運営者 Bitlet 姉妹サービス
12485件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-13 東京都議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文 事業化に当たりましては、将来的な需要の見通しや収支採算性の確保につきまして、十分な見きわめを行うことが必要でありますことから、今年度、鉄道の利用実態や沿線まちづくりの将来計画等を踏まえた需要予測を実施いたしました。この結果、延伸により、一日約三万人のお客様が増加する見込みとなりました。   もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 今年度は、国の答申において事業化に向けた検討などを進めるべきとされた六路線を中心に、国や鉄道事業者等の関係者と連携し、需要や採算性の検証などを実施してまいりました。   もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 大会輸送につきましては、TDM、いわゆる交通需要マネジメントの夏のトライアルに向けまして、大会輸送影響度マップの充実を図るとともに、説明会の機会をふやすなど、丁寧に対応し、企業の方々の大会に向けた準備を促すことによりまして、経済活動と円滑な大会運営の両立を実現してまいります。   もっと読む
2019-02-26 東京都議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文 救急活動体制の強化について伺います。  高齢化社会の進展に伴い、東京消防庁管内の救急出場件数は、平成二十二年度から増加しています。そこで、東京消防庁は、増加する救急車の出場に対応するため、救急車の適正利用の徹底を都民に促すことで、一分一秒でも早く利用者のところへ到着することが、一人でも多くの命を救うことと認識し、日夜活動をしているものと思います。   もっと読む
2018-12-19 東京都議会 2018-12-19 平成30年第4回定例会(第18号) 本文 このような中、東京二〇二〇大会の成功に向けた万全の準備を進めるとともに、少子高齢化への対応や防災対策の強化、社会インフラの更新需要への対応に係る経費など、今後も膨大な財政需要に対応していかなければならない。課題解決のために都の実態を踏まえた実効性のある施策を着実に推進していくには、強固で弾力的な財政基盤を維持し、更に構築する必要がある。   もっと読む
2018-12-19 石川県議会 平成30年12月19日厚生文教委員会-12月19日-01号 まず前提としまして、県立中央病院も含めた県内の救急医療機関は、これまでも土日や5連休などの大型連休も必要な救急患者については、受け入れているところです。今回は、10連休となりますので、平日の一般診療の体制がどうなるのかということで新聞などでもいろいろ報道されています。  具体的には、例えば医師会や歯科医師会、薬剤師会などとも御相談しながら決めなければいけないと思います。 もっと読む
2018-12-18 石川県議会 平成30年12月18日予算委員会−12月18日-01号 また、民間医療施設につきましては通常の医療施設は対象となってございませんが、救命救急センターや病院群輪番制病院等の政策医療を実施している病院、そういう施設につきましては国から2分の1の補助が受けられる、そのような制度になってございます。 もっと読む
2018-12-13 石川県議会 平成30年12月第 5回定例会-12月13日-04号 〔健康福祉部長(片岡穣君)登壇〕 ◎健康福祉部長(片岡穣君) 私からは一点、県防災総合訓練に関連し、ドクターヘリによる救急搬送訓練における関係機関からの声についてお答え申し上げます。  県立中央病院に導入したドクターヘリにつきましては、救急患者の早期の救命措置や高度医療機関までの搬送時間の短縮によりまして、平常時はもとより災害時においても患者の救命に大きく貢献することが期待されております。 もっと読む
2018-12-11 福井県議会 2018.12.11 平成30年厚生常任委員会及び予算決算特別委員会厚生分科会 本文 今後は、運航実績をもとに、福井、滋賀両県の医療・救急関係者と要請基準や連携体制の検証を行い、より効果的に運航できるよう改善していく。  岐阜県との共同運航については、大野市街地では救急車による福井市内への搬送時間が約30分であり、ドクターヘリによる短縮効果が生じないということから、和泉地区及びその周辺を対象に岐阜県と協議を進めている。   もっと読む
2018-12-11 石川県議会 平成30年12月第 5回定例会−12月11日-03号 そんなさまざまなニーズに合わせて専門のスタッフがサポートするILACに本県は本腰を入れ、次なるステップとして先般ILAC大阪を開設したと話題になっていますが、いよいよ関西圏への需要拡大に向けて期待をするところでもあります。  そこで、社会人や学生のUIターンについて今年度のILACの成果と、先般開設したILAC大阪を含め、今後の意気込みをお聞かせください。   もっと読む
