運営者 Bitlet 姉妹サービス
74件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-10-02 北海道議会 平成30年第3回予算特別委員会第1分科会−10月02日-02号 アイヌの人たちに語り継がれる物語には、森羅万象に命があって、人間が大事だと思うものは全て神様という、神と自然と人間の関係についての教えがあり、アイヌの人たちは、多くの神に祈り、大自然と共生してきました。  自然の一部として人間が存続しているという世界観こそ、現代を生きる我々は学ぶべきではないでしょうか。   もっと読む
2017-09-29 滋賀県議会 平成29年 9月定例会議(第9号〜第14号)−09月29日-04号 また、外国人に紹介したい四字熟語というウェブリオさんの2015年調査でも、何と一期一会がトップで75.9ポイント、花鳥風月が2位で31.6ポイント、3位が誠心誠意で30.2ポイント、4位が森羅万象で19.4ポイント、5位が因果応報と一日一善ということで18.1ポイントでありました。 もっと読む
2017-09-29 滋賀県議会 平成29年 9月定例会議(第9号〜第14号)−09月29日-04号 また、外国人に紹介したい四字熟語というウェブリオさんの2015年調査でも、何と一期一会がトップで75.9ポイント、花鳥風月が2位で31.6ポイント、3位が誠心誠意で30.2ポイント、4位が森羅万象で19.4ポイント、5位が因果応報と一日一善ということで18.1ポイントでありました。 もっと読む
2017-06-27 福島県議会 平成29年  6月 定例会-06月27日−一般質問及び質疑(一般)−04号 教員は、教職に対する強い情熱と教育の専門家としての確かな力量を持つ必要があるのはもちろんでありますが、吉川英治の「我以外皆我師」という言葉のように、森羅万象全てのものが自分に何かを教えてくれる先生だという、あらゆるものから学び続けようという姿勢も重要であります。   もっと読む
2015-10-14 京都府議会 2015.10.14 平成27年決算特別委員会 書面審査 商工労働観光部 本文 とか、そういったものの背景がきちんと伝わって海外の人に販売されているのならば、私は本当に観光とか文化、日本の持ち味とか個性が理解された形での商工業の発展として本当に意義あるものになると信じているのですけれども、いかんせんこういう形でこういうものでしたら売れるんやとか、テクニックで走っている方も一部おられて、片や逆になかなか法律で規制されて登り窯でしかやらないという人も、自然の火の中で、人知を越えた森羅万象 もっと読む
2013-12-05 宮城県議会 平成25年 11月 定例会(第344回)-12月05日−06号 日本は古来から山川草木、森羅万象、あらゆる自然に精霊が宿る、神々が宿るという自然崇拝をベースにしてきました。その自然崇拝の上に多神教の世界観が形成され、日本人の宗教観や価値観の基礎がつくられ、歴史、文化、伝統が織りなされてきました。命あるものすべては互いに連環し合い、生物多様性が保たれた豊かな生態系をはぐくんできたのです。 もっと読む
2013-12-05 宮城県議会 平成25年 11月 定例会(第344回)-12月05日−06号 日本は古来から山川草木、森羅万象、あらゆる自然に精霊が宿る、神々が宿るという自然崇拝をベースにしてきました。その自然崇拝の上に多神教の世界観が形成され、日本人の宗教観や価値観の基礎がつくられ、歴史、文化、伝統が織りなされてきました。命あるものすべては互いに連環し合い、生物多様性が保たれた豊かな生態系をはぐくんできたのです。 もっと読む
2013-09-01 和歌山県議会 平成25年9月 和歌山県議会定例会会議録 第2号(全文) 産業、経済、教育、文化など、森羅万象にわたって本県とオリンピックについての効用、メリット、そういったものの具体的なものがあれば知事の発言からお示しいただけたら、かように思います。 ○議長(山田正彦君) 知事。    もっと読む
2013-03-11 鳥取県議会 2013年03月11日 平成25年2月定例会(第7号) 本文 私たちはいにしえから、1枚落ちる花びらにもそこに命があるというふうに考え、森羅万象に対して慈しみや感謝の念を持ってきた、それが僕は日本人だと思っています。その価値観がもったいないという言葉に集約されていると思いますし、今回の環境イニシアティブのところも、やっぱりそこがベースにあると思うのですよ。やっぱり必要なエネルギーを大切に使っていこうと。 もっと読む
2013-02-27 長野県議会 平成25年 2月定例会本会議-02月27日-03号 いにしえより、日本人は、やおよろずの森羅万象に神を見出し、自然に対し畏敬の念を持つなど、自然を敬い、大切にし、山と水、森と岩といったものの存在に神秘を感じ、常に自然とともに生きてきました。日本人が持ち続けてきたこの感性は、未来永劫受け伝え、そして守り育てていくべきものと考えます。   もっと読む
