5436件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福島県議会 2024-06-26 06月26日-一般質問及び質疑(一般)-04号

郡山市市街地においては、郡山市中心部と喜久田町を結ぶ県道荒井郡山の朝夕の混雑が著しく、住民生活に支障を来しております。このため、県では県道荒井郡山のバイパスとして郡山市富久山町地内において東部幹線の整備を進めており、富久山町の方々を初め多くの住民の方々が1日も早い完成を望んでいるところであります。 

福島県議会 2023-12-19 12月19日-一般質問及び質疑(一般)-06号

8月25日の朝、近所に住む親戚の方から県道小名浜平、いわゆる鹿島街道が崖崩れにより通行どめになっているとの連絡をもらいました。不幸中の幸いで人的被害はありませんでしたが、丸5日間の4車線通行どめの後に2車線対面通行で規制を解除されている現状にあります。 

宮崎県議会 2023-11-29 11月29日-03号

過去にマリンエキスプレスから事業を継承し事業継続が困難となり、新会社をつくり過剰債務を整理した上で、新船建造、本県の経済生命であるからということで、いろいろと説明を受けました。それだけ重要であれば、需要も高かったのではないでしょうか。これだけの事業を経営しながら、171億円の融資が受けられないのが理解できません。

岡山県議会 2023-09-09 09月09日-01号

今回の訪問は,観光プロモーションによる誘客促進,県産農産物輸出拡大やブランド力の確立に向けたPR及び岡山-台北の毎日運航に対する航空会社へのお礼と意見交換目的としたものであります。 観光プロモーションでは,現地旅行会社やメディア関係者を対象とした観光セミナーを開催し,今年度の観光キャンペーン「おかやま果物時間」など最新の観光情報等を紹介し,誘客を働きかけました。 

岡山県議会 2021-12-12 12月12日-06号

特に津山城址は,初代津山藩主森忠政公が築城し,1873年の城令で,石垣を除いて取り壊されましたが,1963年に国史跡に指定されており,毎年,多くの観光客が訪れ,また,本年9月に,「あなたも絶対行きたくなる!『日本最強の城』スペシャル」でも紹介されました。 津山城復元は,津山青年会議所,津山商工会議所青年部等,多くのまちづくり団体津山市民の悲願であります。

福島県議会 2021-12-11 12月11日-各常任委員、委員長及び副委員長の選任、知事説明-02号

第1原発では、炉作業が進む一方で、過酷事故であるがゆえに難しい作業が続いていることを改めて実感し、第2原発では施設の構造や維持管理体制などについて確認してまいりました。 2つの原発の全基炉が安全かつ着実に行われることが福島復興・創生の大前提であります。

宮崎県議会 2021-09-18 09月18日-05号

高千穂も、今の時代であれば復旧という判断もあったのではないかとの思いがありますが、当時は、地元と経済界、観光業者としては一旦譲り受けたいとの意思表示をした上で、という苦渋の決断でありました。 しかし、現在では「あまてらす鉄道」として、グランド・スーパーカートが多くのお客様を運んでいます。

福島県議会 2021-09-18 09月18日-一般質問及び質疑(一般)-05号

次に、福島第1原発の炉についてであります。 福島第1原発の炉は、30年から40年はかかるとされていますが、イギリスフランスを初めチェルノブイリ原発の炉は100年スパンでの作業工程となっており、高いレベルでの技術と最終処分までの安全管理については厳しくチェックし、管理されています。 

福島県議会 2021-09-11 09月11日-一般質問及び質疑(代表)-02号

7月31日、東電は正式に福島第2原発の炉を決定しました。昨年の1月、経団連の榊原会長が「感情経済は分けて考えるべき」と述べて、第2の炉を求める県民を愚弄する発言をいたしましたが、県内原発10基炉を求める8年にわたるオール福島の県民の世論と運動が炉を決定させる力となりました。 

福島県議会 2021-06-27 06月27日-一般質問及び質疑(一般)-05号

県道土湯温泉の改良工事は急務です。会津から浜通りに抜ける重要動であり、国道115号に何かあった際のセカンドとしての機能を持つ重要な地方道です。 さらに、東京方面より東北道を北上し、土湯温泉や猪苗代などへ向かう際にナビ設定をすると、必ず福島松川スマートインターチェンジでおりて県道土湯温泉を通る道が案内されます。主要地方道だから当然です。 

熊本県議会 2021-06-24 06月24日-05号

次に、委員から、中国プラスチック輸入禁止を受けて、国内でどう処理するかという問題が出ているが、県内の状況はどうかとの質疑があり、執行部から、廃棄物処理業者への聞き取りでは、今のところ大きな影響は出ていない、県では、リサイクル認証制度の品目にプラスチック製品を追加し、また、プラスチックのリサイクルを行う施設整備等に対して、今年度から新たに補助を行うなどの取り組みを行っているとの答弁がありました。

福島県議会 2021-06-24 06月24日-一般質問及び質疑(代表)-03号

昨年6月、東京電力福島第2原発を炉にする方針を表明してから1年が経過しました。方針表明後、東京電力は社内で検討を続けていると聞いておりますが、その検討内容は明らかになっておらず、現在に至るまで炉の決定には至っておりません。県内原発の全基炉は県民の総意であり、福島第2原発の炉を早期に決定するよう求めていくべきであります。 

福島県議会 2020-12-13 12月13日-一般質問及び質疑(代表)-03号

地域の宝である只見が生活面や観光面などでより多くの方々に利活用されることで、只見を核として地方創生を実現していく日本一の地方創生路線を目指す取り組みは、地元の方のみならず多くの方々が注目するところであり、全国の被災した鉄道や、地方ローカルにとって復興・創生のシンボルとなり得るものと考えます。 そこで、県はJR只見の利活用促進にどのように取り組んでいくのか伺います。 

三重県議会 2020-10-16 10月16日-14号

我が会派も進めたいなと、このように考えているところでございますけれども、そこで三重県におきましてもプラスチック類について、排出抑制から資源循環体制の構築及び適正処理の確保まで、総合的な対策が求められております。 そこでG20大阪サミットを受けてブルー・オーシャン・ビジョンの取組、つまり、海洋プラスチックごみ問題にかかわるプラスチック類対策について知事の御所見をお伺いします。

熊本県議会 2020-09-17 09月17日-07号

この課題解決のためには、小池高山インターチェンジ北側を通る県道小池竜田の整備が有効であると思います。 本道路は、国道443号と県道熊本高森の沼山津神社付近を結ぶ道路ですが、集落内道路は幅員が狭いため、車両の通行に支障を来しています。そのため、地震前からバイパス整備が実施されていますが、いまだ開通に至っていません。

岡山県議会 2020-09-12 09月12日-02号

そのうち国際定期路線は,開港以来最多の30万人を超え,特に昨年3月から毎日運航となった台北が全体数を押し上げています。そうした中,知事は,7月,台湾を訪問され,旅行会社等への路線や観光地などのPRを通じ,さらなる誘客促進を図られました。トップセールスが実を結び,台湾からの旅行者がますますふえることを期待しています。

福島県議会 2020-09-12 09月12日-一般質問及び質疑(代表)-03号

8月8日には知事と楢葉町長、富岡町長が国に対して第2原発の炉に関する緊急要望を行ったところでありますが、第2原発の炉が第1原発と同様に国の責任において確実に行われるよう、今後も強く求めていく必要があるものと考えます。 そこで、福島第2原発の炉に向けた知事の考えをお尋ねいたします。 次に、復興・創生期間後の対応についてであります。