15651件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-18 沖縄県議会 総務企画委員会記録 平成31年 第 2 回 定例会第 4 号 ○真鳥洋企人事課長 退職手当の不支給とか返納とかという手続がありますけれども、これについては、まずは事実関係を、認定するという前提がございます。その事実関係がどのレベルかというと、懲戒免職相当という前提がございますので、それを認定するという作業があります。過去に第三者委員会でそういった調査をした結果、そこまで認定するに至らないという結論がございます。 もっと読む
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 こちらのパネルの下になりますけれども、犬猫の譲渡活動のご案内、マイクロチップの装着販売、そして終生飼養の誓約をお客様に確認するなどの行動を約束しましたペットショップを市が認定店とし、こちらのステッカーとか、また、こういった認定店の証明書を店内に掲げることを許可している取り組みでございまして、ホームページなどで積極的にお店、この取り組みを紹介して、協力してくれるお店を推奨することで、最大の接点であるペットショップ もっと読む
2019-03-13 兵庫県議会 平成31年度予算特別委員会・速報版(第10日 3月13日) 少子高齢化や人口減少の進展に伴い、介護を必要とする高齢者が増加する一方で、若者の減少に、介護に携わる人材確保は困難な状況である。  このことは、介護保険制度が創設された19年前から、もう分かっていたことである。それを補うために外国人就労や介護ロボット等の導入などが推進されているが、現時点においてはとても絶対数が足りていない状況である。   もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 さらに、誰もが活躍できる社会の実現に向け、テレワークの導入支援や介護休業を取得しやすい職場環境の整備を促進し、ライフワークバランスの充実を図ってまいります。   もっと読む
2019-03-12 滋賀県議会 平成31年 3月12日厚生・産業常任委員会−03月12日-01号 ◆清水鉄次 委員  初めに2ページですけれども、介護保険給付費県費負担金について、今回県が負担する分が約9,000万円とふえたわけです。これは想定していると思うのですが、各市町から出た第7期介護計画によってベッド数がふえることで、どの程度県の負担がふえるのかを教えてほしいと思います。   もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日予算特別委員会厚生・産業分科会−03月08日-01号 1つはチャレンジ計画認定と申しまして、その事業者が3年またはそれ以上の計画の中で、どのような研究開発をして事業化を目指そうとしているかという事業計画の認定と、その認定された事業計画に対して、当該翌年度、例えば平成31年度はどのような研究開発をされるかという、単年度ごとの補助事業の組み合わせになっています。   もっと読む
2019-03-04 福井県議会 2019.03.04 平成31年予算決算特別委員会 本文 ヘルスケアビジネスについては、平成30年6月議会で質問した際、県内ものづくり企業と医療や介護サービス、情報関連企業や団体が連携した福井しあわせ健康産業協議会において新たな事業展開を目指す、また、福井しあわせ健康産業創出支援事業補助金を創設したということであったが、この補助制度の内容は、協議会に参加している県内企業が有する高度なものづくり技術を活用し、新製品、新サービス開発支援や開発された医療介護機器等 もっと読む
2019-02-27 福井県議会 2019.02.27 平成31年土木警察常任委員会及び予算決算特別委員会土木警察分科会 本文 違反事実の認定には、十分な証拠と慎重な判断が必要であるが、具体的方法については、答弁を差し控えさせていただく。 ◯笹岡委員  時代とともに、今もうマニュアル車というのはなくなって、みんなオートマチック車になっているから、シフトチェンジもほとんど必要ない。 もっと読む
2019-02-27 福井県議会 2019.02.27 平成31年厚生常任委員会及び予算決算特別委員会厚生分科会 本文 介護人材の確保については、地域の元気な高齢者に介護施設等で短時間勤務していただく「ちょこっと就労」を実施している。シニア人材活躍支援センターやシルバー人材センター、ハローワークと連携し、周知に努めた結果、さきの12月議会で報告申し上げた時から新たに22名の方の採用が決まり、現在の採用は47名となっている。 もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 来年度からは、全てのセンターにおきまして、認知症の人や家族介護者等を専門職がサポートする取り組みを実施するとともに、拠点型に加え、連携型のセンターにおきましても多職種による事例検討会などを通じまして人材育成に取り組むなど、医療と介護の連携を推進してまいります。   もっと読む
