運営者 Bitlet 姉妹サービス
6255件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-15 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月15日−05号 しかし、いままでの調査結果から見ても、地熱発電所の場合、失敗は少ない事業だと思います。すでにアメリカ、イタリア、ニュージーランド等で商業地熱発電としてりっぱに成功しています。また国内においても、隣りの大分県の八丁原、大岳発電所を初め八カ所で成功した実績があります。さらに北海道では、現在第三セクター方式で建設中と聞いております。 もっと読む
2019-03-13 東京都議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文 155 ◯森村委員 私も民間企業におりましたときに、ウエブ会議システムやRPAなど導入しました。劇的に業務効率改善しまして、やはり一度導入すると、もう手放せなくなります。ぜひ早期の導入促進をお願いしたいと思います。   もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 さらに、誰もが活躍できる社会の実現に向け、テレワークの導入支援や介護休業を取得しやすい職場環境の整備を促進し、ライフワークバランスの充実を図ってまいります。   もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日県民生活・土木交通常任委員会-03月07日-01号 民間活力を導入して集客施設の整備を図る考えだと思うのですが、保全はどうなるのかと思います。やはり自然環境の保全をきちんとしていかなければならないと思うのですが、エリア分けしてしまうとどうでしょうか。 ◎岩崎 都市計画課長  しっかりと琵琶湖のよさを保つことは大前提であると思います。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日予算特別委員会環境・農水分科会−03月07日-01号 さらに、酪農の生産基盤そのものがかなり弱体化してきているということで、酪農家の戸数、乳用牛の頭数も減少してきておりますので、まずはその酪農生産基盤をしっかりと強化していくことで、乳用初妊牛といいまして、酪農は主に北海道ですけれども、妊娠したお母さん牛を導入してきて、滋賀県で赤ちゃんを生ませてお乳を搾る経営が主体ですので、導入してくる乳用初妊牛への支援も継続してやっていく予定をしております。   もっと読む
2019-03-06 福井県議会 2019.03.06 平成31年第405回定例会(第5号 閉会日) 本文 日本の原発海外輸出計画は全て失敗しました。本州で再稼働を認めているのは福井県だけであります。この時期に新たな原子力開発を推し進めるのではなく、原発ゼロへと進むべきであります。  第5号議案国民健康保険特別会計予算は、国保の新年度の納付金総額を今年度に比べ18億円ふやし、福井市など4市町で保険税引き上げにつながるものであり反対です。 もっと読む
2019-02-26 東京都議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文 近視眼的な対応を繰り返した平成時代の国の財政運営の失敗を、健全な財政運営に努めてきた東京都に押しつけるような措置は、東京のみならず日本全体を沈没させる、平成の次の時代に対する大きな負のレガシーといわざるを得ません。この点について改めて申し上げておきます。   もっと読む
2018-12-19 東京都議会 2018-12-19 平成30年第4回定例会(第18号) 本文 対症療法的な対応を繰り返してきた国の財政運営の失敗を健全な財政運営に努めてきた東京都に押しつけるような措置は、子供たちが生きる次の時代に対する大きな負のレガシーといわざるを得ず、決して容認できるものではありません。   もっと読む
2018-12-17 滋賀県議会 平成30年12月17日県民生活・土木交通常任委員会−12月17日-01号 ここに民間活力導入と書いていますが、もっと民間活力導入を含めて収益を向上させていかないといけません。維持管理の費用も要るのですから、出すことばかりではなくて、生むことを考えていただきたいと思います。助成金をとりにいくのも当たり前ですから、いかに頭を絞って、現実に収益を得ていくかを考えていかないといけないわけです。そこが弱いと思うのですが、それに対してどう思いますか。 もっと読む
2018-12-14 山口県議会 平成 30年11月定例会-12月14日−07号 二○一七年度予算は、検証しても借金は減らないとの立場をとられる村岡知事が、過去の財政運営の失敗を、文字どおり検証も反省もしないまま、昨年度から五年間の財源不足一千三百五十億円の解消策として打ち出した行財政構造改革の元年予算でした。  この年度、知事部局の正職員は三十四人、教育委員会の本採用教員は四十三人も削減されるなど、人件費は全体で十八億三千七百万円減っています。 もっと読む
