運営者 Bitlet 姉妹サービス
252件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-11-30 群馬県議会 平成30年 第3回 定例会-11月30日-08号 次の総合母子医療センターをしっかりやることにより、産科・小児科の医師確保対策にもつながるということでありますので、お願いを申し上げたいと存じます。  総合母子医療センターの充実ということでありますが、医療というのは妊娠22週から1週間未満の母子の安全と健康を守るための医療ということであります。私も昨年11月のこの議会でも同じ質問をさせていただいております。 もっと読む
2018-09-11 福井県議会 2018.09.11 平成30年予算決算特別委員会 本文 ◯産業労働部長  県民衛星は地球を1日に16することになるが、地球が自転していることも相まって、福井の上空を週に1回通過することとなる。その際に上空から観測データを撮影するわけであるが、1回の撮影範囲が幅約60キロ、そして解像度は2.5メートル四方以上のもの──これは具体的には地上の車を識別可能な程度の能力である。こういったデータになる。   もっと読む
2018-08-01 滋賀県議会 平成30年 7月定例会議(第2号〜第8号)−08月01日-05号 まで(平成30年度滋賀県一般会計補正予算(第2号)ほか10件)の各議案に対する質疑ならびに質問            ────────────────────────────── 本日の会議に付した事件  第1 日程第1の件            ────────────────────────────── 会議に出席した議員(43名)    1番   桑  野     仁       2番      もっと読む
2018-03-16 東京都議会 2018-03-16 平成30年文教委員会 本文 107 ◯増渕指導部長 都教育委員会は、平成二十三年度から東京藝大学と連携し、大学の教員等による作品制作への助言などを通して都立特別支援学校の美術教育の充実を図り、児童生徒の表現力を伸長させるための取り組みを行ってまいりました。   もっと読む
2018-03-13 大分県議会 平成30年 第1回定例会(2月)-03月13日−07号 昨年のイクボスの宣言の後でございますけれども、イクボスの必要性だとか実践するためのマネジメントを紹介するイクボス推進セミナーを、大分市と中津市で開催いたしまして、中津市長や商工会議所会頭などにも参加をいただいたところであります。  また、大分市や大分銀行が役員や管理職などを対象に独自にイクボス研修を行うなど、イクボスへの取組は広がりを見せていると考えていいんじゃないかと思います。   もっと読む
2018-03-07 青森県議会 平成30年第293回定例会(第5号)  本文 開催日: 2018-03-07 また、今年度までの二カ年において実施した高校生を対象とするアートスクールでは、東京藝大学等と連携して、国内外で活耀するアーティストや芸術教育者を講師に招いて、すぐれた芸術表現を学ぶ機会を提供し、参加した高校生や教員からは大きな反響が寄せられたところでございます。   もっと読む
2018-03-07 高知県議会 平成30年  2月 定例会(第343回)-03月07日−06号 このため、医療機関の自主的な取り組みにより病床機能の分化を図ることを基本としつつ、急性病床においては、主として回復病床への転換によりリハビリテーションなどを推進し、また慢性病床においては、平成35年度末で廃止となる介護療養病床を介護医療院などへ円滑に転換が図られるよう、支援をしていきたいと考えています。   もっと読む
2018-02-28 群馬県議会 平成30年 第1回 定例会-02月28日-04号 現在の病床機能は、高度急性、急性、回復、慢性とありますが、団塊の世代が75歳以上になる2025年には、この状況だとベッドが賄い切れないということで、急性から回復への転換が重要となっております。 もっと読む
2018-02-01 香川県議会 平成30年[2月定例会]文教厚生委員会[健康福祉部、病院局] 本文 退会も、めでたく結婚して退会していただくのが一番いいのですが、期間中にカップルが成立しなかったり、申し込んでもなかなかうまくいかない方が退会されているのではないかと思っており、これらの対策といたしまして、来年度から、まずは会員向けに、第1印象で好感を持たれるよう身だしなみを整える「ファッションセミナー」や、初対面の相手に対してうまくコミュニケーションがとれるような「会話セミナー」などを新たに開催いたしますとともに もっと読む
