1146件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

広島県議会 2019-05-17 2019-05-17 令和元年警察・商工労働委員会 本文

先ほど出原委員からも人材方策についての質問がありましたが、企業立地促進対策事業や地域産業IoT等活用推進事業といった複数の事業に関係すると思います。  先週、東京に本社がある社員約2,300名の大手IT企業の社長と意見交換する機会がありまして、そこで聞いた話です。

兵庫県議会 2019-03-20 平成31年 2月第343回定例会・速報版(第10日 3月20日)

AIやIoTなど、技術革新を積極的に取り入れて、ものづくり県兵庫の確立を目指そうではありませんか。  人口減少や少子高齢化とともに、人口の東京一極集中も歯どめが掛かりません。今こそ新しい時代には新しい国家システム、中央集権から分権社会への転換を図らなければなりません。  兵庫がこれからの未来を開く先頭を切らねばならないのです。その決意を平成最後のポスト兵庫県150年に当たり示したいと思います。  

東京都議会 2019-03-14 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文

ユニット番号17番、中身はIoTであったりとか、AI、最先端の科学技術を積極的に活用していくということであります。  税務行政においても、ICTは取り入れつつあります。ネットバンキングによる電子納税。私は、クレジットカードで納税をしていますけれども、便利な世の中になってきたものだなと思う一方で、ICT活用という面では、まだまだこの税務行政は道半ばであります。  

兵庫県議会 2019-03-13 平成31年度予算特別委員会・速報版(第10日 3月13日)

国内産業を取り巻く流れとしては、まずはAIとかIoTによる急激な技術革新への対応、二つに、起業・創業などの重要性が増していること。三つ目は事業所数の減少による地域経済の活力が低下しているのと併せて、事業継承が進んでいない。これらにどう対応していくかということ。四つに、アジア新興諸国やアフリカなどの経済発展をどう取り込んでいくかということ。

滋賀県議会 2019-03-08 平成31年 3月 8日予算特別委員会県民生活・土木交通分科会−03月08日-01号

AI、ICT、IoTもそうですが、国も相当力を入れてきています。来年、再来年くらいには、もっと大きな話が出てくると思います。 やはりプラットフォームをつくることは、これからの県の発展に非常に大事ですし、滋賀大学データサイエンス学部という、ほかの県にはない強みを持っているわけですから、もっと有効活用したほうがいいと思いますが、その辺はどうですか。

福井県議会 2019-03-04 2019.03.04 平成31年予算決算特別委員会 本文

またAIやIoT、こうしたものを大いに活用する中で人手不足の解消をすることもあるであろう。しかし、そんな中で喫緊の課題として国がこの4月から外国人労働者の受け入れで35万5,000人ぐらいを受け入れることを決めた。  このことを受けて、全国で約100ぐらい該当されるが、国が交付金を払うからもし希望があるなら手を挙げてということで、今交付金の申請を公募している。

群馬県議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会産経土木常任委員会(産業経済部及び労働委員会関係)−03月04日-01号

それに加え、先ほどの説明にもあったIOTやロボット導入支援に関する施策を含め労働者不足解消に努めている。 ◎浅野 産業人材育成課長   減額が生じた主な理由は、介護福祉士を養成する2年過程のコースを募集したが、それに対して応募者が少なかったことなどが挙げられる。

群馬県議会 2019-02-27 平成31年 第1回 定例会−02月27日-04号

国では、こうした課題に対して、近年、技術発展の著しいロボット、それからAI、IoT等の先端技術を農業経営に導入する「スマート農業加速化実証プロジェクト」を平成31年度から実施するということで、昨年9月に全国7カ所で説明会を開催し、プロジェクトへの応募を呼びかけてきたところでございます。  

鹿児島県議会 2019-02-27 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4日目) 本文

第二点として、県では、先端技術に対する支援事業や、鹿児島頭脳センターが開催するイベントを後援するなどして、AIやIoTの活用に取り組んでおられます。もとより最先端の技術でありますので、利活用に当たりましては、導入コストや人材面、経営者の意向などの課題はあろうかと思います。  本県産業におけるAIやIoTなどの先端技術の導入・活用に関する新年度の取り組みについてお伺いいたします。  

福井県議会 2019-02-26 2019.02.26 平成31年産業常任委員会及び予算決算特別委員会産業分科会 本文

生産性の向上を図っていかないといけないということで、そういった面で県はAIとかIoTの導入を支援して生産性の向上を図る。人材育成の機会を設けて、生産性の向上に寄与する。そういったことで企業の支援を進めていきたいと考えている。 ◯大森委員  それはそうなのである。だからそこをどうやってAIを進めていくのという部分も、補助制度はあるけれども、現実的に簡単ではない。

鹿児島県議会 2019-02-22 2019-02-22 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文

このプランでは、二〇二八年度には、夢を持って茶業経営に参画できる多様な担い手の確保、IoTやAI技術等の革新的技術の実用化・効率化、かごしま茶の認知度向上による国内外でのブランド確立などを目指すこととしております。  具体的な目標といたしましては、本県荒茶の全国シェア四〇%、有機JAS認証茶園面積九百ヘクタール、かごしま茶の輸出額二十億円など、十一項目の指標を設定することとしております。  

鹿児島県議会 2019-02-19 2019-02-19 平成31年第1回定例会 目次

財務書類等の活用状況及び課題について      ・財務書類等の活用に当たっての多角的な分析・検証への取組について      ・財務書類等の有用性を職員に浸透させるための研修等について      ・財務書類等の公表について      ・市町村の財務書類等整備の見通しと県の支援について     人工知能AIについて      ・県庁内でのAIを活用した取組とその効果について      ・本県産業におけるAIやIoT

鹿児島県議会 2019-02-19 2019-02-19 平成31年予算特別委員会 本文

革新的技術の導入と競争力のある産業の創出・振興の、かごしまIoT・AI推進プロジェクト事業につきましては、IT及び先端技術に関し、企業ごとの取り組み状況に合わせた段階的な支援を行うことで、県内の中小企業の生産性向上や競争力の強化を図るものでございます。  二十一─三ページをごらんください。  

福井県議会 2019-02-18 2019.02.18 平成31年第405回定例会(第2号 代表質問) 本文

そして今回、人口減少、AI・IoTの社会への浸透、北陸新幹線の県内延伸などに対応するためとして、再改訂を行うとしております。  3年前に改訂した新戦略を2年前倒しで再改訂することになりますが、行政が主導し、投資や制度を誘導するならば、数年ごとに再検討するようでは戦略にはなり得ません。民間が積極的な事業展開や研究を推し進めることを期待するならば、しっかりとした中期戦略を示すべきであります。