1429件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東京都議会 2019-06-12 2019-06-12 令和元年第2回定例会(第11号)(速報版) 本文

改正案には、ペットショップなどに対する犬猫のマイクロチップ装着の義務化、生後五十六日を経ない犬猫の販売禁止、飼育施設での繁殖回数に関する数値規制などの内容が盛り込まれています。  今回の改正案の柱の一つは、マイクロチップの装着であります。これは、大地震など震災時に保護された犬猫の飼い主や、犬猫の盗難防止にも役立つとされております。

東京都議会 2019-03-18 2019-03-18 平成31年総務委員会 本文

都は、自助、共助の推進として、昨年三月に作成をした防災ブックである「東京くらし防災」の活用を推進するため、来年度は、子育て世帯向け、高齢者向け、ペットのいる世帯向けなど、新たに「東京くらし防災」を対象別に一部編集、アレンジし、普及啓発を強化するとのことであります。  

茨城県議会 2019-03-14 平成31年保健福祉医療常任委員会  本文 開催日: 2019-03-14

それから,後半戦につきましては,御存じのとおり平成24年から,舘委員それから下路委員,それから安藤副委員長も参戦しまして,ペットの条例が検討をされ始めまして,間もなく政調会のPTとして,舘委員が座長として活躍され,平成28年12月28日に議員立法で,「茨城県犬猫殺処分ゼロを目指す条例」が制定されたということで,この作業に私,獣医師としてかかわれたことにつきましては,本当に達成感を味わせていただきましてありがとうございました

石川県議会 2019-03-13 平成31年 3月13日総務企画県民委員会-03月13日-01号

具体的には、1つ目として避難所運営の実践をテーマに資格取得1年目の初任者を対象に、実際の災害を想定し、避難所の平面図に要配慮者やペット連れなどさまざまな避難者の事情を考慮した適切な配置や避難生活に欠かせない物干し場あるいは炊き出し場、仮設トイレの設置場所などを検討していただくとともに、避難所で発生するさまざまな出来事やトラブルへの対処方法について意見を出し合って取りまとめていただくなど、少人数での図上演習

滋賀県議会 2019-03-08 平成31年 3月 8日厚生・産業常任委員会−03月08日-01号

◎望月 商工政策課長  経済界は総じて皆さんおっしゃっていただいておりますが、例えばSDGs宣言をされている企業で言いますと、滋賀銀行を初め、たねや、滋賀トヨペットなど、そういった大企業も中小企業も含めてされているところです。 ◆生田邦夫 委員  主にやっているのは金融関係です。金融関係においては行き詰まりといいますか、金利も低いし経営実態がよくありません。

兵庫県議会 2019-03-07 平成31年度予算特別委員会・速報版(第7日 3月 7日)

私自身も、これまで捕獲した鹿やイノシシのジビエの利用やペットフードへの活用に加え、健康補助食品というかサプリメントなどの新たな利用を提案してきたところである。  県では、平成30年3月に、県、市町、事業者でコンソーシアムを構成し、但馬、播磨、淡路において、国のジビエ倍増モデル整備事業にも取り組んでこられ、ようやく県下一円で処理頭数の増加に向けた基盤が整いつつある。  

福井県議会 2019-03-04 2019.03.04 平成31年予算決算特別委員会 本文

それで、県内における関心の高さであるが、報道等によると昨年7月、福井市内のペットショップでは、安易な飼育放棄につながるということで生体販売を中止したと聞いている。大変これも進展してすばらしいことだと私は思う。ドイツの民法で、動物は物ではないとしっかりと明記されている。動物は物ではない。ちなみに、日本の動物愛護法にも命あるものと明記されているのはご存じであると思う。

群馬県議会 2019-02-25 平成31年 第1回 定例会-02月25日-03号

(川原武男健康福祉部長 登壇) ◆安孫子哲 議員 健康福祉部長には、現在問題となっているペット、特に犬、猫の飼養について何点か伺います。  先日、野良猫ですが、猫によるふん尿の被害の苦情、猫による車への傷、さらには、畑で猫がふん尿をするがために作物がとれないなどの苦情を受けて、前橋市内7箇所を視察させていただきました。非常に猫があちらこちらにいて、そして、猫の管理ができていない。

兵庫県議会 2019-02-21 平成31年 2月第343回定例会(第4日 2月21日)