2012-09-13 大分県議会 平成24年 第3回定例会(9月)-09月13日−04号 さて、ご案内のとおり、本年、二〇一二年は、天地明察のとおり、森羅万象の本質をはっきりと見抜く時代となっております。  まず、天を見上げれば、金環日食のゴールデン天体ショーが、人間の善悪に関係なく、平然と宇宙の数理性と法則性にのっとり眼前で繰り広げられたところであります。   もっと読む
2012-09-13 大分県議会 平成24年 第3回定例会(9月)-09月13日−04号 さて、ご案内のとおり、本年、二〇一二年は、天地明察のとおり、森羅万象の本質をはっきりと見抜く時代となっております。  まず、天を見上げれば、金環日食のゴールデン天体ショーが、人間の善悪に関係なく、平然と宇宙の数理性と法則性にのっとり眼前で繰り広げられたところであります。   もっと読む
2012-07-03 北海道議会 平成24年第2回予算特別委員会第2分科会−07月03日-04号 自然災害に限らず、児童生徒の生活、生命を守る上で、想定にとらわれない──よく想定外と言いますが、想定外というのは、自分方が勝手につくり出したことでありまして、森羅万象の自然界では、いろんなことが起こるわけでありますから、想定にとらわれないで、みずからが適切に判断して危険を回避する能力を育成するということは大変重要でありますので、こうした視点から、安全教育の充実をぜひ道教委としても図っていただきたい、 もっと読む
2012-06-27 福島県議会 平成24年  6月 定例会-06月27日−一般質問及び質疑(一般)−05号 森羅万象のいろいろなものは、全て原点というものがあります。その原点からいろいろな枝葉に行くまでは、自然界のものに置きかえますと種であります。  復興という大きな大木の実にさせていくためには、まず本年、復興元年と称した中で、その種がよりしっかりしたもので、気概を持って重いものでなければならないと感じるわけであります。 もっと読む
2012-02-28 兵庫県議会 平成24年 2月第312回定例会(第6日 2月28日) ちょうど世界各地の創生神話が宇宙における森羅万象の象徴である渦をモチーフとして作られたのと同じように、我が国の古代人も鳴門海峡で見られる世界最大の渦潮から国が生まれたのだという気持ちを持ったとしても、何ら不思議なことではありません。  そして、鳴門海峡の渦潮のメカニズムを解明することによって、地球創生のメカニズムが科学的に実証される。そして、それが世界遺産登録につながる。 もっと読む
2010-12-01 青森県議会 2010.12.01 平成22年第264回定例会(第4号)  本文 別の方は、もともと日本は森羅万象を神とし、敬意と畏怖を抱いて自然との調和の中で生きてきたのですが、それを忘れたことで森羅万象からのしっぺ返しを受けているのだと思います。白神山地、三内丸山遺跡、十三湖などなど、青森にはそれを思い出させてくれるものが多く残っていますね。今後の日本社会の目指していく方向性を青森から示していけるとよいですね。本当にありがとうございました。   もっと読む
2009-12-09 京都府議会 2009.12.09 平成21年11月定例会(第6号)  本文 日本人はみずからを取り巻く森羅万象に対して、さまざまな力・作用を認め、それに驚き、感動し、現象や物質を通して「偉大なる何か(サムシング・グレート)」を感得していました。それが、例えば小泉八雲など幕末・明治に訪日し、あるいは定住した多くの欧米人が驚嘆したやおよろずの神々が住まう国だったのであります。   もっと読む
2008-12-05 福岡県議会 2008.12.05 平成20年12月定例会(第5日) 本文 すなわち、森羅万象を意味するものであり、宇宙間に存在する数限りない一切の物事を指し示しているようであります。このため、知事の言うように、知の拠点づくりもユニバーシティーの原義を踏まえたコンセプトということになります。したがって、医学部の移転問題は、伊都キャンパスが未来型大学都市のかぎを握っているのではないか、こんな気がしてなりません。 もっと読む
2008-03-11 大分県議会 平成20年 第1回定例会(3月)-03月11日−07号 古来より、森羅万象の変化は、天の時、地の利、人の和によって遂行されると申しますが、まさしくこのたびの高速道路の開通は、天の時であり、地の利となるものであります。くしくも本年十月の大分国体開催や映画「釣りバカ日誌」の撮影と全国放映は佐伯の知名度を大幅に向上させ、数多くの来客を運び込むことでしょう。 もっと読む
2008-03-11 大分県議会 平成20年 第1回定例会(3月)-03月11日−07号 古来より、森羅万象の変化は、天の時、地の利、人の和によって遂行されると申しますが、まさしくこのたびの高速道路の開通は、天の時であり、地の利となるものであります。くしくも本年十月の大分国体開催や映画「釣りバカ日誌」の撮影と全国放映は佐伯の知名度を大幅に向上させ、数多くの来客を運び込むことでしょう。 もっと読む