運営者 Bitlet 姉妹サービス
1811件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-19 東京都議会 2018-12-19 平成30年第4回定例会(第18号) 本文 二 風しんの感染拡大防止に向けて、予防啓発活動やワクチン接種費用の助成等、総合的な取組の強化に努められたい。  三 待機児童解消のため、潜在的な保育の需要を把握し、必要な保育所の整備を支援されたい。また、保育サービスの定員の拡充及び保育人材の確保と質の向上に努め、子育て環境の整備に取り組まれたい。  四 認証保育所や定期利用保育事業等の大都市特有の保育サービスの充実に努められたい。 もっと読む
2018-12-19 石川県議会 平成30年12月19日厚生文教委員会-12月19日-01号 3の県の対応ですが、インフルエンザの流行シーズンに入りましたことから、改めて市町や医療機関のほか、庁内関係部局を通じてそれぞれの関係団体に対しての注意喚起の通知を発出するとともに、県民の皆様にも県ホームページや報道機関の協力を得ながら流行状況の情報提供や、手洗いなどの徹底による感染予防をはじめ、咳エチケット等による感染拡大防止、インフルエンザワクチンの予防接種などについて注意喚起を行っているところです もっと読む
2018-12-14 福井県議会 2018.12.14 平成30年予算決算特別委員会 本文 39歳以上の男性、56歳以上の女性はワクチン接種の機会がなく、また、28歳以上では接種機会が1回であったため、十分な免疫を持つ割合が少ないからである。妊婦、特に妊娠初期の女性が風疹にかかると、胎児が風疹ウイルスに感染をして、白内障や難聴、心臓の病気などを持った先天性風疹症候群を発症するおそれがある。   もっと読む
2018-12-11 石川県議会 平成30年12月第 5回定例会−12月11日-03号 また、妊娠中はワクチンを接種できないため、国では妊娠を希望する女性や妊婦の同居家族らに重点的に抗体検査を呼びかけ、免疫力の低い人にはワクチン接種を勧めておりますが、本県での風疹感染の状況と対応策についてお伺いをいたします。  また、喫緊の課題として県として東京オリンピック・パラリンピックの開催にも影響しないように国に対して働きかけていただきたいと考えますが、御所見をお伺いをいたします。   もっと読む
2018-12-11 富山県議会 2018.12.11 平成30年厚生環境委員会 こうした中、県ではインフルエンザ対策といたしまして、11月にインフルエンザ対策連絡会議を開催しまして、今シーズンの流行状況や医療体制等の確認や情報共有、関係機関の連携強化を行うとともに、ワクチンの供給等につきまして不足はない状況であることを確認し、また医療機関に対しましては、ワクチンの供給状況や流行状況について、適宜適切に情報提供するとともに、県民の皆様に対しまして、手洗い、せきエチケット等の励行につきまして もっと読む
2018-10-03 北海道議会 平成30年第3回予算特別委員会第2分科会−10月03日-03号 かつて、我が国においては豚コレラが全国的に蔓延していましたが、飼養衛生管理の向上及び我が国で開発された生ワクチンの普及により、2007年に清浄化を達成したところであります。  豚コレラは、豚やイノシシが感染する病気で、国内で豚コレラが確認されたのは、1992年12月の熊本県以来、26年ぶりであります。  豚コレラの確認の経緯や、その後の処分までの一連の対応をどのように把握しているのか。 もっと読む
2018-09-27 東京都議会 2018-09-27 平成30年第3回定例会(第13号) 本文 また、中小企業が東南アジアで製造業者に生産を委託する場合や、サービス業者と代理店契約を結ぶ取り組みへの支援も実施しているところでございます。  中小企業が取引をさらに拡大するため、現地に営業所などを設ける動きも進んできております。  今後、中小企業のこうした海外での積極的な事業展開に対する支援の充実を検討してまいります。   もっと読む
2018-09-25 石川県議会 平成30年 9月25日厚生文教委員会-09月25日-01号 先般、報道にありましたように、金沢市内の公立小学校に勤務する教諭が、県内の18歳未満の少女に裸の写真を撮影させ、自身のスマートフォンに送信させたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の容疑で逮捕される事案が発生しました。  このような違法行為は、教職員としてあるまじき行為であり、まことに遺憾です。  当該教諭については、現在、服務監督権者である金沢市教育委員会が本人から事情聴取を行っています。 もっと読む
2018-09-25 福島県議会 平成30年  9月 定例会-09月25日−一般質問及び質疑(一般)−04号 30代から50代の特に男性にワクチン抗体が少ないと指摘され、妊娠している女性が風疹にかかると、出生児に先天性心疾患、難聴、白内障などの障がいを引き起こすことから、厚労省も注意を喚起しています。  2回のワクチン接種が必要ですが、ワクチン費用が1万円前後と高額のため、接種をためらう傾向にあります。   もっと読む
