1116件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

石川県議会 2020-06-18 令和 2年 6月第 3回定例会−06月18日-03号

今回のプログラムには、多様で柔軟な働き方推進として在宅勤務制度導入検討フレックスタイム制度導入検討モバイルワーク推進、ゆう活、いわゆる朝勤務推進という項目も盛り込まれています。今回の新型コロナウイルスによる社会活動制限によって、県庁でも様々に働き方に影響が及び、在宅勤務などをせざるを得なかったかと思いますが、どのような取組がなされたのでしょうか。

佐賀県議会 2020-06-03 令和2年6月定例会(第3日) 本文

そして、休業要請の今度の対象についてですけれども、例えば、先行していた福岡県さんは、先に休業要請を行っていた東京都の方針をそのまま使ったわけですけれども、我々は対策本部なりいろんなところで、佐賀県の実情はどうなのかということを考える癖がずっとついておりまして、どうしようかといういろんな議論が行われました。

福井県議会 2020-03-16 令和2年第410回定例会(第5号 閉会日) 本文 2020-03-16

┤ │第29号議案 │福井無料低額宿泊所設備および運営基準に関する条例  │原案可決 │ │      │制定について                      │     │ │第30号議案 │障害のある人もない人も幸せに暮らせる福井共生社会条例  │原案可決 │ │      │等の一部改正について                   │     │ │第31号議案 │福井幼保連携認定

広島県議会 2020-03-11 2020-03-11 令和元年度予算特別委員会(第4日) 本文

本来、公共事業は、税財源公共投資によって地域経済が潤うことにより、ものづくり産業が発展し、地域労働者技術を磨き、若い世代労働者が育っていくことにつながらなければなりません。  そのためにも、自治体の文化財等の保存と活用政策において、経済還流技術技能の伝承ができる循環のシステムを検討する必要があるのではないかと考えております。  

群馬県議会 2020-03-06 令和 2年 第1回 定例会−03月06日-06号

    令和2年3月6日(金)                   議  事  日  程 第 6 号 第1 常任委員長報告    第62号議案 令和年度群馬一般会計補正予算(第9号)    第63号議案 令和年度群馬県有模範林施設費特別会計補正予算(第1号)    第64号議案 令和年度群馬小規模企業者等設備導入資金助成費特別会計補正予算(第1号)    第65号議案 令和年度群馬用地先行取得特別会計補正予算

滋賀県議会 2020-03-02 令和 2年 2月定例会議(第23号〜第31号)−03月02日-06号

また、別の例で、千葉県では中核地域生活支援センター事業として、厚生労働省が掲げる「断らない相談」の一環として、子供、障害者高齢者、誰もに365日24時間体制で総合的な対応を行っておられるそうです。この「断らない相談」を含む全世代地域包括、地域共生社会の概念や対象範囲は拡大し、その外縁は重なりつつあり、各市町の現場の皆様の御負担は大きくなっています。  

兵庫県議会 2020-02-25 令和 2年 2月第347回定例会(第3日 2月25日)

労働力の減少を補う生産性の向上、交流人口の増加による消費の拡大、AIやドローン等革新的技術実用化観光から体験への訪日観光客のニーズの変化など、時代潮流を捉え、地域元気づくりに生かしていかねばなりません。まさに東京の発展の恩恵を待つのではなく、多様性を生かした地域づくり推進することこそ、地域創生の実現の突破口になると信じています。  

熊本県議会 2020-02-10 02月10日-02号

また、環境省の支援のもと、本県と南阿蘇村、東海大学等が連携し、地域皆様意見を交換しながら、湧水自然景観といった地域資源を生かし、自立分散社会を形成する地域循環共生圏ビジョン策定を進めているところです。 これらの取り組みは、SDGsが掲げる17のゴールのうち、住み続けられるまちづくり、陸の豊かさも守ろうなどにつながるものであると考えます。 

香川県議会 2020-02-05 令和2年2月定例会(第5日) 本文

三、四年生は「聞く、話す」を中心としたコミュニケーション能力の素地を養う活動として、五、六年生は「読む、書く」も含めた基礎を養う教科として通知表にも評価されるようになります。目前となった本格的な英語教育ですが、先生方の不安や様々な課題改善点がまだまだあるようです。  一つ目課題は、二〇一八年度からの移行・準備期間はあったものの、まだまだ教員の研修が足りていないのではないかということです。