運営者 Bitlet 姉妹サービス
17932件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 こちらのパネルの下になりますけれども、犬猫の譲渡活動のご案内、マイクロチップの装着販売、そして終生飼養の誓約をお客様に確認するなどの行動を約束しましたペットショップを市が認定店とし、こちらのステッカーとか、また、こういった認定店の証明書を店内に掲げることを許可している取り組みでございまして、ホームページなどで積極的にお店、この取り組みを紹介して、協力してくれるお店を推奨することで、最大の接点であるペットショップ もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 さらに、誰もが活躍できる社会の実現に向け、テレワークの導入支援や介護休業を取得しやすい職場環境の整備を促進し、ライフワークバランスの充実を図ってまいります。   もっと読む
2019-03-12 滋賀県議会 平成31年 3月12日厚生・産業常任委員会−03月12日-01号 ◆清水鉄次 委員  初めに2ページですけれども、介護保険給付費県費負担金について、今回県が負担する分が約9,000万円とふえたわけです。これは想定していると思うのですが、各市町から出た第7期介護計画によってベッド数がふえることで、どの程度県の負担がふえるのかを教えてほしいと思います。   もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日予算特別委員会厚生・産業分科会−03月08日-01号 1つはチャレンジ計画認定と申しまして、その事業者が3年またはそれ以上の計画の中で、どのような研究開発をして事業化を目指そうとしているかという事業計画の認定と、その認定された事業計画に対して、当該翌年度、例えば平成31年度はどのような研究開発をされるかという、単年度ごとの補助事業の組み合わせになっています。   もっと読む
2019-03-04 福井県議会 2019.03.04 平成31年予算決算特別委員会 本文 ヘルスケアビジネスについては、平成30年6月議会で質問した際、県内ものづくり企業と医療や介護サービス、情報関連企業や団体が連携した福井しあわせ健康産業協議会において新たな事業展開を目指す、また、福井しあわせ健康産業創出支援事業補助金を創設したということであったが、この補助制度の内容は、協議会に参加している県内企業が有する高度なものづくり技術を活用し、新製品、新サービス開発支援や開発された医療介護機器等 もっと読む
2019-02-27 福井県議会 2019.02.27 平成31年土木警察常任委員会及び予算決算特別委員会土木警察分科会 本文 違反事実の認定には、十分な証拠と慎重な判断が必要であるが、具体的方法については、答弁を差し控えさせていただく。 ◯笹岡委員  時代とともに、今もうマニュアル車というのはなくなって、みんなオートマチック車になっているから、シフトチェンジもほとんど必要ない。 もっと読む
2019-02-27 福井県議会 2019.02.27 平成31年厚生常任委員会及び予算決算特別委員会厚生分科会 本文 介護人材の確保については、地域の元気な高齢者に介護施設等で短時間勤務していただく「ちょこっと就労」を実施している。シニア人材活躍支援センターやシルバー人材センター、ハローワークと連携し、周知に努めた結果、さきの12月議会で報告申し上げた時から新たに22名の方の採用が決まり、現在の採用は47名となっている。 もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 来年度からは、全てのセンターにおきまして、認知症の人や家族介護者等を専門職がサポートする取り組みを実施するとともに、拠点型に加え、連携型のセンターにおきましても多職種による事例検討会などを通じまして人材育成に取り組むなど、医療と介護の連携を推進してまいります。   もっと読む
2019-02-26 東京都議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文 三点目は、高齢者保健福祉等関連事業に関する事務の執行について、介護保険サービスと保険外サービスとを組み合わせて利用できる選択的介護は、利用者の利便性が向上するとともに、事業者の収益性が向上し、ひいては介護職員の処遇改善に有効であるなどの利点がある一方、本来保険外サービスに盛り込むべきサービス内容が、要介護高齢者本人向けの介護保険サービスに紛れ込み、結果的に不適正な給付がふえるおそれや、要介護高齢者本人 もっと読む