2018-09-21 茨城県議会 平成30年予算特別委員会  本文 開催日:2018.09.21 まだ調査は途中でございますけれども,現段階において,野菜のカットや皮むきなどの1次加工業,あるいはジャム製造業,製麺業など100社を超える事業者から,加工受注が可能との回答を得ているところでございます。   もっと読む
2018-06-29 福島県議会 平成30年  6月 定例会-06月29日−一般質問及び質疑(一般)−05号 例えばすばらしい業績を上げている日本酒の蔵元、しょうゆ醸造元、牛乳、ヨーグルト製造をしている製造業、菓子製造業等、働き手を十分に確保できていない状況にあると伺っております。  それに対応するため、私の思い、私案ですが、例えば農業高校においては醸造や発酵について学ぶ学科を新設するとか、科目名の変更を検討をすべきであり、社会の変化に柔軟に対応する必要があると考えます。 もっと読む
2018-06-29 京都府議会 2018.06.29 平成30年6月定例会(第5号)  本文 舞鶴市内には日本板硝子、ジャパンマリンユナイテッド、エナミ精機などの製造業の立地。また、綾部市周辺には京セラ、オムロン、グンゼ、カルビー等の工場が、福知山市にはSECカーボン、GSユアサ等の企業が立地。京都市内には、島津製作所、大日本スクリーン、村田製作所、堀場製作所、ニチコン等の本社や工場があります。 もっと読む
2018-06-28 福島県議会 平成30年  6月 定例会-06月28日−一般質問及び質疑(一般)−04号 ワクチン接種によりウイルスの感染を防ぐことで予防できると言われていますが、予防接種による副反応の発生が否定できないことから、厚生労働省では予防接種の積極的勧奨を一時的に控えている状況にあります。  このような中、若い世代の子宮頸がんの重症化や死亡を減らしていくためには、がん検診による早期発見は重要であります。 もっと読む
2018-06-18 群馬県議会 平成30年 第2回 定例会-06月18日-05号 次に、こども未来部、健康福祉部及び病院局関係については、東部児童相談所の移転整備に係る地元との協議について、HACCPの啓発について、子宮頸がん予防ワクチンについて、アスベスト対策について、発達障害児の早期発見とその後の支援について、住宅宿泊事業への対応について、精神障害者の公共交通に関する補助について、国民健康保険の現状と広域化後の運営方針について、国民健康保険税の収納対策について、地域医療構想と もっと読む
2018-06-01 群馬県議会 平成30年 第2回 定例会-06月01日-03号 さらに、大量に飼育する技術、それから、人工飼料製造技術、こういった技術を持っております。このため、この技術を活かしまして、診断薬や化粧品などに使用する有用物質生産や、高機能シルク、例えば光る生糸の生産など、新しい産業や分野に参入した事業者との共同研究を行っているところであります。 もっと読む
2018-05-31 群馬県議会 平成30年 第2回 定例会−05月31日-02号 住宅用地から産業用地へ用途変更した全体面積で47.9ヘクタールありますが、このうち平成22年度の最初に見直しした37.5ヘクタールについて、現在までに食品加工業や機械製造業など13社に18.4ヘクタールの分譲を行い、これまでに10社が既に操業を開始しているところでございます。 もっと読む
2018-03-15 東京都議会 2018-03-15 平成30年予算特別委員会(第4号) 本文 144 ◯藤田産業労働局長 都は、中小の製造業による医療機器の開発が早期に実用化に結びつくよう、日本橋にサポート拠点を設け、医学関連情報の提供や製品の特許取得に関する専門相談を実施しております。   もっと読む
2018-03-14 茨城県議会 平成30年保健福祉常任委員会  本文 開催日:2018.03.14 右側備考欄2番目の薬事指導費につきましては,医薬品や医療機器等の有効性,安全性の確保及び毒物劇物の危害発生防止を図るため,関係法令の規定に基づき,医薬品等製造業や薬局,医薬品販売業,毒物劇物営業者等の許認可及び監視指導等を行うための経費でございます。   もっと読む
2018-03-12 愛媛県議会 平成30年環境保健福祉委員会( 3月12日) 金融から製造販売までビッグデータを利用してという中で、資料の方でも、もうちょっとしたらAI、ビッグデータを使って、人の手術なんかもAIがするようになったら、先ほど越智委員からありました医師不足にも役に立つのかなというふうにも考えております。   もっと読む
2018-03-02 熊本県議会 平成30年 2月 定例会-03月02日−03号 今回の解禁で、海外企業も製造、販売が可能となると、海外展開を行う県内企業にとって、経営環境が大きく変わるとの不安につながります。利用料を支払うと採算が合わない、ライバル商品との競争が厳しくなる、海外で粗悪品が大量に出回り、くまモンのブランド価値が下がるとの声も聞かれます。   もっと読む