運営者 Bitlet 姉妹サービス
18170件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 156 ◯内藤福祉保健局長 都は現在、待機児童の九割以上を占めるゼロ歳児から二歳児の保育サービスにつきまして、年度当初の待機児童数以上の定員拡充等を行う区市町村に対しまして、保育等の整備費負担を軽減しているところでございます。   もっと読む
2019-03-13 東京都議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文 166 ◯内藤福祉保健局長 来年度検討を開始いたします自然環境を活用して保育を行う東京都版保育モデルは、自然と触れ合う活動を通じまして、保育等における幼児教育の充実に資することを目的としております。   もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 まだまだ保育の整備を待ち望んでいる保護者の皆さんに対して、知事の待機児童にかける熱意を伺いたいと思います。 もっと読む
2019-03-12 滋賀県議会 平成31年 3月12日厚生・産業常任委員会−03月12日-01号 ◎堀井 子ども・青少年局副局長  利用しやすい保育づくり推進事業費ですが、今回の減額で大きなウエートを占めていますのが、保育体制強化事業です。これにつきましては、保育に係る周辺業務である清掃、遊具消毒、給食配膳、寝具の用意、片づけなどに従事する支援者の配置に要する費用の補助をしておりました。 もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日予算特別委員会厚生・産業分科会−03月08日-01号 今年度におきましても、例えば、八日市商工会議で商店街と連携したマルシェ事業をされておりますし、石山の商店街振興組合でもイベントをされております。そういった商店街で実施される事業については、この事業で支援をしております。  農産物等でマルシェを行う事業につきましては、農政水産部で行っていると思います。 ○岩佐弘明 副分科会長  水環境ビジネスはもともと何で始めたのですか。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日予算特別委員会文教・警察分科会−03月07日-01号 大変重要なことなのですが、この社会状況、制度の変化によって、幼稚園だけではなく、保育施設やさまざまな施設に入っている子供たちがいます。そういう子供たちも含めて、幼児教育および小学校教育の質の向上を目指すものだと思うのです。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日厚生・産業常任委員会-03月07日-01号 例えば2人ほど雇って億単位の仕事をとれるのは、大きい事業ばかりです。これはいびつな入札制度につながるのです。私もここに書いている意見に賛成です。この仕組みは県も改めたほうがいいと思います。ここにつながっていくから余りよろしくないと思っております。 ◎正木 健康福祉政策課長  以前の委員会でも、生田委員からその旨の意見をいただきましたので、土木交通部にはお伝えをさせていただいております。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日予算特別委員会厚生・産業分科会-03月07日-01号 もう一点、勘違いしているかもしれませんけれども、107ページにある保育士・保育支援センターはいわゆるハローワークのようなことをやってくれるわけではないのですか。公営や認可外の保育がありますけれども、今後ずっと無償化になって保育士の異動が起こってしまったとき、人手が足りないので何とかしてくれないかという相談はここにできるのですか。そういったことも含めてお願いします。 もっと読む
2019-02-27 福井県議会 2019.02.27 平成31年厚生常任委員会及び予算決算特別委員会厚生分科会 本文 保育人材の確保については、保育士の業務負担を軽減し、離職を防止するため、来年度から新たに、寝かしつけやおむつ交換等の保育業務の補助を行う保育補助者や、清掃等の周辺業務を行う人材の雇い上げ費用を支援し、保育士の働く環境の一層の改善を進めていく。  児童科学館については、児童科学館や恐竜博物館等の県内施設を訪問した児童生徒を対象に「宇宙科学バスツアー」を実施する。 もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 具体的には、家庭内での取り組みや外出時の対応など、「東京くらし防災」に記載されている必要な情報を集約するとともに、水災時のマイタイムラインの作成方法や、避難などでの風呂敷を活用した授乳の方法などを新たに盛り込んでまいります。  この冊子を、産院、保育、幼稚園等での普及啓発活動に活用するとともに、子育て世代向けの情報誌等に織り込むなど、広く周知を図ってまいります。     もっと読む
