運営者 Bitlet 姉妹サービス
2067件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-13 東京都議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文 ここには、患者の誰もが一人の人間として人格、価値観などを尊重されることや、治療方法などをみずからの意思で選択する権利を有することなどを掲げ、患者の自己決定権に基づいた医療を提供することを基本方針としております。   もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 福祉保健費については一兆二千二百十四億円を計上し、子供を安心して産み育てられる環境の整備に向け、幼児教育の無償化に合わせて、多子世帯に対し都独自の支援を講じるとともに、不妊検査や不妊治療等に対する助成を大幅に拡充してまいります。  また、高齢者が安心して暮らせる社会の実現に向け、認知症の早期発見に向けた検査を推進するなど、より多くの高齢者が活躍できる環境を構築してまいります。   もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 その要望を受け、来年度予算案に特定不妊治療の所得制限の緩和や不妊検査、一般不妊治療の対象年齢の引き上げを盛り込んだことを評価いたします。  こうした積極的な取り組みは、妊娠支援を求める都民から強く望まれていたことです。一刻も早く要件緩和をすべきと考えます。不妊治療に対する今回の措置の内容とあわせて、知事の所見を求めます。  次に、不育症治療についてです。   もっと読む
2019-02-26 東京都議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文 さらに、私たちは、会派の三割を占める十五名の女性議員を中心に、不妊治療等の経済的負担の軽減措置等を求めてきました。今回の予算案では、東京都で働く夫婦の実態を踏まえ、不妊検査等の年齢制限と不妊治療費の助成の所得制限の緩和が盛り込まれました。今回の措置は、東京で働く夫婦の実情に寄り添ったものといえます。   もっと読む
2018-12-14 福井県議会 2018.12.14 平成30年予算決算特別委員会 本文 ここに不妊治療の資料があるが、こういったところにはちゃんと書かれてある。年齢が上がるごとにどんどん出産率が下がり、流産率が上がっていく。高校生、大学生にとって、結婚というとなかなかイメージは湧かないが、出産と考えて私は1人欲しい、2人欲しいとなったときに、じゃあ、そのために結婚は何歳までにしなきゃいけないよねと、逆算的に自分の人生を考えられるようになる。 もっと読む
2018-12-12 東京都議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第17号) 本文 今年度予算に反映させた事業の中には、例えば、働く人のチャイルドプランサポート事業がございますが、これは、不妊治療と仕事の両立に向けた都民向けセミナーの開催でございまして、大変好評を得てまいりました。現在、具体的な取り組みも進行中でございます。   もっと読む
2018-12-11 福井県議会 2018.12.11 平成30年厚生常任委員会及び予算決算特別委員会厚生分科会 本文 不妊治療については、専門的な不妊治療への助成に加え、今年度から新たに治療の前段階の検査等に対する支援を開始し、これまでに6件の助成を行っている。各市町の広報誌への掲載や、商工団体会員への周知に加え、企業に対しても治療を始める方への職場の理解と配慮を求めている。今後とも、あらゆる機会を捉え、企業や県民に周知し、不妊治療に対する一層の理解促進に努めていく。   もっと読む
2018-12-03 北海道議会 平成30年第4回定例会-12月03日-03号 次に、不妊治療支援の取り組みについて伺います。  子どもを持ちたいと考える御夫婦の中には、子どもができずに悩んでいらっしゃる方も多く、近年の晩婚化等を背景に、不妊治療を受ける方が増加しています。   もっと読む
2018-11-30 北海道議会 平成30年第4回定例会−11月30日-02号 道は、昨年度から、北海道不育症治療費助成事業を実施しております。妊娠をしても、流産や死産などで子どもが育たない場合、不育症とされ、厚労省は、そうしたケースが2回続くと検査を受けることを提唱しております。その検査、治療によって、不育症とされる人の約8割が出産しているとのデータもあり、治療に伴う当事者の経済的負担を支える事業は有益だと考えます。   もっと読む
2018-11-27 北海道議会 平成30年第4回定例会−11月27日-目次 3) 人口減少対策について    2.胆振東部地震等の災害対策について    3.交通政策について     (1) JR北海道の路線維持対策について     (2) 道内7空港運営委託後の災害対応について    4.医療・福祉政策について     (1) 地域医療の確保について     (2) 児童虐待防止対策について     (3) 配偶者や交際相手からの暴力防止について     (4) 不育症治療 もっと読む
