33660件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-16 平成57年 6月 定例会-06月16日−06号

もう一つは、私が申し上げるまでもございませんが、現在、国、地方を通じて重要な課題になっております行革がらみでの機構のできるだけの簡素化あるいは効率化というものを図る必要がある。そういう二点を特に背景といたしまして、いま申し上げますように具体的なプロジェクトチームを設置いたしまして基本的な検討に入ってまいりたいと考えております。   

広島県議会 2019-05-17 2019-05-17 令和元年文教委員会 本文

さっき言われましたように効率化という意味で、教員が自分の仕事ではない事務的な作業はICT化を進めるとか、また、運動部等においても外部指導者を導入したりとかというような取り組みはこれまでも行ってきましたけれども、十分でない部分はまだまだあると思います。

福井県議会 2019-05-16 2019.05.16 令和元年第406回臨時会(第1号) 本文

そういった中で、インバウンドですとかU・Iターンの促進、こういったことをいかに効率的、効果的に進めていくか、こういったことを新しい観点も含めて検討させていただきたいと思っておりまして、これについては来春に向けて検討を進めてまいりたいと思っているところでございます。  

福岡県議会 2019-05-02 令和元年5月臨時会(第2日)〔資料〕

  一 議会において選出する役員及び各種委員の選考について   一 議員の身分に関する調査について   一 議会の組織に関する調査について   一 議会関係の条規の制定及び改廃に関する調査について   一 議会史編さんに関する調査について   一 議会関係施設の運営に関する調査について   一 議会が管理する公文書の開示等に関する調査について   一 議会広報紙の編集等について   一 議会運営の効率

兵庫県議会 2019-03-20 平成31年 2月第343回定例会・速報版(第10日 3月20日)

日本の平均年収はアメリカを3割下回っているとのこと、低賃金を温存するから生産性の低い仕事の効率化が進まない、付加価値の高い仕事への転換も遅れ、賃金が上がらない、貧者のサイクルから抜け出せていないと書かれていました。  少子高齢化の日本にとってGDPの維持、つまり生産性の向上は必要不可欠だと思います。  

東京都議会 2019-03-14 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文

民間事業者が行政にかわって効率的に管理運営業務を行うというのが制度導入時の目的でありました。その目的に沿って、都全体の制度運用や公園に関しての運用が定められております。  具体的には、指定管理者の募集選定や評価における配点バランスなどにもあらわれているものと理解をしております。  

兵庫県議会 2019-03-13 平成31年度予算特別委員会・速報版(第10日 3月13日)

また、監査委員では毎年度、監査の実施方針を定めており、平成30年度の方針では、最終平成29年3月に策定された最終2ヵ年行革プランにも配慮し、より県民に信頼される県政が実現されるよう、執行部局の内部統制機能の向上や3E、経済性・効率性・有効性の観点を踏まえた監査の実施といった基本的な考え方に基づき、特に債権管理事務の着実な進捗や地域創生推進費等の執行における事業効果について重点を置いた確認などを実施されていると

滋賀県議会 2019-03-12 平成31年 3月12日環境・農水常任委員会−03月12日-01号

来年度も進めていきたいのですけれども、狩猟者がふえることはなかなか期待できないので、できるだけ効率的な捕獲方法を進めていきたいと考えております。 ○杉本敏隆 副委員長  今のニホンジカですけれども、612万3,000円は何頭分の予算ですか。 ◎北川 自然環境保全課鳥獣対策室長  ニホンジカの捕獲につきましては、いろいろと捕獲の単価を設定しております。

滋賀県議会 2019-03-08 平成31年 3月 8日文教・警察常任委員会−03月08日-01号

その上で、心の健康管理、ワーク・ライフ・バランスの推進、超過勤務の縮減と休暇取得の促進、業務の合理化効率化、ハラスメントの根絶の5本の柱を立てて、取り組みを進めています。  警察の働き方改革は、一般に言われている休暇取得の促進だけで考えることはできません。4月1日から超過勤務時間の上限が定められますが、警察官の業務は一般県民の被害や相談に迅速に対応する必要があります。

滋賀県議会 2019-03-08 平成31年 3月 8日県民生活・土木交通常任委員会−03月08日-01号

請願の趣旨は、ここに書いていますが、全国知事会が簡素、効率化を進めてきた中で、滋賀県の500億円を超える全体費用は余りにも巨額過ぎます。その中で、施設整備が大きなウエートを占めています。 この請願は、彦根の主会場の200億円、県立体育館の運営費を含む100億円、陸上競技場の200億円の見直しを求めています。もっともな声だと思います。  

滋賀県議会 2019-03-08 平成31年 3月 8日予算特別委員会文教・警察分科会−03月08日-01号

ただ、特殊詐欺が巧妙化してきて、先ほど結果として2億7,600万円もの詐欺被害があったということで、効果的、効率的な対策を推進していかなくてはいけないです。どのような推進をしていくのか、もう少し詳しく話を聞かせていただきたいと思います。  他府県を見ると、このシステムを導入したことによって、最大20%被害が減ったと言われていますが、そのあたりはどう考えているのか、お聞きしたいと思います。