1279件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 同様に、ICTを活用した学習においても、児童生徒がそれぞれの習熟の程度に応じた個別学習ができ、電子黒板やタブレットなどを有効に活用している学校もございます。   もっと読む
2019-03-13 東京都議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文 そこで、この商店街の店舗のレジには、〇〇ペイという、このスマホ決済事業者のQRコードが掲示をされていらっしゃいまして、さらに、複数のスマホ決済事業者に対応できるタブレットが備えられているわけでございまして、その一台のタブレットで、この店側のQRコードを提示をしたり、そして、お客様のQRコードを読み込んだりできるようになっているわけでございます。   もっと読む
2019-03-13 滋賀県議会 平成31年 3月13日行財政・働き方改革特別委員会−03月13日-01号 休憩宣告  11時03分 再開宣告  11時04分 2 県庁における働き方改革の取組について (1)当局説明  村井行政経営企画室長、保田人事委員会事務局次長、中村人事課長 (2)質疑、意見等 ◆竹村健 委員  県庁における健康経営計画(案)に全庁的なペーパーレス化の推進が書かれており、具体的な取り組み内容としてはタブレット端末等を活用するとなっておりますが、今、どのような状況ですか。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日文教・警察常任委員会-03月07日-01号 今後、滋賀県としてもこの先進事例を参考にしながら、例えばカメラを設置してWi-Fiで飛ばして、それを入院生徒がタブレット端末で見るといったことができないかを研究し、その後、実証研究、そして本格導入という流れを考えています。  2点目の文部科学省の事業につきましては、滋賀県には病気によって長期入院している生徒は高校生が8名と把握しております。 もっと読む
2019-02-28 沖縄県議会 公共交通ネットワーク特別委員会記録 平成31年 第 2 回 定例会第 1 号 (休憩中に、事務局から9月定例会以降の委員会資料のペーパーレス化    及びタブレット持参を案内するとともに委員長了承のもと委員会視察    調査報告書の議会ホームページへの掲載による情報公開を推進してい    くことを報告し、各委員の了承を得た。) 〇玉城満委員長 再開いたします。  以上で、予定の議題は全て終了いたしました。   もっと読む
2019-02-28 沖縄県議会 経済労働委員会記録 平成31年 第 2 回 定例会第 1 号 (休憩中に、事務局から9月定例会以降の委員会資料のペーパーレス化及びタブレット持参を案内するとともに、委員長了承のもと委員会視察調査報告書の議会ホームページへの掲載による情報公開を推進していくことを報告し、各委員の了承を得た。) 〇瑞慶覧功委員長 再開いたします。  以上で、予定の議題は全て終了いたしました。 委員の皆さん、大変御苦労さまでした。   もっと読む
2019-02-28 沖縄県議会 総務企画委員会記録 平成31年 第 2 回 定例会第 1 号 (休憩中に、事務局から9月定例会以降の委員会資料のペーパーレス化及びタブレット持参を案内するとともに、委員長了承のもと委員会視察調査報告書の議会ホームページへの掲載による情報公開を推進していくことを報告し、各委員の了承を得た。) ○渡久地修委員長 再開いたします。 以上で、予定の議題は全て終了いたしました。  委員の皆さん、大変御苦労さまでした。   もっと読む
2019-02-26 東京都議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文 次に、介護職場におけるICTの活用についてでありますが、都は現在、訪問介護事業所における業務の効率化を図るため、介護記録の作成に要するタブレット端末等の導入を支援しております。 もっと読む
2019-02-01 山梨県議会 平成31年2月定例会(第4号) 本文 全救急車五十台にタブレット端末を配備し、病院の受け入れ態勢がリアルタイムでわかる、いわゆる情報の見える化をすることによって、搬送時間の短縮が図られています。また、クラウドの利用により、年間四千万円のコストダウンを実現しました。蓄積したさまざまなデータを、交通事故の多い道路の改善など、医療分野だけでなく、さまざまな施策の検討に活用するとのことです。   もっと読む
2019-02-01 山梨県議会 平成31年2月定例会(第5号) 本文 そこでは、子供たちが端末やクラウドサービスを活用し、「タブレットでどんな街をつくるのか」をテーマとして、子供たちの主体的な取り組みが展開されておりました。   もっと読む
