154件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

千葉県議会 2018-09-03 平成30年9月定例会(第3日目) 本文

現地の人は、昔は小川が流れ、バラが咲き乱れる若人の住むきれいな町だったと話してくれました。事故後は、高レベル放射性降下物が町を覆い、一瞬で廃墟となった。あのバラを見てくださいと、廃墟となった建屋の周りに群生する野生化した気持ちの悪いバラのつたを指さして話してくれました。廃墟となった村の家屋も、道路沿いにずっと見え続けました。広大な土地が汚染され、人は帰ってこられなくなったのです。

岡山県議会 2018-06-21 平成30年 6月定例会-06月21日−06号

岡山県は,里山や小川,田んぼといった日本の原風景が残り,豊かな自然に恵まれています。環境に対する意識を全県的に高め,自然との共生を考える契機とするため,意欲のある市町村や地域とともに,全県地域を対象とした「岡山ほたるフォーラム」などを開催されてはいかがでしょうか。

千葉県議会 2018-06-01 平成30年6月定例会(第1日目) 本文

推進局開催準備課長前田敏也、オリンピック・パラリンピック推進局事前キャンプ・大会競技支援課長室田秀明、環境生活部副参事兼環境政策課政策室長中村敏彦、環境生活部副参事兼自然保護課自然環境企画室長板倉由妃子を、吉田商工労働部長から、地域産業推進・観光担当部長田中剛、商工労働部次長高橋昌伸、経済政策課長入江信明、経営支援課長亀井正博、産業振興課長石井慶範、企業立地課長稲生敏幸、観光企画課長田中深図穂、観光誘致促進課長松澤英雄

宮城県議会 2017-12-05 平成29年 11月 定例会(第362回)-12月05日−04号

    教育委員会       教育長                    高橋 仁君       理事兼教育次長                西村晃一君     選挙管理委員会       委員長                    伊東則夫君       事務局長                   伊藤正弘君     人事委員会       委員長                    小川竹男君

千葉県議会 2017-09-01 平成29年9月定例会(第1日目) 本文

(議長から、保健医療担当部長岡田就将君、警察本部長永井達也君、総務部次長下川耕平君、総務ワークステーション所長秋山良一君、総務部副参事兼総務課行政対象暴力対策室長佐々木一也君、農林水産部流通販売課長小川勝君、農林水産部担い手支援課長崎山一君、警察本部警務部長中村真二君、警察本部警備部長砂山和明君、人事委員会事務局次長柳橋良造君を議場に紹介) ◯議長(小高伸太君) 次に、議長の出席要求に対する出席者

千葉県議会 2017-04-01 平成29年4月臨時会(第1日目) 本文

雇用労働課長加賀谷美弥子、産業人材課長亀井正博、商工労働部副参事兼企業立地課工業団地整備室長高橋輝子を、伊東農林水産部長から、農林水産部水産局長山崎明人、農林水産部次長杉野宏、団体指導課長根本正一、生産振興課長小柳亨、安全農業推進課長石田和也、耕地課長杉森浩、畜産課長富田耕太郎、森林課長橋本信一、水産局水産課長(併)海区漁業調整委員会事務局長根本均、水産局漁業資源課長立岡大助、農林水産部副技監兼生産振興課園芸振興室長小川

群馬県議会 2017-02-20 平成29年 第1回 定例会−02月20日-01号

日本では、どうもタイトル付きの曲が大変人気がありまして、3番が「英雄」、5番が「運命」、6番が「田園」、そして9番「合唱付き」。ベートーヴェンの9つのシンフォニーは全て本当に名曲中の名曲なんですが、タイトルが付いていないシンフォニーで、交響曲で、最も人気がある曲が、この7番の交響だと思います。

千葉県議会 2017-02-07 平成29年2月定例会(第7日目) 本文

最近では、2010年の結城紬や2013年の日本人の伝統的な食文化・和食、2014年の本美濃紙、細川紙の小川和紙などが登録されております。このユネスコ無形文化遺産に、千葉県の佐原の山車行事を初めとして、京都の祇園祭、岐阜県の高山祭、関東では茨城県の日立風流物、埼玉県の秩父の夜祭り、栃木県の鹿沼今宮神社祭など、全国18府県33件の山・鉾・屋台行事が登録されました。

茨城県議会 2016-06-15 平成28年保健福祉常任委員会  本文 開催日:2016.06.15

藤田観光の小川栄一さん,三井の江戸英雄さんなどはつくば出身,そういう財界人の人間関係,そして地元の住民,企業の皆さん,そういう皆さんが一緒になってできた。そういう我々の先人たちは,情熱と意欲を持ってこの茨城県を何とか発展させようと。  そういう人が,この中で,部長,いずれあんた帰っちゃうんでしょうけど,ずっといたらいいですよ。

