運営者 Bitlet 姉妹サービス
2896件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-13 東京都議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文 44 ◯中嶋水道局長 平成十三年の水道改正により、ビルやマンションなどの貯水槽の適正管理にも水道事業者が関与することが規定されましたため、水道局では、貯水槽水道の点検調査を行い、管理が不十分で水質が劣化した設備に対しましては、抜本的な改善策として、直結給水への切りかえを促進してまいりました。   もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 これからも、この情報に対しては、いろいろお話あるというふうに思いますけれども、最後一つ、こういった情報というのは公文に当たるんですか、知事。 もっと読む
2019-02-16 福岡県議会 平成31年2月定例会(第16日)〔資料〕 、第二百二十八条(同第二百二十五条に係る部分に限る。)、第二百四十一条第一項及   び第三項並びに第二百四十三条(同第二百四十一条第三項に係る部分に限る。)の罪  二 児童福祉(昭和二十二年法律第百六十四号)第六十条第一項の罪  三 児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律(平成十一年法律第五十二号。 もっと読む
2019-02-13 滋賀県議会 平成31年 2月13日県民生活・土木交通常任委員会−02月13日-01号 5 滋賀県公文等の管理に関する条例要綱案に対して提出された意見・情報とそれらに対する滋賀県の考え方について (1)当局説明  小川県民活動生活課県民情報室長 (2)質疑、意見等 ◆川島隆二 委員  この前、知事と部長の会議の議事録が残っていないということがありましたが、あのようなものも全部、公文として残すことになるのですか。 もっと読む
2019-02-09 福岡県議会 平成31年2月定例会(第9日) 本文 初めの項は、漁業改正に伴う本県漁業の対応についてであります。昨年末、第百九十七国会の会期末が近づく十二月八日、水産資源管理の強化や養殖業への企業参入の促進を目指す改正漁業が参議院本会議において、自民、公明両党と日本維新の会などの賛成多数で可決、成立しました。運用の仕組みなどを定め、公布から二年以内に施行されるとなっております。 もっと読む
2018-12-18 福岡県議会 平成30年12月定例会(第18日)〔資料〕 一 教職員の長時間労働是正のため、実際の勤務実態を踏まえた上での業務削減と「公立の義務教育諸学校等の教育職員の給  与等に関する特別措置」の見直しを含めた勤務時間法制の整備等の必要な措置を行うこと 二 教職員の健康を守るため、労働安全衛生管理体制の確立に必要な措置を行うこと 三 子どもたちの教育環境の改善及び学校における働き方改革の推進のため、教員定数改善を計画的に行うこと。 もっと読む
2018-12-17 滋賀県議会 平成30年12月17日環境・農水常任委員会−12月17日-01号 ○杉本敏隆 副委員長  周りだけ取っても、もっと広い範囲を平らにしなかったら、また土が寄ってきて埋まる可能性があると思いますが、そこら辺の管理はどうするのですか。 ◎澤田 農政水産部技監  来年の秋の人工河川の確実な稼働ということで、必要最小限の工事をやらせていただきたいと考えています。   もっと読む
2018-12-17 群馬県議会 平成30年 第3回 定例会−12月17日-11号 本委員会に付託されました第178号議案「平成30年度群馬県一般会計補正予算」及び第190号議案「指定管理者の指定について」では、指定管理者の選定に関し、現指定管理者と比較し指定管理料が下がる施設及びその理由について質疑されるとともに、みかぼ森林公園の次期指定管理者の運営体制や緊急時の対応等について質されました。   もっと読む
2018-12-14 滋賀県議会 平成30年12月14日環境・農水常任委員会−12月14日-01号 3 議第150号 滋賀県琵琶湖流域下水道事業の設置等に関する条例案について (1)当局説明  田本下水道課長 (2)質疑、意見等 ◆佐野高典 委員  さきの国会で水道の改正がされたのですが、下水道は全く関係ないのですか。 ◎田本 下水道課長  先般、水道の改正が国会で審議されまして、法案も成立したところです。 もっと読む
2018-12-13 北海道議会 平成30年第4回定例会-12月13日-05号    浦本元人君    病院事業管理者   鈴木信寛君    総務部長      中野祐介君    兼北方領土対策    本部長    総務部職員監    山岡庸邦君    総務部危機管理監  橋本彰人君    総合政策部長    小野塚修一君    総合政策部     黒田敏之君    交通企画監    総合政策部     豊島厚二君    空港戦略推進監    環境生活部長    渡辺明彦君     もっと読む
