590件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

石川県議会 2020-03-05 令和 2年 2月第 1回定例会−03月05日-04号

次に、SDGsについてお伺いいたします。  最近、頻繁にSDGsという言葉を耳にします。県議会質問でも度々取り上げられており、持続可能な十七の開発目標に対する達成状況について、二〇一九年に発表された国別ランキングでは、一位がデンマーク、二位はスウェーデンと昨年十月に私を含む県議会議員が視察で訪れた国々であります。その両国で我々は環境リサイクル教育福祉など多くの学びを持ち帰ってまいりました。

東京都議会 2020-02-28 2020-02-28 令和2年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文

今、あらゆる施策展開の中で、持続可能な開発目標SDGsの視点が求められています。SDGsの目標の一つである住み続けられるまちづくりの中で、具体的なターゲットとして、世界の文化遺産及び自然遺産保護、保全の努力を強化するとの視点が挙げられております。  今後、都における文化財保護、保全を検討していく際は、こうしたSDGsの視点を念頭に置きながら推進していくよう要望いたします。  

東京都議会 2020-02-27 2020-02-27 令和2年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文

SDGs、誰ひとり取り残さないといいますが、一人一人に焦点を当て、明るい未来に向けて一歩踏み出す予算としては到底足りません。バックキャスティングを標語にせず、ロスジェネ生活安定化計画といったプロジェクトを緊急に実施し、官民挙げて集中的な就労支援等の取り組みを行うべきと考えますが、知事の見解を伺います。  都は、私たちの求めに応じて、ようやく財政の長期推計を行いました。

東京都議会 2020-02-26 2020-02-26 令和2年第1回定例会(第2号)(速報版) 本文

また、金融分野からのSDGsの実現を後押しするために、東京グリーンボンドの発行額を拡大する一方で、将来世代の負担を考慮し、都債全体の発行額を抑制、残高も継続して減少させるなど、将来の発行に向けましての余力を蓄えているところでございます。  都はこれまでも、予算発表資料を初めとして、さまざまな機会を通じまして、財政情報を正確に発信しております。

滋賀県議会 2019-12-20 令和 元年11月定例会議(第16号〜第22号)−12月20日-07号

SDGsの特徴を生かしながら、経済社会環境のバランスのとれた持続可能な滋賀を目指した取り組みを進めているところです。  人、社会、自然、それぞれにおける課題は多くございますが、これまでからの健康しがへの取り組みをもう一段高め、先人たちの教えや歴史学びながら、さまざまな人々と連携することで、滋賀ならではの、滋賀にしかできない取り組みを進めてまいる所存です。  

東京都議会 2019-12-18 2019-12-18 令和元年第4回定例会(第21号) 本文

再生エネルギーの活用促進は、国連が提唱するSDGsの視点からも重要であり、取り組みを着実に進展させることを求めます。  最後に、甚大な災害にもつながる気候変動への対応について申し上げます。  都は、二〇五〇年のCO2排出量実質ゼロに貢献する取り組みのロードマップを盛り込んだゼロエミッション東京戦略を年内に示すとしています。

千葉県議会 2019-12-17 令和元年_環境生活警察常任委員会(第1号) 本文 2019.12.17

1点は、SDGs千葉県の取り組みの中で再生可能エネルギー導入長期計画についてです。  2点目は、酒々井町馬橋地区の浸水被害問題について伺います。  では、まず、再生可能エネルギー導入長期計画から伺います。県有施設を利用した再生可能エネルギー導入の現状についてお伺いいたします。 ◯委員長(中村 実君) 井上環境政策課長。 ◯説明者(井上環境政策課長) 環境政策課でございます。  

滋賀県議会 2019-12-17 令和 元年12月17日琵琶湖対策特別委員会-12月17日-01号

SDGsはサスティナブル・ディベロップメント・ゴールズですが、MLGsとはマザーレイクゴールズの頭文字をとっております。 ◆白井幸則 委員  今のSDGsは、どういうものですか。 ◎三和 琵琶湖環境部技監  国連で示されております持続可能な開発目標で、全世界の人たちがそれに向かって、それぞれの取り組みをしていこうということで示されていると理解しております。

兵庫県議会 2019-12-17 令和元年建設常任委員会(12月17日)

雇用、投資、環境などのSDGsの項目も審査基準に加えている。 ○(村岡真夕子委員)  ① 雇用に対してだけでなく、新しい試みでの産業団地の整備で、企業誘致の仕方についても期待が大きい分、注目も集まっているので、良い方向性、見本になるよう取り組んでほしい。  ② 青野運動公苑のうち、ゴルフコースについて伺う。平成30年度の年間のゴルフ利用者の人数とインバウンド関係の利用者数を教えてほしい。