2019-02-26 福井県議会 2019.02.26 平成31年産業常任委員会及び予算決算特別委員会産業分科会 本文 今、介護や、医療も含めて、スキルを持ったいろんな人材が取られていってしまうと。専門職で全然違うところにいた人まで根こそぎいっちゃうと。ある高校へ、1社で200人とか、そういうレベルで卒業生の数よりも多い求人を出してくる。これは就職希望者よりも多いのである。  それでいて定着しない。 もっと読む
2019-02-18 福岡県議会 平成31年 厚生労働環境委員会 本文 開催日: 2019-02-18 まず、保健医療介護部所管分の説明を求めます。大森保健医療介護部長。 13 ◯大森保健医療介護部長 第四八号議案、平成三十年度福岡県一般会計補正予算のうち保健医療介護部所管分について御説明いたします。 もっと読む
2019-01-21 青森県議会 平成31年環境厚生委員会 本文 開催日: 2019-01-21 B型事業所は、生活介護的な性格も有していますので、そういったことにも配慮しながら、工賃向上についてもしっかり検討していきたいと考えております。  以上です。 38 ◯菊池委員  簡潔に最後、要望だけさせていただきます。   もっと読む
2019-01-21 青森県議会 平成31年商工労働観光エネルギー委員会 本文 開催日: 2019-01-21 そこで質問をさせていただきますが、あおもりマイスター制度の目的及び認定基準についてお伺いをいたします。 もっと読む
2018-12-21 滋賀県議会 平成30年11月定例会議(第16号〜第22号)−12月21日-07号 今や誰もが認知症を発症する可能性がある一方で、誰もが認知症の人の介護者となり得るため、認知症施策の推進は極めて重要である。   もっと読む
2018-12-20 三重県議会 平成30年定例会-12月20日−30号 また、国においては、2025年を目途に地域包括ケアシステムの構築を実現することとしているが、その実現のためには、在宅支援を支える介護人材の質・量の両面にわたる確保が必要である。  しかしながら、近年、介護施設や事業所の中には、介護従事者を確保できずに、やむなく事業等の休廃止を余儀なくされるところもあるなど、我が国は、これまでに経験したことのないような厳しい介護人材不足に直面している。   もっと読む
2018-12-19 東京都議会 2018-12-19 平成30年第4回定例会(第18号) 名簿・議事日程 東京都児童育成手当に関する条例の一部を改正する条例 (委員会審査報告) 第二十九 第二百十二号議案   東京都重度心身障害者手当条例の一部を改正する条例 第三十 第二百十三号議案   東京都心身障害者福祉手当に関する条例の一部を改正する条例 第三十一 第二百十四号議案   東京都立総合精神保健福祉センター及び東京都立精神保健福祉センター条例の一部を改正する条例 第三十二 第二百三十六号議案   東京都介護医療院 もっと読む
2018-12-19 東京都議会 2018-12-19 平成30年第4回定例会(第18号) 本文 十 高齢者の住まいや介護サービス基盤の整備に取り組まれたい。また、質の高い介護人材の確保に努め、支援策の充実を図られたい。  十一 東京都介護職員キャリアパス導入促進事業の見直しを行い、介護現場で働く全ての人の賃金の底上げにつながるような施策に取り組まれたい。  十二 障害者の自立生活支援のためサービス基盤の整備を拡充するとともに、就労支援においても積極的に取り組まれたい。   もっと読む
2018-12-19 石川県議会 平成30年12月19日厚生文教委員会-12月19日-01号 今月6日に、いしかわ健康経営宣言企業の認定証の交付式が行われ、大変多くの企業が参加されたとのことですが、どのような業種がどういった内容で認定されたのか、お聞きします。 ◎片岡穣 健康福祉部長  健康経営の認定企業数ですが、いしかわ健康経営宣言企業の認定証交付式を12月6日に地場産業振興センターで行ったところです。各社においでいただき、認定証を交付しました。157社に宣言をいただいたところです。   もっと読む
2018-12-18 千葉県議会 平成30年_健康福祉常任委員会(第1号) 本文 2018.12.18 1点目は、知事の海外トップセールスを踏まえた外国人介護人材の受け入れ拡大についてでございます。  急激な高齢化の進展によりまして、介護人材の確保が喫緊の課題となっているところでございます。このような中、先月20日、知事は訪問先のベトナム・ホーチミン市において、人民委員会委員長と会談を行い、介護などの人材分野で協力関係をつくっていくことで一致いたしました。 もっと読む
2018-12-18 鹿児島県議会 2018-12-18 平成30年第4回定例会(第7日目) 本文 二点目に指摘するのは、国の社会保障費の自然増削減路線のもとで、医療や介護の分野でそれを具体的に進める事業費が執行されている点です。国保の県単位化に向けた事業や、医療介護総合確保推進法や地域医療構想に基づき、それを進める事業が実施されています。 もっと読む