運営者 Bitlet 姉妹サービス
429件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-02-26 東京都議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文 次の時代を担う子供たちが、時代の変化に対応した教育を受ける環境を整備するため、私たちは、小学校における英語教科化に向けた専科指導教員の配置促進、プログラミング教育必修化に向けたICT環境の整備などを求めてきました。本予算案にこれらの取り組みが盛り込まれたことは重要であり、今後も実施事業の成果、課題を踏まえた積極的な展開が必要です。  時代の変化と教育内容の隔たりが大きいものの一つが、性教育です。 もっと読む
2018-12-10 福井県議会 2018.12.10 平成30年総務教育常任委員会及び予算決算特別委員会総務教育分科会 本文 パソコンのプログラミング教育が入ってきたりとか、指導要領の改訂があったりとか、物すごく小刻みである。昔はもっと長いスパンで改訂なのに、最近はもう本当に短いスパンで改訂が来る。  2年後に改訂だとわかっただけでも、学校ではそれに向けての準備、指導計画、年間計画を立てたりと、物すごい大忙し。 もっと読む
2018-12-07 滋賀県議会 平成30年11月定例会議(第16号〜第22号)−12月07日-03号 情報政策課の職員が業務担当者へのヒアリングと自動化のプログラミングを行う形で8月から9月にかけて実施した実証実験では、職員の作業時間を7割程度削減できたということでございまして、対象業務につきましては、このような大量の申請等をシステムへ転記入力する業務を中心に選定することが効果的と考えているところでございます。  7点目、RPAの導入コストに係る考え方についてでございます。   もっと読む
2018-12-03 北海道議会 平成30年第4回定例会-12月03日-03号 平成29年3月に告示された新学習指導要領では、2020年度から、小学校においてプログラミング教育が導入されると承知しております。  道内の小学校で新たに実施されることとなるプログラミング教育に関して、どのような学習が行われることになるのか、お伺いします。   もっと読む
2018-12-01 千葉県議会 平成30年12月定例会(第3日目) 本文 まずはプログラミング教育についてです。  さきの第4次産業革命の未来投資会議においても大変注目されているところでございますが、明後年より小中学校のカリキュラムに導入されるプログラミングについては、理系離れが叫ばれる昨今、子供たちの可能性を広げる上でも、また、我が国の国際競争力を高める上でも重要な課題と認識しております。 もっと読む
2018-11-30 栃木県議会 平成30年度栃木県議会第353回通常会議−11月30日-02号 このハッカソンというのはIT造語でありまして、ハック、いわゆるプログラミングに取り組むという言葉とマラソンをかけ合わせたものでございまして、エンジニア、デザイナー、プランナーなどがチームをつくって、与えられたテーマに対し、それぞれの技術やアイデアを持ち寄り、サービスやシステム、アプリケーションなどを短期間で開発し成果を競う開発イベントの一種でありまして、国内企業でも多く採用しております。 もっと読む
2018-11-26 富山県議会 2018.11.26 平成30年決算特別委員会 加えて、プログラミング教育が新たに入ってまいりました。このように小学校段階から専門的知識を持った専門教員を確保する必要が出てきているわけでありますけれども、非常に大変なことだなと改めて思っております。これについてどのように取り組むのか、英語専科、あるいはプログラミング教育専科の教員確保について考えを伺います。 もっと読む
2018-11-07 茨城県議会 平成30年文教警察常任委員会  本文 開催日:2018.11.07 その1つがプログラミングとかいろいろ言いますけれども,スキルだと思います。  そういう中で知事が変わって,県の新しい総合計画ができました。ですから,私たち教育としても,その総合計画と同じ方向性を持ってともに頑張って,茨城を何とかしよう,その中で子どもたちを育てよう。  地元に貢献する子どもだけではないかもしれない。世界で活躍するかもしれない。 もっと読む
2018-11-01 富山県議会 平成30年11月定例会 一般質問 この考え方は、その後策定された27年度、3年前、県の教育大綱などにも引き継がれておりまして、県立高校では、こうした理念を根底に置いて、第4次産業革命の進展等を見据えたICT環境の整備とプログラミング教育の推進、また、グローバル社会で活躍できる人間の育成、ふるさとについて学び、理解を深め、誇りと愛着を育むふるさと教育、そのほか、アクティブ・ラーニングとか、ライフプラン教育とか、こういった取り組みを積極的 もっと読む
