393件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東京都議会 2019-03-26 2019-03-26 平成31年予算特別委員会(第6号) 本文

また、委員長は、委員長としての果たすべき協議や調整等を一切行わず開催通告を行うのみで、自民党、共産党が欠席したまま、理事会、委員会を強行に開催した委員長は、委員長としての資格はないと判断し、委員長の不信任案の動議を行いました。  また、この議場において、我が党の議員が都民ファーストの議員に押し倒された暴行についても、今後、厳正に対処してまいります。  

香川県議会 2018-09-01 平成30年[9月定例会]文教厚生委員会[教育委員会] 本文

予算を否決するということは不信任と一緒ですから、軽々しくやる気はありません。ですから、それまでに議会行政が、お互いに知恵を出し合って、いいものをつくろう、どうやればきちんとしたものができるかということを考えていくのが、我々の知恵ではないかと思うのです。いいものをつくるには、専門家の知恵をかりる、行政でできないので議会でつくってほしいというのであれば、予算をつけてくれれば議会でつくります。  

富山県議会 2017-12-22 平成29年第9回定例会(第24日・12月22日) 本文

まず、第一に、責任を果たさない場合に起こり得ることについて申し上げておきますが、市民からのリコールによってその責任が問われること、また議会からは不信任決議によって職を辞すことが求められる可能性があるということを申し上げておきたいと思います。  その上で、政治責任としては、まず一点目として職を辞すこと、二点目として報酬を減額するなどのペナルティーをみずからに科すことがとり得ることと考えます。

富山県議会 2017-12-12 平成29年第9回定例会(第14日・12月12日) 本文

また、我々議会は市長を不信任するということで市長に対応を求めることもできます。  そういったことを我々がとるべきか、そして、そうではなくて市長が何らかの責任を自覚し、それに見合った行政上の対応を行うのか、あるいは、そういうことをとらずに自分の給料を減給する条例を出すのか、はたまた、そういうことをせずに頬かむりをして市民に再び顔を向けるのか、問われているときではないでしょうか。

富山県議会 2017-12-08 平成29年第9回定例会(第10日・12月8日) 本文

私の中では、市長に対して不信任あるいは辞職勧告、リコール等、私は考えていきたいというふうに思っておりますが、私一人では提出できるわけでもありませんので、心ある方がいれば、御賛同願いたいなというふうに考えているところでございます。  市長は、過日の質疑の中でも、今後このような災害が起きても、今回と同じような対応をするんですかという問いかけに対しては、そういう状況が来ないとわからないと。

新潟県議会 2017-09-29 平成29年  9月定例会 本会議-09月29日−一般質問−04号

また、内閣不信任案を提出するなど、強く解散を求めていました。言うなれば野党の要望も入れて、昨日の解散に至ったものと理解をしています。  しかし、この数日の野党の動きは、ただただ驚きとしか言いようがありませんでした。政権党であった最大野党が、まだ生まれていない、規約も何もない希望の党に入っていく、しかも希望の党は憲法改正をうたい、安全保障改正の際の姿勢をチェックするとも言っています。

東京都議会 2017-06-02 2017-06-02 平成29年豊洲市場移転問題に関する調査特別委員会 本文

途中、委員長不信任動議の可決、委員会条例第十三条第二項による委員会招集が行われるなど、いずれも都議会史上初めてのことであり、こうした困難な状況を乗り越え、全容解明した結果を、本日ここに調査報告書としてまとめることができました。これもひとえに上野副委員長、こいそ副委員長、酒井副委員長を初め、理事、委員の皆様方の熱心なご審議とご協力のたまものと心から感謝を申し上げる次第でございます。  

新潟県議会 2017-03-23 平成29年  2月定例会 本会議-03月23日−委員長報告、討論、採決、閉会−07号

まず、改めて附帯決議ですが、解説書等によれば、国会における内閣不信任決議など法的根拠のあるものを除き、一般的には議会または委員会における審議の対象となる案件について、付随的につけられる意見や要望とされており、政治的な効力が期待されるものであるが、法的拘束力はないなどと説明をされております。  

