22件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

茨城県議会 2018-08-01 平成30年保健福祉医療常任委員会  本文 開催日: 2018-08-01

犬も最後は御飯を食べなくなって,衰弱して死ぬのですが,こういう老衰という死に方ができる人は,日本では今5%ぐらいしかいません。突然死ですね,ぴんぴんころり。大体15%ぐらいです。これ合わせると20%なのですけれども,残りの8割はどうなるという話です。残りの8割がこうです。人生山あり,谷ありと言いますが,私たち健康状態でいうと,最初に谷間が来るのです。

三重県議会 2017-12-04 12月04日-28号

実際、そういった形で命を守ること、一つの命が最後まで全うできるように、そして犬が増えないように、野良猫が増えないようにといったこのボランティアの皆さんの活動には、しっかりと対応していかなきゃいけないと。 そういった意味公益財団法人どうぶつ基金と協働しまして、実際に、この三重県動物愛護推進センター(あすまいる)の中でも、不妊手術をしておられました。

大阪府議会 2016-09-01 10月07日-07号

このの後ろには、世話をするやさしい人がいるという大切な印です。 大阪市域では、大阪城公園、十三地区、曽根崎・堂山、そして港区天保山公園などで実施されました。そして、これらの手術代は、どうぶつ基金で賄われています。 人間と野良猫が共生するためには、去勢不妊手術は必要です。行政の援助で、この不幸なたちが大幅に減らせることができるはずです。 

東京都議会 2015-09-30 2015-09-30 平成27年第3回定例会(第13号) 本文

次に、動物愛護施策に取り組む区市町村への支援についてでありますが、動物愛護施策を着実に推進していくためには、地域に根差した取り組みが重要でございます。  都は現在、に関する苦情致死処分数を減少させるため、地域特性実情に応じて、飼い主のいない対策に関する町内会ボランティア等との会議開催や、不妊去勢手術実施などの取り組みを進める区市町村包括補助により支援しております。  

東京都議会 2015-09-30 2015-09-30 平成27年第3回定例会(第13号) 本文

次に、動物愛護施策に取り組む区市町村への支援についてでありますが、動物愛護施策を着実に推進していくためには、地域に根差した取り組みが重要でございます。  都は現在、に関する苦情致死処分数を減少させるため、地域特性実情に応じて、飼い主のいない対策に関する町内会ボランティア等との会議開催や、不妊去勢手術実施などの取り組みを進める区市町村包括補助により支援しております。  

大分県議会 2011-03-01 03月09日-07号

麻生栄作議員 ただいま知事から注力いただいておる分野についてお話がありましたが、先ほどもご指摘を申し上げました現政権の現金給付ばらまき政策受益者は真の幸せを感じることができるのかどうか、私はここに疑問を持っております。知事がお考えの幸せの本質とはどこにあるとお考えか、この一点についてお伺いをさせていただきます。 ○安部省祐議長 広瀬知事

茨城県議会 2008-09-16 平成20年保健福祉常任委員会  本文 開催日: 2008-09-16

これによりまして,地域防災計画に示されております南関東直下地震震度6相当に対しても,給水機能が維持できる,そういう対策ということで進めてございます。  平成19年度末の進捗状況でございますが,水道用水供給事業が57%,工業用水道事業が88%となってございます。引き続き,積極的な耐震化推進に努めてまいります。  

石川県議会 1999-06-24 平成11年 6月第 3回定例会−06月24日-04号

知事さき一般質問の中でも、「地域観光資源を再発掘し、地域ぐるみで観光振興に取り組む必要性がある」との御答弁がありましたが、これまでにも大みそかの花火大会地元ブランド商品開発等々、地元の力を結集してできるところは極力自力でPRに努めてきたわけでありますが、それ以上の事業規模を拡大し、より踏み込んだ活動を展開するにはどうしても予算の壁にぶち当たるわけでありまして、既に地元の体力がなくなっている

岡山県議会 1996-10-03 12月03日-01号

地方分権推進は,これまでの中央集権行政システムを抜本的に改め,地域のことは地域でみずから決定できるようにすることであり,そのことは同時に,地方責任が重くなることでもあります。これからは,地方がみずからの創意と責任により,それぞれの特性を生かした個性的な地域づくりを進めなければならないと考えます。  

高知県議会 1996-10-01 10月01日-02号

その基本的考え方を見ますと、単なる経済優先から自然との共存へといった開発理念の変化をもとに、地域連携軸構想の促進や中山間地域などを多自然居住地域として新たな視点で整備することなどによりまして、地域連携と自立による多様性に富んだ分散国土形成を目指しております。こうした国の考え方は、現在の県計画ともおおむね同じ方向を向いたものと考えております。 

滋賀県議会 1990-07-05 平成 2年 6月定例会(第13号〜第17号)−07月05日-03号

新聞等の報道によりますと、本年度の生産者米価の算定は、全国各地域平均生産費以下の農家平均生産費を基礎とする新しい生産費所得補償方式で算定すると言われております。つまり、各地域の平均的な水準より高い生産性を実現している稲作農家がその該当地域稲作を実質的に担っているという考え方基本にしているものであります。

兵庫県議会 1989-12-04 平成元年第215回定例会(第4日12月 4日)

これは、自分の都合により、今まで家族同様に接した犬、、鳥を自然に戻すのだという身勝手な理論により、いとも簡単に捨てることに対する飼い主への啓蒙活動であります。これとは若干意味を異にしますが、最近、芦屋川上流地域において、野生のイノシシに対してえづけをされているグループがあり、イノシシ村として新聞または写真週刊誌等で紹介されておることは、当局でもご承知のことと存じます。

  • 1
  • 2