運営者 Bitlet 姉妹サービス
35522件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-16 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月16日−06号 もう一つは、私が申し上げるまでもございませんが、現在、国、地方を通じて重要な課題になっております行革がらみでの機構のできるだけの簡素化あるいは効率化というものを図る必要がある。そういう二点を特に背景といたしまして、いま申し上げますように具体的なプロジェクトチームを設置いたしまして基本的な検討に入ってまいりたいと考えております。    もっと読む
2045-06-15 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月15日−05号 本県の場合も、地熱発電を初めとして、低温倉庫とかあるいは冷房、さらには観光事業等への利用など、温度の変化に応じて効率的な利用が期待できるところであります。  また、これまでの調査の総括として、地熱開発調査資料総合解析調査は、次のように結論を出しています。 一、岳の湯、はげの湯地区においては有力な地熱貯留層の存在が確認された。 もっと読む
2045-06-14 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月14日−04号 いま私たち県民が問題にしている高森線等地方ローカル線の廃止と同様に、効率の悪いものは廃止をし、その犠牲は、すべて地方自治体とマイカーを利用することのできないお年寄りなど交通弱者に覆いかぶせるという答申であります。私は絶対にこれを容認できないと考えております。したがって、県計画策定に当たっては、あくまでも公共輸送機関を維持し発展させていくという視点を貫いてもらいたいと考えるわけであります。   もっと読む
2045-06-12 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月12日−03号 また、デザインにつきましては、流行や生産面の効率性等を踏まえた独創的なデザインの製作を専門機関に委託して試作を開始しておりますが、早急に製品化し、流通についても十分留意して販売が円滑にいくよう努力したいと考えております。    もっと読む
2045-06-11 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月11日−02号 今日、農政の中で最も緊急を要する課題の一つに、水田利用再編対策の効率的な推進があります。御承知のとおり、米は、先般発表されました農業白書によりますと、昭和五十六年度におきまして四百四十万トンの古米を抱えております。 もっと読む
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 民間事業者が行政にかわって効率的に管理運営業務を行うというのが制度導入時の目的でありました。その目的に沿って、都全体の制度運用や公園に関しての運用が定められております。  具体的には、指定管理者の募集選定や評価における配点バランスなどにもあらわれているものと理解をしております。   もっと読む
2019-03-13 東京都議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文 このような支援を行う中で、IoT技術で水産養殖の効率化に取り組む企業が大型の資金調達を実現するなどの成功事例が出ているところでございます。   もっと読む
2019-03-13 滋賀県議会 平成31年 3月13日琵琶湖対策特別委員会−03月13日-01号 ◎田本 下水道課長  来年度、下水道のバイオマス循環プロジェクトで、水草や食品の廃棄物、浄化槽等の汚泥など、県内にあるいろいろなバイオマスを下水道の汚泥処理と混合処理し、より効率的に下水汚泥の処理ができないかについての検討を始めたいと考えています。   もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 また、平成三十年度予算編成では、施設の整備、改修や重要資産の購入などにつきまして、統計データや技術的仕様などのエビデンスベースによる評価を新たに導入し、一つ一つの施策の効率性や実効性の向上に取り組んでまいりました。   もっと読む
2019-03-12 滋賀県議会 平成31年 3月12日環境・農水常任委員会−03月12日-01号 来年度も進めていきたいのですけれども、狩猟者がふえることはなかなか期待できないので、できるだけ効率的な捕獲方法を進めていきたいと考えております。 ○杉本敏隆 副委員長  今のニホンジカですけれども、612万3,000円は何頭分の予算ですか。 ◎北川 自然環境保全課鳥獣対策室長  ニホンジカの捕獲につきましては、いろいろと捕獲の単価を設定しております。 もっと読む
