1634件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

岡山県議会 2021-06-24 06月24日-05号

多くの方は,企業などに雇われて働くことを思い浮かべると思います。通常一般企業雇用されれば,その働き方は経営者法人出資形態によっては株主の意向に強く左右されます。高齢者就職氷河期世代出産育児世代女性障害者など,働く上で様々な配慮が必要な人たち,言い換えれば社会的弱者である方々は,一般企業労働の場から敬遠される傾向にあります。

大分県議会 2021-06-22 06月22日-03号

本県自動車関連産業は、ダイハツ九州の中津市進出を契機に、大分自動車関連企業会を立ち上げ、メーカー等支援を受けながら産業集積を図り発展してきました。 企業会による金型保全技術者養成講座の卒業生は延べ156社182人に達しました。また、大分産業創造機構に設置した自動車関連産業支援プロジェクトチームの直近5年間の支援数延べ239社に上ります。

香川県議会 2021-06-04 令和3年6月定例会(第4日) 本文

ツーブロックの髪が見つかったら丸刈りにされる、下着の色を白と決め、下着をチェックされたなど、いわゆるブラック校則の見直しを求める声が全国に広がっています。子供たちからは、「自分の持ち物を調べられるのは囚人のようで嫌、教師不信になる」などの声が寄せられていますが、本県での小・中学校、高校での現状教育長はどのように受け止めておられますか。  

滋賀県議会 2021-05-25 令和 3年 5月25日琵琶湖・CO2ネットゼロ対策特別委員会−05月25日-01号

具体的には既にマザーレイクゴールズチャンネルということでユーチューブ、フェイスブックなどでの展開を進めておりますけれども、先ほど、この資料の1−3の裏面のところに、賛同いただいた企業皆さんがそれぞれに発信をしていただいているということもあります。

北海道議会 2021-03-24 令和3年第5回保健福祉委員会会議録−03月24日-01号

次に、災害医療体制としては、災害拠点病院を整備して災害医療に対応するとともに、被災地域医療機関において医療提供が困難となった場合に、被災地域外への患者搬送を行うとの御答弁をされましたが、しかしながら、平成30年度の胆振東部地震では、全道全域ブラックアウトになったこともありました。

北海道議会 2021-03-17 令和3年第1回予算特別委員会第3分科会−03月17日-02号

また、来年度から道民の森などで推進いたします、森林を活用したワーケーションに取り組んでいただく企業などに対しまして木育取組を広くPRいたしまして、企業版ふるさと納税制度を活用した木育マイスターの活動への協賛をお願いしていきますなど、木育の裾野を広げ、北海道の森林や林業・木材産業をより多くの方々に応援していただけるよう取り組んでまいる考えでございます。  以上でございます。

鹿児島県議会 2021-03-16 2021-03-16 令和3年産業観光経済委員会 本文

県としても、内水面資源の保護・培養を図ることは重要なことと認識していますことから、これまでの県内水面漁連等が実施しているブラックバスなどの外来魚カワウ被害対策への助成に加え、令和三年度は、新たにアユの産卵場造成や、関係者が連携して行うクロコ、ニホンウナギの稚魚でございます、クロコ放流に対しても、内水面資源保全対策事業により助成することとしております。  以上で説明を終わります。

北海道議会 2021-03-11 令和3年第1回定例会-03月11日-06号

こうした観点から、道内企業における役員や管理職として、企業意思決定に関わることが極めて重要と考えますが、道の認識を伺います。  なぜ管理職女性登用が進んでいないのか。残念なことに、道は、いまだその理由を調べていないようであります。つまり、道内企業女性活躍推進はスタートラインにもついておりません。  

佐賀県議会 2021-03-10 令和3年文教厚生常任委員会 本文 開催日:2021年03月10日

誘致企業でございますとか、国会議員の事務所ですとか、県人会の方とか、いろんな方とお会いできて、本当に楽しい一年でございました。  政策部長を経まして、最後のこの一年はまさにコロナ対応に追われた年になりました。コロナ以外の分野になかなか時間を取ることができずに、そういったところの担当職員には迷惑をかけたんじゃないかというふうに、ちょっとそこは心苦しい思いもしております。  

北海道議会 2021-03-10 令和3年第1回定例会-03月10日-05号

このことは、新たな産業の創出といった、側面だけではなく、企業においても環境に配慮した取組がさらに加速することが見込まれ、今後の企業誘致企業立地選定においても、CSR―企業社会的責任観点から、CO2フリーといった地域環境性などが企業進出の大きな動機になっていくものと予想されます。  

北海道議会 2021-03-04 令和3年第1回定例会-03月04日-02号

道は、感染症対策影響で厳しい経営を強いられた企業方々に対する支援にも取り組んでまいりましたが、集中対策期間が昨年11月以来、約3か月も続いており、企業経営雇用に深刻な影響が生じております。道民の多くが、依然として収束の見通しの立たない新型コロナウイルス感染症と苦闘しつつ、先の見えない状況に不安を募らせております。