2018-11-01 石川県議会 平成30年11月 1日決算特別委員会-11月01日-01号 一番下の段、2目難病結核対策費、20節扶助費の不用額5,715万2,000円については、肝炎治療特別促進事業費等について、支払い医療費が当初の想定よりも減ったことによる実績減によるものです。  21ページです。   もっと読む
2018-10-31 愛媛県議会 平成30年環境保健福祉委員会(10月31日) 下の目の欄、02母子保健指導費は、乳幼児の医療費や未熟児、身体障害児の医療費に対する助成、特定不妊治療に対する助成などに要した経費でございます。  なお、不用額は、医療費助成の実績減などによるものでございます。  次のページ、111ページ、下から4段目の目の欄、03結核対策費は、結核医療費のほか、健康診断や患者管理・指導など、結核の予防と治療のために要した経費でございます。   もっと読む
2018-10-25 茨城県議会 平成30年決算特別委員会  本文 開催日:2018.10.25 表の2番目,特定疾患治療研究事業は指定難病等に罹患した患者に対しまして医療費の補助を行ったものでございます。  次に,127ページをお開き願います。  (9)県民の健康づくりでございます。  表の1番目,健康プラザ運営費は県民の健康づくりを支援するため,健康づくりに関する調査研究やシルバーリハビリ体操指導士の養成及び各種研修等を行う健康プラザの指定管理事業等に要した経費でございます。   もっと読む
2018-10-22 東京都議会 2018-10-22 平成29年度各会計決算特別委員会第2分科会(第4号) 本文 次に、不妊検査等の助成についてお伺いいたします。  平成二十九年度、東京都は、不妊検査及び薬物療法や人工授精等の一般不妊治療に係る費用の一部の助成を始められました。 もっと読む
2018-10-22 栃木県議会 平成30年10月生活保健福祉委員会(平成30年度)-10月22日-01号 続いて、15ページの3段目の感染症対策費については、肝炎対策としてB型及びC型ウイルス性肝炎の患者の方に対し、約1億8,000万円の治療費を助成しました。また、感染症蔓延防止対策を講じるために、県内の病院に対して施設・設備整備等に要する経費の助成を行いました。   もっと読む
2018-10-10 滋賀県議会 平成30年10月10日地方創生・しがブランド推進対策特別委員会−10月10日-01号 この前、健康医療福祉部といろいろな話をしていて、不妊治療にもっとお金を出せないのかと言ったら、医療効果がどれだけ出るかわからないということで、なかなか制度的にうまく支援ができないのです。人口増加策は国の話になりますが、移住政策をしていただいている市町には悪いですけれども、政策として大変力を入れて、どれだけの効果があるのだろうと疑問視しているのです。 もっと読む
2018-09-28 京都府議会 2018.09.28 平成30年府民生活・厚生常任委員会及び予算特別委員会府民生活・厚生分科会9月定例会2日目 本文 ただ、今、不妊症かどうかの検査を行うに当たって、不妊治療を目的とした検査だったら費用は出るんだけれども、検査だけだったらその助成がおりてこないと。それがハードルになって、不妊検査をわざわざお金をかけてまでやる必要はないかなという方もいらっしゃいます。 もっと読む
2018-09-26 福島県議会 平成30年  9月 定例会-09月26日−一般質問及び質疑(一般)−05号 先日テレビで、小さな子供の弱視は早期発見、早期治療が大切であるとの報道を目にしました。近年子供たちの視力の低下が問題となっています。ゲーム、スマホ、パソコン等を長時間使うことによって視力の低下が懸念され、将来の仕事上の影響もあるとされています。   もっと読む
2018-09-26 山口県議会 平成 30年 9月定例会-09月26日−03号 まず、仕事と不妊治療の両立支援についてお伺いいたします。  近年、結婚年齢の上昇に伴って、晩婚化による不妊治療を受ける人は増加傾向にあり、不妊治療を受ける人へのサポートが求められています。  厚生労働省の実態調査では、働きながら不妊治療をした人のうち、一六%が両立できず退職し、一一%が両立できず不妊治療をやめ、八%が両立できず雇用形態を変えたと答えています。 もっと読む
2018-09-25 三重県議会 平成30年定例会-09月25日−20号 2500グラム未満が新生児の場合は、NICUに入って保育器で治療を受けますが、様々なリスクがその分伴うんです。  また、今回の一般質問の準備の段階で、いろいろ聞き取りをさせていただきました。複数の医療機関の関係者から聞き取ったところ、妊娠30週未満の早産児の約半数が何らかの障がいを持つ可能性があるというふうにおっしゃっていました。低出生体重児についてもそのリスクが高いとおっしゃられていました。 もっと読む