2017-12-13 京都府議会 2017.12.13 平成29年府民生活・厚生常任委員会及び予算特別委員会府民生活・厚生分科会12月定例会1日目 本文 2つ目の柱といたしまして、「患者本位の安心・安全な医療提供体制の確立」として、高齢者の方が住みなれた地域で安心して暮らしていただけるように、医療、介護の切れ目のない連携、いわゆる在宅療養の体制などの充実、それから2つ目といたしまして、医療の技術的進歩などを背景として医療的ケア児に対します医療体制の充実を挙げております。   もっと読む
2017-12-12 茨城県議会 平成29年保健福祉常任委員会  本文 開催日:2017.12.12 また,県央,県北地域における小児救急中核病院といたしまして,ドクターヘリで搬送される小児患者の受け入れ,・新生児救急につきましても,重症新生児の受け入れを行っているところでございます。   もっと読む
2017-10-17 東京都議会 2017-10-17 平成29年厚生委員会 本文 次に、重要性が増している医療について、具体的にお伺いをいたします。  都立病院においては、大塚病院、墨東病院、多摩総合、小児総合医療センターが総合母子医療センターに指定をされ、母体の救命救急への対応、ハイリスク妊娠に対する医療、また高度な新生児医療等に取り組まれております。   もっと読む
2017-06-29 高知県議会 平成29年  6月 定例会(第340回)-06月29日−03号 現在、国では、がん対策基本法に基づく第3のがん対策推進基本計画の策定に向け、議論が進んでいるところであります。本県でも、今年度で第2高知県がん対策推進計画が終了し、年度中に、向こう6年間の第3高知県がん対策推進計画の策定をすることとなっています。  そこで、現在取り組んでいる第2高知県がん対策推進計画についてお聞きいたします。 もっと読む
2017-03-16 福岡県議会 平成29年度 予算特別委員会 本文 開催日: 2017-03-16 救急医療は、少子化対策の観点からも、その体制整備が重要で、県民が安心して出産に臨める医療環境の実現に向け、柔軟で効果的な施策の実行が求められます。   もっと読む
2017-03-14 愛媛県議会 平成29年経済企業委員会( 3月14日) それから、ハイブリッド手術室でございますが、同じように、手術室内に血管撮影装置を整備しようということで、例えば、循環器系の心臓カテーテルの検査をその手術室の中で行っておる中で、患者さんの状態によっては開胸手術をしなければならないときに、その部屋ですぐに式の変更が行えるといったところで、県立病院では中央病院の方に、26年1月に整備いたしております。   もっと読む
2016-12-14 沖縄県議会 総務企画委員会記録 平成28年 第 6 回 定例会第 2 号 下から2番目の公共離島空港整備事業費6億1000万円は、南大東、宮古島、与那国島の各空港における場柵の改良に要する経費であります。 13ページをごらんください。 2番目、教育委員会の設備整備費7001万2000円は、電子黒板機能付プロジェクターの整備に要する経費であります。 もっと読む
2016-12-09 石川県議会 平成28年11月第 4回定例会−12月09日-03号 森林を県民共有の財産として社会全体で守り育て、次の世代に健全な姿で引き継いでいくことを目的に平成十九年度に導入されたいしかわ森林環境税、今年度は第二五年間の最終年度となることから、これまでの事業成果等の検証評価が行われました。 もっと読む
2016-09-01 香川県議会 平成28年[9月定例会]文教厚生委員会[健康福祉部、病院局] 本文 けがと疾病の違いもありますし、もっと根本的な違いでは、医療の維持確保を掲げておりますが、これなどはけがとも疾病とも異なる特徴的なものではないかと思います。そうした大まかな疾病ごとに必要数を把握した上で、その積み上げにより必要病床を計算する方法が理解を得られやすいと思うのですけれども、この辺のところはどのように考えておられるのか、お答えいただきたいと思います。 もっと読む
2016-06-27 長野県議会 平成28年 6月定例会県民文化健康福祉委員会−06月27日-01号 優しい医療はチームで行うことになってきておりますので、いかに患者さんの希望をかなえていくかということで、前、術中、そして術後に関しても検討会が開かれていると聞いておりますので、それを統計的にどのような形で調べるかというのは難しいんですけれども、現在のところでは特にそれについて滞っているとは聞いておりません。 ◆村石正郎 委員 セカンドオピニオン体制はしっかり整っているんでしょうか。 もっと読む
2016-06-24 宮城県議会 平成28年  6月 定例会(第356回)-06月24日−04号 病院機構の第四事業報告を見ると、スタッフへの研修の取り組み状況も見られますが、専門資格の取得によって加算が取れるという今日の診療報酬制度から研修体制の更なる強化が必要と考えますが、御所見をお伺いいたします。  現在、病院機構には年間四十億円の運営負担金が拠出されておりますが、拠出額を少しでも減らすために、循環器・呼吸器病センターの経営改善にとどまらず、機構全体の収益力強化が必要です。 もっと読む