運営者 Bitlet 姉妹サービス
883件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 二〇四〇年代を目指した都市づくりのグランドデザインでは、移動の利便性について鉄道ネットワークを生かすとともに、バスやタクシー、デマンド交通、自転車などの交通モードを組み合わせまして、駅を中心とした誰もが移動しやすい交通環境を充実するとしております。   もっと読む
2019-03-04 福井県議会 2019.03.04 平成31年予算決算特別委員会 本文 これからも人口減少、高齢化が進展する中で、フィーダーバスとかデマンドバス、さまざまな工夫を凝らしながら、高齢者や児童、学生などの移動手段を確保することがぜひとも必要であり、これまで以上に車に頼り過ぎない社会づくりの推進をいろんな技術や情報を最大限使って対応していくことが大きな方向かなと、こんなふうに思っている。 ◯井ノ部委員  知事の認識はわかった。 もっと読む
2019-02-08 福岡県議会 平成31年2月定例会(第8日) 本文 本県は、市町村域を越えたコミュニティーバスの広域運行や高齢者の自宅近くまで送迎するデマンド交通、住民ボランティアによる地域コミュニティー運送に対する支援など、交通手段の多様化にも取り組んでおり、生活交通の維持確保のために、引き続き、地域の実情を踏まえた支援を行ってまいりますとの回答を得ています。 もっと読む
2018-12-17 滋賀県議会 平成30年12月17日県民生活・土木交通常任委員会−12月17日-01号 ◎田原 文化振興課長  希望が丘文化公園の財団から提案いただいた中身を見ますと、例えば、デマンド管理による最大電力の抑制や、管理の中でも直営でできるところは直営でする、あるいは、シルバー人材センターに委託できるところは委託するなどによって、経費の縮減が図れたと理解しております。 もっと読む
2018-12-09 福岡県議会 平成30年12月定例会(第9日) 本文 こうしたことから、市町村におきましては、コミュニティーバス、デマンド交通、福祉タクシーなど、それぞれの地域の実情に応じて高齢者の移動手段を確保するさまざまな取り組みを実施されております。 もっと読む
2018-12-05 山口県議会 平成 30年11月定例会-12月05日−04号 また、誰もが利用しやすい公共交通を実現するため、公共交通機関のバリアフリー化等、利便性の向上を支援するとともに、中山間地域等における交通手段の確保のため、デマンド型乗合タクシー等、地域の実情に応じた公共交通の導入、運行を支援しているところです。   もっと読む
2018-12-05 栃木県議会 平成30年度栃木県議会第353回通常会議-12月05日-04号 今回の地域共助型生活交通というシステムは、公共交通の中でも最も低廉に運営ができるシステムだと思いますが、これまでのバスやデマンド交通に選択肢の一つとして加えることによって、地域の実情に応じて適切に組み合わせることでカバー率の向上を図っていくことが重要だと思っております。   もっと読む
2018-12-04 山口県議会 平成 30年11月定例会-12月04日−03号 そこで、有効な手段としてデマンド交通への運行などへの、地域コミュニティー交通に対する助成制度の拡充がますます求められていると思います。   もっと読む
2018-12-03 大分県議会 平成30年 第4回定例会(12月)-12月03日−02号 市町村の周辺部においては、バス事業者によるバス路線の維持が困難となり、市町村が運行するコミュニティバスやデマンドタクシーに代替する地域が増えています。  鉄道路線では、本年3月にJR九州が実施したダイヤ改正によって、過去最大規模の運行削減が行われ、県内でも38本が減便されました。 もっと読む
2018-11-30 群馬県議会 平成30年 第3回 定例会-11月30日-08号 また、公共交通が運行されていない地域では、デマンドバス、あるいはデマンドタクシーなどの予約や相乗りのマッチングにIT技術を活用することで運行効率が向上して導入しやすくなることや、将来自動運転が実用化されれば、これまで導入が難しかった地域にも路線バスなどが運行できるようになることから、この導入についても検討しておるところでございます。 もっと読む
2018-11-07 茨城県議会 平成30年総務企画常任委員会  本文 開催日:2018.11.07 この事業につきましては,従来,市町村が自家用有償旅客運送,NPOとか地域のボランティアなどが行う場合の支援ということでやっておったのですが,より取り組みを進めるために,今年度から新たに市町村のほうでデマンドタクシーなどのコミュニティ交通を導入する場合の費用を支援するような形で,対象を拡充したところでございます。   もっと読む
