321件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福井県議会 2019-07-09 2019.07.09 令和元年第407回定例会(第4号 一般質問) 本文

令和3年1月に実施されます大学入学共通テストに活用される資格検定試験は、前年となる令和2年の──現役生であれば高校3年生ですが、高校3年の4月から12月に受検した成績が反映されるということが決定しております。大学入試の方式が変わっても中学生に直ちに影響があるとは思っておりません。

兵庫県議会 2019-02-26 平成31年 2月第343回定例会(第7日 2月26日)

来年度は北播磨県民局や周辺ゴルフ場と連携したインバウンド向けゴルフツーリズムの推進による集客力の向上に加えまして、新たな利用者の拡大に向けて、一つには、新入社員等初心者向けゴルフ教室の実施、二つには、ジュニアを含めた新規テニススクール生の開拓、三つには、若者に人気の高い、フットサルコートの整備検討を進めますほか、天候が厳しい2月等につきましては、グラウンド・ゴルフ場を休業しておりますので、その期間

長野県議会 2019-02-13 平成31年 2月定例会本会議-02月13日-01号

消防防災ヘリコプターの痛ましい事故から間もなく2年を迎えます。改めてお亡くなりになられた隊員の御冥福をお祈りし、二度とこのような事故を起こすまいとの強い決意で消防防災航空隊の体制強化に取り組みます。安全運航管理幹の配置やダブルパイロット制の導入など、安全性を高める努力をこれまでも進めてまいりましたが、今年1月に航空指導幹として操縦士1名を採用し、操縦士を育成するための体制を整えました。

愛媛県議会 2018-12-13 平成30年スポーツ文教警察委員会(12月13日)

県民文化会館におきましては、財団職員の方で、防災管理者等の必要な資格を持っております。 ○(明比昭治委員) 大きな施設ではほとんどが、危険物の管理、保安や電気設備などの資格を持つ者を置かなければならないので、その点、指定管理者が持つものと、もう一つ、外部に委託するという方法もあるんだろうと思うんですけれども、そのあたりで問題がないかだけは、もう一度チェックをしておいてください。

大分県議会 2018-12-03 平成30年 第4回定例会(12月)-12月03日−02号

◎牧敏弘防災局長 ただいま中央防災会議作業部会の骨子案に対する対応、そして豊後水道海底スロースリップ現象について御質問いただきました。  まず、中央防災会議作業部会の骨子に対する対応です。南海トラフ地震の発生の可能性が平常時より高まっていると判断された場合の避難の在り方など、防災対応に関する骨子案が先月13日に公表されたところです。

愛媛県議会 2018-09-26 平成30年第359回定例会(第5号 9月26日)

ことしの福井国体における本県の目標については、岩手県国体開催の翌年にえひめ国体で残した成績、天皇杯14位を上回る13位に設定し、選手強化に対する支援を継続するなど、将来にわたって全国上位の成績を残せるよう努めておりまして、ことし8月のインターハイにおいても、過去最高の58件で入賞を果たすなど、ジュニア世代も確実に力をつけてきております。  

香川県議会 2018-09-01 平成30年[9月定例会]文教厚生委員会[教育委員会] 本文

成長期にある生徒が、運動、食事、休養及び睡眠のバランスのとれた生活を送ることができるよう、スポーツ医・科学の観点からのジュニア期におけるスポーツ活動時間に関する研究というのもございますが、そうしたものも踏まえ、発達の段階に応じて、中学校高等学校、それぞれで休養日や活動時間を設定することにしております。  

石川県議会 2018-06-06 平成30年 5月第 3回定例会−06月06日-03号

さらに今回新たに、最新の機器を活用した運動能力測定会とふだん体験することが少ないスポーツなども含めて一堂に紹介するスポーツ見本市を一体的に開催することにより、有望なジュニア選手を発掘・育成するいしかわジュニアアスリート発掘事業や、アスリートの県内就職と競技継続を支援するいしかわアスリートキャリアサポート事業に取り組む予算を本議会にお諮りしているところであります。

