運営者 Bitlet 姉妹サービス
323件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2017-07-04 長野県議会 平成29年 6月定例会環境産業観光委員会−07月04日-01号 魅力のある地域と言えると思いますが、本音のところを言いますと、魅力ある地域とは、稼げる社会だと堺屋太一さんがおっしゃっております。また、貯蓄ができる社会ともあわせて述べているわけですが、私は人生観におきます価値観というのは、大分変わってきたような気がしております。ただ、お金を稼げばいいという時代は終わりまして、充実した人生を送りたいといった中で、長野県を選ばれる方が非常に多いと思っております。   もっと読む
2017-03-07 長野県議会 平成29年 2月定例会県民文化健康福祉委員会−03月07日-01号 私は団塊の世代という本を堺屋太一さんが書いたときに、コンビニがこんなに普及するとは思わなかった。  それともう一つは、今、農協も参画しているけれども、何々虹のホールというのは全部、農協の葬祭場だね。あんな葬祭場で葬式なんかやるという疑問がありましたが、今、もう当たり前になってしまった。 もっと読む
2016-03-02 広島県議会 2016-03-02 平成28年生活福祉保健委員会-1 本文 随分前に舛添さんがやった「限界集落」日本の人口が減ると言われ、また堺屋太一さんが書いた「団塊の世代」、もう一つ、まさかこういう時代が来るとはわからずに見ていた、森繁久彌さんがやられました「恍惚の人」があります。   もっと読む
2015-09-01 和歌山県議会 平成27年9月 和歌山県議会定例会会議録 第5号(全文) そこで、金の卵と呼ばれ、戦後の日本の高度成長期を支えてきた団塊の世代──正確には、堺屋太一がつくった言葉で、昭和22年、23年、24年に生まれた方を中心に呼ぶらしいんですが──この大きな団塊の世代という塊は、あらゆる面で社会や国の施策にも大きな影響を及ぼしていることは言うまでもありません。 もっと読む
2014-12-08 秋田県議会 平成26年 第2回定例会 第12日 新聞紙上での堺屋太一先生の提言から引用してお聞きいたします。それは、若いうちに結婚し出産をすることが大事だと論じております。特に、教育期間中の結婚や出産を社会が許容する制度をつくるべきだという提案であります。そして、それは老老介護を変えていくという役割もあると言います。 もっと読む
2014-09-11 大分県議会 平成26年 第3回定例会(9月)-09月11日−04号 一九八〇年に、かの堺屋太一氏が「団塊の世代」という本を発表されました。いわゆる戦後ベビーブームでどんどんどんどん人口が膨らんだ、もうその世代が六十代後半になっております。  この団塊の世代で膨らんだ人口の波、それが数々の流行や需要を創出していった。そして、一面では過当競争や過剰施設を残して、年老いたときに、今まさに七十歳に近づいております。 もっと読む
2014-09-11 大分県議会 平成26年 第3回定例会(9月)-09月11日−04号 一九八〇年に、かの堺屋太一氏が「団塊の世代」という本を発表されました。いわゆる戦後ベビーブームでどんどんどんどん人口が膨らんだ、もうその世代が六十代後半になっております。  この団塊の世代で膨らんだ人口の波、それが数々の流行や需要を創出していった。そして、一面では過当競争や過剰施設を残して、年老いたときに、今まさに七十歳に近づいております。 もっと読む
2014-06-27 山梨県議会 2014.06.27 平成26年6月定例会(第5号) 本文 一方、元経済企画庁長官の堺屋太一氏は、人口減少が続いた十五世紀のイタリアにおけるルネサンス文化の興隆を例に引き、人が減っても栄えることができるという発言をされ、今も、私の心の中に残っております。同時に、堺屋氏は、人口減少が経済の衰退と文化の荒廃をもたらした例も挙げ、繁栄と衰退のどちらになるかは、事前の取り組み次第だという指摘をしております。   もっと読む
2014-03-03 大阪府議会 平成26年  2月 定例会本会議-03月03日−06号 ◎知事(松井一郎君) 岡下議員、本当に以前から、この特別顧問、特別参与の報酬について、岡下議員の価値観では払い過ぎだ、払い方がおかしい、そういう価値観になると思いますけども、今特別顧問、参与の中で、この特区においても、例えば堺屋太一先生なんていうのは政府の参与でもありまして、非常に忙しい日程の中、大阪府の立場に立ってさまざまなアドバイスをいただいているわけです。 もっと読む
2013-10-28 兵庫県議会 平成25年産業労働常任委員会(10月28日) そして、規制緩和も必要であり、大阪では、堺屋太一氏が大阪府市規制改革会議の会長として先頭に立って取り組んでいる。御堂筋をもっと開放すること、ダンス規制を緩和すること、などを求めている。そして、大阪はやはり人であり、なにわ気質である。兵庫でもジオパークが認定されたが、各地のジオパークと手を結んで、行き来して、見に来るように取り組んで欲しい。 もっと読む
