運営者 Bitlet 姉妹サービス
4874件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-12 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月12日−03号 次に、生産性の向上とイ業農家の経営安定についてでございますが、本県イ業の中心地であります八代地方を初め本県の生産地帯は、灌漑排水、圃場整備等の生産基盤の整備が進められまして、省力機械化が積極的に導入されているため、一戸当たりの経営規模も他県に比べて著しく大きく生産性も比較的高くなっております。   もっと読む
2018-12-14 福井県議会 2018.12.14 平成30年予算決算特別委員会 本文 生産については、圃場内の排水溝の設置に加えて、畝を立てながら種をまいていく、いわゆる小畝立て播種をこの5年間で1,000ヘクタール拡大し、1,200ヘクタールに、また、PRについては全国に発信力のある首都圏において、石臼でひいた香りの高い在来種のそばを食べる機会というのをふやしたり、福井でそば店をめぐるツアーを行っていきたいというように考えている。 もっと読む
2018-12-10 福井県議会 2018.12.10 平成30年産業常任委員会及び予算決算特別委員会産業分科会 本文 今年度から、中山間の傾斜のある条件不利地において、集落単位で農業に取り組む集落に対し、営農に必要な農業機械や園芸施設の整備について支援を行っている。今年度は、敦賀市や大野市、南越前町などの19集落で導入する機械、施設に対して支援を行っているところである。  また、里山里海湖ビジネス研修には、現在、61名が受講している。 もっと読む
2018-11-28 青森県議会 2018.11.28 平成30年第296回定例会(第2号)  本文 次に、林業についてお尋ねしたいと思います。  午前中に、専門家でもあり、大先輩でもある成田議員のほうから、林業のことについては詳しく質問されたところでございますけれども、私からも少し別の点からお伺いしたいと思います。  県産材の利用促進についてでありますけれども、山を育てること、そして木を育てること、いわゆる林業は大変な作業なんですね。 もっと読む
2018-11-01 富山県議会 平成30年11月定例会 一般質問 本県林業の振興のため、バイオマス発電所への県産間伐材等の出材を促進するなど、良質材から低質材まで、全ての材が有効に活用されるよう、流通の仕組みの整備などを図る必要があると考えます。射水市の木質バイオマス発電所の材料として間伐や主伐で発生する低質材が有効活用されることは、森林整備の推進と林業の振興につながると思いますが、農林水産部長に伺います。   もっと読む
2018-10-31 愛媛県議会 平成30年農林水産委員会(10月31日) なお、18億8,136万8,000円を繰り越しておりますが、主な繰越事業と繰越額は、かんがい排水事業費7億4,738万4,000円、担い手育成基盤整備事業費5億5,153万1,000円、農村総合整備事業費2億6,919万円、農道整備事業費2億1,277万8,000円などでございます。これは工事に係る諸調整に不測の日数を要したことにより生じたものでございます。   もっと読む
2018-10-11 茨城県議会 平成30年決算特別委員会  本文 開催日:2018.10.11 災害のおそれのあります農業用河川工作物などの整備を行う,ため池等整備事業,湛水被害を防止するための排水施設の整備を行う湛水防除事業,地盤沈下によります機能低下した用排水施設の改修を行う地盤沈下対策事業を実施するものでございまして,合わせて12地区で実施したものでございます。  続きまして,3)の事業の成果及び今後の課題でございます。   もっと読む
2018-10-10 長野県議会 平成30年 9月定例会本会議-10月10日-07号 今回被害が発生した小江川は、茅野市が所管する都市下水路で上川の堤防より約4メートル低いことから、上川増水時に逆流防止のゲートや排水ポンプが必要となる水路です。  浸水被害を防ぐ抜本的な対策は、小江川において茅野市が実施する上川合流点への逆流防止ゲートと排水ポンプの設置ですが、上川の水位を低下させることも被害軽減に寄与するものと思われます。 もっと読む
2018-10-04 長野県議会 平成30年 9月定例会本会議−10月04日-04号 点検の結果、18カ所のため池におきまして、豪雨時にため池からの排水を阻害する倒木などがあったため、今後の台風等に備えまして撤去するなどの対応を行いました。また、利用していないため池140カ所があるということが判明しまして、管理者が埋め立てなどによる廃止について検討を始めたところでございます。   もっと読む
