7585件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

滋賀県議会 2020-07-16 令和 2年 6月定例会議(第3号〜第9号)−07月16日-07号

提言は、子供たち学びを保障するには、人数学級により児童生徒間の十分な距離を保つことができるよう、教員確保がぜひとも必要だと強調しています。人数編制を可能とする教員確保など、財政措置の拡充も求めています。  あわせて、請願第6号は、特別支援学校過大過密を解消するため、設置基準の策定を求めています。

神奈川県議会 2020-07-10 07月10日-11号

また、新しい生活様式の下で入場人数に制限をかけざるを得ないことから、採算が取れないケースも出てきます。知事は、感染防止対策を図りつつ実施するイベント等に対し補助制度をつくる旨の答弁をされましたが、これは大変に重要な視点だと思います。ぜひ、有効な具体策を講じるよう要望いたします。  次に、神奈川県犯罪被害者等支援条例の一部を改正する条例について申し上げます。  

滋賀県議会 2020-07-03 令和 2年 6月定例会議(第3号〜第9号)−07月03日-04号

◆11番(黄野瀬明子議員) (登壇)30人以上の学級を条件にしたのはなぜでしょうか。 ◎教育長福永忠克) 最終学年について学びの保障を確実なものとするため、できる限り人数指導等必要性が高い一定の規模以上の学級を有する学校対象にしたいと考えておりましたので、平均30人以上の学級学校という形で補正対象とさせていただいたところでございます。

大分県議会 2020-07-01 07月01日-05号

人的体制の強化では、現場ニーズを踏まえながら、公立小中学校最終学年人数編制に必要な教員を配置します。また、習熟度別学習や補習に対応する学習指導員や、教室内の換気、消毒等を行うスクールサポートスタッフについて、県立学校に新たに配置するとともに、市町村の公立学校私立学校についても追加配置等を支援します。 

石川県議会 2020-06-22 令和 2年 6月第 3回定例会−06月22日-04号

内容を紹介すると、症状があったり濃厚接触者に特定された児童生徒がいる場合であっても、当該児童生徒等の在籍する学級学級閉鎖としない。児童生徒等感染が判明した場合、当該児童生徒等の在籍する学級は二週間を目安に学級閉鎖とし、学校は一旦臨時休業とするがその後、保健所等に相談し、適宜再開する。周辺の学校については、基本的に休業しないというものです。  

石川県議会 2020-06-18 令和 2年 6月第 3回定例会−06月18日-03号

また、市町が行う乳幼児健診については、四か月の集団健診など一度に多人数が集まり実施するものは国の通知に従いまして健診を延期するなど、地域の実情に応じた対応をしたところでございますが、緊急事態宣言が解除されました六月からは受付時間を分散する、あるいは健診回数を増やすといったことで、一度に集まる人数を減らす工夫を凝らすなどして、感染予防対策を講じた上で全ての市町において健診を再開しているところでございます

神奈川県議会 2020-06-18 06月18日-08号

次に、身体的距離確保を考えた小中高人数学級について伺います。  政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議は、新しい生活様式として、身体的距離確保を呼びかけ、人との間隔はできるだけ2メートル、最低1メートル空けることを基本としています。しかし、40人学級では2メートルどころか1メートル空けることも不可能で、身体的距離確保と大きく矛盾をしています。  

兵庫県議会 2020-06-17 令和 2年 6月第349回定例会・速報版(第4日 6月17日)

次に、請願第18号「新型コロナウイルス感染を防止し、子供たちが安心して学校に通うために、人数学級実現を求める意見書提出の件、請願第19号「新型コロナ感染を防止し、子供たちが安心して学校に通うために、人数学級実現を求める」件についてです。  6月15日から通常登校通常授業が始まりました。長期休校により、学習遅れ格差拡大が起きています。

兵庫県議会 2020-06-16 令和 2年文教常任委員会( 6月16日)

○(2 請 願 審 査)  (今期定例会で付託されたもの)   第18号  新型コロナ感染を防止し、子供たちが安心して学校に通うために、人数学級実現を求める意見書提出の件   第19号  新型コロナ感染を防止し、子供たちが安心して学校に通うために、人数学級実現を求める件  以上2件を一括議題とし、審査の参考とするため、学事課長意見並びに現状報告を聴取した後、質疑並びに意見の開陳を行った。

兵庫県議会 2020-06-15 令和 2年 6月第349回定例会・速報版(第3日 6月15日)

今回のウィズコロナにおいて調査結果から見えてくるのは、三密を避けて個人移動をして、近場でのアウトドアやアクティビティを数人で楽しむというスタイルで、屋外で、近場人数でという、外近短が選ばれる傾向にあり、ごく近場に日帰りで訪れるステイケーションや、先ほど知事のご答弁にもありましたワーケーション需要、これも見逃せません。  

兵庫県議会 2020-06-12 令和 2年 6月第349回定例会・速報版(第2日 6月12日)

中でも、人数学級が実施できていない小学5・6年生、そして進路に直接関わる中学3年生について特に手厚いケアが必要です。  今回上程された補正予算案には、小学6年生及び中学3年生を重点に教員学習指導員等追加配置が掲げられていますが、単に学習進度遅れを取り戻すという観点だけでなくて、子供たちに寄り添った教育環境の整備が実施されるものと考えてもよろしいでしょうか。  

福岡県議会 2020-06-11 令和2年6月定例会(第11日) 本文

次に、感染対策で実施されている、人数授業オンライン授業について伺います。まず、人数授業について伺います。ニュースなどでも報道されていますが、学校再開後、密集を避けるため、例えば、クラスを二つに分けて、別々の教室授業を行っている風景などが見受けられます。感染対策として生徒児童同士間隔を空ける措置ですが、課題も生じます。

香川県議会 2020-06-04 令和2年6月定例会(第4日) 本文

第三は、身体的距離確保と矛盾する四十人学級についてです。  国の新しい生活様式で求められている身体的距離確保は、できるだけ二メートル、最低でも一メートル空けることを基本としています。しかし、現在の四十人学級では、二メートル空けることはおろか、一メートル空けることも不可能ではないでしょうか。  本県では、小学校一年から四年、中学一年は三十五人以下学級ですが、それ以外の学年は四十人学級のままです。

香川県議会 2020-06-03 令和2年6月定例会(第3日) 本文

次に、中学校の三十五人学級についてであります。  本県では、現在、中学校一年生で三十五人以下学級を実施しており、中一ギャップの解消やよりきめ細かな学習指導に寄与しております。今回の補正予算では、中学校最終学年での人数指導を行う加配教員予算が計上されていますが、中二については措置されておらず、全体としては十分と言えません。