1449件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

岡山県議会 2028-12-03 12月03日-02号

次に,中小企業・小規模事業所の事業承継についてお尋ねいたします。 民間の調査では,県内企業の6割超が後継者不在となっています。中小企業等の経営者は,高齢の方が多く,早目に手を打たなければ廃業が広がって企業の生産力や地域経済の衰退を招くおそれがあり,円滑な事業承継は喫緊の課題であります。県は,昨年,「岡山県事業承継ネットワーク」を立ち上げ,中小企業等の事業承継を進めています。

宮崎県議会 2023-09-13 09月13日-03号

昨年経験したブラックアウトを今後回避するために、唯一の避難所である中学校に整備した、再生可能エネルギーを活用した停電時の電源確保システムは立派でした。地方自治の原点を見た思いであります。 さて、この20年間の日本経済は正しく機能していません。この20年間、全く経済成長しなかった国が日本だけだと言われます。 この20年間ずっとデフレが続いてきましたが、国民貧困化も進行しています。

岡山県議会 2022-12-13 12月13日-07号

教員不足については,少子化による志願者減,好調な民間企業の業績,教職のブラック職場化などが指摘されています。 そこで,教育長にお尋ねします。 過去5年間の教員採用試験の志願者数と倍率の推移,採用辞退者数について御答弁ください。 教育岡山の復活には,指導力や教授力を持ち,熱意と人間力を兼ね備えた教員の力が不可欠であります。優秀な人材確保に向けた教育長の意気込みと対応策をあわせてお聞かせください。

岡山県議会 2021-09-19 09月19日-04号

次に,ブドウについてでありますが,お話のとおり,国内外においてシャインマスカットに対する需要が高い一方で,市場では,全国的に黒系ブドウの栽培面積が減少する中,ピオーネの安定供給や県オリジナル品種のオーロラブラック供給拡大などを求める意見があります。

宮崎県議会 2020-09-12 09月12日-02号

当時の県内企業の景況感につきましては、「日銀短観業況判断D.I.」や、県が実施した企業動向アンケートを見ますと、県内中小企業を含む企業の業況感は、消費税率引き上げ前には上昇傾向にありましたが、消費税率引き上げ後には下降に転じ、一進一退があるものの、約2年にわたり低い傾向で推移しました。 今回の増税に関しましては、これまでの引き上げ時の状況も踏まえ、さまざまな対策が講じられると認識しております。 

熊本県議会 2020-06-12 06月12日-02号

これまで、県では、ブライト企業の認定やよかボス宣言の推進など、働きやすい環境整備や奨学金返還等支援制度の創設による若者の県内定着推進などに取り組んできました。 また、中山間地域を初めとした農林水産業の担い手確保対策や新たな補助制度による県下全域での企業誘致といった取り組みも進めています。 さらに、今年度から新たに、東京圏からのUIJターンを促進する移住支援事業などにも取り組みます。 

石川県議会 2020-03-13 令和 2年 3月13日予算委員会-03月13日-01号

職員の多忙化の原因は、言うまでもなく教職員の数に比べてその業務量が多過ぎることでありますが、先般、私も出席をしていた会議の中で田中教育長は「教員労働環境ブラックそのもの。小中学校教員不足や産休、育休、病休の教員に代わる非正規教員が足りないことなどがその主な理由」と発言されてました。  

福井県議会 2020-03-11 令和2年予算決算特別委員会 本文 2020-03-11

人手不足は大手企業に限らず、地元経済を支える中小零細企業ではさらに深刻で、平成29年に県が行ったアンケート調査によると、60歳以上の経営者の4割が後継者が未定、また後継者問題により廃業を検討と回答している。こういう状況において、高校生が卒業後に地元に就職し定着してもらうことが中小企業の人手不足解消や事業承継の人材確保のためにも非常に重要である。  

島根県議会 2020-03-10 令和2年_文教厚生委員会(3月10日)  本文

高校分につきましては、1)の地域と連携した探究学習インターンシップ、2)の大学企業と連携した先駆的な取り組みを支援してまいります。小・中学校分につきましては、ふるさと教育の取り組みをこれまでどおり支援するとともに、2)ではキャリアパスポートという教材を活用し、ふるさと教育のさらなる取り組みの強化を図ります。

茨城県議会 2020-03-09 令和2年第1回定例会(第6号) 本文 開催日: 2020-03-09

こうした状況に,日立市は,地元製造業の9割が中小企業だが,大企業の動向が事業所数の減少に大きく影響し,日立市の人口は約3万人,製造業の従事者は約2万人減少していると述べています。  大企業の再編リストラに飲み込まれ,廃業となる中小事業所が顕在化していることに対して,県は何も手を打たないのか。

茨城県議会 2020-03-06 令和2年第1回定例会(第5号) 本文 開催日: 2020-03-06

次に,小規模企業の支援についてお伺いいたします。  日本の全企業数のうち,99.7%は中小企業であり,中でも小規模企業が大半を占めております。本県でも,県内企業数の9割近くが小規模企業であり,町工場や家族経営の商店などさまざまでありますが,県内の産業や県民の生活を支えております。  

青森県議会 2020-03-05 令和2年第301回定例会(第4号)  本文 開催日: 2020-03-05

今、全国でブラック校則が問題になっています。県内でもよく聞くのは、何のために存在しているのか分からない校則があまりにも多いという声です。  もとより校則は、アンタッチャブルな存在ではありません。文部科学省が出している生徒指導提要には、校則の内容は、社会通念に照らして合理的と見られる範囲内で定めるとし、絶えず積極的に見直さなければならないと明記されています。

石川県議会 2020-02-28 令和 2年 2月第 1回定例会−02月28日-02号

ICT技術の活用により生産性向上を図ろうという動きは企業に広く浸透しています。  県では一昨年度から人手不足の解消の対策の一つとして、生産性向上に向けたAI・IoTの導入支援を打ち出しています。企業の関心が高まる中、AI・IoTの導入は着実に進めている企業がある一方で、今後導入を検討するという企業も依然として多く、その企業の状況に応じたきめ細かな支援はまだまだ必要であります。

神奈川県議会 2020-02-25 02月25日-06号

初めに、いわゆるブラック校則校則の見直しについて伺います。  まず、いわゆるブラック校則についてです。  私たちは、校則など学校教育に関しては、本来、各学校主体性に委ねるべきと考えています。しかし、これをあえて取り上げるのは、子供人権侵害に当たる事案が存在するため、言及せざるを得ないからです。  

京都府議会 2020-02-02 令和2年文化・教育常任委員会2月定例会2日目[ 配付資料 ]

非正規労働の拡大  │ │が、正規雇用労働条件も悪化させ、いわゆる「ブラック企業」がまんえんしている。低賃金・長時間労働青年の生活悪化をもた  │ │らし、奨学金返済がそれに拍車をかけていることは重大である。                                │ │ また、アルバイトに追われ、学業に専念できない学生も数多くいる。