運営者 Bitlet 姉妹サービス
2952件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-11-01 佐賀県議会 平成30年11月定例会(第6日) 本文 また、同和地区中小企業振興資金貸付金の債権や、収入未済になっている民生費貸付金にも同和関係のものがあります。  同和行政という特別扱いの枠の中で不公平な行政が行われてきたことと、県が一部団体に対して弱腰だったことをあらわしています。   もっと読む
2018-10-16 香川県議会 平成30年[閉会中]決算行政評価特別委員会[総務部、危機管理総局、人事委員会、公安委員会、農政水産部] 本文 開催日:2018年10月16日 徳大寺総務部長  全体として人権・同和政策課が総合的なグリップをしていくというのはそのとおりだろうと思います。その前提といたしまして、もう15年前になりますけれども、平成15年12月に「香川県人権教育・啓発に関する基本計画」を策定しております。これは25年度に一回改定しているわけでございますが、お話にありました障害者や子供、女性といった個別項目も拾い上げながら、一つの計画としてやっております。 もっと読む
2018-10-01 三重県議会 平成30年定例会-10月01日−22号 土砂崩れも厚真町を中心に広い範囲で発生をして、多くの住宅が巻き込まれたということでありますし、吉野地区では住民34人のうち19人が亡くなるという、非常に痛ましい災害、被害でありました。   もっと読む
2018-10-01 島根県議会 平成30年度決算特別委員会(第4分科会) 本文 開催日: 2018-10-01 この事業は、島根県人権施策推進基本方針を踏まえ、県民の人権・同和問題への関心を高め、理解を深めるために各種啓発事業を実施するものです。  (ア)の人権啓発イベント開催事業につきましては、しまね人権フェスティバル2017を安来市で開催し、830人の参加がありました。(イ)の人権週間広報啓発につきましては、プロバスケットボールの島根スサノオマジックの公式戦における啓発活動などを行いました。 もっと読む
2018-09-28 鹿児島県議会 2018-09-28 平成30年文教警察委員会 名簿  光 久 君           指 導 監 福 留 和 宏 君           保健体育           課   長 中 山 恭 平 君           高校総体           推進室長  石田尾 行 徳 君           社会教育           課   長 西 園 香緒利 君           文化財課長 山 床 良 広 君           人権同和 もっと読む
2018-07-04 京都府議会 2018.07.04 平成30年予算特別委員会補正予算審査小委員会 書面審査 府民生活・厚生常任委員会 本文 そのための伴走支援でございますとか、地区の医師会等の調整を私ども保健所がさせていただくという状態になっております。  以上でございます。 ◯園崎委員  地方創生で総務省か何かのRESASという市町村のデータを分析して、国が持っているデータを市町村に開放して考えて分析して、地方創生に役立ててくださいみたいなやつと似ている発想になるんですかね。 もっと読む
2018-07-02 高知県議会 平成30年  7月 総務委員会-07月02日−01号 平成29年度に高知県債権管理条例に基づく債権放棄を行いました高知県同和奨学資金の戻入金に係る債権につきまして、人権教育課から説明をさせていただきます。  最後に、本年度の主な審議会等につきまして開催状況を御説明させていただきます。審議会等と赤いインデックスがつきました資料をごらんください。 もっと読む
2018-06-27 京都府議会 2018.06.27 平成30年6月定例会(第3号)  本文 ことし5月には、これまで開発が進んでいなかった、主に住宅用としていた南田辺・狛田地区、URによる開発が白紙となっておりました木津東地区において企業や研究機関が立地できる用地に変更していきたいと山下副知事も言及をされ、けいはんな学研都市の今後に期待が高まるばかりでございます。  また、けいはんな学研都市を取り巻くインフラも大きく進展しようとしております。 もっと読む
2018-06-13 群馬県議会 平成30年第2回定例会弱者・高齢者対策特別委員会-06月13日-01号 ◎鈴木 義務教育課長   子どもたちへの指導を充実させるためには、まずは教職員の同和問題に対する理解を深めることが重要である。これまで、部落差別解消推進法については、全県へ通知するとともに、各会議で周知を図ってきた。特に、今年度は、人権教育主任を集めた研修会で、専門家から「部落差別解消推進法と同和教育について」と題して講話をいただく予定である。 もっと読む
2018-05-15 京都府議会 2018.05.15 平成30年府民生活・厚生常任委員会5月臨時会 本文 国の部落差別解消推進に関する法では、実態調査の実施などが義務づけられているということですけれども、このこと自体が当該地区の住人を同和関係者とそうでない者に区分けするもので、このような調査や広報・啓発自体が人権侵害にほかならないということ、このことも指摘をさせていただきました。 もっと読む
