運営者 Bitlet 姉妹サービス
212件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-06-25 東京都議会 2018-06-25 平成30年厚生委員会 本文 ニコチンを初めとした有害物質を出していることは科学的に明らかであり、規制を緩和するべきではありません。そのため、加熱式たばこについての例外である、飲食のできる専用喫煙室の設置の容認、罰則の不適用をなくします。  二点目です。 もっと読む
2018-03-12 長野県議会 平成30年 2月定例会県民文化健康福祉委員会−03月12日-01号 また、県民ホットラインにおいても、化学物質過敏を含めた、そういった香料の自粛についてのお願いというものが来ているように聞いております。 ◆依田明善 委員 この香害というのも化学物質過敏の一つだとは思いますけれども、これなかなか目に見えないものでありまして、先ほどもがん対策の話も出たんですけれども、がん細胞というのは検査すれば目に見えることで対処法もあるということなんです。   もっと読む
2017-11-10 北海道議会 平成29年決算特別委員会第1分科会-11月10日-03号 O157――腸管出血性大腸菌についてでございますけれども、ことしは、例年と比べて、O157による感染や食中毒が多く報道されております。 もっと読む
2017-10-02 高知県議会 平成29年  9月 定例会(第341回)-10月02日−05号 続きまして、化学物質過敏への対応についてお伺いします。  化学物質過敏は、ごく微量の化学物質に接しただけで体調不良を来す病気です。一度発症すると、他種類の化学物質に繰り返し反応するようになり、日常生活に著しい困難が生じるようになります。中には、全く外出ができなかったり、逆に自宅にいることさえできない患者さんもいます。2009年には病名登録がされ、健康保険が適用されるようになりました。 もっと読む
2017-09-01 高知県議会 平成29年  9月 定例会(第341回)-目次 多忙化解消(勤務条件の整備、教員配置の抜本的な拡充、学級数と教員数に関する施策)について…………………………………………………………………51     4 戦争遺跡の保存と活用(重要性の認識と県内の現状、悉皆調査、旧陸軍歩兵第44連隊弾薬庫への認識、県の関与)について……………………………………………53     5 パチンコ店の新設(学校付近での営業、過去の営業許可状況と不許可事例、ギャンブル依存への もっと読む
2017-06-29 長野県議会 平成29年 6月定例会本会議-06月29日-04号 空中散布は、県民の暮らしに重要な松林を守るため予防効果の高い対策ですが、一方で、化学物質過敏等の感受性が高い方などからは懸念の声も出されております。こうしたことから、県では、平成23年度に松くい虫防除のための農薬の空中散布の今後のあり方を策定し、空中散布に当たっては地域住民の皆様とのリスクコミュニケーションを強化して実施することとしております。   もっと読む
2017-03-17 北海道議会 平成29年第1回予算特別委員会第2分科会-03月17日-04号 また、このほかに、化学物質過敏の生徒に対しては、換気装置の設置や、紫外線に過敏に反応する生徒に対しては、窓ガラスに紫外線を遮断するフィルムを張るなど、生徒が学校生活を送る上で支障のないよう対応してきているところでございます。 ◆(菊地葉子委員) 施設面での対応について伺いました。  次に、校内の移動やトイレの介助など、生活面の配慮を行う支援員の配置についてお伺いしたいと思います。   もっと読む
2017-03-09 山口県議会 平成 29年 2月定例会-03月09日−05号 化学合成の農薬や化学肥料は使わないという有機農業の基本を堅持して、農畜産物の生産、加工及び販売の事業を立派に経営軌道に乗せ、今日も理想の農と食を追求する歩みを続けています。  この会社の秋川会長は、農薬は農毒薬であると見ておられます。 もっと読む
2016-12-05 宮城県議会 平成28年 11月 定例会(第358回)-12月05日−03号 認知の有無を含め調査を進めるという報道でした。同じく十月には群馬県高崎市でも七十三歳の男性が運転する乗用車が同様に突っ込み、小学生一人が死亡した事故など年々高齢運転者による交通事故が増加傾向にあります。 もっと読む
2016-12-02 愛媛県議会 平成28年第350回定例会(第3号12月 2日) ところがそうした中、重度障がい者の御家族から、自宅で支え、ともに生きようと努めても限界があり、成人になると受け入れてくれる施設も限られ、居場所が定まらないという窮状が訴えられ、化学物質過敏の方からは、公営住宅への入居申請に際し、生活への支障の有無確認のため、事前立ち入りを希望したがかなわなかったとの声が聞かれるなど、法の精神を広く社会に根づかせるためには制度の検証はもとより、障がい当事者などと積極的 もっと読む