2018-10-30 東京都議会 2018-10-30 平成30年文教委員会 本文 まず最初に、プログラミング教育について質問させていただきたいと思っております。  私も先日、プログラミング教育を行っている現場に行ってまいりました。小学校六年生の子供たちが四人で一グループになって、外部の事業者ですかね、その方がそこについてプログラミング教育を行っておりました。   もっと読む
2018-10-30 石川県議会 平成30年10月30日決算特別委員会−10月30日-01号 7、産業界と連携したプログラミング教育の推進については、新学習指導要領においてプログラミング教育の実施が盛り込まれたことを踏まえ、児童生徒の興味、関心を高めるため、地元産業界等に御協力をいただき、小中高等学校の児童生徒を対象に、パソコンやゲームを作成するプログラミング体験教室を開催したものです。   もっと読む
2018-10-26 東京都議会 2018-10-26 平成29年度各会計決算特別委員会第3分科会(第6号) 本文 さらに、就職に向けました企業説明会の会場内において、製品検査やプログラミングなど実際の業務を体験していただく体験コーナーつき合同企業説明会を三回実施いたしまして、延べ九十九人に参加いただいております。 もっと読む
2018-10-23 愛媛県議会 平成30年スポーツ文教警察委員会(10月23日) 次に、平成32年度から小学校において必修化されるプログラミング教育について御説明いたします。  新学習指導要領では、小学校において、文字入力など基本的な操作を習得するとともに、問題解決型の思考であるプログラミング的思考を育成することが示されました。   もっと読む
2018-10-19 茨城県議会 平成30年決算特別委員会  本文 開催日:2018.10.19 また,プログラミングの指導に対する外部講師ということもあったりしますけれども,今後の人件費の方向性について,今,所見があれば最後に伺って終わりたいと思います。 ◯村田財務課長 委員おっしゃったように,県予算の23%,そして人件費は89%,相当な割合を占めてございます。 もっと読む
2018-10-10 茨城県議会 平成30年総務企画常任委員会  本文 開催日:2018.10.10 左下のトライアル移住の実施,IT企業等の開発合宿の誘致でございますけれども,東京圏の企業と連携しまして,試験的に社員の移住と本県での勤務を実証するとともに,本県の良好な勤務環境を生かしまして,短期集中的にプログラミング開発等を行う合宿を誘致するものです。   もっと読む
2018-10-09 北海道議会 平成30年第13回文教委員会会議録−10月09日-01号 ◆(川澄委員) 次に、プログラミング教育について伺いたいと思います。新たな学習指導要領の中で導入するプログラミング教育についてでありますが、これは教科というわけではなくて、取り組むという形で配当時数が明示されていないわけであります。   もっと読む
2018-10-02 長野県議会 平成30年 9月定例会本会議-10月02日-02号 そういったデジタル社会の大海原に送り出すためにも、確かにプログラミング等の先端技術の指導も必要ではありますが、一方、人としてのあるべき姿や、AIには理解できない人間的な感性を磨くリベラルアーツ等の教育の必要性が一層高まっていると感じます。   もっと読む
2018-09-27 滋賀県議会 平成30年 9月定例会議(第9号〜第15号)−09月27日-03号 また、道徳の教科化、プログラミング学習の導入も始まり、その研修は既に始まっています。このような現状の中、何点かに絞って質問をさせていただきたいと思います。  まず初めに、県教育委員会の取り組みについてです。  平成28年度から調査、報告や会議、説明会の廃止や簡素化などに取り組んでいますが、まず、平成28年度には57件の廃止、簡素化、見直しが行われました。 もっと読む
2018-09-27 富山県議会 2018.09.27 平成30年教育警務委員会 薮田委員 私からは、プログラミング教育についての質問をさせていただきたいと思います。   もっと読む
2018-09-25 石川県議会 平成30年 9月25日厚生文教委員会-09月25日-01号 3つ目のコンテストについてですが、2階の会議室において今年度もプログラミングコンテストを開催し、専門高校9校12チームの生徒がプログラミング技術の正確さとスピードを競うこととしています。  そのほか、一番下の囲みにありますように今回新たに中学生のためのさんフェア見学ツアーを実施し、高校生が中学生と一緒に会場を回りながら専門高校の魅力をアピールすることとしました。   もっと読む