運営者 Bitlet 姉妹サービス
3179件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-13 東京都議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文 都内における音響の信号、これは当たり前のようにあるのかなと思ってはいたんですが、思えば、夜鳴らないこともあるな、朝方、そういえば鳴っていないな、そんなふうにも思い返したわけであります。   もっと読む
2019-03-13 滋賀県議会 平成31年 3月13日琵琶湖対策特別委員会−03月13日-01号 ◆木沢成人 委員  佐藤委員の議論とも関連するのですけれども、滋賀県の環境こだわり農業の持続性を考えたときに、環境こだわり農業が果たしている多面的機能の分のコストに対する負担と受益者の受益をどうしていくのかを本会議を含めていろいろなところで議論しているのですが、その辺のこともこの枠組みの中で議論していただけるような形になっていくのですか。 もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 車椅子の種類は多様で、自走、介助、また手動、電動があります。電動の中でも簡易なものから四輪、六輪と多岐にわたります。  今回の条例で障害者団体が要望したのは、入り口からの通路幅とトイレや浴室の出入り口幅です。通常、トイレや浴室の出入り口は、客室出入り口のすぐ近くにあります。 もっと読む
2019-02-10 福岡県議会 平成31年2月定例会(第10日) 本文 消防伝統技術については、全国各地で年始に開催される消防出初めなどの場において毎年披露され、火消しの精神を伝える伝統芸能として人々を魅了し、今もなお生き続けています。これは、関係する方々の取り組みにより、その伝統が守られているものであり、江戸時代から近代に及ぶ地方のならわしや文化を知り、火災発生時における消火活動の変遷を知る上でも、歴史的価値を有するものと認識しております。   もっと読む
2018-12-19 東京都議会 2018-12-19 平成30年第4回定例会(第18号) 本文 平成三十年十二月六日    平成二十九年度公営企業会計決算特別委員長                早坂 義弘  東京都議会議長 尾崎 大介殿 (別 紙)  (意 見)  一 良好な水環境の形成と環境負荷の少ない都市を実現するために、東京湾など公共用水域の水質をより一層改善する合流下水道の改善、高度処理施設などの整備及び環境負荷を含めたアセスメントを推進されたい。 もっと読む
2018-12-19 石川県議会 平成30年12月19日厚生文教委員会-12月19日-01号 今月6日に、いしかわ健康経営宣言企業の認定証の交付が行われ、大変多くの企業が参加されたとのことですが、どのような業種がどういった内容で認定されたのか、お聞きします。 ◎片岡穣 健康福祉部長  健康経営の認定企業数ですが、いしかわ健康経営宣言企業の認定証交付を12月6日に地場産業振興センターで行ったところです。各社においでいただき、認定証を交付しました。157社に宣言をいただいたところです。   もっと読む
2018-12-19 石川県議会 平成30年12月19日総務企画県民委員会-12月19日-01号 さらに、商業施設や成人会場などにおいて、入団の呼びかけやパンフレットの配布など、女性や学生を含めた団員の募集活動を行います。  5、重点取組事項についてです。  企業等の従業員の入団促進に向けて、経済団体や事業所に働きかけるとともに、女性や学生の入団促進に取り組んでいきます。  引き続き、市町と連携して消防団員の入団促進に取り組んでいきたいと考えているところです。 もっと読む
2018-12-17 千葉県議会 平成30年_文教常任委員会(第1号) 本文 2018.12.17 第73回国民体育大会福井しあわせ元気国体は、10月9日の閉会をもって終了いたしました。本県は、冬季大会と合わせ682名の選手団を派遣し、男女総合成績で競う天皇杯得点で第5位、女子総合成績で競う皇后杯得点で第7位の成績をおさめ、天皇杯得点は4年連続、皇后杯得点は10年連続の入賞を果たしました。 もっと読む
2018-12-14 滋賀県議会 平成30年12月14日県民生活・土木交通常任委員会-12月14日-01号 これは国としても考えておられまして、具体的には、安全ベルトを落下傘のものにすることなどを指導されていくと聞いております。そういった国での取り組みに合わせて、県も徹底を図っていきたいと思います。 ◆山本進一 委員  そうしたことは当たり前の話で、今は進んでいて、もっと違うものがいっぱいあります。 もっと読む
2018-12-14 福岡県議会 平成30年 県民生活商工委員会 本文 開催日: 2018-12-14 その目指す姿といたしまして、五年後には、そこの黄色の枠の中に書いてありますような、県民の皆様のうち成人のスポーツ実施率が三人に二人、六五%程度は週に一回以上のスポーツを行っていることであったり、三〇%程度は週三回以上スポーツを行っていることというふうな数値目標を掲げさせていただいております。 もっと読む
