31件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

福岡県議会 2016-09-08 平成28年9月定例会(第8日) 本文

さて、CCRCの本家であるアメリカでは、防犯上の理由から、原則として塀に囲まれたゲーテッドコミュニティーに裕福な高齢者だけが居住するという、裕福なお年寄りをターゲットにしたビジネスモデルといった趣が強いということです。この本家アメリカのCCRCの考え方をいち早く取り入れた例が、本県にもありました。ことし二月、NHKで紹介されたので、ごらんになった方も多いと思います。

鳥取県議会 2016-09-01 平成28年9月定例会(第9号) 本文

地方においてそうした芸術文化の大切さを説いた、その1人はゲーテではないかと私は思っています。ゲーテがその書籍の中で述べておられますけれども、ドイツがほかの国と比べてすばらしいのは、どこの地域に行っても図書館だとか劇場だとかいうものがある。さらにどこにでも美術館というものがある。こういう地域における文化芸術の輝きがあるのがドイツのすばらしさだというふうに言っています。

鳥取県議会 2016-05-01 平成28年5月定例会(第7号) 本文

これは歴史上も語られていることであり、約200年前、ゲーテがこういうように述べておられるのです。ドイツという国のすばらしいのは、国民文化が均等にどこにでもあることだ。現実にもたしか70を超えるような大学が全国にあったり、それから20以上の公共図書館があったり、さらに美術館博物館は無数にある。これがドイツのすばらしいところだというふうに言っていたのです。

高知県議会 2015-07-02 平成27年  6月 定例会(第332回)-07月02日−03号

健康で働いている研究者とその家族高知市、南国市、香美市、香南市などのゲーテッドコミュニティーやマンション型の居住地に入居していただき、エリアに子供の声が聞こえるCCRCが実現すれば、他に類を見ない政府研究機関誘致と研究者タウン型CCRCが実現するのではと考えます。

鳥取県議会 2015-06-01 平成27年6月定例会(第8号) 本文

ゲーテも言いますけれども、階段を上る一歩先、一歩先と上を見るからこそ人間というのは上へ向かって動いていくということを言っているわけでありますが、私たちも非常に厳しい社会経済情勢はある中でもさらに上を目指していくことが、それが原動力となって地方創生なり元気づくりにつながっていくものだというふうに考えております。

鳥取県議会 2015-02-01 平成27年2月定例会(第10号) 本文

「涙とともにパンを食べた者でなければ、人生の味はわからない」とゲーテが言っているように、私どもにとっては一つのレッスンであったというふうに考えたわけでございます。  実はこういうような意味というのは、伊藤美都夫議員も県庁時代にも長くされていたのではないかなと思い起こします。非常に難しい中で農業を引っ張ってこられました。

大分県議会 2014-03-06 平成26年 第1回定例会(3月)-03月06日−04号

鉄血宰相ビスマルクの地、また、ゲーテ、そして音楽では、バッハ、ヘンデル、そして、にせものではないベートーベン、そして、哲学で言えば、カント、ショーペン・ハウエル、そしてまた、ニーチェ、そういう地に訪れたんだな、はるかかなたの地に訪れたなという感慨を持ちまして、心躍動するものがございました。  

山形県議会 2012-12-11 平成24年 12月 予算特別委員会(第360号)-12月11日−01号

◆矢吹栄修委員 九月議会のときに教育長ゲーテの言葉を引きまして、「人は愛する人からしか学ばない」というすばらしい言葉、私、感動いたしました。その愛される先生というのは、やっぱり人生に指針を与える先生だと思いますし、曲がった指針を与える先生では子供が曲がってしまいますので、そのためにそういった確固たる教育というものをぜひ確立していただきたい。

山形県議会 2012-09-27 平成24年  9月 予算特別委員会(第359号)-09月27日−02号

ゲーテが言ったという言葉なんですけれども、「人間は愛する人からしか学ばない」ということがあるそうです。敬愛する先生、ですから、尊敬する先生であれば自然と子供たちも意欲を出して学んでいくのかなと、それに応えるような教員を育てていくことが我々の努めであるのかなと思っているところです。 ○小野幸作委員長 鈴木委員。

