運営者 Bitlet 姉妹サービス
3201件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-15 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月15日−05号 昭和五十六年度におきましては、県の果実連が山梨県に設置しました果汁の貯蔵加工施設及び県経済連が実施した畳表の需給調整に所要の助成を行い、それぞれ効果を上げているところであります。また、昭和五十七年度から県酪連が行う生乳需給調整のための施設整備事業に対して助成することとしております。 もっと読む
2018-12-19 滋賀県議会 平成30年12月19日地方創生・しがブランド推進対策特別委員会−12月19日-01号 去年の委員会の県外行政調査で視察した山梨県のアンテナショップは、県が年間2,000万円ほどしか出していないけれども、滋賀県でいうビジターズビューローが出店者から負担金を募って、極めて上手に運営されていて、知恵があるなと思って帰ってきました。 もっと読む
2018-12-12 長野県議会 平成30年11月定例会危機管理建設委員会-12月12日-01号 あと危惧されるのは、長野県で交通規制となる信濃町と園原のうち、園原は南信のほうの中央道ですけれども、山梨県側は確か長坂と須玉の間が交通規制になり、これはいわゆる中央道にかかわってきますので、隣接県との関係や情報をどのように共有しながら対応していくのか少しお聞かせいただきたいと思います。 もっと読む
2018-12-11 長野県議会 平成30年11月定例会危機管理建設委員会−12月11日-01号 それで岐阜県と山梨県と長野県で三県知事懇談会がされたということでございます。これは半分要望みたいな形になるのですが、ぜひ山梨、岐阜だけでなくて、前も委員会でも議題にさせていただきましたが、静岡県とも意見交流される必要があるかなと思っております。その予定や問題意識について御所見をいただきたいと思います。 ◎直江崇 リニア整備推進局次長 ただいま他県との意見交換のお話をいただいております。   もっと読む
2018-12-06 山口県議会 平成 30年11月定例会-12月06日−05号 二○一一年東日本大震災に続く、二○一二年中央自動車道の山梨県笹子トンネルの天井板落下事故は、大惨事となりました。それ以降全国的に、公共施設等のインフラ老朽化問題が表面化しました。  政府は、二○一三年、インフラ長寿命化の取り組みの基本計画を作成しました。  山口県は、長寿命化の取り組みとともに、二○一五年、公共施設等マネジメント基本方針を策定しています。 もっと読む
2018-12-05 栃木県議会 平成30年度栃木県議会第353回通常会議-12月05日-04号 (22番 横松盛人議員登壇) ◆22番(横松盛人議員) いまだに県内に練習施設がないものがありますが、そのうちビーチバレーについて、私は本県と同じ海なし県の埼玉県、群馬県、山梨県、長野県の現状を視察してきました。群馬県は本県から6年後の国体開催ということで、今まさに競技団体から要望を聞いているところでありまして、まず練習場の確保に当たると言っておりました。 もっと読む
2018-12-01 千葉県議会 平成30年12月定例会(第4日目) 本文 いいですか、お答えいただきたいのは、県自身がこの間、現物給付に移行した山梨、大分を聞き取り調査をしています。そこでは、現物給付に移行して不正受給に問題が発生していたのかどうか。率直にあなた方がやった聞き取りの内容を答弁いただきたいというふうに思います。   もっと読む
2018-12-01 千葉県議会 平成30年12月定例会(第5日目) 本文 昨年を例にとりますと、千葉県では2回トップセールスが実施されておりますけれども、回数の多い首長では、北海道知事が6回、岩手県知事が6回、山梨県、愛知県、和歌山県、広島県、長崎県知事が5回、そして何かと忙しいと思われました沖縄県知事においては7回、また、さらに鳥取県知事においては8回もこのトップセールスを行っています。 もっと読む
2018-11-07 茨城県議会 平成30年総務企画常任委員会  本文 開催日:2018.11.07 また,6月には職員を山梨県のほうに出張させまして,山梨県の県警の職員といかにしてタンデム走行を可能にするか,どうやってやってきたのかというところを実際に調査して,それを本県にも解禁の協議に使えないかということを検討しているところでございまして,できるだけ早く実現可能にしてまいりたいと考えております。粘り強く協議を続けてまいりたいと思っておりますので,よろしくお願いします。 もっと読む
2018-10-15 長野県議会 平成30年 9月定例会環境産業観光委員会−10月15日-01号 今回は、長野か山梨か迷っていらっしゃる方をいかにとらえてくるか、あるいは山が好きなんだけどという漠然とした方をどう引っ張ってくるかということが大きなポイントになっておりまして、今回やることによりまして、データをしっかりとって、どの部分が長野として注目されているのかをしっかりと捉える。 もっと読む