2018-12-14 福井県議会 2018.12.14 平成30年予算決算特別委員会 本文 国体に関しては、開会には大雨でどうなることかと思ったが、もちろん理事者の皆様の努力もそうであるが、陰の努力というか、県民のボランティアや競技スタッフ、また、それらを力に変えて選手たちが全力で頑張り、天皇杯、皇后杯を獲得したことは本当にすばらしいことであるし、本当に県民に勇気を与えたことだと思う。  競技に関しては、福井国体は大成功だったと思う。 もっと読む
2018-12-12 東京都議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第17号) 本文 このため、羽田空港及び成田空港において対応することを基本としつつ、開会前日等の需要のピーク時には、他の近隣空港の活用も視野に入れる必要がございます。  今後とも、都は、大会時に必要となるビジネス航空の受け入れ環境の整備に向け、国に働きかけてまいります。   もっと読む
2018-12-11 滋賀県議会 平成30年11月定例会議(第16号〜第22号)−12月11日-05号 このような参加状況で、競技の成績を総合して郡市対抗で表彰が行われておられますが、意味があるようなことなのか、県民生活部長に伺います。 ◎県民生活部長(浅見孝円) お答えいたします。  県民体育大会の一般の部におきましては、競技ごとの獲得点数を郡市別に集計をいたしまして、1位から6位の郡市を表彰しているところでございます。 もっと読む
2018-12-11 長野県議会 平成30年11月定例会文教企業委員会-12月11日-01号 ところで、選管と連携して進めてくださっている、3年間やってきた一つの成果や実績と、今後、またこれをどのように改善したり向上させて取り組んでいけるか、あるいはさらに推進して、若い人たちというか、子供たちが成人になる前に、あるいは選挙権年齢になる前に、社会に出て行く前にどんなことを身につけさせるかというような観点から、その辺の状況についてお聞きしたいと思うんですが、教学指導課長さんですね、お願いします。 もっと読む
2018-12-10 滋賀県議会 平成30年11月定例会議(第16号〜第22号)−12月10日-04号 社会教育は、学校教育を除き、主に青少年や成人に対して行われる組織的な教育活動であります。一方、生涯学習は、学校教育、家庭教育、社会教育のほか、文化活動、スポーツ活動などさまざまな場や機会において行うあらゆる学習のことと整理をしております。  次に、2点目の社会教育は人格の完成に向かう年齢的な段階別の学びの必要性を示しているかどうかについてお答えをいたします。   もっと読む
2018-12-07 滋賀県議会 平成30年11月定例会議(第16号〜第22号)−12月07日-03号 その際に、文部科学省は国語と数学に記述問題を導入する方針を打ち出しております。現在の1年生から大学入学共通テストに移行しますが、大学入学共通テストの対策について、どのような取り組みが進められているのか、教育長に伺います。 ◎教育長(青木洋) (登壇)お答えをいたします。   もっと読む
2018-12-05 三重県議会 平成30年定例会-12月05日−29号 途中、民主党政権下で事業仕分け等々いろいろありましたが、本年9月には起工もとり行われ、本当にようやく始まったという感じです。  現在、このような形ということです。(パネルを示す)  さて、伊賀地域は昔から河川の災害が大変多く、そのことから1番は川上ダム、2番、河道掘削、3番、遊水地の3点セットで防災、減災事業が進められてまいりました。   もっと読む
2018-12-04 滋賀県議会 平成30年11月定例会議(第16号〜第22号)−12月04日-02号 また、1年間に文化創作活動を行ったことのある県民の割合も、目標75%に対し、2014年度は75.7%だったものの、2017年では70.1%と、こちらも年々減少してきており、成人の週1回以上のスポーツ実施率も全国平均を上回る目標に対して大きく下回っており、障害者スポーツ県大会およびスペシャルスポーツカーニバルの参加人数も、目標2,000人とするものの、2013年の計画策定時の1,527人から毎年下回っております もっと読む
2018-12-03 北海道議会 平成30年第4回定例会-12月03日-03号 あわせて、新球場は、国内では初めての、天然芝で、開閉屋根を取り入れた、斬新なデザインであるということが、マスコミを通じて発表されました。公表されたボールパーク構想の全体像に対する所見、期待感をお伺いします。  次ですが、先ほど申し上げました4者で締結された協定では、相互に連携と協力をしながら共同事業に取り組むこととされており、その内容には、基盤整備と地域活性化の二つの項目が盛り込まれております。 もっと読む
2018-12-03 大分県議会 平成30年 第4回定例会(12月)-12月03日−02号 成人の問題であります。現在、多くの自治体が、実施する年度に20歳になる人を対象に成人を行っていますが、成年年齢の引下げに伴い、成人の対象年齢を18歳にした場合、初年度である2022年度は、18歳に加え、まだ成人に出席していない19、20歳の若者も対象となり、通常の3倍の規模になってしまいます。 もっと読む