5439件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東京都議会 2019-03-14 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文

具体的には、第一本庁舎につきましては、そこで受電する電力を、本年八月から再生可能エネルギー一〇〇%の電力に切りかえます。  また、第二本庁舎分につきましては、現在、地域冷暖房センターから受電している電力と同等量の再生可能エネルギーを新たにつくり出すこととし、そのために未利用都有地を活用し太陽光発電設備を新たに設置いたします。  来年度は、事業スキームの決定や用地選定などを行います。  

兵庫県議会 2019-03-13 平成31年度予算特別委員会・速報版(第10日 3月13日)

やはり新生の県庁舎にしても外の企業でまず働かせて自分を磨かせるというのもよくあることだと思うので、ぜひ県の職員の皆様にもどんどん外の企業に出ていただきたいと思っている。  時間がないので、また次に行く。私は9問やらないといけないので、めちゃくちゃ早足で行く。  次に3問目である。3問目は本県の目指す産業の創出・育成についてである。  

千葉県議会 2019-03-04 平成31年_健康福祉常任委員会(第1号) 本文 2019.03.04

するため、児童相談所の体制強化を図る児童相談所及び児童福祉施設運営事業、3つとして、喫緊の課題である介護人材の確保定着を図るため、介護施設への外国人介護福祉士等の就業を促進する外国人介護職就業促進事業、4つとして、地域医療体制を確保するため若手医師の県内定着を図るちば若手医師キャリア形成支援事業や、訪問看護ステーション等の看護師不足の解消を図る訪問看護ステーション等出向支援事業、5つとして、その他、被災

鹿児島県議会 2019-03-01 2019-03-01 平成31年第1回定例会(第6日目) 本文

私の地元の鹿児島市の伊敷地区は、平成五年の八・六水害における被災地であり、甲突川の激特工事や急傾斜工事など、その後に多くの整備が行われ、安心・安全なまちができてきました。しかし、一部では、その当時に地権者の同意を得られなかった山が、工事ができないままで残されています。先祖伝来の資産価値の高い山をそんな簡単に寄附できるものかという意識が高かったものと思われます。  

千葉県議会 2019-02-28 平成31年_県土整備常任委員会(第1号) 本文 2019.02.28

第9款第1項第2目土木事務所費、予算額2億9,209万3,000円ですが、これは事務所庁舎の建設や取り壊しのための、下にございます1、庁舎建設事業といたしまして1億7,466万4,000円を計上するほか、出先事務所の維持補修費等に庁舎管理費として1億1,742万9,000円を計上するものでございます。  続いて右、275ページをごらんください。

鹿児島県議会 2019-02-28 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第5日目) 本文

次に、津波災害発生後の対応について、志布志保健所管内については、志布志保健所が地元市町と連携して、被災状況の把握や地域保健活動の初動対応を行い、志布志保健所のみでの対応が困難な場合には、鹿屋保健所あるいはその他の保健所に応援要請を行い、対応することとなっています。  私が疑問に思うのは、この広い海岸線を有する志布志湾において、津波については一斉に広域的に災害が起きるわけであります。

千葉県議会 2019-02-28 平成31年_商工労働企業常任委員会(第1号) 本文 2019.02.28

庁舎については、引き続き幕張テクノガーデンに設置いたします。ただし、千葉ニュータウン事業の事務を所掌する土地事業調整課のニュータウン事業室については、印西市内にある現在のニュータウン整備課分室と同じ場所に分室として設置いたします。  次に、千葉ニュータウン事業の清算について申し上げます。  

群馬県議会 2019-02-27 平成31年 第1回 定例会−02月27日-04号

安否不明者とは、被災などしているかいないか、生存しているかどうかなど、明らかでない方を幅広く意味します。行方不明者とは、災害、事故などで居場所、行き先、消息、安否など、不明になっていることを意味します。今回の西日本豪雨において被害が特に大きかった3県では、不明者の対応がパネルに示すように違いが出ました。〔資料A提示〕御説明をしたいと思います。  こちらに書いてあります。3県の対応の違いであります。