群馬県議会 2019-12-16 令和 元年 第3回 定例会−12月16日-12号

次に、産業経済部及び労働委員会関係については、消費税率引き上げの影響について、大学及び短大進学者の就職支援について、高齢者の就労支援について、群馬県産業振興基本計画について、受動喫煙防止対策について、女性の創業支援について、SDGsの事業者への周知について、働き方改革について、群馬サミットについて、今後の観光振興について、スキープロモーションの成果について、Gターン通信事業について、Gメッセ群馬の予約状況及

滋賀県議会 2019-12-16 令和 元年12月16日厚生・産業常任委員会−12月16日-01号

SDGsも早く看板を挙げたのに第一の波に乗れなくて、全国のプランの採択にも全敗しました。だから滋賀県自体の方針を、先ほども言われていた進取の気性や気概に変えるべきであり、今の姿勢がここにもあらわれていると思います。だめになってきたから幕を引きましたが、赤字で人が減ってきたのには理由があるではないですか。

愛知県議会 2019-12-16 令和元年総務企画委員会 本文 開催日: 2019-12-16

この中で、地方公共団体におけるSDGsの達成に向けた取り組みの推進は、平成29年12月に閣議決定したまち・ひと・しごと創生総合戦略2017改訂版及びSDGs推進本部が決定したSDGsアクションプラン2018での日本SDGsモデルの方向性で位置づけられ、昨年2月から3月にかけ、SDGsの達成に向けた取り組みの提案を公募し、昨年6月、SDGs未来都市の29都市及び自治体SDGsモデル事業の10事業が選定

東京都議会 2019-12-13 2019-12-13 令和元年経済・港湾委員会 本文

今、国連ではSDGsが掲げる持続可能な生産消費形態を呼びかけ、ことしから家族農業の十年を決め、農民と生産者を大事にし、地域経済を守り、持続可能な社会をつくっていくことに流れを切りかえていこうという動きを強めています。そうしたせめぎ合いの中で卸売市場が果たしてきた資本の大小にかかわらず、生産者と小売店、消費者を守る役割は一層重要になっていると思います。  

東京都議会 2019-12-13 2019-12-13 令和元年文教委員会 本文

さらに、今大会は、昨年十一月に国際連合東京二〇二〇組織委員会が、大会を通じたSDGsの推進協力に関する基本合意書に署名をいたしました。国際連合とオリンピック・パラリンピック組織委員会が、SDGsについて基本合意書を締結するのは初めてです。両者がそれぞれの資源を活用し、東京二〇二〇大会を通じて、オリンピック・パラリンピック精神と高い親和性を持つSDGsの実現に貢献するというものです。  

石川県議会 2019-12-13 令和 元年12月第 5回定例会−12月13日-04号

デンマークのコペンハーゲン空港SDGs、持続可能な開発という世界的な潮流を踏まえ、エミッションフリーエアポートを目指す、つまりは空港として公害ゼロを目指すんだということを国内外に打ち出し、時流に乗っていこうという人の気持ちに沿い、これまでの空港の姿を変えていこう、そういうことを感じました。  

群馬県議会 2019-12-12 令和 元年第3回定例会総合計画に関する特別委員会−12月12日-01号

◎古仙 未来創生室長   企業局ともこれから具体的な連携・協議を進めていくところであるが、総合計画ではエネルギーについてSDGsの考え方に沿って取り組んでいく。総合計画基本コンセプトとして、SDGsの理念を取り込むということは知事の答弁でも出ている。SDGsは様々な分野があるが、エネルギー分野のウエイトも高いので、今後詰めていきたいと考えている。

東京都議会 2019-12-12 2019-12-12 令和元年経済・港湾委員会 本文

今、国連では、SDGsが掲げる持続可能な生産消費形態を呼びかけて、ことしから、家族農業の十年、これを決めました。農民と生産を大事にして、小規模農家と農民、そして生産を大事にして、地域経済を守り、持続可能な社会をつくっていく、こういう流れに切りかえていこうという国際的な流れが今、始まっているわけですね。

愛知県議会 2019-12-12 令和元年県民環境委員会 本文 開催日: 2019-12-12

40 【高木ひろし委員】  食品ロスの問題は、SDGsの17の目標の中にもはっきりと掲げられている課題であり、環境局としてもしっかりと取り組んでほしい。  日本でもこれから再生エネルギーを推進していく必要がある中で、非常に有望だと言われているのが風力発電、特に洋上風力発電と言われている。