565件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

滋賀県議会 2019-03-08 平成31年 3月 8日総務・政策・企業常任委員会-03月08日-01号

ただ、今つくるこの計画の中にそれをどこまで書くのかというのは一つ大きな課題があると思います。あわせまして、今議会外国人の多文化共生の予算を上げておりますが、まだ全ての部分ができていない中で、徐々に母語指導員や通訳の機器の導入といったことをしております。この辺につきましては、教育委員会とも十分話をしながら、必要に応じて、そういったものも今後この実施計画に書き込んでいく必要があると思っております。

長野県議会 2019-03-06 平成31年 2月定例会危機管理建設委員会−03月06日-01号

○小池清 委員長 「長野県広域計画の策定について」及び「長野県地域防災計画修正について」、理事者の説明を求めた。 ◎高見沢靖 危機管理防災課長 別添資料8及び資料9により説明した。 ○小池清 委員長 委員の質疑等発言を許可した。なお、議論を深めるため、委員の発言に対し、ほかの委員から意見等がある場合についてもあわせて発言願った。

栃木県議会 2019-03-06 平成31年 3月予算特別委員会(平成30年度)-03月06日-01号

◎福田 知事 国民体育大会の会場となる施設の整備につきましては、市町の計画も踏まえ、県準備委員会において競技施設整備計画を策定し、改修や整備の状況を把握しながら着実な推進に努めております。  県の施設につきましては、国体の総合開閉会式の会場となる総合スポーツゾーン新スタジアムを初めとして整備は順調に進んでおり、県南、県北の体育館などの既存施設につきましても、計画的に改修を進めております。  

群馬県議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会総務企画常任委員会(総務部関係)−03月05日-01号

◎堀越 危機管理室長   (資料2「群馬県国土強靱化地域計画の評価結果について」を説明した。) ◎小見 消防保安課長   (資料3「防災ヘリの安全対策について」及び資料4「防災ヘリの新機体の導入について」を説明した。) ○岸善一郎 委員長   以上で説明は終わりました。 △所管事項の質疑 ○岸善一郎 委員長   これより所管事項の質疑を行います。

兵庫県議会 2019-03-04 平成31年度予算特別委員会・速報版(第4日 3月 4日)

県ではこれまで、支援指針の策定や個別支援計画策定の手引きの配布などによって、市町や自主防災組織の活動を支援しているが、現状、計画策定済みの数は約3万人にとどまっており、更なる策定の促進が必要であると認識している。  また、高齢者障害者の心身状況などにも配慮した、そういう実効性の高い計画を策定する必要がある。そのためにも自主防災組織福祉専門職が連携した取組が不可欠であると考えている。  

栃木県議会 2019-02-27 平成31年 2月生活保健福祉委員会(平成30年度)-02月27日-01号

また、報告事項としまして所管課長から栃木県災害時広域計画及び栃木県帰宅困難者対策ガイドラインの策定につきましてご報告をさせていただきますので、あわせてよろしくお願いいたします。 ○佐藤良 委員長 千金楽次長兼県民文化課長。 ◎千金楽 次長兼県民文化課長 それでは、第1号議案平成31年度一般会計予算に計上しています県民文化課所管の主要事業について説明いたします。  

兵庫県議会 2019-02-26 平成31年 2月第343回定例会(第7日 2月26日)

このことから、地域コミュニティーの住民や事業者が共同して行う自発的な防災活動に関する計画、つまり地区防災計画の策定を推進することが必要と考えます。  これは地域の特性を反映しつつ、地域の強みを生かした防災計画、我が事として感じられる手づくりの防災計画であることが必要であります。  

福岡県議会 2019-02-16 平成31年2月定例会(第16日)〔資料〕

4 知事は、第一項の規定により取得した情報を対象者の再犯の防止及び社会復帰に向けた情報提供、助言指導その他の支  目的以外に使用してはならない。  (受診の勧奨と社会復帰の支援) 第十八条 知事は、前条第一項の規定に該当する者が申し出たときは、性犯罪の再犯を防止するための専門的な指導プログラ  ム又は治療を受けることを支援するものとする。

福岡県議会 2019-02-10 平成31年2月定例会(第10日) 本文

また、県内各地域において、緊急輸送道路の整備、河川の改修、監視カメラの設置、砂防ダムの整備などを行うとともに、熊本地震や一昨年の九州北部豪雨災害などを教訓として地域防災計画の見直し、災害時における支援と体制の整備、建築物耐震化、ブロック塀安全対策などの防災減災対策、さらには学校における空調設備の整備にも取り組んでいるところであります。  

千葉県議会 2019-02-02 平成31年2月定例会(第2日目) 本文

県では、研究センターの機能強化に向けた基本構想を昨年11月に策定し、先月には試験研究の高度化や効率化に向けた施設の再編整備計画案を公表しました。また、施設整備については、県有建物長寿命化計画施設を位置づけ、着実に進めていくとの決定もなされたと聞いています。  そこで伺います。水産総合研究センター施設の再編整備計画を今後どのように進めていくのか。