48391件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-22 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月22日−07号 委員からは、ダム建設に関し、地域振興のための整備計画は、立村していくため地域住民の意向を反映したものでなければならないが、村における財政負担が問題である。またダムが建設されることにより人口が減少する等の問題も出てくる。このようなことから県においては行財政的にも特段の配慮が必要であるとの意見が出されました。 もっと読む
2045-06-16 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月16日−06号 なお、御質問の中で高収量問題についてお触れになりました。 もっと読む
2019-04-26 沖縄県議会 総務企画委員会記録 平成31年 第 3 回 臨時会第 1 号 ○又吉清義委員 今、ふるさと納税に関する問題を受けている、要するにテレビで非常に話題になっております。400億円もふるさと納税で集める、その中身等で非常にいろんな問題が出ておりますが、そういったふるさと納税だけについて、ということでよろしいのでしょうか。 ○金城弘昌総務部長 そのとおりでございます。 もっと読む
2019-03-22 沖縄県議会 子どもの未来応援特別委員会記録 平成31年 第 2 回 定例会第 2 号 確かに、子供の未来を考えるという意味では、子供の人権の問題、それから虐待防止の問題、この貧困対策の問題といろいろあると思います。その辺もありまして、どういった取り組みが必要なのかをもう少し研究してまいりたいというところでございます。○亀濱玲子委員 ありがとうございます。 もっと読む
2019-03-22 沖縄県議会 公共交通ネットワーク特別委員会記録 平成31年 第 2 回 定例会第 2 号 OKICAは今31万枚発行されているということでありますが、2次交通へのアクセスの問題とか商業施設で利用できないとかということも含めて、トータル的に国際観光イノベーション特区に位置づけてほしいということと、あとはいろいろな支援がほしいということで細かな資料をいただいてはいます。OKICAが国際観光イノベーション特区に位置づけられるという可能性はありますか。 もっと読む
2019-03-20 兵庫県議会 平成31年 2月第343回定例会・速報版(第10日 3月20日) また、園田西武庫線は、三菱電機敷地内を含め、尼崎市内を東西に走る道路で、総事業費約198億円かけて整備するもので、今後、整備を進める東園田側では、用地問題などで住民合意が得られていないなどの問題を抱えています。  この事業については、三菱電機の敷地用地買収や物件移動の補償費などで約124億円にも上り、総事業費の約6割が三菱電機関連に充てられていることなど、そもそも事業そのものに反対です。   もっと読む
2019-03-19 兵庫県議会 平成31年建設常任委員会( 3月19日) 前2者には共通の問題がある。例えば東播磨南北道路の南工区は、総延長5.2kmのうち3.9kmが高架だが、その橋梁上部工事を行える業者は県内に1者しかない。同工区の総工事費の約55%を占める橋梁上部工事を受注したのは、全て県外の建設業者であった。公共工事は地元業者の健全な発展を促進することが大きな目的である。このような大型事業では地元業者に仕事が回らない。 もっと読む
2019-03-19 兵庫県議会 平成31年文教常任委員会( 3月19日) 新たな投資で施設を拡大するとのことだが、来場者数の問題は払拭されるのか。 ○文化財課長(山下史朗)  ② フラワーセンターの来場者22万人のうち4分の1程度を来館見込としていたが、古代鏡展示館にはそれほど来館者が流れてこなかった。フラワーセンター自体の来場者は増えているので、今後も連携して来館者増に取り組んでいく。 もっと読む
2019-03-19 沖縄県議会 総務企画委員会記録 平成31年 第 2 回 定例会第 5 号 ○比嘉瑞己委員 大変参加者にとっては不安ですし、また、県民から見ても問題があるやり方だと思います。 皆さん、そうやってビデオも撮っていながら、この新聞投書でも腕をねじ曲げられたという声が寄せられている中で、確認しようと思えば幾らでも確認できると思うのです。 もっと読む
2019-03-18 沖縄県議会 総務企画委員会記録 平成31年 第 2 回 定例会第 4 号 あくまでも休業となるとやはり賃金の問題とか出てくるので、夜間の大学に通ったり、夜間の自己啓発の研修を受けたりという職員がいてもおかしくないと思うのですが、どう担保していくのか、そういう自己啓発をですね。 ○真鳥洋企人事課長 先ほどの説明に不足の部分がございました。 もっと読む