2016-06-13 新潟県議会 平成28年  6月定例会 本会議-06月13日−一般質問−04号 原子力規制委員会は、事故が起こった際はいつ放射性物質が放出されるかわからないことを理由に、従前どおり、被曝を前提とした現在の原子力災害対策指針や避難計画は変える必要がないという考え方を維持しており、住民の理解が得られるか疑問であります。   もっと読む
2016-02-29 山梨県議会 2016.02.29 平成28年2月定例会(第5号) 本文 次に、化学物質過敏についてお伺いします。  化学物質過敏と診断された息子さんをお持ちのお母さんから、昨年暮れに訴えがありました。  その息子さんは、三年ほど前から、食物アレルギーを初め、さまざまな体調不良を訴えられ、幾つかの医療機関で診察を受けたものの、なかなか回復せず、昨年夏、東京の医師から、化学物質過敏との診断を受けたとのことです。   もっと読む
2015-12-04 栃木県議会 平成27年度栃木県議会第332回通常会議-12月04日-04号 私がこの質問を取り上げるのは今回で三回目になりますが、学校における化学物質の問題でございます。学校の壁や床、机や椅子などの塗料や接着剤から発生する化学物質により、さまざまな体調不良を起こすシックハウス症候群や化学物質過敏もっと読む
2015-09-22 福岡県議会 平成27年9月定例会(第22日)〔資料〕 しかしながら、今回の指定難病拡大においても、線維筋痛、筋痛性脳脊髄炎、軽度外傷性脳損傷、化学物質過敏、一型糖尿病など、人口の〇・一%程度以上の疾病や診断基準が明確でない疾病等は医療費助成の対象とされておらず、障がい者施策の対象にもなりにくいなど、「制度の谷間」に置かれた難病・疾病への支援措置はいまだに不十分なのが現状である。 もっと読む
2015-07-07 京都府議会 2015.07.07 平成27年6月定例会[巻末掲載文書(目次)] しかしながら、今回の難病法においても、線維筋痛、筋痛性脳脊髄炎、脳脊髄 液減少、軽度外傷性脳損傷、化学物質過敏、一型糖尿病など、人口の0.1%程 度以上の疾病や診断基準が明確でない疾病等は医療費助成の対象とされておらず、 障がい者施策の対象にもなりにくいなど、「制度の谷間」におかれた難病・疾病へ の支援措置はいまだ不十分なのが現状である。   もっと読む
2015-06-23 京都府議会 2015.06.23 平成27年6月定例会(第2号)  本文 そんな中、本府では高齢者の方々が地域で安心して暮らしていけるよう、京都地域包括ケア推進機構を設立し、認知対策、リハビリ対策とあわせてみとり対策を地域包括ケアの3大プロジェクトとして位置づけ、「『さいごまで自分らしく生きる』を支える京都ビジョン・京都アクション」を策定されたところです。   もっと読む
2014-12-15 広島県議会 2014-12-15 平成26年生活福祉保健委員会-2 本文 この掌握をしっかりしていただきたいと思いますが、もう一つ、化学物質過敏の子供についてです。非常に数が少ないので、特異な例となるのかもしれませんが、こうしたアレルギーもあるため、掌握してほしいと思うのです。保育園、それから学校等できちんと掌握することが本当に大事なのだけれども、教育委員会に前に聞いたことがあるのですが掌握していないのです。 もっと読む
2014-12-10 長野県議会 平成26年11月定例会農政林務委員会−12月10日-01号 その中で、やはり薬剤は、確かにもともと非常に毒性の強いものですので、従って、登録に基づいて、厳格に施業しているわけでございますが、やはりその化学物質過敏等の影響が否定ができないという状況でございます。 もっと読む
2014-10-01 山口県議会 平成 26年 9月定例会-10月01日−04号 土壌汚染対策法の届け出は、土地の形質変更が行われる場所において、過去の有害物質の汚染の有無を確認するために事業者に義務づけられたものであり、今般提出された資料に基づき調査を行った結果、土壌汚染がないことを確認しておりますので、より詳細な資料を求めることは考えておりません。  次に、土地の形質変更面積が四十四・八ヘクタールを超えた場合、新たな届け出書を提出すべきとのお尋ねです。   もっと読む
2014-10-01 神奈川県議会 平成26年  厚生常任委員会-10月01日−01号 まず、感染の一つであるデング熱はどのような感染であるのかしっかりと理解することが重要であると思いますが、感染法の位置付けや留意すべき点についてどのように捉えられているのか、御説明をお願いします。 もっと読む