福井県議会 2019-02-22 2019.02.22 平成31年第405回定例会(第4号 一般質問) 本文

そのことは、私は被災地の瓦れき処理で身にしみています。何十にも分別する作業がすごく大変。熊本地震でも東日本大震災でもそうでした。廃屋処理は喫緊の課題です。放っておいたのでは、子孫にごみだらけの国土を渡すことになってしまいます。  いずれにしても、あいた家屋の撤去と国土保全策としての「みどりおこし」を進める仕掛けが必要です。

福井県議会 2019-02-21 2019.02.21 平成31年第405回定例会(第3号 一般質問) 本文

協定締結のメリットといたしましては、地元工務店が施工し、地域建材店から県産材を含む関連資材を購入するため、経済効果を伴い、被災地域の復興、復旧、側面的に支援することになります。また、建設後のアフターメンテナンス対応も容易となります。発災後、1〜2カ月程度は民間工事がストップしても、技能労働者の就労機会を確保することで、一定程度の生活安定を図ることができる。

福岡県議会 2019-02-18 平成31年 農林水産委員会 本文 開催日: 2019-02-18

農林水産部所管分は、上から四行目になりますが、六款農林水産業費、一項農林水産業企画費から、一枚めくっていただき、二十ページの下から六行目、六項水産業費までの三十五件と、ページが飛びまして、二十四ページの上から六行目、十一款災害復旧費、一項農林水産施設災害復旧費の二件、三項庁舎等災害復旧費のうち、農林業総合試験場災害復旧費と農業大学校災害復旧費の二件でございます。

千葉県議会 2019-02-07 平成31年2月定例会(第7日目) 本文

昨年7月の西日本豪雨では、全国から多くの応援職員が被災地に派遣され、支援に当たったとのことでありますが、報道によれば、求められた支援の内容が不明確であるなど、被災自治体と支援する自治体との間で混乱があったと聞いております。

千葉県議会 2019-02-03 平成31年2月定例会(第3日目) 本文

災害時の水の確保は命を守ることに直結をしますが、県庁舎での水の確保はどのようになっているでしょうか。災害発生時、県庁舎は災害対策本部が設置される重要な拠点です。備蓄している水がなくなり、対策本部の機能が低下するようなことは避けなければなりませんが、保管場所などを考えると、ペットボトルの水の備蓄にも限界があります。  

千葉県議会 2019-02-02 平成31年2月定例会(第2日目) 本文

知事の政治姿勢の第2は、県庁舎等の長寿命化対策についてであります。  県では県有建物長寿命化計画を策定し、10年以内に事業着手を目指す建物を具体的に示し整備を進めていますが、特に防災拠点となる出先の合同庁舎化や、県立学校、警察署の改修工事などについては今後着実に整備をしていただきたいと考えています。  一方、議会棟を含めた県庁舎については老朽化の問題があります。

千葉県議会 2019-02-01 平成31年2月定例会 目次

原案可決…(別冊) 409  第14号 児童虐待を撲滅するための法改正等を求める意見書について                                  否  決…(別冊) 410 (へ) ○閉  会……………………………………………………………………………………………… 382 2.発言者(50音順) (1)議員 (あ) ○安藤じゅん子君(立憲民)   児童虐待、障害者雇用、収入証紙の廃止、被災者生活再建支援制度

山梨県議会 2019-02-01 平成31年2月定例会(第3号) 本文

そうした被災した現場において、懸命に復旧活動を行っているのは、地域の守り手である建設業者です。  また建設業者は、日ごろよりインフラ整備や道路・河川の維持管理、冬季の除雪作業など、地域に密着した仕事を行っております。地域の建設業者の活躍抜きでは、安全・安心な県土づくりは語れないと考えています。  

鳥取県議会 2019-02-01 平成31年2月定例会速報版(2/25 一般質問) 本文

何とか鳥取県は元気にやっていますよと、それを訴えてくれと被災地の観光業者などが痛切な声を上げておられました。我々も初動からそうした風評被害対策に乗り出したわけであります。そんな中で、11月に入りまして「ひなビタ♪」でイベントをして、そうした被災地を応援しようというふうにしましたら、全国から1,000人以上の方がお集まりになられました。