福島県議会 2011-12-20 平成23年 12月 定例会-12月20日−一般質問及び質疑(一般)−06号

ゲーテは、「カイコは、糸を紡ぐにつれ、だんだん死に近づいていくが、それでも糸を紡がずにはいられないのだ。」と述べ、トルストイは「人間が幸せであるために避けることのできない条件は勤労である。」と看破しています。マスコミ報道によると、34歳以下の若い世帯の半数以上がもとの住んでいた場所に戻る気はないと考えているとのことですが、これは子供たちの安全・安心の確保だけが理由ではないと思います。  

山梨県議会 2011-11-01 平成23年11月定例会(第1号) 本文

「涙とともにパンを食べた者でなければ人生の味はわからない」、これはゲーテの言葉ですが、苦しい経験をした人でなければ、人生の本当の意味合いはわからないと説いた金言だと思います。まさに私の政治人生そのもののように思います。  また、政治一筋に何事も全力投球でしてまいりました私は、今、自省の意味を込めて、「過ぎたるはなお及ばざるがごとし」と感じ入っております。  

鳥取県議会 2009-11-01 平成21年11月定例会(第7号) 本文

国力とか国益にかかわるのではないかというのも、私も同感でありまして、かつて文豪ゲーテ地方自治ということ、地方分権というものを称賛する際に引き合いに出して語っておられたのは、結局ドイツという国がすばらしい国なのはなぜかと、それはそれぞれの地域図書館だとか、芸術を愛する人たちのためのホールだとか、劇場だとか、大学だとか、そういうものが各地にあるからだと。

埼玉県議会 2008-10-03 平成20年  9月 定例会-10月03日−06号

文豪ゲーテに、このような言葉があります。「私たちは財貨を失っても取り戻せる。名誉を失っても取り戻せる。しかし勇気を失うと人生の終わりだ」と。知事、厳しい時代だからこそ、勇気を持って世直し、人づくりを行うべく、新しい国づくりを行いましょう。政治家には、将来構想と夢が必要です。是非、私たち埼玉県民の大きな夢を実現させるべく、上田知事、他に先駆けて力強くその第一歩を踏み出していただきたいと思います。

鹿児島県議会 2007-09-27 2007-09-27 平成19年第3回定例会(第3日目) 本文

さらに「青年は教えられることより刺激されることを欲する」というのはゲーテの言葉であります。教育長には、教育現場閉塞感を変革できるような人材確保をお願いいたします。  最後に、我が党は、新内閣発足を前に自民党と政策協議をいたしました。負担増の問題、格差是正の問題、地方活性化に向けた問題など我が党の主張をいたしました。  

山梨県議会 2005-11-01 平成17年11月定例会(第4号) 本文

「ただの一日は間違いと失敗にすぎぬが、それが積み重なって、ある期間になれば、結果や成功がもたらされる」とはゲーテの言葉でありますが、私も将来、過去を振り返ってみて、「二〇〇五年十二月某日、渡辺正志が始めた小さな取り組みが、今日につながっている」ということとなるように、本年も最後の一日まで、山梨発展に全力を尽くしたいと思う気持ちを抱きながら、以下、質問に入ります。  

福井県議会 2005-03-02 2005.03.02 平成17年第342回定例会(第3号 一般質問) 本文

だから、やはり大学は、ゲーテが言うように「リベラルアート」としての大学であって、そして医療福祉社会的共通資本という考え方をしなければ、私は2030年の福井県コンパクトシティを目指す福井県としては、僕は乗り切れないと思うんです。そういう面において、そこはしっかり福井県なりの考えが欲しい。  

広島県議会 2002-03-11 2002-03-11 平成13年度予算特別委員会(第2日) 本文

ゲーテでもそうでした。そのドイツの後進性の中で国際性が生まれたのだと私は思っています。ベートーヴェンがイタリアと一体化しようと思ってイタリアオペラのような曲をつくったら、それは模倣であって国際性ではなかったのではないか。  あとは、美術館がペイできるかできないかという問題が一つあります。

  • 1
  • 2