2018-12-12 長野県議会 平成30年11月定例会総務企画警察委員会−12月12日-01号 これが、私たちが公文公開請求をする中では、全く黒塗りと。それだけではなくて、個人情報保護という規定のもとに公開できないという回答をいただいたんですが、実際にこの中身を読まれて、コンプライアンス・行政経営課長は、を遵守して行政は運営されているかどうかということが大変問われるわけですが、読まれているというので、読んだ中身で、個人情報保護にどこが当たるのか、具体的に説明をいただきたいと。 もっと読む
2018-12-12 東京都議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第17号) 本文 国においても、動物愛護管理の改正に向けてさまざまな議論が交わされようとしています。動物愛護とは、動物たちのためだけに存在するのではなく、人々の心身の健康維持に深く関与し、動物が介在することが生活のクオリティーを高め、社会貢献につながっていることを忘れてはならないと思います。   もっと読む
2018-12-11 北海道議会 平成30年第4回予算特別委員会−12月11日-02号 次に、公文管理と職員採用について伺います。  道の公文管理のルールが、道議会の議決を得ない規則と通達によることで、北海道青少年健全育成審議会など33件もの会議や審議会等で記録作成ができていませんでした。  議事録の未作成ということがこれまで繰り返されてきているわけですけれども、道の公文管理の根拠にも反し、説明責任を放棄し、道民の検証を妨げる、時代に逆行したものと言わざるを得ません。   もっと読む
2018-12-11 石川県議会 平成30年12月第 5回定例会−12月11日-03号 次に、財務省の決裁文書改ざんによる公文をめぐる問題などを受けて、ことし七月には再発防止の閣議決定がなされておりますが、二〇一一年に施行された国の公文管理では保存、利用方法などが規定され、自治体にも必要な施策を促しているのであります。 もっと読む
2018-12-11 鹿児島県議会 2018-12-11 平成30年総務委員会 本文 次に、環境厚生委員会から、請願第五〇〇三号改正健康増進の円滑な施行の推進に関する請願書の審査に関し、管財課長の出席要請がありましたので、これを許可してよろしいでしょうか。     もっと読む
2018-12-10 群馬県議会 平成30年第3回定例会総務企画常任委員会(総務部関係)−12月10日-01号 次に、県の公文管理状況について質問する。群馬県庁には、様々な公文が存在していると思うが、歴史的な価値のある文書はどのようなものがあり、どのような形で保存されているのか。 ◎侭田 総務事務センター所長   歴史的な価値ということで申し上げれば、例えば、県総合計画や重点施策、県民の権利義務に関するものなどが挙げられるが、こうした文書は、最終的には文書館に移して保存されている。   もっと読む
2018-12-10 北海道議会 平成30年第4回予算特別委員会第1分科会-12月10日-04号 ◆(真下紀子委員) 私は、公文管理と職員採用等について伺ってまいります。  道民への説明責任と、情報発信のツールとしての北海道情報公開条例を支える基盤は、道が作成し、管理保存している数多くの貴重な公文であります。   もっと読む
2018-12-06 福井県議会 2018.12.06 平成30年第404回定例会(第4号 一般質問) 本文 なぜ、福井市は県議会で可決し、知事が同意するかなり前、県議会開会1週間以上前の8月20日段階でこのような公文を市長名で出したのでしょうか。県庁と福井市とのやりとり、あるいは福井市役所内でのいわば行政内部でのやりとりなら、行政としての準備作業として理解できます。 もっと読む
2018-12-01 千葉県議会 平成30年12月定例会(第6日目) 本文 最初に、6月議会において私どもの代表質問で取り上げました公文管理の問題について改めてお伺いいたします。  6月議会での議論は2つありました。1つは、歴史公文の誤廃棄をどう防ぐかという問題、そして、2つ目は公文管理の条例が必要ではないかという条例の必要性の問題でした。 もっと読む
2018-11-19 愛知県議会 2018.11.19 平成30年一般会計・特別会計決算特別委員会 本文 旧優生保護による強制的な不妊手術は50年以上前の問題であり、50年を超えても保存しておくべき重要な資料はあるはずである。  そのため、重要な内容を含んだ文書は、規程で定められた保存期間を過ぎた後も、公文館に引き継がれて保存されることになるが、公文館での保存の対象となる文書の選別は、どのような仕組みで行われているのか。 もっと読む