運営者 Bitlet 姉妹サービス
2839件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-13 滋賀県議会 平成31年 3月13日琵琶湖対策特別委員会−03月13日-01号 水草につきましては、琵琶湖環境部で所管していますので、しっかり関係課連携し、情報を共有しながら進めていきたい考えています。 ◆西村久子 委員  有用微生物入り有機特殊肥料については、いいものをつくっていただいた思います。農政水産部でこれをどう評価されるのか聞きたい思います。結構な値段だ思います。わずかな量でこれだけの値段をつけるのは、それだけ効果がある期待します。 もっと読む
2018-12-13 石川県議会 平成30年12月第 5回定例会-12月13日-04号 参加した小中学生からは「命の大切、避難の大切がわかった」、「万が一地震が起きたとき、きょう体験したことが役立ちそう」などの感想があったところでございます。  小中学生の段階からこうした訓練に参加することは防災意識を高める上で大変効果的である考えており、今後とも市町とともに小中学生も参加しやすくなるよう、訓練内容に工夫を凝らしてまいりたい考えているところでございます。  以上でございます。 もっと読む
2018-12-12 東京都議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第17号) 本文 パラリンピアンの選手の言葉からは、私自身、リオ・パラリンピックで強烈に感じた、健常者を超える内に秘めた強、すごを見ることができます。   もっと読む
2018-12-12 滋賀県議会 平成30年11月定例会議(第16号〜第22号)−12月12日-06号 ◆12番(杉本敏隆議員) (登壇)今期のシジミの状況とか見ています、非常にこれは難しい課題だというふうに思います。  特にことし、ニゴロブナが非常にとれなくて、私の漁業組合でも毎年なずしの講習会をやってきたんですけども、需要がなくて講習会をすることができませんでした。そういう点では、資源増殖、資源の回復いう点で、もっと努力をしていただきたいということを強く求めておきたい思います。   もっと読む
2018-12-11 長野県議会 平成30年11月定例会農政林務委員会−12月11日-01号 期間は、7月ぐらいを想定して調整を進めていきたいということでございまして、出展する花については、トルコギキョウを中心に、ダリアですとか、そういった幾つかの県産の花の品質のよをPRする。 もっと読む
2018-12-10 福井県議会 2018.12.10 平成30年総務教育常任委員会及び予算決算特別委員会総務教育分科会 本文 これを機に、福井県の教育がますます発展し、全国に誇れるものであり続けられるよう、本県の教育のよを生かしながら、引き続き教育委員経験者の皆様からの協力、支援を得て、未来を築く子供たちの教育環境の整備を進めていく。  次に、新たな教育振興基本計画の策定について申し上げる。   もっと読む
2018-12-10 滋賀県議会 平成30年11月定例会議(第16号〜第22号)−12月10日-04号 ◆6番(海東英和議員) (登壇)そうして考えます、全国統計同じように、滋賀県もヒートショックによる死者数は交通事故死者数よりも多い可能性があります。県民の生命を守る責務を考える、交通事故を減らす体制や熱心に劣らないヒートショック予防に対する体制取り組みが必要思われます。   もっと読む
2018-12-06 福井県議会 2018.12.06 平成30年第404回定例会(第4号 一般質問) 本文 これらを通して、従来のいわゆる討幕派、佐幕派という対立概念ではなく、第三極としての民主的な政治を模索した福井藩、福井の先人たちの先見性、実直、モラルの高などが再認識された答弁がありました。  明治維新における福井藩の役割の見直し、これはすばらしい評価です。これをこれから50年の福井県政の土台にしなくてはなりません。私も幾つか講演会やシンポジウムに出かけました。 もっと読む
2018-12-01 千葉県議会 平成30年12月定例会 目次 、印旛沼周辺の治水対   策、道路問題について…………………………………………………………………………… 193 ○入江晶子君(市民ネット・社民・無所属)   発議案第20号に対する趣旨説明………………………………………………………………… 406 (え) ○江野澤吉克君(自民党)   有害鳥獣対策、かずアカデミアパーク、農業問題、東京湾岸道路及び第二東京湾岸道   路、道路問題、治水対策、ちば もっと読む
2018-12-01 千葉県議会 平成30年12月定例会(第4日目) 本文 また、イノシシなど、ほかの有害鳥獣についても、県が主体なった捕獲を推進すべき、このように考えますが、どうか、伺うものであります。  次に、かずアカデミアパークについて伺います。  かずアカデミアパークは、千葉新産業三角構想を実現するための一大プロジェクトとしてスタートしましたが、長年解決されていない富士通の未利用地問題があります。 もっと読む