2018-12-11 鹿児島県議会 2018-12-11 平成30年総務委員会 本文 一、緊急消防援助隊九州ブロック合同訓練の実施については、十一月十日と十一日の二日間、大規模災害の発生時に円滑な消防・救急・救助活動が図られるよう、東串良町の俣瀬橋河川敷などを会場に、九州各県の緊急消防援助隊による合同訓練を関係機関とともに実施したところでございます。   もっと読む
2018-12-10 北海道議会 平成30年第4回予算特別委員会第1分科会-12月10日-04号 新たなヘリの主な特徴といたしましては、飛行中の急な天候悪化により視界が不良となった場合にも、安全に航行ができる機能の強化が図られていることや、巡航速度、最大航続距離においてすぐれており、安全で迅速な救急・救助活動ができるものと考えているところでございます。 もっと読む
2018-12-10 鹿児島県議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第6日目) 本文 県では、製造業者への安定供給に向け、県酒造組合と連携して、県産焼酎こうじ用米の需要量を把握し、生産者団体を通じて生産者に情報提供するとともに、県段階で設定できる産地交付金の単価を平成三十年度から引き上げるなど、県産焼酎こうじ用米の作付拡大を推進しているところであります。   もっと読む
2018-12-05 群馬県議会 平成30年 第3回 定例会-12月05日-10号 次に、他団体等との連携状況でございますけれども、まず、民間との連携につきましては、不動産関連団体等を通じた物件情報の周知や、業者等へのメールマガジンによります情報発信、土地の需要を把握するための民間事業者との情報交換などを行っております。 もっと読む
2018-12-04 石川県議会 平成30年12月第 5回定例会-12月04日-01号 また現在、金沢以西延伸後の需要予測調査を行っており、今後、調査結果を踏まえ、来年度に予定するIRいしかわ鉄道の経営や運行に関する基本方針の策定に向けた検討を進めてまいります。  国内誘客につきましては、東北と北陸を結ぶ直通新幹線が去る十月に仙台発と金沢発の双方向で運行され、先月には初めてとなる福島発の直通新幹線が運行されました。 もっと読む
2018-12-04 北海道議会 平成30年第4回定例会-12月04日-04号 次に、米政策についてでありますが、国の米政策の見直しにより、平成30年産米から、産地の判断で、需要に応じた米生産に転換されているところでありますけれども、本道では、稲作の経営安定を図るために、これまでの生産数量目標にかわる生産の目安を設定し、オール北海道で、需要に応じた米生産に取り組んできたところであります。   もっと読む
2018-12-03 北海道議会 平成30年第4回定例会-12月03日-03号 ◎(経済部観光振興監本間研一君) (登壇)観光振興に関しまして、初めに、道民の域内観光の促進についてでありますが、胆振東部地震等からの一日も早い観光復興を図るためには、観光需要の大きな割合を占める道民の皆様の道内旅行を促進することが大変重要と考えており、震災後、直ちに、道民向けの知事メッセージを発出し、旅行やレジャーに安心して出かけていただくよう呼びかけを行ったところでございます。   もっと読む
2018-11-30 群馬県議会 平成30年 第3回 定例会-11月30日-08号 災害時には、福祉支援の遅れや避難生活の長期化によりまして、要配慮者の心身の状態が悪化をし、災害関連死や介護需要の前倒しなど、二次被害の発生が懸念をされます。  群馬県においては、災害時の二次被害の防止等を図ることを目的として、群馬県災害派遣福祉チーム(ぐんまDWAT)の仕組みを構築しました。 もっと読む
2018-11-28 青森県議会 2018.11.28 平成30年第296回定例会(第2号)  本文 本県でも、全木集材をすることで、需要が高まっている木質バイオマス発電向けへの供給が進み、森林所有者の所得の向上に貢献できると考えます。  そこで、再質問として、木質バイオマス発電には枝や葉なども利用することが重要であるが、県の考えを伺います。 ◯議長(熊谷雄一) 農林水産部長。 もっと読む
2018-11-22 石川県議会 平成30年11月22日環境農林建設委員会−11月22日-01号 新雪の除雪に関しては、これまでどおり支障なく実施できると考えており、大雪時においては、国、県、市町などが協力し、緊急輸送道路を含む幹線道路、救急告示病院、消防署へのアクセス道路などを優先して除雪することにしています。今年度からは先ほど説明したように、道路管理者の共有サイトを活用することなどにより、市町と一層連携を図り、効率的な除雪に努めることとしています。   もっと読む