365件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青森県議会 2019-10-02 令和元年第299回定例会(第6号)  本文 開催日: 2019-10-02

基本計画に盛り込まれましたSDGsの進展に資するよう、今回取り上げた防災減災、国土強靱化のための三か年緊急対策事業を初め、ハード、ソフト両面にわたる三村県政としての大胆な施策の展開を来年度予算編成過程で配慮をしていただきたく要望し、質問を終わらせていただきます。

北海道議会 2019-10-02 令和元年第3回予算特別委員会-10月02日-02号

北海道においてこうした環境を整備するために、全国のどの地域にも負けない最高の取り組みを実施し、これを内外に発信することは、誰一人取り残さない、格差貧困のない社会を目指す、SDGsの実現にも資する極めて意義あることと考えます。  そこで、負担軽減のための修学支援について、以下伺ってまいります。  

北海道議会 2019-09-30 令和元年第3回予算特別委員会第1分科会−09月30日-03号

過日、国連の気候行動サミットで、16歳のスウェーデンの少女が怒りの演説をいたしまして、世界的に話題になったわけでありますが、二酸化炭素の排出抑制は、我が国の国際公約でもあり、持続可能な発展を目指すSDGsの推進の観点からも、積極的に取り組まなければならない課題となっております。  

群馬県議会 2019-09-27 令和 元年 第3回 定例会(暫定版)-09月27日-04号

そして、これを取り入れていくことで、いろいろな働き方が実現できるということは、誰ひとり取り残さない持続可能で、多様性と包摂性のある社会実現というSDGsの実現、これにもつながるものと感じております。  IT関係にも強い知事のテレワークの推進に対する考え方をお伺いします。 ◎山本一太 知事 御質問ありがとうございます。

北海道議会 2019-09-27 令和元年第3回予算特別委員会第1分科会−09月27日-02号

さらに、私といたしましては、日常はもとより、災害時における高度な現場対応力を備えるとともに、環境経済の持続可能性を重視するSDGsといった世界的な潮流、そしてまた、地域で進む人口減少問題など、さまざまな制約や課題をチャンスに変えることができる鋭敏な経営感覚を有する人材育成にも力を注いでまいります。  以上でございます。 ◆(三好雅委員) 終わります。ありがとうございました。

群馬県議会 2019-09-25 令和 元年 第3回 定例会(暫定版)-09月25日-03号

これらを踏まえて公明党では、党内にSDGs推進委員会を立ち上げ、継続的に活動し、本年6月にも政府政策提言など、SDGsが浸透するよう働きかけております。  知事は今、様々な場面において、SDGsの重要性を語っておられます。世界の潮流を見据えたうえで、知事の目指される県民幸福度の向上と、「誰一人取り残さない」というSDGsの理念は相通じるものがあると思っております。

群馬県議会 2019-09-24 令和 元年 第3回 定例会(暫定版)-09月24日-02号

さらには、今、GAFA全盛の時代ですけれども、世界の潮流がこれからどうなっていくのか、この潮流を踏まえた群馬県の未来のあり方というのもぜひ総合計画の中で議論してまいりたいと思いますし、さらにはSDGs、これこそまさしく今の世界の潮流ですけれども、このSDGsをどう盛り込んでいくのかも大事だと思っています。

北海道議会 2019-09-19 令和元年第3回定例会-09月19日-04号

道においては、今後、SDGsの考え方を取り入れていかれるものと思いますが、私は、高等支援学校の生徒が、このような共生、日常的な暮らしという環境学習することは、生徒たちの社会自立により一層寄与するものと考えますが、教育長の見解を伺います。  最後に、アウトドア体験の推進について伺います。  昨今、アウトドアでのアクティビティーやキャンプが再び人気となっています。

石川県議会 2019-09-18 令和 元年 9月第 4回定例会−09月18日-04号

これこそがSDGs──持続可能な開発目標の本質であります。  では、SDGsに関してお聞きします。  テレビ石川県におけるSDGs認知度のCMがあります。二四%となっていました。八割近くの方がSDGsとは何のこっちゃといった感じであります。石川県では珠洲市と白山市が先進となっており、今年度になってから小松市も取り組みをスタートさせました。

北海道議会 2019-09-17 令和元年第3回定例会-09月17日-03号

事実、国が検討を進めている第2期まち・ひと・しごと創生総合戦略では、今後の施策を推進する上での新たな視点として、Society5.0の実現に向けた技術の活用と、SDGsを原動力とした地方創生を挙げています。  知事は、北海道総合計画と次期北海道創生総合戦略でSociety5.0及びSDGsをどのように位置づけ、施策の推進を図ろうとするのか、所見を伺います。  

石川県議会 2019-09-13 令和 元年 9月第 4回定例会−09月13日-03号

このため、本県においても議員御指摘のように、鹿西高校では衣食住と歴史、祭りにちなんだ地域資源について調べ、中能登町を中心とする観光ツアーの企画につなげる取り組みを行っておりますほか、例えば金沢西高校では地域の住民や企業と連携してSDGsの視点に立って地域での聞き取り等により課題を洗い出しまして解決策を立案するという取り組みを行いますなど、各学校でさまざまな取り組みが今スタートしております。  

北海道議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会−09月10日-目次

……87  1.報告………………………………………………………………………87  1.日程第1、議案第1号ないし第24号及び報告    第1号ないし第4号(質疑並びに一般質問)………………………88   ●佐藤伸弥議員代表質問)……………………………………………88    1.知事の基本姿勢について     (1) 北海道総合計画北海道創生総合戦略について      ア Society5.0・SDGs