1300件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福井県議会 2020-12-22 令和2年第413回定例会(第5号 閉会日) 本文 2020-12-22

記 ┌──────┬─────────────────────────────┬─────┐ │ 議案番号 │        件           名        │審査の結果│ ├──────┼─────────────────────────────┼─────┤ │第112号議案指定管理者の指定について                 │原案可決 │ │第113号議案指定管理者の指定

福井県議会 2020-12-18 令和2年予算決算特別委員会 概要 2020-12-18

     安全環境部長         野  路  博  之      危機対策監          野  路  敬  也      健康福祉部長         窪  田  裕  行      産業労働部長         吉  川  幸  文      農林水産部長         森  川  峰  幸      土 木 部 長        小  川  俊  昭      会計管理

福井県議会 2020-12-18 令和2年予算決算特別委員会 本文 2020-12-18

昨日もコロナに関して、ファイザーのワクチンの報道があったけれども、これからアフターコロナコロナが収束した後にまたしっかり成長しようというときに北陸新幹線がさらにいいものになるというところの観点も必要だと思う。福井そして北陸可能性という意味合いで北陸新幹線を関空のほうに結線してはどうかというのを、どんな形がいいのかわからないが、国に対しても意見をするようなところがあってもいいのではないか。

鹿児島県議会 2020-12-17 2020-12-17 令和2年第4回定例会(第7日目) 本文

このため、万之瀬川施設の適切な管理に努めつつ、営業費用などの経費のさらなる抑制に努める一方、収益の確保を図るため、新型コロナウイルス感染症拡大による影響など給水先事業所の動向を注視しながら、給水契約の継続・拡大に努めるとともに、永田川施設財産処分による収入確保にも努めるなど、工業用水安定供給と経営の安定・効率化が図られるよう一層の努力をされることを要望し、認定すべきである」との意見があり、全会一致

福井県議会 2020-12-15 令和2年土木警察常任委員会及び予算決算特別委員会土木警察分科会 部局長報告 2020-12-15

その内容につきましては、先の全員協議会において説明させていただいたとおりですが、第125号議案から第133号議案の「指定管理者の指定について」、改めてご説明申し上げます。  お手元に配布しました資料No.1をご覧ください。  土木部関係施設で、令和3年度からの指定管理者を決める施設は、福井西口地下駐車場をはじめ9施設でございます。

茨城県議会 2020-12-15 令和2年第4回定例会(第6号) 本文 開催日: 2020-12-15

第149号議案ないし第151号議案及び第160号議案 指定管理者の指定については,茨城県総合福祉会館など公の施設管理について,指定管理者の指定をしようとするものであります。  第174号議案 損害賠償の額の決定については,令和元年5月に,県立中央病院で発生した診療時の医療行為に係る事故について,損害賠償の額を定めようとするものであります。  

福井県議会 2020-12-11 令和2年厚生常任委員会及び予算決算特別委員会厚生分科会 部局長報告 2020-12-11

厚生常任委員会           安全環境部長報告要旨                             2.12.11  本常任委員会および本予算決算特別委員会に付託されています安全環境部関係議案は、第116号議案および第117号議案の2件、安全環境部関係予算議案であり、その内容につきましては、先の全員協議会において説明させていただいたとおりですが、第116号議案および第117号議案指定管理

福井県議会 2020-12-10 令和2年総務教育常任委員会及び予算決算特別委員会総務教育分科会 部局長報告 2020-12-10

特色選抜については、新型コロナウイルス影響部活動県大会等が中止になり、生徒が力を発揮する機会が少なかったことなどを考慮し、県立高校21校の全90種目において、今年度に限り定員を1名ずつ増やす等により、募集総数を前年比111名増の407名といたしました。  

福井県議会 2020-12-10 令和2年総務教育常任委員会及び予算決算特別委員会総務教育分科会 本文 2020-12-10

また、新型コロナウイルス感染症に対応し、生徒受験機会確保するため、一般入試や第2次募集を受験できなかった生徒については、追検査特別検査を実施する。  次に、学校業務改善について申し上げる。  教員の長時間勤務が継続しないよう、時間外在校等時間が月80時間以上となった教職員を対象に管理職が面談を行い、学校全体で業務の削減や平準化を図っている。

東京都議会 2020-12-09 2020-12-09 令和2年第4回定例会(第22号)(速報版) 本文

コロナ禍での避難所の課題は、三密を防ぐことであります。避難所設置主体である区市町村が多様化する複合災害に対応できるよう、都立施設避難所活用も可能になっており、都立学校の約八五%が区市町村避難所補助代替施設として指定されています。しかし、運営に関する議論や訓練、地域との連携等が実施されている学校は、まだまだ少ないと聞いています。  

東京都議会 2020-12-08 2020-12-08 令和2年第4回定例会(第21号)(速報版) 本文

また、身近な診療所などで新型コロナ診療検査が適切に受けられるよう、三千二百カ所を超える診療検査医療機関指定するとともに、御会派のご要望も踏まえ、検査体制につきましては、民間検査機関等への検査機器導入支援を行うことで、目標を上回ります一日当たり最大六万八千件の処理能力確保しております。