890件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

群馬県議会 2019-03-12 平成31年 第1回 定例会-03月12日-06号

運転免許返納者が年々増加していく現状を踏まえ、デマンドバスの利便性の向上や、シニアカートの購入補助制度の導入に向けた検討を行うなど、運転免許返納後の交通手段確保の取組を進めること。また、運転免許の返納に際し、各地域での申請受理を可能とするなど、更なる利便性の向上に取り組むこと。あわせて、シニアカート利用時に自宅から円滑に外出できるよう、住宅のバリアフリー工事に関する支援制度の周知に努めること。  

福井県議会 2019-03-04 2019.03.04 平成31年予算決算特別委員会 本文

これからも人口減少、高齢化が進展する中で、フィーダーバスとかデマンドバス、さまざまな工夫を凝らしながら、高齢者や児童、学生などの移動手段を確保することがぜひとも必要であり、これまで以上に車に頼り過ぎない社会づくりの推進をいろんな技術や情報を最大限使って対応していくことが大きな方向かなと、こんなふうに思っている。 ◯井ノ部委員  知事の認識はわかった。

福井県議会 2019-02-21 2019.02.21 平成31年第405回定例会(第3号 一般質問) 本文

現実的にはデマンドバスや乗り合いタクシーの運行、NPO等による自家用有償旅客運送、地域の助け合いなど、交通対策全体として考えていかなければなりません。  農山村など交通不便地域の状況についての認識と取り組みの方向性、県内外で取り組まれている事例、そして、県の支援策を伺います。  3点目は、空き家対策についてです。都市部でも農村部でも空き家がふえています。

千葉県議会 2019-02-04 平成31年2月定例会(第4日目) 本文

県内では40市町が独自にコミュバスを、18市町がデマンドタクシーを走らせていますが、財政事情が苦しく県に財政支援を求めている自治体もあります。関東では、埼玉、茨城、栃木、群馬、山梨、東京など、ほとんどの県が市町村の運営するコミュバスに補助を出し、県も一体で公共交通の充実に努力しています。ところが、千葉県はいつまでたっても助言、アドバイスだけ。

鳥取県議会 2019-02-01 平成31年2月定例会速報版(2/27 一般質問) 本文

これにつきましては、評判としては、例えば女子生徒など、家に帰るのに夜遅くなると心配もあるわけでございますけれども、このデマンド型の支線で安心して通えるようになるというようなことの声が聞こえてくるなど、やはり地域にとって一つのメリットのある形になったのではないかなと思います。これについては、実は赤字幅が縮小されるという形で設計されています。

滋賀県議会 2018-12-17 平成30年12月17日県民生活・土木交通常任委員会−12月17日-01号

◎田原 文化振興課長  希望が丘文化公園の財団から提案いただいた中身を見ますと、例えば、デマンド管理による最大電力の抑制や、管理の中でも直営でできるところは直営でする、あるいは、シルバー人材センターに委託できるところは委託するなどによって、経費の縮減が図れたと理解しております。

千葉県議会 2018-12-07 平成30年12月定例会(第7日目) 本文

また、それを補完するために、地域のニーズに応じてコミュニティバスやデマンド交通の運行が拡大されています。代表質問では、地域公共交通機関に対する住民の意見を十分聴取し、交通政策に反映することを要望しましたが、本日は千葉県内の自治体において、どのような形で住民意見が反映されているか、体制や実施状況について確認させていただきます。  ここで質問します。  

山口県議会 2018-12-05 平成 30年11月定例会-12月05日−04号

また、誰もが利用しやすい公共交通を実現するため、公共交通機関のバリアフリー化等、利便性の向上を支援するとともに、中山間地域等における交通手段の確保のため、デマンド型乗合タクシー等、地域の実情に応じた公共交通の導入、運行を支援しているところです。  

栃木県議会 2018-12-05 平成30年度栃木県議会第353回通常会議-12月05日-04号

今回の地域共助型生活交通というシステムは、公共交通の中でも最も低廉に運営ができるシステムだと思いますが、これまでのバスやデマンド交通に選択肢の一つとして加えることによって、地域の実情に応じて適切に組み合わせることでカバー率の向上を図っていくことが重要だと思っております。  

大分県議会 2018-12-03 平成30年 第4回定例会(12月)-12月03日−02号

市町村の周辺部においては、バス事業者によるバス路線の維持が困難となり、市町村が運行するコミュニティバスやデマンドタクシーに代替する地域が増えています。  鉄道路線では、本年3月にJR九州が実施したダイヤ改正によって、過去最大規模の運行削減が行われ、県内でも38本が減便されました。

千葉県議会 2018-12-02 平成30年12月定例会(第2日目) 本文

また、バスについては、地域のニーズに応じてコミュニティバスやデマンド交通の運行が拡大しております。平成28年度末において34市12町でコミュニティバスが249系統、デマンド交通が29運行され、このような取り組みも公共交通の維持・確保に必要と考えます。  そこで伺います。地域公共交通の維持・確保に向けて、県はどう取り組んでいるのか。  

群馬県議会 2018-11-30 平成30年 第3回 定例会-11月30日-08号

また、公共交通が運行されていない地域では、デマンドバス、あるいはデマンドタクシーなどの予約や相乗りのマッチングにIT技術を活用することで運行効率が向上して導入しやすくなることや、将来自動運転が実用化されれば、これまで導入が難しかった地域にも路線バスなどが運行できるようになることから、この導入についても検討しておるところでございます。

茨城県議会 2018-11-07 平成30年総務企画常任委員会  本文 開催日:2018.11.07

この事業につきましては,従来,市町村が自家用有償旅客運送,NPOとか地域のボランティアなどが行う場合の支援ということでやっておったのですが,より取り組みを進めるために,今年度から新たに市町村のほうでデマンドタクシーなどのコミュニティ交通を導入する場合の費用を支援するような形で,対象を拡充したところでございます。  

鳥取県議会 2018-11-01 平成30年11月定例会(第4号) 本文

これは2年ほど実は我々もいろいろとございまして、例えばこれもいろんな交通政策の一環で多里のところはデマンドバス運行をする。もちろん町営バスもありまして、ショッピングセンターとかそういうのも含めた町営バスも複合するのですけれども、それとプラスアルファの1.5往復分、朝とそれから午後出て夕方多里へ帰っていく。

富山県議会 2018-11-01 平成30年11月定例会 代表質問

例えば、議員御指摘の公共交通不便地域の利便性の確保としまして、市町村やNPOが運行されていますコミュニティバス、あるいはデマンド型交通の導入への支援ですとか、また拠点駅の機能強化として、昨日、開業した石動駅の新駅舎と南北自由通路の整備ですとか、富山駅の高架化の整備の推進、また広域周遊観光ルートの充実としまして、新幹線駅からの2次交通確保のため、アルペンライナーとか、わくライナー、世界遺産バスの運行、

鳥取県議会 2018-11-01 平成30年11月定例会(第6号) 本文

また、さまざまな地域の問題を管理する中でも、例えば交通の手段ですね、これなども鳥取大学と国の内閣府の事業なども入れて県もかかわって、そういう供用をしてバス、バスといってもタクシー型のデマンドタクシーのようなバスを動かす、こんなことを大山のほうでさせていただいたものを貨客混載だとか次のビジネスにつなげて、できるだけ所得が得られるようにならないかと動いていったり、新しい先端的な技術を導入して、月光ドリル