2019-02-26 東京都議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文 三点目は、高齢者保健福祉等関連事業に関する事務の執行について、介護保険サービスと保険外サービスとを組み合わせて利用できる選択的介護は、利用者の利便性が向上するとともに、事業者の収益性が向上し、ひいては介護職員の処遇改善に有効であるなどの利点がある一方、本来保険外サービスに盛り込むべきサービス内容が、要介護高齢者本人向けの介護保険サービスに紛れ込み、結果的に不適正な給付がふえるおそれや、要介護高齢者本人 もっと読む
2019-02-26 福井県議会 2019.02.26 平成31年産業常任委員会及び予算決算特別委員会産業分科会 本文 今、介護や、医療も含めて、スキルを持ったいろんな人材が取られていってしまうと。専門職で全然違うところにいた人まで根こそぎいっちゃうと。ある高校へ、1社で200人とか、そういうレベルで卒業生の数よりも多い求人を出してくる。これは就職希望者よりも多いのである。  それでいて定着しない。 もっと読む
2019-02-18 福岡県議会 平成31年 厚生労働環境委員会 本文 開催日: 2019-02-18 まず、保健医療介護部所管分の説明を求めます。大森保健医療介護部長。 13 ◯大森保健医療介護部長 第四八号議案、平成三十年度福岡県一般会計補正予算のうち保健医療介護部所管分について御説明いたします。 もっと読む
2019-02-10 福岡県議会 平成31年2月定例会(第10日) 本文 生涯にわたり要介護にならず元気で活躍をするためには、加齢による運動機能の障がいや衰えによる転倒、骨折を予防する必要がございます。このため県におきましては、ロコモティブシンドロームの正しい知識、その予防のための運動の普及に市町村とともに取り組んでまいりました。要介護、要支援の認定を受けてない元気な高齢者の方の割合でございますけれども、平成二十九年十一月現在、県全体で八〇・八%でございます。 もっと読む
2019-02-08 福岡県議会 平成31年2月定例会(第8日) 本文 この塾におきましては、県が認定した女性農村アドバイザーが講師となりまして、みずから所有しております加工施設におきまして、商品の開発の工夫や機械の選定などの経験を生かした助言を行う講座も行っているところであります。さらに、安定した商品製造のために、食品の乾燥機やオーブンなど業務用機器の整備も支援をしているところであります。 もっと読む
2019-02-07 福岡県議会 平成31年2月定例会(第7日) 本文 あわせて、この経緯によりメンツ丸潰れとなった副知事に対しどのような釈明をされたのか、保健医療介護部長の答弁を求めます。  まさに舞台が二転三転し、最後は当初の方針どおり据え置きとなったわけでありますが、小川知事、そもそも三年間の据え置きという県民への約束を破るような発言を幹部職員にさせ、市町村に不安を与えたことは言語道断であります。 もっと読む
2019-02-01 福岡県議会 平成31年2月定例会(第1日) 本文 保健医療介護部では、災害の発災直後から中長期にわたり、精神科医療及び精神保健活動の支援を行う災害派遣精神医療チームふくおかDPAT、その整備に要する経費を計上しております。 もっと読む
2019-02-01 山梨県議会 平成31年2月定例会(第5号) 本文 このような状況の中、国では、本年十月から、三歳から五歳までの全ての子供と、ゼロ歳から二歳までの住民税非課税世帯の子供について、幼稚園や保育所、認定こども園の利用料を無償化するとともに、保育の必要性があるにもかかわらず、これらの施設に入所できず認可外保育施設等を利用する場合も、一定の範囲内で無償化の対象にすることとしております。   もっと読む
2019-02-01 山梨県議会 平成31年2月定例会(第6号) 本文 平成三十一年度山梨県母子父子寡婦福祉資金特別会計予算         │ 可 決 │ │       │                                   │     │ │ 第三十八号 │平成三十一年度山梨県国民健康保険特別会計予算             │ 可 決 │ │       │                                   │     │ │ 第五十号  │山梨県介護医療院 もっと読む
2019-02-01 山梨県議会 平成31年2月定例会(第2号) 本文 また、団塊の世代が七十五歳を超える二〇二五年には、本県の高齢化率は三三・七%に達すると推計されており、介護ニーズが大幅にふえることが予想されます。地域包括ケアシステムを支える介護人材の確保や介護離職など、これらの対応はまさに喫緊の課題であります。   もっと読む