6982件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

富山県議会 2019-06-14 令和元年第3回定例会(第11日・6月14日) 本文

まず、都市計画マスタープランの全体構想における位置づけですが、小畔川流域は、荒川、入間川、新河岸川、不老川等の市内を流れる主要河川や伊佐沼、低地に広がる水田などとともに、河川及び河川沿いの自然豊かな地域として、市の輪郭となる自然の軸とに位置づけ、都市環境の骨格づくりに要する親水空間の保全、活用を進めることとしております。  

東京都議会 2019-06-12 2019-06-12 令和元年第2回定例会(第11号)(速報版) 本文

昨今、少子高齢化の社会を迎え、家族化が進むに当たり、都民の墓地に対する意識、ニーズは変化を遂げていることから、都立霊園八園を運営する東京都として今後どのように取り組んでいくかが、都民にとって大きな関心事です。  墓地に対する民間の相談業務の内容を伺うと、かつては墓地を備えるための費用の工面についての相談が主だったそうです。

東京都議会 2019-06-11 2019-06-11 令和元年第2回定例会(第10号)(速報版) 本文

ICTをエンジンに例えるならば、データは燃料であります。まさに二十一世紀の石油といえます。いかにそれを活用するかが、激化する国際競争を制するかといっても過言ではございません。  こうした中で、巨大なプラットフォーマーがビッグデータを活用し利益を上げ存在感を増す一方、我が国はその後塵を拝しているといわざるを得ません。  

東京都議会 2019-03-19 2019-03-19 平成31年公営企業委員会 本文

提言では、TSSのとなるべき固有社員を着実に育成し、中長期的にその比率を高めていくことが重要であること、属性によらず誰しも正当かつ客観的に評価され、昇任する人事制度が不可欠であること、早期に固有社員の中から管理職に登用される人材を育成することを求めています。  

石川県議会 2019-03-15 平成31年 2月第 1回定例会−03月15日-06号

反対する第一は、実質賃金の落ち込み、家計消費の冷え込みなど、この秋からの消費一〇%増税の根拠が全て崩れ去ったにもかかわらず、国言いなりに増税を容認する上に兼六園入園料や水道用水供給料金値上げなど、県民に増税を負担させる予算案になっているからであります。内閣府が三月七日に発表した一月の景気動向指数は三カ月連続で悪化、景気判断を足踏みから下方への局面変化に引き下げました。

茨城県議会 2019-03-14 平成31年総務企画常任委員会  本文 開催日: 2019-03-14

右側備考欄の1番目の原子力地域振興事業費補助につきましては,燃料等取扱の一部を財源としまして,関係市町村の公共施設整備などへ助成するものでございます。  計画推進課の歳出合計といたしまして45億5,058万1,000円でございます。財源の内訳については記載のとおりでございます。  計画推進課の説明については以上でございます。

茨城県議会 2019-03-14 平成31年防災環境産業常任委員会  本文 開催日: 2019-03-14

また,2の販路開拓事業といたしまして,展示会出展をといたしまして海外販路開拓に対しまして,助成期間1年,上限100万円の助成制度を設けてまいります。  いずれも補助率は3分の2でございます。  このほか,旧基金でありますいばらき産業大県創造基金の終了に伴いまして,無利子貸付を受けていた中小企業基盤整備機構に対しまして,未使用の運用益を返還する金額もあわせて計上してございます。  

兵庫県議会 2019-03-08 平成31年度予算特別委員会・速報版(第8日 3月 8日)

中でもLNG液化天然ガスは燃焼時のCO2排出量が最も少なく、石炭の約6割、窒素酸化物は約4割、硫黄酸化物は排出ゼロで、ばいじんもほとんど発生しないことからクリーンな燃料とも言われている。また、天然ガスは埋蔵量が豊富で、世界各地で産出されていることから、安定的に入手できることも重要なメリットと言われている。

青森県議会 2019-03-08 平成31年度予算特別委員会(第2号)  本文 開催日: 2019-03-08

このため、本事業では、観光マーケティングの専門家によるマーケティング集団をとして、各種統計データを定期的に分析し、その勘どころを観光事業者と共有するとともに、日本版DMO候補法人等と定期研究会を開催ことにより、地域のマーケティングを担う人財を育成していくこととしております。  

青森県議会 2019-03-07 平成31年第297回定例会(第7号)  資料 開催日: 2019-03-07

                                      渡 部 秀 逸                                       酒 田   孝 青森県議会・議長  熊 谷  雄 一  殿 11 発 議 第 1 号  原子力発電・燃料

愛媛県議会 2019-03-07 平成31年経済企業委員会( 3月 7日)

7は、AI、IoT等の政策推進に向けて、産学金官によりますオープンなコンソーシアムをとして情報共有を行うとともに、県内企業におきますAI、IoT等の導入、活用を促進するための経費でございます。  8は、AI、IoTの技術を活用いたしまして、外国人観光客の県内周遊や消費傾向等のビッグデータを収集・分析してオープンデータ化し、デジタルマーケティングへの活用等につなげるための経費でございます。  

福井県議会 2019-03-04 2019.03.04 平成31年予算決算特別委員会 本文

また、その財源を先般から言っている森林環境の中でやるのだろうと思うが、森林環境も東京あたりにすれば、それは税金であるから取るのは取ればいいが、なかなかそう簡単なことではない。1,000万人の住民がいて、そこで1年間に1,000円ずつもらうとしても、そう簡単に金が入ってくるわけではない。

京都府議会 2019-03-04 平成31年予算特別委員会当初予算審査小委員会 書面審査 政策企画部 本文 開催日: 2019-03-04

これから地方独自の財源がなかなか厳しくなってくる中で、いわゆる総額だけがわかって、細かい明細のわからん地方交付みたいなものだけに頼ってやっていくと、何か国の予算が厳しくなってくるとどんどん切られてくるみたいなものだけではなくて、いろんなところで細かく取っていくことを考えていくべきではないかと思いますし、またキャッシュレスとか、国自身が消費の増税をするときに、そういうことを進めようとしているわけで

兵庫県議会 2019-03-04 平成31年度予算特別委員会・速報版(第4日 3月 4日)

こうした状況を踏まえて、これまで市町単位で行っていた募集活動を兵庫県として行うこととし、新たに神戸に設置する、ふるさと応援交流センターをとして、隊員の確保に努力していく。 ○(藤田孝夫委員)  関連があるので、兵庫県版の地域おこし協力隊に期待される人物像と役割について、続いてお聞きしたいと思う。