2019-02-26 東京都議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文 ベビーシッターは、保育の受け皿の一つではありますが、本来、認可保育、認証保育等の施設型の保育サービスのすき間を埋めるためのものであると考えます。  保育サービスの一つであるベビーシッター利用支援事業についての考え方を、改めて伺います。   もっと読む
2019-02-26 福井県議会 2019.02.26 平成31年産業常任委員会及び予算決算特別委員会産業分科会 本文 ◯労働政策課長  今年度1月末現在で、シニア人材活躍支援センターにおいて、求職する新規の登録者は112人、それから求人する新規の登録事業数が99件であり、マッチング件数が49件となっている。 ◯西本(恵)委員  ここを知らない方はまだまだたくさんいる。私もそういう問い合わせがあれば、ここにこういうところがあると普及していくけれど、ぜひ頑張っていただきたいと思う。 もっと読む
2019-02-18 福岡県議会 平成31年 厚生労働環境委員会 本文 開催日: 2019-02-18 右の説明欄の二番目、医療施設整備費が十六億九千六百万円余の減額で、これは、病院、有床診療のスプリンクラー設置等に対する助成でございますが、事業費が見込みを下回ったことによるものでございます。 もっと読む
2019-02-13 福井県議会 2019.02.13 平成31年第405回定例会(第1号 開会日) 本文 40年を超える原子力発電の運転延長については、現場における安全対策の実施状況、国や事業者による県民への理解活動の実績などをよく確認しながら、安全・安心が確保されるよう引き続き慎重に取り組んでまいります。  「もんじゅ」でありますが、2022年度までに530体の燃料を取り出す計画としており、今年度は半年間に86体を取り出して作業を終了し、現在、定期検査に入っております。 もっと読む
2019-02-13 栃木県議会 平成31年 2月議会運営委員会(平成30年度)-02月13日-01号 内訳といたしましては、平成31年度当初予算案関係が平成31年度栃木県一般会計予算など17件、条例案が病院及び診療の人員及び施設に関する基準等を定める条例の制定についてなど12件、その他の議案が栃木県教育委員会委員の任命同意についてなど4件であります。 もっと読む
2019-01-25 滋賀県議会 平成31年 1月25日環境・農水常任委員会−01月25日-01号 幼児教育、保育の無償化が進む中で、恐らくこの森のようちえんはその対象外に現状としてはなってくるのかなと思います。 もっと読む
2019-01-21 青森県議会 平成31年環境厚生委員会 本文 開催日: 2019-01-21 B型事業における本県の平成27年度の平均工賃は月額で1万3,131円で、年々向上してはいるものの、全国の平均工賃と比較して約2,000円下回っていました。  障害者が地域で自立して生活していくためには、B型事業で働く障害者の工賃水準を引き上げる取組を推進していく必要があります。   もっと読む
2019-01-08 福岡県議会 平成31年 厚生労働環境委員会 本文 開催日: 2019-01-08 (五)有床診療等スプリンクラー等施設整備事業でございます。有床診療等におけるスプリンクラー設置等に対する補助として五十二億円が計上されております。また、今年度二次補正予算において二十億円が計上されています。今後も、スプリンクラー等整備が未整備の有床診療等に助成を行いまして、防災対策を着実に進めてまいります。  三ページをお願いいたします。(六)国民健康保険への財政支援でございます。 もっと読む
2018-12-21 滋賀県議会 平成30年11月定例会議(第16号〜第22号)−12月21日-07号 滋賀県におきましても、保育、福祉職場の人材不足は深刻な問題です。その原因である処遇改善は急務であります。  厚生労働省は、消費税増税による増収分で介護職員の処遇の改善を図ろうとしていますが、消費税増税は利用者や事業の経営悪化を招きます。消費税とは切り離して、本請願にありますように、賃金水準を引き上げるための抜本的なベースアップができる対策を求め、本請願の採択を求めて、討論を終わります。 もっと読む
2018-12-21 石川県議会 平成30年12月第 5回定例会−12月21日-05号 また、一人だと職員の体調が悪くなれば閉するしかない、困るのは保護者と子供です。こういう声があるからこそ、ことし六月十九日に自民党の学童保育推進議員の会が放課後児童クラブの「従うべき基準」の維持を求める決議を採択し、七月四日には厚労大臣へ直接申し入れをしているではありませんか。 もっと読む