三重県議会 2016-12-07 平成28年定例会-12月07日−29号

◆21番(大久保孝栄) 議長不信任案について、動議を提出いたします。    〔「賛成」「程度の悪いことやめろ」「何言っとんのや」と呼ぶ者あり〕 ○議長中村進一) ただいまの動議は所定の賛成者がありますので、成立いたしました。 △休憩 ○議長中村進一) 議事整理のため、暫時休憩いたします。              

東京都議会 2016-06-08 2016-06-08 平成28年第2回定例会(第9号) 本文

このまま知事という権力の座に固執をして、不信任案でその座を追われるのか、都政史上初めてリコールされた知事という不名誉を負うのか、それともみずから潔く身を引かれるのか、どれが最も最適な選択かおわかりのはずです。  知事みずからの辞職決断を都民の思いとして強く強く求めまして、私の質問を終わります。

島根県議会 2016-05-04 平成28年5月定例会(第4日目) 本文

国におきましては、国会最終盤に野党による内閣不信任案が提出されました。これはまさに、前回の衆議院選挙時に消費税10%への引き上げを平成29年4月まで繰り延べた際、再延長は絶対しないと明言したにもかかわらず、経済情勢を消費税引き上げに耐えられるような状況にまでに回復させられなかったアベノミクスの失敗の責任を問うものでありました。

熊本県議会 2016-02-19 平成28年 2月 定例会-02月19日−05号

さらに、民主党内閣不信任決議案などを連発し、抵抗戦術に走り、まさに反対のための反対であり、昔の社会党を連想してしまいました。また、不信任決議案の採決の際に、あるタレント議員が、私たちがお葬式で必ず使う数珠を手にして何やら念仏を唱えているさまは、まさに国会への冒涜と言わざるを得ません。  1960年に改定された日米安全保障条約は正しかったと歴史が証明してくれました。

埼玉県議会 2015-10-05 平成27年  9月 定例会-10月05日−05号

地方自治法第百七十七条によれば、感染症予防のために必要な経費、例えば備蓄用タミフル、リレンザの追加購入、こういう議案が議会で否決され、再議に付しても否決された場合、知事はその議決不信任とみなして議会解散することができると思います。議会解散した場合、解散後、初めて招集された議会において、再び不信任議決がなされれば、知事はその職を失います。

長野県議会 2014-10-15 平成26年 9月定例会本会議−10月15日-09号

田中知事の時代、県政史上初となる不信任決議の際も、当時の知事の政治手法では長野県の将来が危ういという多くの県民の声を聞く中で、深慮に深慮を重ねておられた姿は余り知られておりません。政治は結果責任であるとの信条から、その後も多くを語らず、結果を受け入れ、全ての矢面に立っておられました。

徳島県議会 2014-10-02 平成26年 9月定例会-10月02日−03号

この間、国政においては新進党の誕生、二度の政権交代、県議会においては開成会の結成、徹夜議会、第十堰問題、知事の逮捕、知事不信任、そして飯泉知事の誕生と、本当に激動の二十年であったと思います。  議会においては、信念を持って舌鋒鋭く積極的に質問されるとともに、数々の実績を残されたことは、皆様からも高い評価をいただいているものと思います。  

埼玉県議会 2014-03-25 平成26年  2月 定例会-03月25日−08号

また、継続審査に係る動議の審査の途中で、委員長不信任動議が提出されました。提案者から、「委員長は、昨年九月及び十二月定例会において、第五十三号議案に関連した行政課題報告を行いたい旨の執行部の依頼を受け入れなかった。また、予備日を残しながら十分に審議を尽くさない委員会運営は残念である」との提案説明が行われ、直ちに採決いたしましたところ、提案者以外に賛成する者がなく否決されました。  

徳島県議会 2014-02-25 平成26年 2月定例会-02月25日−04号

大田知事が不信任で降板した直後は、先頭に立って刀を振り回す必要があったと思いますが、知事も就任以来十年以上がたち、円熟の境地に入っているのではないかと思っております。この十年間、知事の後ろ姿を見ていろんな体験をしながら鍛えられた優秀なスタッフが県庁にはたくさんおります。