2018-11-01 富山県議会 平成30年11月定例会 代表質問 例えば、議員御指摘の公共交通不便地域の利便性の確保としまして、市町村やNPOが運行されていますコミュニティバス、あるいはデマンド型交通の導入への支援ですとか、また拠点駅の機能強化として、昨日、開業した石動駅の新駅舎と南北自由通路の整備ですとか、富山駅の高架化の整備の推進、また広域周遊観光ルートの充実としまして、新幹線駅からの2次交通確保のため、アルペンライナーとか、わくライナー、世界遺産バスの運行、 もっと読む
2018-10-24 群馬県議会 平成30年第3回定例会決算特別委員会-10月24日-01号 交通弱者対策が切実に求められている中、市町村が運行するデマンドバスやデマンドタクシーの導入促進を図るべきだったのではないでしょうか。これまでの補助ではまったく足りないと考えるが、いかがでしょうか。 もっと読む
2018-10-18 青森県議会 平成29年度決算特別委員会(第4号)  本文 開催日: 2018-10-18 デマンドバス、デマンドタクシーと、最近ではこの言葉も浸透しています。時代とともに高齢化社会ということなのでしょうか、高齢者が車の免許もなく、商店街に買い物に行こうにも足がなく、地域の人々はお互いに声をかけ合い、商店街に行く車があれば便乗してまちまで乗せていってもらうのですが、若者も少なく、ちょうどよくまちに出る車もない、そのときにこのデマンドバスがあることはとても助かるわけです。 もっと読む
2018-10-11 栃木県議会 平成30年度栃木県議会第352回通常会議-10月11日-05号 また、とちぎ創生に取り組み4年目を迎えながらも、人口の県外転出増に歯どめがかからず、今後も少子高齢化が進む現状に、利用者の減少からバス路線の廃止や、デマンド交通の普及拡大に伴う公費負担の増大等により、財政難の自治体は、交通空白地を抱える中、国の地域内フィーダー系統補助が近年著しく減少している状況は、過日の会派代表質問で松井正一議員が指摘したところです。   もっと読む
2018-10-10 栃木県議会 平成30年10月議会運営委員会(平成30年度)-10月10日-01号 また、とちぎ創生に取り組むも、人口の県外転出増に歯どめがかからず、今後も少子高齢化が進む現状に、利用者の減少からバス路線の廃止やデマンド交通の普及拡大に伴う公費負担の増大等により財政難の自治体は交通空白地を抱える中、国の地域内フィーダー系統補助は年々著しく減少しております。   もっと読む
2018-10-10 群馬県議会 平成30年 第3回 定例会-10月10日-05号 人口減少が進み、交通量が顕著に減っている地域であり、今後、さらに莫大な税金を投入して高規格道路をつくるよりも、コミュニティバスやデマンドタクシーなど、公共交通の拡充へ回すべきであります。  次に、請願についてです。  厚生文化第28号は、受動喫煙の防止に関する健康増進法についての請願ですが、要するに、税金を使って喫煙環境を整えてほしいというものです。 もっと読む
2018-10-10 滋賀県議会 平成30年10月10日地方創生・しがブランド推進対策特別委員会−10月10日-01号 山間地で過疎化が進んでくると、路線バスは通らないですし、大津市でも山間部の路線バスは廃止されて、デマンドタクシーになっている状況です。  今の若い人に住んでもらおうと思ったら、光ファイバーを引かないと住まないのです。 もっと読む
2018-10-09 長野県議会 平成30年 9月定例会本会議-10月09日-06号 市町村単位では、デマンド交通等の政策を立ち上げ、独自のバスやタクシーを動かしています。移動のための足を必要とする皆さんにとって、同一市町村内ではそれで利便性が図られますが、問題は、市町村の境を越えると途端に大きな不便さを強いられる場合があることです。ほかにも、高校生の通学手段として複数の自治体をまたぐ地域バスへの期待も困難になります。   もっと読む
2018-10-04 群馬県議会 平成30年第3回定例会弱者・高齢者対策特別委員会-10月04日-01号 それ以降、ボランティアの協力もあったと思うが、バス会社の御理解をいただきながら、いわゆるデマンドバスが根付いてきたのではないか。太田のデマンドバスを利用している私の親戚からも、慣れたら便利という声を聞いている。  県内の地域で差はあると思うが、デマンドバスの状況はどうか。 もっと読む