本県では、動物の愛護及び管理に関する条例に基づいて動物愛護対策を強力に推進され、犬猫の殺処分数は、平成24年度5,044頭から平成29年度1,305頭と減少はしているものの、動物虐待事案や多頭飼育の事例などペット動物への無責任な取扱が散見されております。  多頭飼育については、猫の保護活動をしているボランティア団体から多頭飼育の問題点や多くの事例を伺っております。  

鹿児島県議会 2019-02-19 2019-02-19 平成31年第1回定例会 目次

EPA対策の効果と今後に向けた取組      ・「攻めの農業」に向けた本県の具体的取組      ・中山間地域における「攻めの農業」の推進     川内原子力防災訓練      ・警戒事態の情報伝達とオフサイトセンター立ち上げ手順の評価と課題      ・初の訓練対象となった幼稚園や高校での訓練評価と課題      ・車での自主避難者への検査・除染、安定ヨウ素剤配布の考え      ・避難所におけるペット

兵庫県議会 2019-02-12 平成31年建設常任委員会( 2月12日)

○住宅管理課長(山田剛之)  ペットを飼っていたという事案である。 ○(2 閉会中の継続調査事件)  「交通基盤等の整備について」を議題とし、「公共交通・航空ネットワークの整備・推進」について、交通政策課長及び空港政策課長の説明を聴取した。          (主      な      発      言) ○(向山好一委員)  ① 昨年12月、関西3空港懇談会が開催された。

千葉県議会 2019-02-01 平成31年2月定例会 予算委員会目次

201    交通事故対策について…………………………………………………………………………… 203    児童相談所について……………………………………………………………………………… 204 3.小路正和委員(自由民主党)の質疑並びに当局の応答………………………………………… 205    オリンピック関連レガシーづくりについて…………………………………………………… 205    高齢者のペット

鳥取県議会 2019-02-01 平成31年2月定例会速報版(2/28 一般質問) 本文

また、本県の動物愛護推進計画におきましても、動物の返還促進のための施策といたしまして、マイクロチップなどによる所有者明示の重要性について、普及啓発を進めることとしておりまして、今月の県政だよりにも、特集の人とペットの災害対策の中でも、マイクロチップの御紹介をしているところでございます。  

鳥取県議会 2019-02-01 平成31年2月定例会速報版(2/27 一般質問) 本文

要はペットの教育みたいなのに近いのかもしれませんけれども、ちょっとイメージが違うのですね、その日本的な子供の接し方と外国と。ですから、海外で実は普通にやられていたこと、フランス民法、ナポレオン民法とか、ドイツ民法で懲戒ということが、やはり規定をされているわけです。それを日本が民法をつくったときに、輸入して懲戒ということが日本に入ってきたというふうに言う識者もおられます。  

山梨県議会 2019-02-01 平成31年2月定例会(第2号) 本文

多くの飼い主にとって、ペットは家族同然で、人生をともにする、かけがえのない存在であります。犬猫の殺処分を限りなくゼロにしていくため、積極的に対策を講ずる必要があります。今後の取り組みについて伺います。  以上で、質問は終わらせていただきます。  なお、私事で恐縮ですが、一言つけ加えさせていただきます。  私は、本任期末をもって、県議会議員を勇退する決意をいたしております。  

愛媛県議会 2018-12-13 平成30年環境保健福祉委員会(12月13日)

県では、まず、殺処分という前に引き取り数が、他県と比べてかなり多いので、これをまず下げたいということで、終生飼養、すなわち1回飼い出したペットについては、死ぬまで適正に飼っていただきたいという呼びかけ等をまず行うとともに、もう一つは、実は、この殺処分数のほとんどを猫が占めております。

長野県議会 2018-12-12 平成30年11月定例会環境産業観光委員会−12月12日-01号

私も、前回はポートランドのお話もさせていただきましたけれども、現地を走る中で、いろいろ、なるほどなということを思いましたし、ヨーロッパに行くと、電車は、普通に自転車を乗り入れて運行しているのが当たり前だし、当然、ペット連れもいるし、もっというと障害者の方も気軽にどんどん乗っていける構造になっているのを見て、観光地づくりというのは地域づくりだとおっしゃってもらいましたけれども、そういった面は多分にあるなと