千葉県議会 2016-06-05 平成28年6月定例会(第5日目) 本文

緑海橋については阿井県議も質問をしていただいたこともあり、私も震災後の平成23年6月議会でも質問させていただき、椎名山武市長様、当時の小川議長様とともに要望活動を行い、その後も本会議や予算委員会において、登壇のたびに状況を伺い、また整備をお願いしてきているところであります。

長野県議会 2016-02-25 平成28年 2月定例会本会議-02月25日-04号

年 2月定例会本会議 平成28年2月25日(木曜日)  出席議員(58名)   1 番 花岡賢一      27 番 毛利栄子   2 番 今井愛郎      28 番 和田明子   3 番 寺沢功希      29 番 備前光正   4 番 山口典久      30 番 小池久長   5 番 百瀬智之      31 番 太田昌孝   6 番 小山仁志      32 番 諏訪光昭   7 番 小川修一

千葉県議会 2015-12-04 平成27年12月定例会(第4日目) 本文

立ち上げから、平成19年2月の有識者による県内水道経営検討委員会の最終提言、また、県議会においても平成18年12月県議会での知事答弁、平成21年9月県議会、自由民主党代表質問での坂本副知事答弁では、リーディングケースである県水道局と九十九里・南房総地域の両企業団の統合についても平成24年度を目途に統合を目指すと、また平成21年12月県議会の私、平成22年2月県議会の民主党、横堀議員の質問にも当時の小川総合企画部長

千葉県議会 2015-11-17 平成27年_決算審査特別委員会(第7号) 名簿 2015.11.17

27年11月17日(火曜日) 開会 午前10時0分 閉会 午後3時36分 2 場  所  第8委員会室 3 出席委員  山中 操委員長、横堀喜一郎副委員長、今井 勝委員、松下浩明委員、         内田悦嗣委員、林 幹人委員、實川 隆委員、中沢裕隆委員、戸村勝幸委員、         森  岳委員、伊豆倉雄太委員、石井敏雄委員、鈴木 均委員、横山秀明委員、         田村耕作委員、加藤英雄委員

千葉県議会 2015-11-17 平成27年_決算審査特別委員会(第7号) 本文 2015.11.17

◯委員長(山中 操君) 小川指導課長。 ◯説明者(小川指導課長) 指導課長の小川でございます。  平成25年度決算審査特別委員会における要望事項に係る経過報告について御説明申し上げます。  初めに、お手元の資料平成25年度決算審査特別委員会要望事項報告書の教育庁の箇所をお開きください。  

千葉県議会 2015-09-04 平成27年9月定例会(第4日目) 本文

小川教授という方がいらっしゃいまして、こういうふうな見守りシステムをぜひ千葉県でもというふうなお話がありましたものですから、所信の一端を述べさせていただいたところでございます。4期目でございますので、今後とも私も議員としてしっかりと頑張りたいと思います。  これで終わります。ありがとうございました。 ◯副議長(石橋清孝君) 次に、西尾憲一君。     

長崎県議会 2015-09-04 平成27年  観光振興等対策特別委員会-09月04日−01号

新幹線・総合交通対策課長 小阪洋之君 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−     文化観光国際部長     松川久和君     文化観光国際部次長    川口岩継君     観光振興課長       浦 真樹君     国際課長         古謝玄太君 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−     営業部長         小川雅純君

秋田県議会 2015-03-10 平成27年 第1回定例会《2月議会》 予算特別委員会 第13日

○総務部長(藤井英雄)  平成26年度補正予算の1億円についての質問ですけれども、それでは計算をしておりません。3年間で約6億円を繰上償還する予定になっております。 ○大里委員(大里祐一)  私の質問が悪かった。利息、更には元本に対して特交の金が来るでしょう。今のところ来ているでしょう。

千葉県議会 2014-09-05 平成26年9月定例会(第5日目) 本文

土地改良事業は、事業の実施により農業生産性が向上するとともに、水路などの維持管理が容易になり、農家の方々の経営にとって大きな効果がありますが、一方、長い農作業の歴史の中で育まれてきた小川のような土水路が整備されると、小魚などの生き物がすみにくくなるおそれがあります。豊かな自然と身近に触れ合えることも農村地域の魅力ではないでしょうか。

和歌山県議会 2014-09-01 平成26年9月 和歌山県議会定例会会議録 第4号(全文)

そのとき、後に県庁の課長も歴任された小川さんという課長がおっしゃったことがとても印象的で、今もよく覚えています。小川さんは、堂閉川を改修しても、下流の斎川を改修しなければ流れないと言うのです。そして、斎川を改修しても、さらに下流の西川を改修しなければ流れない、そして西川は、改修しても落差がないので流れない、むしろ満潮時は逆流して塩害が起きると言われました。