2018-09-27 東京都議会 2018-09-27 平成30年第3回定例会(第13号) 本文 の育成、木材需要の創出などの取り組みを重ね、将来を見据えた林業の振興を図っていくことが重要でございます。   もっと読む
2018-09-25 福島県議会 平成30年  9月 定例会-09月25日−一般質問及び質疑(一般)−04号 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構、略称農研機構の調査によれば、九州北部豪雨災害では、ため池に流木がたまり、排水がスムーズに行われず、たまった水が一気に流れ出て決壊の重大な被害が発生しましたが、一部その他のため池の調査結果では、上流からの土石流を池敷に貯留し、下流の被害軽減に貢献した箇所も見られたと発表しております。 もっと読む
2018-09-25 群馬県議会 平成30年 第3回 定例会-09月25日-03号 汚水処理施設といいますと、下水道、農業集落排水、合併処理浄化槽の総称ということでありますが、その普及率は、御承知のとおり、文化度をあらわすバロメーターというふうにも言われております。平成29年度の普及率は、全国平均が90.9%、本県平均は80.5%でありまして、都道府県の順位で申し上げると36位という状況であります。 もっと読む
2018-09-18 佐賀県議会 平成30年農林水産商工常任委員会 本文 開催日:2018年09月18日 協定内の農地や集落の将来像を取りまとめました「集落戦略」を策定した集落協定につきましては、五年間、維持できなくなった農地が出たとしても、集落に交付された全額ではなく、その維持できなくなった農地に交付された金額のみ返還することが可能となりまして、協定参加者の負担が軽減されたところでございます。   もっと読む
2018-08-03 愛媛県議会 平成30年農林水産委員会( 8月 3日) 続きまして、農業・林業・水産の分野別に被害状況等を御説明します。  まず、農業関係のうち農地・農業用施設等の農地について御説明いたします。   もっと読む
2018-07-03 千葉県議会 平成30年_農林水産常任委員会(第1号) 本文 2018.07.03 県では、これらの異状を発見した後、万一の場合に備えてダムの水位を下げるため、直ちにポンプ車等により強制的に排水を行いました。さらに、応急対策として、雨が降っても水位が上がり過ぎないよう切り欠き工事も行っております。   もっと読む
2018-06-28 福島県議会 平成30年  6月 定例会-06月28日−一般質問及び質疑(一般)−04号 その譲与割合の基準は、私有林人工林面積や林業就業者数と人口です。今後森林整備に資する財源を安定的に確保するには、この(仮称)森林環境譲与税の配分率を向上させていかなくてはなりません。  また近年、全国各地で都道府県立の森林アカデミーや林業大学校が設立され、森林技術者や林業、木材産業の中核となる人材を育成する動きが加速しております。 もっと読む
2018-06-27 高知県議会 平成30年  6月 定例会(第344回)-06月27日−02号 当該金銭の支払い時期につきましては、林業経営者が伐採後に利益を得た時期等が考えられるところでございます。  また、経営管理実施権の設定を受けた森林における林業経営につきましては、林業経営者の責任のもとで行われることとなりますので、林業経営が赤字になった場合につきましては、林業経営者が負担することとなり、市町村からの補填については想定されておりません。   もっと読む
2018-06-26 富山県議会 2018.06.26 平成30年農林水産委員会 ただ、今ほど申し上げましたロボットは、大型で特殊な車両であるといったことで、例えばほ場間の移動が非効率になったり、排水の悪いほ場では、機械の旋回時に沈んでしまったりといった課題も明らかになっているところでございます。   もっと読む
2018-06-26 宮城県議会 平成30年  6月 定例会(第364回)-06月26日−03号 現在も伊豆沼二工区、五ケ村堀排水機場など取り組みをいただいております。また、旧迫川地区国営かんがい排水事業及び県営排水事業により排水不良地もほぼ解消していると認識をしておりますが、何せ揚排水施設は設置後の経年劣化が著しくなってきております。現実に過日も大泉機場の不具合がありました。 もっと読む
2018-06-12 茨城県議会 平成30年営業戦略農林水産常任委員会  本文 開催日:2018.06.12 農業農村整備事業につきましては,水田や畑地の整備,農業集落排水事業など,合計9地区において新たに実施することとしてございます。その取り組みにつきまして,詳細,後ほど担当課長から御説明をいたします。  次に,21ページをお願いいたします。  第三者管理協議会制度の農業技能実習事業協議会制度への移行についてでございます。   もっと読む