2018-12-19 東京都議会 2018-12-19 平成30年第4回定例会(第18号) 本文 都は、平成二十七年より、私立学校に対してタブレット端末や無線LAN等の利用環境の整備促進のため、ICT教育環境整備補助を実施していますが、学校現場からの需要は依然として高い状況にあります。  私立学校の児童生徒の学習理解促進に向けて、今後とも、引き続きICT教育環境の積極的な支援を行っていくことを強く求めます。  以上、都政には解決すべきさまざまな重要な課題が数多く横たわっております。   もっと読む
2018-12-19 石川県議会 平成30年12月19日総務企画県民委員会-12月19日-01号 3のその他にあるとおり、外国のお客様にも能楽をわかりやすく観賞していただくため、今年度から新たにタブレット機器を導入して、英語による解説を実施することとしています。 ②森ひかる選手、宇山芽紅選手への石川県スポーツ特別賞の贈呈について  県2ページをお開き願います。   もっと読む
2018-12-18 石川県議会 平成30年12月18日予算委員会−12月18日-01号 ◎片岡穣 健康福祉部長  近年、保育の現場におきましても、例えば従来手書きをしていた保育に関する記録の作成ですとか、また児童の出欠の把握、こういったものをタブレット端末で行うなどICT機器の導入が進んでおります。導入支援について、国の補助制度が設けられているところでございます。   もっと読む
2018-12-18 滋賀県議会 平成30年12月18日行財政・働き方改革特別委員会−12月18日-01号 ◎森中 総務部管理監  在宅勤務の件ですけれども、インターネット環境がある人であれば、一定のセキュリティーを確保した上で申請していただき、自宅のパソコンやスマホ、タブレットでリモート接続できるようになっています。  それについては、職場のパソコンのログオン・ログオフと同じであり、管理職はその時間を把握しますので、ログオンがあれば職員に確認を行います。 もっと読む
2018-12-13 愛知県議会 2018.12.13 平成30年総務県民委員会 本文 来年2月中旬に実施予定の訓練の中で、システムの特色の一つであるタブレットやスマートフォンから直接物資を災害対策本部へ要請できる機能に関する訓練を実施することで、職員の習熟を図っていく。 もっと読む
2018-12-13 石川県議会 平成30年12月第 5回定例会-12月13日-04号 我が国警察に係る制度や手続のわかりやすさの確保につきましては、例えば遺失・拾得物の届け出書類の記載事項について外国語で説明した資料を警察署等の窓口に整備するとともに、外国語翻訳用タブレット端末の活用や外国からの観光客が多数訪れるイベント等の警備における外国語能力を有する警察職員の配置などを通じまして、外国人観光客とのコミュニケーションの円滑化に取り組んでいるところでございます。   もっと読む
2018-12-12 北海道議会 平成30年第16回文教委員会会議録−12月12日-01号 例えば、タブレットによるタイムカードです。その出退勤時の打刻のほか、スクールネット、パソコンによる出退勤時の打刻など、いろいろな作業の負担感について単純に聞きました。  その結果、全く問題ないであるとか、かなり問題があるとか、いろいろな意見をいただきましたので、私なりに、意見をまとめて数字を出しました。   もっと読む
2018-12-11 福井県議会 2018.12.11 平成30年厚生常任委員会及び予算決算特別委員会厚生分科会 本文 それを解消していくために、今後、音声ガイドやタブレットとかを導入するとか、展示方法もよりわかりやすいように見直していくとか、そういったことをやっていければということを今考えているところである。  それから、教育旅行については、我々も非常に重要なものだと認識している。 もっと読む
2018-12-11 長野県議会 平成30年11月定例会文教企業委員会-12月11日-01号 したがって、授業がどんなふうになっていくかというのはまだこれからの話ですけれども、当然、対面をする授業とともに、やはり通信制のよさを使うためにはEdTech等も含めた、そういったタブレットを使った授業であったり、既に可能であるけれどもテレビ放送、ネット視聴の授業も含めた中で、最適なものを検討していきたいと思っている次第です。 ◆花岡賢一 委員 わかりました。 もっと読む
2018-12-10 福井県議会 2018.12.10 平成30年総務教育常任委員会及び予算決算特別委員会総務教育分科会 本文 タブレットでやると生徒たちは、できる生徒でもなかなか話せない生徒もいるということもわかった。そういうことを全部含めて試行させていただいて、決まるとなればもちろん1年前とか2年前とかいうふうにやって、生徒たちがタブレットで話せるようにすることも当然練習しなければいけないだろうと思っている。 もっと読む