3153件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

茨城県議会 2021-06-15 令和3年予算特別委員会  本文 開催日: 2021-06-15

「ホーム」は、同和問題を主軸として、障がい者差別外国人差別など様々な人権問題を取り上げ、これらの問題が決して他人事ではなく、正しく知り、身近な問題として考えることが差別意識解消につながることを描いております。  私も拝見をいたしましたが、ストーリーは極めて分かりやすく、中学生、高校生も興味を持ってもらえるようなすばらしい内容であると感じております。

福岡県議会 2021-03-16 令和3年度 予算特別委員会 本文 開催日: 2021-03-16

42 ◯中川人権同和対策局調整課長 それでは、配付資料について御説明させていただきます。  資料1)の平成七年の福岡部落差別事象発生防止に関する条例は、同和地区に居住していること、または居住していたことを理由としてなされる結婚及び就職に際しての差別事象発生防止し、県民基本的人権を擁護することを目的としています。

愛媛県議会 2021-03-15 令和 3年スポーツ文教警察委員会( 3月15日)

○(地域スポーツ課長) まず、令和元年度の状況でございますけれども、2日間実施いたしまして、ほぼ中予地区中学高校のほか、愛媛マンダリンパイレーツ参加もあり、延べ224名の参加がございました。今年度は4日間実施いたしまして、東予、南予からも参加があり、中学高校大学、合わせて延べ273名で、2年間で合計約500名の参加でした。  

鹿児島県議会 2021-03-12 2021-03-12 令和3年予算特別委員会 本文

昨年十二月に肝属地区人権同和教育研究協議会で、鹿屋高校大薗教諭が提案いたしましたこの事業に、その協議会の会長の濱田教諭が応じて一月下旬にスタートした事業になります。高校生教員志願者を中心に、一、二年生で四十五名、また小学生が六年生から五年生の有志で四十五名が参加されております。高校生は、学校の休み時間や自宅などで返事を執筆されて、三月までに三回の往復をする予定になっておられるそうです。

熊本県議会 2021-03-10 03月10日-07号

また、より一層の低コスト化省力化を図るためには、宇城市大口地区のような大規模基盤整備が必要です。このため、今年度、大規模樹園地整備を進める上での阻害要因を洗い出し、その解決方法を取りまとめたマニュアルを作成し、配付いたします。 永年作物であるかんきつは、中長期的視点に立った生産振興が特に重要です。

宮崎県議会 2021-02-25 02月25日-02号

大変すばらしい取組でありますが、人権問題には、こうした新型コロナのみならず、同和問題や障がいのある方々性的マイノリティー方々に対する差別など、様々な問題が存在しております。 コロナ禍人権問題がクローズアップされている、今のこうした機会を捉えて、県民一人一人がお互いの人権を尊重し合い、差別や偏見のない社会づくりを進めていく必要があるのではないかと考えております。 

広島県議会 2021-02-07 令和3年2月定例会(第7日) 本文

これまでも広島高速五号線や二号線、国道二号バイパス広島市東部地区連続立体交差事業、アーバンスポーツへの支援広島西飛行場跡地の活用や、先ほどありましたけれども、叡啓大学整備など、県費を使って広島市内地域活性化を図る大型投資を含む事業が数多くあります。  広島市がよくなることによって広島県がよくなるという考え方もあるかと思いますが、私はその逆だと思っています。

鳥取県議会 2021-02-01 令和3年2月定例会(第7号) 本文

自らの出自を明らかにし、すなわち被差別部落出身部落解放同盟員であることをここで表明しながら、2016年12月に制定された部落差別解消推進法に基づく鳥取県の同和行政の推進のために、条例改正案を、あるいは条例の制定を求めた経過があります。それから2年が経過いたしました。改めて平井知事には、今回の条例の上程に伴うその思いを議場で述べていただければというふうに思います。  

香川県議会 2021-02-01 令和3年[2月定例会]総務委員会[総務部、危機管理総局、人事委員会、公安委員会] 本文

松崎人権同和政策課長  本県では、平成19年度から、人権同和政策課内に人権相談員を置き、主に電話による相談を受け付けています。人権相談員においては、相談内容に応じ、適切な助言、関係機関への紹介、取次ぎを行っています。今年度の相談件数は、1月末現在で、電話相談150件、面接相談1件で、合計151件となっており、特定の数名からの近隣トラブル相談が多くなっているのが特徴です。

佐賀県議会 2020-12-10 令和2年総務常任委員会 本文 開催日:2020年12月10日

最初の「きやまウォーク」は、運動したいという町民の声と、やっぱり感染対策が重要ではないかという町民の声を双方聞きながら、基山町役場と各地区体育関係者で考えました。  抗体検査は、福岡県が隣接して、福岡県に勤めていらっしゃる方が多い基山町でございますので、その事情を考えて町が考えました。  

大分県議会 2020-12-02 12月02日-03号

その一方で、同和関係地域改善対策奨学金貸付事業は、過去無秩序な貸付けによって、焦げつきが1億円以上生じているにもかかわらず、この回収については一切同和団体とも相談していないのが実態です。過去の間違いを反省し、今に生かすことをしなければ、同和事業を半永久的に行うことになります。教育分野での同和問題の取扱いは、地対財特法失効の今、全てやめるべきであると強く求めておきます。