17965件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-14 平成57年 6月 定例会-06月14日−04号

交通安全対策の強化の問題についてでございますが、御指摘のとおり県内におきます交通事故大変多発をいたしておりまして、増加率で全国一、二を争う記録となっておりまして、警察組織を挙げて事故防止に取り組んでおるところでございますが、要は県民一人一人の安全意識をいかにして高めるということでございまして、そのために、現在、市町村及び各種団体に対する積極な働きかけ、広報活動の積極な推進、シートベルトの

熊本県議会 2045-06-11 平成57年 6月 定例会-06月11日−02号

まず、県自体で進めておられる改革との関連において、ただいま触れました臨調第三部会報告をどのように受けとめておられるの。各地方団体において、理念なりあるいは方向なりについて大方賛意を表しつつも、国の過剰関与や補助金の整理合理化につき具体な指摘を欠く点を物足りないと見る向きがほとんどであるように思います。知事のこれに対するところの御見解をお尋ねいたします。  

福井県議会 2019-07-19 2019.07.19 令和元年予算決算特別委員会 本文

これよりも、本来そういう少子高齢化時代だからこそ、身近な公共交通の維持、発展のために一層力を尽くすということが必要でないと思うのである。  そこでまず、この5年間で廃止され、また現在廃止計画のあるバス路線何本、うち福井市何本をお尋ねする。あわせて、もしそれらの路線を維持するとすれば、運行経費というの年間幾らぐらいかかるのというのをお尋ねする。

福岡県議会 2019-07-11 令和元年度 予算特別委員会 本文 開催日: 2019-07-11

北方領土へのビザなし交流訪問団で、顧問として同行した代議士が北方領土の返還問題をめぐり戦争しないとどうしようもなくないですなどと不適切な発言を繰り返した事案がありました。このこと我が国の憲法平和主義を踏みにじるものであり、到底看過できるものでないと私思います。政治家の大きな役割の一つが、全世界の国民に向けて宣言されている平和生存権保障を何が何でも守ることであると思います。

福井県議会 2019-07-09 2019.07.09 令和元年第407回定例会(第4号 一般質問) 本文

よって、発言、お手元に配付いたしました発言順序のとおりに願います。  兼井君。     〔兼井 大君登壇〕 ◯7番(兼井 大君) 県会自民党の兼井大です。  私、県民が行政政治について希望を失っているのでないと危惧しております。なぜなら、しかるべき場で住民が声を上げても全く事態が変わらない現状に、住民が気づき始めているからです。具体政治家の報告会事後報告が多いこと。

福井県議会 2019-07-08 2019.07.08 令和元年第407回定例会(第3号 一般質問) 本文

土木部長大槻英治君登壇〕 ◯土木部長(大槻英治君) 私から経済対策について1点、お答えいたします。  数年後の状況を見据えて公共工事の長期発注プランを作成する必要があるように思われるが、とのお尋ねでございます。  国や県の予算につきまして原則単年度主義となっておりますので、公共事業全体について御提案のような長期な発注プランというもの作成していないというのが現状でございます。

福井県議会 2019-07-03 2019.07.03 令和元年第407回定例会(第2号 代表質問) 本文

これ、臨時・非常勤職員の採用方法や任期、処遇等を明確にするための会計年度任用職員制度を創設するものであります。地方自治体で働く臨時・非常勤職員総務省調査によると約64万人であり、常勤職員とともに基幹、恒常な業務に従事しています。今や臨時・非常勤職員なくして行政運営や公共サービスが提供できない現状にあります。  

青森県議会 2019-06-28 令和元年第298回定例会(第6号)  本文 開催日: 2019-06-28

具体、法人事業税について、令和元年十月一日以後に開始する事業年度分から所得割と収入割の税率を引き下げるほか、自動車税について、令和元年十月一日から来年九月三十日までの間に、自家用乗用車を購入する場合、自動車環境性能割の税率を一%分軽減する等の改正、また、令和元年十月一日以後に、初回新規登録を受けた自家用乗用車から自動車税種別割の税率を引き下げる等の改正を行うものである」との答弁がありました

青森県議会 2019-06-26 令和元年総務企画危機管理委員会 本文 開催日: 2019-06-26

県民のためということをいっていながら、人を大切にする、その基本な挨拶ということができていないのでないです、それで本当に県民のためということができているんでしょうという大変シンプルなお話でしたけれども、心に突き刺さるという、大変印象深い言葉として記憶しております。

青森県議会 2019-06-25 令和元年第298回定例会(第5号)  本文 開催日: 2019-06-25

150 ◯警察本部長(重松弘教) 銃砲刀剣所持許可申請手数料地方公共団体手数料の標準に関する政令に準じて定められています。今般、この政令が、積算基礎となる物価水準の変動を踏まえ、本年五月二十四日付で改正されましたことから、その内容を反映させたものであります。  

青森県議会 2019-06-20 令和元年第298回定例会(第3号)  本文 開催日: 2019-06-20

こうしたことを踏まえ、国で外国人が、在留手続、雇用医療福祉、出産、子育て子供教育等の生活にかかわるさまざまな事柄について疑問や悩みを抱いた場合に、適切な情報や相談場所に迅速に到達することができるよう、都道府県、指定都市及び外国人が集住する市町村約百カ所において、地方公共団体情報提供及び相談を行う一元な窓口を設置するよう求めております。  

青森県議会 2019-06-19 令和元年第298回定例会(第2号)  本文 開催日: 2019-06-19

この多選禁止条例の提案、制定に尽力した後の神奈川県知事である松沢成文氏が主張する多選弊害によりますと、人事権、公共事業の発注権、各種許認可権など強大な権限を掌握する知事による政治独裁化の招来、人事の偏りと行政の私物化、行政のマンネリ化による職員の士気の低下、知事の在職そのものが次期知事選に向けての選挙活動となるなどが挙げられております。