2019-03-12 滋賀県議会 平成31年 3月12日県民生活・土木交通常任委員会−03月12日-01号 中身ですが、中小企業者が行う省エネに対する取り組みは、どうしても人的、金銭的な面でおくれぎみですので、そこへの支援として、特に、高効率の空調設備やLED照明の導入などに補助金を充てていただいております。   もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日文教・警察常任委員会−03月08日-01号 その上で、心の健康管理、ワーク・ライフ・バランスの推進、超過勤務の縮減と休暇取得の促進、業務の合理化効率化、ハラスメントの根絶の5本の柱を立てて、取り組みを進めています。  警察の働き方改革は、一般に言われている休暇取得の促進だけで考えることはできません。4月1日から超過勤務時間の上限が定められますが、警察官の業務は一般県民の被害や相談に迅速に対応する必要があります。 もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日県民生活・土木交通常任委員会−03月08日-01号 請願の趣旨は、ここに書いていますが、全国知事会が簡素、効率化を進めてきた中で、滋賀県の500億円を超える全体費用は余りにも巨額過ぎます。その中で、施設整備が大きなウエートを占めています。 この請願は、彦根の主会場の200億円、県立体育館の運営費を含む100億円、陸上競技場の200億円の見直しを求めています。もっともな声だと思います。   もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日予算特別委員会文教・警察分科会−03月08日-01号 ただ、特殊詐欺が巧妙化してきて、先ほど結果として2億7,600万円もの詐欺被害があったということで、効果的、効率的な対策を推進していかなくてはいけないです。どのような推進をしていくのか、もう少し詳しく話を聞かせていただきたいと思います。  他府県を見ると、このシステムを導入したことによって、最大20%被害が減ったと言われていますが、そのあたりはどう考えているのか、お聞きしたいと思います。   もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日予算特別委員会厚生・産業分科会−03月08日-01号 127ページの滋賀のモノづくりを支える物流効率化推進事業について、トラック協会という話がありました。具体的にどういう形でプラットホームというか、実車率を向上させて、どういう動きで共同運送をされるのか、もう少し詳細を教えていただきたいと思います。   もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日厚生・産業常任委員会−03月08日-01号 それぞれのまちにおける福祉事業で、民間と競争するところは公が引いて民間に任せれば、どれだけ効率がいいかわかりません。しかしながら、ぎりぎりまでやって、さっと引き上げます。こういう事業が結構ありますし、先ほど細江委員が言われたように、手を出さないほうがいいです。福祉の名においていろいろな事業を展開されるけれども、そこに対して金を入れないほうが、足腰が強くなることもたくさんあると思います。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日文教・警察常任委員会-03月07日-01号 効率的、効果的な部活動をすることによって、成長期にある生徒の運動や休養などのバランスがとれた生活や教職員の働き方改革の推進を図るという改正の趣旨は、一定、理解できるものです。   もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日環境・農水常任委員会−03月07日-01号 ◎東郷 畜産課主席参事  委員がおっしゃったように、単にお金の計算だけではなくて、業務の進め方なり、組織体制のあり方などにつきましても、県も入りながら、より効率よく、社員なり、職員が一生懸命働けるような環境で取り組んでいただけるようにしていきたいと思います。 ◆田中松太郎 委員  近年、単年度黒字ですけれども、単年度黒字になった要因は、どう分析されていますか。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日予算特別委員会厚生・産業分科会-03月07日-01号 やはり広報は、求めている人の目につきやすい形ですることが、一番効率がいいと思いますので、意見ですけれども申し上げておきたいと思います。 ◆細江正人 委員  78ページ、福祉のまちづくり推進費の中のみんなで進めるユニバーサルデザイン探検隊事業と、105ページにある「農業で地域の子どもを応援しよう」プロジェクトの511万5,000円の2つをもう少し詳しくお願いします。 もっと読む
2019-03-06 福井県議会 2019.03.06 平成31年第405回定例会(第5号 閉会日) 本文 また、林業に関し、4月から新たな森林の管理制度が導入されるが、所有者が管理できな    い森林の増加が見込まれる中、森林を管理する人手をどのように確保していくのか、との質    問に対し、「人材の確保に加え、高性能林業機械の導入により作業効率を高め、これまで以    上に多くの面積を管理していきたい」との見解が示された。      もっと読む