37081件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-22 平成57年 6月 定例会-06月22日−07号

に関する件、国鉄新幹線建設に関する件、国鉄地方新線建設並びに同地方線対策に関する件、国際空港に関する件、国内航空路の拡充に関する件、交通安全対策に関する件及び情報通信網の整備拡充に関する件並びに請願陳情書について、公害対策特別委員会に調査を付託いたしました水俣病対策に関する件、大気・土壌及び水の汚染並びに騒音その他公害防止に関する件並びに陳情書について、各特別委員長から調査及び審査結果の報告があっておりますので

熊本県議会 2045-06-16 平成57年 6月 定例会-06月16日−06号

また、副知事を会長とした行政改革委員会が県行革を進めておられますので、りっぱに一本立ちをした有明海自動車航送船については公営企業として十分なる使命を果たしたと思いますので、安定したときだけに、長崎、熊本の交通機関を中心とした第三セクターに経営移管を行ったらどうかと考えますが、いかがなものでしょうか。

愛知県議会 2019-06-26 令和元年総務企画委員会 本文 開催日: 2019-06-26

12 【県民安全課主幹(県民安全)】  本県では、愛知県交通安全対策会議で、平成28年度に策定した第10次愛知県交通安全計画に基づき、年度ごとの実施計画を策定している。この計画に基づき、国、県警察、関係機関がそれぞれの役割を明確にし、道路交通環境の整備や交通安全思想の普及徹底、車両の安全技術の推進などの交通安全対策に取り組んでいる。  

滋賀県議会 2019-06-26 令和 元年 6月26日土木交通・警察・企業常任委員会−06月26日-01号

◆松本利寛 委員  きのうの本会議でも自民党の佐藤議員が取り上げられた交通安全施設としての信号機の問題について、再度、お聞きします。きのう、県警本部からは、1期、2期、3期に分けて、県内の信号機500基プラス60基を削減する計画が進んでいると聞かせていただきました。第1期の中では、県下180基を削減する目標があり、その目標に対して、各警察署では5年間で15基削減するとされています。

兵庫県議会 2019-06-25 令和元年 6月第344回定例会・速報版(第6日 6月25日)

また、JIS規格の対象拡大には、道路交通法が禁止する白タクを容認するライドシェアなどのシェアリングエコノミーも含まれています。  シェアリングエコノミーは、便利な一方、ウーバーなどプラットホーム事業形態のものは、業法や利用者、労働者保護のルールがなく、安全性、信頼性の担保がない自己責任のサービスであり、安全性、信頼性を国が容認するJIS規格の対象からは外すべきです。  

兵庫県議会 2019-06-24 令和元年建設常任委員会( 6月24日)

       伊 藤 仁 志    公営企業管理者   片 山 安 孝       県土整備部長   濱   浩 二    企業庁次長     大 谷 俊 洋       まちづくり部長  出野上   聡    企業庁次長     寺 谷   毅       県土企画局長   廣 田 俊 彦    企業庁総務課長   種 池   寛       土木局長     服 部 洋 平       県土整備部県土安全参事

茨城県議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会(第6号) 議事日程 開催日: 2019-06-24

 程 第 5 号 令和元年6月24日(月曜日)午後1時開議 第1  第87号議案 令和元年度茨城県一般会計補正予算(第1号)  第88号議案 茨城県行政組織条例等の一部を改正する条例  第89号議案 茨城県手数料徴収条例の一部を改正する条例  第90号議案 茨城県県税条例等の一部を改正する条例  第91号議案 取手市立中学校の生徒の自殺事案に係る調査委員会条例を廃止する条例  第92号議案 茨城県交通安全条例

茨城県議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会(第6号) 本文 開催日: 2019-06-24

第92号議案茨城県交通安全条例の一部を改正する条例は,自転車の安全な利用を推進するとともに,自転車保険への加入を促進するため,所要の改正をしようするものであります。  第93号議案大気汚染防止法に基づき排出基準を定める条例の一部を改正する条例は,工業標準化法の一部改正に伴い,所要の改正をしようとするものであります。  

兵庫県議会 2019-06-24 令和元年警察常任委員会( 6月24日)

県警察として、今後とも幹部はじめとする職員の意識改革を徹底して、業務のあり方について不断の見直しを行うとともに、職員の生活の充実と、県民の安全を守る力強い警察の確立に努めていきたい。 ○(栗山雅史委員)  ぜひ、取組を進めてほしい。

富山県議会 2019-06-19 令和元年 総務財政常任委員会 会期中(第1日・6月19日)本文

                    収納対策課長 犬 竹 幸 喜             【市民部】                         部長 細 田 隆 司                   副部長兼市民課長 久津間 則 子               参事兼地域づくり推進課長 宇津木 寿 子                       広聴課長 忍 田 久 夫                  防犯・交通安全課長

石川県議会 2019-06-18 令和 元年 6月第 3回定例会-06月18日-04号

平成十年の道路交通法の改正でいわゆる免許の自主返納制度ができ、市町や交通関係団体による交通機関の利用料金が割安となるなど支援策が設けられておりますが、交通機関が発達していない地域においては車のない生活は買い物難民等を生み出し、即日常の生活に影響が出る、このおそれがあります。今、政府では自動ブレーキ機能等の安全技術が搭載された車両に限って新たな免許制度などの導入を検討していると伺っています。  

石川県議会 2019-06-14 令和 元年 6月第 3回定例会-06月14日-03号

〔土木部長(竹俣隆一君)登壇〕 ◎土木部長(竹俣隆一君) 私からはまず通学路の交通安全対策についてお答えをいたします。通学路の交通安全対策につきましては、平成二十四年に亀岡市などで通学中の児童が犠牲となる事故が発生しましたことを受け、学校関係者、警察、道路管理者などが連携し、児童が通う全ての通学路において緊急合同点検を実施しております。

富山県議会 2019-06-14 令和元年第3回定例会(第11日・6月14日) 本文

自然災害だけではなく、通学路での痛ましい交通事故や、あるいは犯行であったり、人的被害に関する事案もニュース報道が後を絶ちません。  安心・安全のために、自然災害や人的災害に対してどこまで予防的な投資をする必要があるのか、その線引きはどうか。交通安全対策について、また、犯罪を未然に防ぐためにどのような対策を講じるのか。どのような有効な手段があるのか。そのための財源はどうするのか。

富山県議会 2019-06-13 令和元年第3回定例会(第10日・6月13日) 本文

今後の道路交通環境の整備に当たっては、自動車交通を担う幹線道路等と歩行者中心の暮らしの道、生活道路の機能分化を進め、暮らしの道の安全の推進に取り組むこととすると、また、少子高齢化が一層進展する中で、子供を事故から守り、高齢者や障害者が安全に、かつ安心して外出できる交通社会の形成を図る観点から、安全安心な歩行空間が確保された人優先の道路交通環境整備の強化を図っていくものとするというようなこともございます