2013-10-03 大阪府議会 平成25年  9月 定例会本会議(1)-10月03日−05号 ところで、先般、大阪府と大阪市の特別顧問である堺屋太一さんが、国の内閣官房の参与に起用されたとの新聞報道がありました。なお、その報酬額は、一日当たり二万四千三百円とのことです。一方で、府の特別顧問の場合、一日当たりの報酬の最高額は五万三千三百五十円であり、国の参与と比較して倍以上の金額です。このことを見ても、相当高額であると言えます。   もっと読む
2013-03-11 熊本県議会 平成25年 2月 定例会-03月11日−06号 これについては――私はこれで質問を終わりますけれども、私は、昨年の4月に、月に2回ないし1回、大阪維新の会に、政治塾に、経済問題、国防問題、堺屋太一さんや竹中平蔵さんや、そして北岡さんや古閑さんや、そして石原都知事やら講演をして、レポートを書かなきゃいかぬ。800字のレポート。1時間半の講演を聞いて、意見交換をして、1時間内で800字、携帯電話を見ることも――これは試験なんですよ、毎回、毎回。 もっと読む
2013-03-11 熊本県議会 平成25年 2月 定例会-03月11日−06号 これについては――私はこれで質問を終わりますけれども、私は、昨年の4月に、月に2回ないし1回、大阪維新の会に、政治塾に、経済問題、国防問題、堺屋太一さんや竹中平蔵さんや、そして北岡さんや古閑さんや、そして石原都知事やら講演をして、レポートを書かなきゃいかぬ。800字のレポート。1時間半の講演を聞いて、意見交換をして、1時間内で800字、携帯電話を見ることも――これは試験なんですよ、毎回、毎回。 もっと読む
2012-10-12 大阪府議会 平成24年9月定例会府民文化常任委員会-10月12日−02号 まず道頓堀プールですけれども、大阪のシンボルである道頓堀、これが開削四百周年を迎えるということで、二〇一五年に道頓堀プールをイベントの一つとしてやるそうですけれども、これもともと、伺ったところによりますと、堺屋太一さんが提唱しまして、地元民間業者が一生懸命尽力されて実現にこぎつけようと、今なさっている最中やと伺っております。   もっと読む
2012-09-28 秋田県議会 平成24年 第2回定例会《9月議会》 予算特別委員会 第7日 もう一つは、全体として見ると、知価革命(工業社会の終焉と「知価社会」(情報化社会)の到来を予測した堺屋太一氏の社会評論の題名)ということで、単に物を作ることと非常に高度な情報ツールとの接合の部分が物すごく伸びているのです。 もっと読む
2012-09-27 青森県議会 2012.09.27 平成24年第271回定例会(第3号)  本文 命名したのは「峠の群像」の作家堺屋太一であることは案外知られていないところであります。  戦後間もなくの昭和二十年代は、今の倍以上の子供が生まれていました。昭和四十年前後の日本の高度経済成長は、団塊の人たちの下支えが大きく影響してきたのです。とにかく人数が多かったので、公務員になる人の数も、当然のことながら大変な数に上っていました。 もっと読む
2012-09-26 愛媛県議会 平成24年第328回定例会(第5号 9月26日) 例えば参議院議員の江口克彦氏を会長、堺屋太一氏を名誉会長とする地域主権型道州制国民協議会が組織され、また、その傘下に四国など各地方政治家連盟が次々と結成され、道州制の早期導入を目指す運動を強めております。  また、日本維新の会は、維新八策において統治機構のつくり直しを真っ先に掲げ、道州制導入を大々的に打ち出しております。   もっと読む
2012-02-27 大阪府議会 平成24年  2月 定例会本会議-02月27日−02号 知事は、先日、堺屋太一特別顧問が提唱された道頓堀にプールをつくるなど大阪の十大名物の実現のため、検討チームを立ち上げたということを明らかにされました。大阪に大勢の観光客を呼ぶ、そのための世界に発信する大型の仕掛けが必要だと思うわけです。   もっと読む
2012-02-24 群馬県議会 平成24年  2月 定例会−02月24日-02号 大阪府と大阪市は、テレビでおなじみの堺屋太一氏ですとか、もと経産省の古賀茂明氏をはじめ5名の方を特別顧問として任命されているそうであります。群馬県で外部の民間人を登用した例というのを調べてみました。産業技術センター所長に当時の元東芝リサーチの社長を務めておられた植松豊氏が就任をして、今、ぐんま総合情報センターの所長を務めていただいている宮ア信雄氏の2人だけであるそうであります。 もっと読む
2012-02-01 和歌山県議会 平成24年2月 和歌山県議会定例会会議録 第4号(全文) 私も、こういった堺屋太一さんとの、これは橋下さん側からの本でございますし、一方、その橋下さんの危なさを訴える「『仮面の騎士』橋下徹」であるとか、あるいは「新潮45」の雑誌とか、そういった報道に触れるにつけ、批判もあり人気もありと、こういった最近には珍しいと申しましょうか、目の離せない政治家の登場であると、かように思うところでございます。   もっと読む