2018-03-29 大分県議会 平成30年 第1回定例会(2月)-03月29日−09号 5番目には、同和対策推進事業として毎年820万円予算を計上していますが、同和問題は終結したという立場に立って予算を組むことはやめ、課名も人権対策課や人権教育課に改めるべきです。さらに、人権同和教育として部落解放同盟に教育研修事業の推進等に委託料も計上しています。予算特別委員会でも指摘をしましたけれども、日当を支給したりしていない委託もあり、非常に不透明な予算であります。 もっと読む
2018-03-27 東京都議会 2018-03-27 平成30年予算特別委員会(第6号) 本文 (6)同和問題専門相談員の委託事業は、人権課題の中で同和問題だけを特別に取り上げて継続するものであり、人権プラザ等の人権相談で対応・拡充すべきであるため、400万円を削除する。  (7)ひきこもりや非行からの立ち直りなど若者の自立支援を推進するため、4,000万円を増額する。 3 生活文化費を1億1,000万円増額する。   もっと読む
2018-03-22 東京都議会 2018-03-22 平成30年総務委員会 本文 その際、自転車安全利用指導員の配置やヘルメット着用モデル地区での取り組みについては、その効果検証をされたい。  次に、総務局関連について申し上げます。  一、首都圏において今後三十年以内に七〇%の確率で起きるといわれている大地震を初めとする風水害や火山噴火の自然災害に備え、東京二〇二〇大会に向けて作成したセーフシティ東京防災プランの進捗管理を徹底し、防災対策を進められたい。 もっと読む
2018-03-13 大分県議会 平成30年 第1回定例会(2月)-03月13日−07号 一方、市町村に対しましてはバリアフリーの整備を進める重点地区の指定を促し、その結果、これまでに15の市町において指定が行われております。  しかしながら、平成18年に制定されましたいわゆるバリアフリー新法に基づく基本構想は具体的な事業計画を盛り込む必要があることから、策定は2市3地区にとどまっております。   もっと読む
2018-03-13 愛媛県議会 平成30年文教警察委員会( 3月13日) 3は、国選定の重要伝統的建造物群保存地区における家屋等の修理、保存に要する経費の一部を助成するものでございます。  4は、第60回中国・四国ブロック民俗芸能大会の開催に要する経費でございます。  5は、国指定文化財の所有者等が行う防災設備の保守点検など、文化財の維持管理に要する経費の一部を助成するものでございます。   もっと読む
2018-03-12 大分県議会 平成30年 第1回定例会(2月)-03月12日−06号 このような社会の実現に向け、さきほど知事から御答弁申し上げましたように、基本方針に基づきまして、私どもの人権・同和対策課が中心となりまして、全庁をあげ、部局横断で人権行政を推進しているところでございます。特に、性的少数者に関しましては、偏見や差別の解消が現在最も大きな課題であるということから、まずは人権・同和対策課において教育・啓発や相談体制の充実に取り組んでいきたいと考えております。 もっと読む
2018-03-09 島根県議会 平成30年_文教厚生委員会(3月9日)  本文 人権同和教育課の問題です。  人権同和教育課の来年度の当初予算の中に、2016年12月9日に成立した部落差別解消推進法、これを具現化した予算措置というのが入っているのか、入ってないのか、その点をお聞かせください。 もっと読む
2018-03-09 愛媛県議会 平成30年環境保健福祉委員会( 3月 9日) それから、宇和海沿岸5市町で県も参加して共同でやりますので、5市町で各1カ所ずつモデル地区を選定いたしまして、モデル地区の全住民に対していろいろな科学的分析に用いるためのアンケート調査を実施して、モデル地区の持っております課題ですとかあるいは住民の意向、そういったものを反映して、模擬避難訓練の実施ですとか、将来の復興計画立案に向けての課題の検討といったようなことをしようとするものです。   もっと読む
2018-03-08 長野県議会 平成30年 2月定例会文教企業委員会−03月08日-01号 そういう中で、今、お話のありました多部制・単位制、これは北信地区にないものであります。それから、4通学区で検討していくものとしましては総合学科、これも南信の地区にはないものであります。そういった旧12通学区を越えて広域で考える必要のあるもの、こういうものについては各地区の御意見も聞きながら、やはり教育委員会が県全体を視野にして広域的、また多角的な視点から検討していくべきものと考えています。   もっと読む
2018-02-28 長野県議会 平成30年 2月定例会本会議-02月28日-06号 いわゆる特別措置法が終結後、同和問題が人権一般の教育や啓発による対応に埋め込まれ、部落問題の歴史性や社会性を学ぶ学習が大ざっぱとなっていないか懸念をいたします。また、同和行政をめぐる状況の変化の中で、同和問題に関し、行政職員においても正しく理解できていない方が増加しているのではないかということに不安を抱きますが、県はどのように理解推進のために取り組んでいるのかについてもお伺いいたします。   もっと読む