香川県議会 2018-06-01 平成30年[6月定例会]文教厚生委員会[教育委員会] 本文

基本的な考え方といたしまして、技術戦術がより高度化、専門化している近年の競技スポーツにおきまして、トップレベル競技力を身につけるためには、ジュニア期から才能のある選手を発掘し、トップレベルに至るまで一貫指導システムのもとで計画的に育成していくことが重要でございます。

愛媛県議会 2018-03-13 平成30年文教警察委員会( 3月13日)

12は、実践モデル地域による防災教育等の研究のほか、学校防災アドバイザーの派遣、各学校防災管理担当者研修会等、学校防災力の強化を図るための経費でございます。  13は、県立学校の総合的な防災力の向上を図り、教職員防災士として養成するための経費でございます。  14は、地域住民による子供たちの見守り活動など、地域ぐるみで子供たちの安全を守る体制づくりを充実させるための経費でございます。  

兵庫県議会 2018-03-13 平成30年度予算特別委員会(第9日 3月13日)

そこで提案だが、自然学校が今後一層の役割を担っていくためにも、更なる工夫として、自然学校防災教育の要素を取り入れてはどうか。  阪神・淡路大震災を経験した兵庫県は、防災先進県として、県民挙げて防災減災活動や防災教育に積極的に取り組んできた。最近では、毎日の暮らしやアウトドアでの遊びを通して、ふだんから防災に役立つ経験や知識を積み重ねる防災アウトドアに取り組む家庭も増えてきている。  

長野県議会 2018-03-08 平成30年 2月定例会文教企業委員会−03月08日-01号

教育長さんの議案説明にもありましたように、そのことによって文化財防災対策等検討委員会の立ち上げや検討の中で、災害時等に備えたマニュアルの策定や資機材の整備などの体制づくりに多大な手間ひまをおかけすることになりました。県内の貴重な文化財が後世にしっかり引き継がれるように、よろしくお願いいたしたいと思います。  それでは質問をさせていただきます。

高知県議会 2018-03-08 平成30年  2月 定例会(第343回)-03月08日−07号

そのような中、国は非公共事業ながら、新規の事業として農業水路等長寿命化・防災減災事業を組み立て、200億円を政府予算として概算決定しております。この事業は、きめ細やかな長寿命化対策と機動的な防災減災対策を主な内容としており、小さな改良区の多い本県にとって大変ありがたい事業であると考えます。

福島県議会 2018-03-05 平成30年  2月 定例会-03月05日−一般質問及び質疑(一般)−07号

自分のような団塊ジュニアである40代がまさに後継ぎ世代でありますが、多くは地元を離れ、既に仕事と家庭があり、Uターンすることにちゅうちょしている状況であります。こうした後継者不足に悩む事業者が多いことから、事業承継について対策を進め、本県産業の根幹を支えている中小企業を守っていかなければいけません。  そこで、県は中小企業の後継者対策にどのように取り組んでいくのかお尋ねいたします。  

高知県議会 2018-03-02 平成30年  2月 定例会(第343回)-03月02日−03号

そのため共通テストでは、記述式問題の導入や英語技能評価のために資格検定試験の活用も予定されています。  2018年は、共通テストの最初の受験生となる生徒が高校に入学する重要な年となります。そして、11月には大学を会場とした本番に近い形で試行調査、すなわちプレテストの実施が予定されています。  

愛媛県議会 2018-03-02 平成30年第356回定例会(第5号 3月 2日)

  森 高 康 行   ―――――――――― 〇欠席議員 なし   ―――――――――― 〇欠  員 2名   ―――――――――― 〇出席理事者  知事          中 村 時 広  副知事         上 甲 俊 史  副知事         原   昌 史  公営企業管理者     俊 野 健 治  総務部長        門 田 泰 広  企画振興部長      西 本 牧 史  防災安全統括部長