2018-12-14 福井県議会 2018.12.14 平成30年予算決算特別委員会 本文 さらに、今年度からは、市町というよりも実際の事業を行われる方、こういう人たちに対しての設備導入に対する補助というふうな制度も設けてきている。そういうことによって、再生可能エネルギーの導入を促進したいと考えている。   もっと読む
2018-12-12 東京都議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第17号) 本文 の再エネ設備の導入支援などの取り組みを進めてまいりました。   もっと読む
2018-12-12 北海道議会 平成30年第16回水産林務委員会会議録-12月12日-01号 次に、「Ⅰ 漁業法の改正」の主要な内容についてですが、(1)の「新たな資源管理システムの構築」では、資源管理は漁獲可能量-TACによることを基本原則に、準備が整った水産資源について、船舶ごとに漁獲割り当てを設定する個別割り当て制度-IQを導入するなど、水産資源の維持回復のための仕組みが盛り込まれております。   もっと読む
2018-12-11 福井県議会 2018.12.11 平成30年厚生常任委員会及び予算決算特別委員会厚生分科会 本文 それを解消していくために、今後、音声ガイドやタブレットとかを導入するとか、展示方法もよりわかりやすいように見直していくとか、そういったことをやっていければということを今考えているところである。  それから、教育旅行については、我々も非常に重要なものだと認識している。 もっと読む
2018-12-11 長野県議会 平成30年11月定例会文教企業委員会-12月11日-01号 このために、今後、障害者雇用の検討内容といたしまして、一つは非常勤職員の募集に当たって、一部障害者選考が導入できないかですとか、あとインターンシップのような取り組みができないか。また、先ほどもお話しましたように支援者、支援員みたいなものを設置しましてサポート体制を充実していけないかなど、そのような取り組みを庁内的な流れの中で検討していく状況になっております。   もっと読む
2018-12-10 長野県議会 平成30年11月定例会農政林務委員会−12月10日-01号 そのほかにつきましても、例えば具体的なものでいけば、米等については、トヨタのカイゼン方式の導入等による経営改善ですとか、あるいはマーケティングの関係でも、先ほど来お話もありましたが、積極的なマーケティングをすることによって、長野県産のブランド力を高めていくという形で、いろいろな面でTPP対策についての対応をさせていただいている状況でございます。 もっと読む
2018-12-10 福井県議会 2018.12.10 平成30年産業常任委員会及び予算決算特別委員会産業分科会 本文 ラボでは、最新機器の体験により導入効果を実感していただくほか、セミナーの開催、専門家のアドバイスによりAIやIoTの導入を促し、生産性の向上と新しいビジネスの創出を進めていく。  伝統的工芸品の振興については、丹南の伝統工芸5産地に眼鏡、繊維を加えた7つの産地を体験できるイベント、RENEWが10月に開催された。 もっと読む
2018-12-10 滋賀県議会 平成30年11月定例会議(第16号〜第22号)−12月10日-04号 具体的には、自動運転等の新しい移動手段の導入に向けた取り組みでありますとか、スマート農業、林業、水産業の推進、遠隔医療技術などによる医療人材不足への対応などを基本構想に盛り込もうとしているところでございます。   もっと読む
2018-12-07 滋賀県議会 平成30年11月定例会議(第16号〜第22号)−12月07日-03号 本県でも、実証実験のもとに導入活用を進めるとありますが、どのような工程のもと、どのような対象業務で実施されるのか、お伺いいたします。  RPAツールも提供会社によってさまざまなタイプがあり、それに伴い、導入コストも初期およびランニングともに変化してくると思われます。県庁への導入コストをどのように考えているのか、お伺いいたします。   もっと読む
2018-12-06 福井県議会 2018.12.06 平成30年第404回定例会(第4号 一般質問) 本文 仕事はふえるが教職員は減るの悪循環では時間外労働はふえる一方だとか、何の解決にもならない変形労働時間導入はやめてほしいとか、従来の時代おくれの県独自テストは廃止してほしいなどなどであります。現場教員の声にもあるように、福井県学校業務改善方針案で1年単位の変形労働時間導入を検討していることは大問題であります。これでは、通常の時間外労働を容認、拡大することになりかねません。   もっと読む