見を聞きながら進めているのかとの質問に対し、現在、県と大村で協議を行うとともに、大村を通して、障害者団体の意見等を伺っており、駐車場の配置や多目的トイレの仕様など、ユニバーサルデザインに配慮した施設として整備を進めていきたいとの答弁がありました。

岐阜県議会 2015-12-11 平成27年 12月 定例会(第5回)-12月11日−04号

次に、岐阜県図書館のこれからというテーマで質問をいたします。前回の定例会でも渡辺県議、山本県議、今回は野村県議からも重要な御指摘がございました。岐阜の新図書館メディアコスモスのオープンが議論の発端ですが、実はこうした公立図書館のあり方をめぐる議論は、今、全国各地で沸き起こっているホットなテーマなのです。  全国的な議論の一因には、佐賀県の武雄図書館がもちろんあります。

岐阜県議会 2015-12-09 平成27年 12月 定例会(第5回)-12月09日−02号

まず、七月十八日にリニューアルオープンした岐阜市立中央図書館から考える県図書館の機能強化についてお尋ねします。  十月四日、お隣の愛知県小牧では、市議会議員選挙と同時に、レンタル大手のTSUTAYAの運営会社と地方自治体が連携した新タイプの図書館をめぐって住民投票が行われた結果、新築計画への反対多数でが見直しを迫られる結果となりました。