2018-10-15 長野県議会 平成30年 9月定例会総務企画警察委員会−10月15日-01号 ◆下沢順一郎 委員 ぜひ、今度、リニアが通るときに、よく考え方、長野県なんで飯田というような話がよくありますけれども、多くのところは、どうも諏訪だとかあちらのほうは山梨を見ていますし、木曽は中津川を見ているわけですよね。 もっと読む
2018-10-12 長野県議会 平成30年 9月定例会環境産業観光委員会-10月12日-01号 ◎矢後雅司 産業立地・経営支援課長 委員御指摘のとおり、サントリーさんは、水源の涵養活動をやっておりまして、私も、副知事や部長と一緒に山梨の白州の工場も見学させていただきまして、水源の涵養活動について、詳しくお話を伺いました。今回、長野県に立地します拠点についてもそのような取り組みが行われることを期待しますし、県としてもしっかりと取り組んでいきたいと思っています。   もっと読む
2018-10-09 長野県議会 平成30年 9月定例会本会議-10月09日-06号 鉢巻道路を山梨方面に向かうと、急に視界が広がり、左に八ヶ岳、正面には霊峰富士が見えます。これは、当時のコモンズ支援金に端を発し、広原財産区が現在では自主財源と会員の協力によって整備された区間であり、年2回、1,000人規模で整備が継続されていて、終了後の点検に合格しなければ翌週やり直しが命じられます。皆必死であります。   もっと読む
2018-10-03 長野県議会 平成30年 9月定例会本会議-10月03日-03号 リニア活用基本構想におきましては、木曽、諏訪、松本などの県中央地域をリニア3駅活用交流圏と位置づけて、長野県駅に加えまして岐阜県駅、山梨県駅の活用も視野に入れて取り組むことといたしております。   もっと読む
2018-10-02 滋賀県議会 平成30年 9月定例会議(第9号~第15号)-10月02日-06号 場合によっては、富山県や山梨県などで行われている登山届出を義務づける条例について議論する必要があるんではないかと考えます。  そこで、山岳遭難の現状と対策について、警察本部長に伺います。   もっと読む
2018-10-02 北海道議会 平成30年第3回予算特別委員会第1分科会−10月02日-02号 ◆(赤根広介委員) 後にも触れるのですけれども、例えば、認知症の対策で先進的に取り組んでいるなと私が思う事例としては、県独自のオレンジプランを策定している山梨県あるいは福島県であります。  北海道は、全国に先駆けて高齢化が進み、認知症患者もふえていくと皆さんが言う割には、道の第7期計画を見ても、福島県や山梨県と比較して、推進管理、目標設定のあり方が少し弱いのかなと私は思うわけであります。   もっと読む
2018-09-27 滋賀県議会 平成30年 9月定例会議(第9号〜第15号)−09月27日-03号 山梨県に至っては本年4月から、病児・病後児保育を県内27市町の相互間で協力し合えるよう、県下どの施設でも県民が利用をできるようリーダーシップをとられています。こうした都、県を参考に、本県でもぜひ先例的な施策を子育て中の県民に寄り添った形で打ち出していただきたい、打ち出すべきだと思います。  来年10月には、いよいよ国で進めようとされている幼児教育・保育無償化が行われます。残り1年と迫りました。 もっと読む
2018-09-26 栃木県議会 平成30年度栃木県議会第352回通常会議-09月26日-03号 平成24年12月、山梨県内の中央自動車道笹子トンネルにおいて天井板の崩落事故が発生し、9名ものとうとい命が失われました。こうした悲惨な事故を防ぎ、県民の生命を守る上で、老朽化した社会インフラの適正な維持管理は極めて重要です。また、自然災害が相次ぐ中、老朽化した社会インフラの脆弱性も露呈されております。  交通安全施設も例外ではありません。 もっと読む
2018-09-26 山口県議会 平成 30年 9月定例会-09月26日−03号 そうした中で、ホッケー部は、公式の芝生コートがないグラウンドでの練習を余儀なくされながら、山口国体では五位、一昨年の中国高校ホッケー選手権大会で優勝、山梨インターハイ五位、昨年十二月の全国高校選抜ホッケー大会では、念願の三位に入るなど大健闘しています。   もっと読む
2018-09-25 愛媛県議会 平成30年第359回定例会(第4号 9月25日) また、先月発表された2020年東京オリンピックの自転車ロードレースのコースは、東京武蔵野の森公園をスタートし、神奈川県を経て、山梨県及び静岡県内の富士山麓を走り抜けるという大変雄大なものであり、世界中の人々に日本のサイクリングコースのすばらしさを印象づけるに違いないと思うのであります。   もっと読む