2018-11-15 東京都議会 2018-11-15 平成30年経済・港湾委員会 本文 さて、第二回定例会の我が会派の代表質問での答弁にもありましたが、豊洲市場の運用ルールについては、高度な品質、衛生管理や効率的な物流実現といった豊洲市場の基本理念を踏まえた上で、開場当初は、市場業者が新しい市場施設になれであることなどにも留意した運用を図るありました。   もっと読む
2018-11-01 富山県議会 平成30年11月定例会 一般質問 ものづくり大国言われる我が国の生活習慣の中には、古来より道具を大切にすることや、一つ一つの所作に心を込めるなど、神聖やすがすがしなどの精神が息づいていた思います。  現在においては、使い捨てが当たり前なり、我が山崎家においても、お父さんを立てるという光景は見られなくなり、靴をそろえたり、戸をちゃんと閉めるなどの基本的な動作ができていません。 もっと読む
2018-10-25 福井県議会 2018.10.25 平成30年予算決算特別委員会総務教育分科会 本文 やはり主な原因として、我々も考えているのが契約している内容自体が弱かったりもするが、まだ入れてさほど年月もたっていないので、システムの扱いにまだなれな部分も正直あるというようなところがある。ことしに入ってかなり現場を回らせていただいて、何がぐあいでうまくいっていないかというようなところは改めて我々のほうでも調査をさせていただいている。 もっと読む
2018-10-24 福井県議会 2018.10.24 平成30年予算決算特別委員会総務教育分科会 本文 例えばアニメーションの「ちはやふる」が大ブームだったときに、何かよそごとみたいな顔をしていたし、JETSは後になってからがっ乗っていたけれど、そういうのに乗っていくというのは大切だし、大河ドラマは由利公正は外れたけれども、今の西郷隆盛の中で松平春嶽が出てきたが、ああいうようなものにタイミングよく合わせていく、人が好むものは何かというところに絶対アンテナの高い若い人であるとか、入れてほしい。 もっと読む
2018-10-18 青森県議会 平成29年度決算特別委員会(第4号)  本文 開催日: 2018-10-18 31 ◯山口委員 オーストラリアというのは非常にスキーがうまい、ちょうど北半球南半球、逆の地域にありますけれども、スキーのうまい人はパウダースノーを大いに楽しんでいます。ウィンタースポーツが得意な人は、どういうところに行っても、冬の青森県を楽しんでくれる思います。一方で、中には冬雪が苦手な、なれなオーストラリア人もいる思います。 もっと読む
2018-10-11 長野県議会 平成30年 9月定例会農政林務委員会-10月11日-01号 県としてもいろいろな対策をして、できれば給食であったり、またホテルや旅館で長野県の物を出していき、そして長野県に多くの方が、長野県らしの物で、食で長野県にも再度来ていただくとか、観光にもつながっていくか思うんですが。そして学校給食では、長野県の物を食べることによっていろいろな食育にもつながっていく形もあるか思います。   もっと読む
2018-10-09 青森県議会 平成30年商工労働観光エネルギー委員会 本文 開催日: 2018-10-09 そこで、学校の連携いいましょうか、学校の協議、また、商工団体等、地元企業の会議等についてはいろいろ行われているんでしょうか、その点についてお伺いしたい思います。 もっと読む
2018-10-09 青森県議会 平成30年農林水産委員会 本文 開催日: 2018-10-09 まず、議案第1号「平成30年度青森県一般会計補正予算(第1号)案」についてでありますが、このうち農林水産部関係の予算額は、18億9,551万4,000円で、これを既決予算額合計します、483億1,590万6,000円なります。   もっと読む
2018-10-04 長野県議会 平成30年 9月定例会本会議−10月04日-04号 まず命暮らしを守り、支援することを最大限に対応されるよう県が指導していただきたい思います。健康福祉部長にお伺いいたします。       〔健康福祉部長大月良則君登壇〕 ◎健康福祉部長(大月良則 君)生活就労支援センター、愛称まいぽにおける就労支援実績等について御質問いただきました。   もっと読む
2018-10-03 北海道議会 平成30年第3回予算特別委員会第1分科会−10月03日-03号 この点では最後になりますが、このたびの旭川の事例、あるいは、これまで再三指摘をしてきた、いわゆる2020年問題などに鑑みる、それぞれが、問題の深刻を認識し、強い危機感を持って、アスベスト問題への対策を適切に打っていくことが必要考えます。   もっと読む