1966件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

兵庫県議会 2019-03-13 平成31年度予算特別委員会・速報版(第10日 3月13日)

ワールドマスターズゲームズ2021関西後のゴールデン・スポーツイヤーズの先には、2,800万人の来場が想定されている大阪・関西万博が開催される。この来場者をどう兵庫に呼び込むか、大きな課題である。サテライトの設置や、海上アクセスの確保なども検討しなければならない。  また、会場に近い六甲山は大きなセールスポイントではないだろうか。

東京都議会 2019-03-13 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文

明日の神話は、折しも二〇二五年大阪万博が決定しましたが、五十五年前の大阪万博のために制作をした太陽の塔と同時に制作をされた故岡本太郎氏の最高傑作の一つといわれています。  渋谷駅とこどもの城を結ぶ岡本太郎ロードを歩くと、柵の外からでも、今にも飛び出してきそうなこどもの樹のエネルギッシュな顔を見つけることができますが、都民の皆さんがこうした作品に触れることのできない状況に残念でなりません。  

滋賀県議会 2019-03-08 平成31年 3月 8日予算特別委員会厚生・産業分科会−03月08日-01号

万博がある2025年には、健康しがを売り出す意気込みは感じられるのですけれども、滋賀県はどういうことを売りにして、この事業をしようとされているのか、内容を聞きたいと思います。 ◎片岡 労働雇用政策課長  滋賀県には、ほどほど田舎、ほどほど都会ということもありますし、働く場もあります。

福井県議会 2019-03-04 2019.03.04 平成31年予算決算特別委員会 本文

東京オリンピック、これは国家的な世界的なプロジェクトであるが、我々にとっては、むしろその5年後の大阪万博のほうが福井県にとってはいろいろなものを結びつけていく、そういう一つの大きな目標となってくるのだろうと思っている。前の大阪万博は昭和45年であるか、私このとき3歳であった。私だけうちで留守番をさせられた。あと、みんな家族中で行って、じいちゃんばあちゃんに預けられたと、そんな話を聞いたことがある。

千葉県議会 2019-02-28 平成31年_商工労働企業常任委員会(第1号) 本文 2019.02.28

これにより、ついに新駅も、電車だけに軌道に乗るということで、地元の人のみならず県民の大きな期待を背負っていくわけですけれども、東京オリンピック・パラリンピックが終わった後、工事費も落ちつくかと思いきや、今度、大阪万博が決まって、さらに人手不足や建設コストの上昇というのも予想されるわけですので、できるだけ早く駅が完成するように努めていただきたいということをお願い申し上げます。  

鹿児島県議会 2019-02-27 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4日目) 本文

六年後の二〇二五年には、大阪・関西で万博が開催されます。大阪での万博開催は二回目となります。一九七〇年─昭和四十五年─の大阪万博の後の産業・情報技術の進歩・発展は目覚ましいものがありました。二〇二五年の大阪・関西万博は、AIが主役になると思われます。新たな産業が創出される可能性もあります。  AIの導入・活用は、雇用機会が減少するのではといった懸念の声もあります。

福井県議会 2019-02-26 2019.02.26 平成31年産業常任委員会及び予算決算特別委員会産業分科会 本文

◯企画幹  空飛ぶクルマについては、具体的にいつまでということはないが、一つ考えているのは、近畿経済産業局が2025年大阪万博に合わせて空飛ぶクルマの開発を近畿圏の企業とともにやるというプロジェクトがある。空飛ぶクルマは炭素繊維で機体を軽くするというニーズがあるので、開繊技術を持っている福井県が参加する余地はあると思っている。そういった国のプロジェクトに参加しながら進めていきたいと思っている。  

福井県議会 2019-02-22 2019.02.22 平成31年第405回定例会(第4号 一般質問) 本文

北陸新幹線の県内開業、中部縦貫自動車道の全通といった高速交通インフラの整備を初めとして、東京オリンピックや大阪万博の開催など、国家プロジェクトもめじろ押しです。まさに、福井県は新しい時代を迎えると言っても過言ではなく、新年度からはそのための社会基盤整備に真剣に取り組まなければなりません。そのことを踏まえて、今次民主議会最後の質問と提言を行います。  

鳥取県議会 2019-02-01 平成31年2月定例会速報版(3/4 一般質問) 本文

それをさらに大きく推し進めるとともに、2020年の東京オリパラ、2025年の大阪万博の波に乗るためにも、観光人材の育成は急務であり、人手不足が否めない分野でもあります。県は、職業訓練をするという予算を計上していますが、その戦略をお披瀝ください。  また、いよいよサイクリングロードが平成31年度末に完成するわけでありますが、しっかりとアピールしていく必要があると考えます。

石川県議会 2018-12-18 平成30年12月18日予算委員会−12月18日-01号

◆室谷弘幸 委員  来年のラグビーワールドカップ、そして翌年には東京オリンピック・パラリンピック、そして2021年にはワールドマスターズゲームズ関西と国際的なスポーツイベントが続き、2023年には待望の北陸新幹線の県内全線開業、そして県のほっと石川観光プラン2016の目標年である2025年には偶然にも大阪万博が開催されることが決定するなど、日本にとって、また我々石川県にとって大変重要な大規模イベント

滋賀県議会 2018-12-17 平成30年12月17日環境・農水常任委員会−12月17日-01号

こだわり農業がSDGsの理念に合致しながら、SDGsの理念でつくったお米はまだどこもやっていない状況の中で、圧倒的にほかのブランド米と差別化できますし、海外に対しても積極的に発信していける大きな一つのチャンスと捉えて、もっとこの計画の中にもそういう部分を意識して出しながら、先ほどのマークもそうですけれども、そのことに取り組んだお米です、世界の環境を考えてやっていますという、滋賀県の環境だけではなく、万博

石川県議会 2018-12-13 平成30年12月第 5回定例会-12月13日-04号

二〇一五年に北陸新幹線が開業して以来、予想を上回る開業効果が続いているため、首都圏ばかりに目が行っている嫌いがありますが、今後の北陸新幹線敦賀開業や大阪万博を考えると、関西からの誘客にもさらに力を入れていくべきと考えますが、御所見を伺います。  また、特に二〇二五年の大阪万博の開催の決定は関西を経由した海外誘客の観点からも大きなトピックスだと思います。

滋賀県議会 2018-12-12 平成30年11月定例会議(第16号〜第22号)−12月12日-06号

敦賀開業を控え、(仮称)北梅田駅開業や2025年に大阪万博が開催されることが先日決定されました。今後、関西地方に国内外からの注目がされていくと考えております。  これを好機として捉え、県内のみならず、隣接自治体など広域でインバウンドを核とした湖西地域の交流人口の増加を検討していく必要があると考えますが、知事の見解をお伺いします。  

滋賀県議会 2018-12-11 平成30年11月定例会議(第16号〜第22号)−12月11日-05号

さらに、グリーン・イノベーション分野においても、本県企業や大学などが持つ技術が府県間を越えて新しいイノベーションの創出につながることが期待される点や、2025年の万博開催を契機に、関西各地域の持つポテンシャルがしっかり生かされ、結果が発揮されるよう、ビジョンの実現に向けて取り組みを進めていただきたいと考えます。  

富山県議会 2018-12-11 2018.12.11 平成30年経営企画委員会

また、今後、オリンピックやパラリンピック、または万博などが日本で開催されますことから、外国人のビジネスジェット機を利用した訪問客もふえると考えております。  今ほどこうした状況に対応しまして、もっと富山県で受け入れたほうがいいのではないかということでございますが、実際中央の国際空港においても、十分な受け入れが難しくなるのではないかと考えております。