2019-03-18 沖縄県議会 経済労働委員会記録 平成31年 第 2 回 定例会第 4 号 〇山川典二委員 ちょっと数字の違いなどがあるんですけど、いずれにせよ、生産者の7団体は糸満には行かないということで内部決定をして、したがいまして、向こうの荷さばき施設は40年以上、老朽化して、衛生面とか、それから、耐震化の問題、それから法規制の問題、いろいろ質疑したいところもあるんですが、ほかの皆さんも質疑ありますのでそろそろ終わりますが、ぜひ、糸満漁港は糸満漁港ですみ分けをして進んでいるわけでありますから もっと読む
2019-03-15 滋賀県議会 平成31年 3月15日厚生・産業常任委員会−03月15日-01号 この間の材料の値上がりの問題や人の問題があって、建てたはいいが、人員の配置ができなければ許可をおろしてもらえないので、そういう面での苦しさは今後もつきまとうのではないでしょうか。私の印象としては、今後もおくれるだろうと思いますが、皆さん方の責任ではないけれども、現場の責任だと思っておられるのではないですか。 もっと読む
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 当時の市場問題プロジェクトチーム座長小島敏郎氏の主張について直接話を聞く必要があるとのことですが、(小松委員「委員長、緊急動議」と呼ぶ)当時の小島座長の発言や意図については市場問題プロジェクトチームの報告書で既に取りまとめられており、公開されています。 もっと読む
2019-03-14 滋賀県議会 平成31年予算特別委員会−03月14日-04号 議案の調査の過程で、委員からは、まず、琵琶湖環境部所管予算では、琵琶湖におけるプラスチックごみ問題調査検討事業について、プラスチックは腐らず、一度、琵琶湖に入ると他のごみとの付着により湖底に蓄積することが懸念されるので、現状をしっかりと調査して対策を検討していただきたい、琵琶湖博物館魅力創造発信事業について、琵琶湖博物館へ誘引するためには、県内では限りがあることから、今後スポーツイベントが続くことを もっと読む
2019-03-13 兵庫県議会 平成31年度予算特別委員会・速報版(第10日 3月13日) 最後の問題である。特殊詐欺に対する今後の取組についてである。  全国における特殊詐欺の認知件数は、平成22年以降、平成29年まで7年連続で増加し、被害額は平成26年以降、平成29年まで3年連続減少したものの、依然として高水準で推移している。   もっと読む
2019-03-13 東京都議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文 135 ◯高倉委員 私ども都議会公明党がこれまでも問題提起をしてきたところでありますけれども、この下水道の改善事業が完了をしますと、外堀にはほとんど水の循環がなくなってしまいまして、たまり水となった外堀では、相変わらずアオコやあるいは悪臭が発生するなど環境問題になることを私どもは危惧しているわけであります。 もっと読む
2019-03-13 滋賀県議会 平成31年 3月13日琵琶湖対策特別委員会−03月13日-01号 それから、琵琶湖を支える取り組みでは、調査研究事業の中の琵琶湖におけるプラスチックごみ問題調査検討事業が挙げられると思います。世界的な動きの中でプラスチックごみの問題がクローズアップされてきています。琵琶湖からこうしたことを発信していくことも、非常に重要であると考えています。 もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 移転延期した後、専門家会議、そして市場問題プロジェクトチームなど、さまざまな検証を進めまして、その中で、主要な建物の下に盛り土がなされていなかった問題、市場会計の持続可能性の問題など、これまで議論の対象とならなかった課題に光が当てられたわけであります。   もっと読む
2019-03-12 滋賀県議会 平成31年 3月12日環境・農水常任委員会−03月12日-01号 初めから言っていたとおり、漁師が利用できないようなスキームをつくって、1,000万円の補助を計上したところに問題があります。  マスコミでも大きく取り上げられて、漁業者のエリの損害に初めて県が支援をしたと報道されていましたけれども、実際にはほとんど利用できないような中身だったということです。琵琶湖の漁業と漁業者の実態を見ない本当にお役所仕事そのものです。   もっと読む
2019-03-12 滋賀県議会 平成31年 3月12日県民生活・土木交通常任委員会−03月12日-01号 引き続きPRはしていますが、空き家の購入の部分ですので、耐震の問題などで、古い家ではなかなか流通にのらない部分もあります。その辺は、市町と連携しながら進めています。 ◆木沢成人 委員  もう新年度予算の審査は終わったのですが、新年度予算にも、少し名前を変えて、「やま・さと・まち」空き家流通促進モデル事業があります。 もっと読む