運営者 Bitlet 姉妹サービス
1037件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 ユニット番号17番、中身はIoTであったりとか、AI、最先端の科学技術を積極的に活用していくということであります。  税務行政においても、ICTは取り入れつつあります。ネットバンキングによる電子納税。私は、クレジットカードで納税をしていますけれども、便利な世の中になってきたものだなと思う一方で、ICT活用という面では、まだまだこの税務行政は道半ばであります。   もっと読む
2019-03-13 東京都議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(第3号)(速報版) 本文 このような支援を行う中で、IoT技術で水産養殖の効率化に取り組む企業が大型の資金調達を実現するなどの成功事例が出ているところでございます。   もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日予算特別委員会県民生活・土木交通分科会−03月08日-01号 AI、ICT、IoTもそうですが、国も相当力を入れてきています。来年、再来年くらいには、もっと大きな話が出てくると思います。 やはりプラットフォームをつくることは、これからの県の発展に非常に大事ですし、滋賀大学データサイエンス学部という、ほかの県にはない強みを持っているわけですから、もっと有効活用したほうがいいと思いますが、その辺はどうですか。 もっと読む
2019-03-04 福井県議会 2019.03.04 平成31年予算決算特別委員会 本文 またAIやIoT、こうしたものを大いに活用する中で人手不足の解消をすることもあるであろう。しかし、そんな中で喫緊の課題として国がこの4月から外国人労働者の受け入れで35万5,000人ぐらいを受け入れることを決めた。  このことを受けて、全国で約100ぐらい該当されるが、国が交付金を払うからもし希望があるなら手を挙げてということで、今交付金の申請を公募している。 もっと読む
2019-02-26 福井県議会 2019.02.26 平成31年産業常任委員会及び予算決算特別委員会産業分科会 本文 生産性の向上を図っていかないといけないということで、そういった面で県はAIとかIoTの導入を支援して生産性の向上を図る。人材育成の機会を設けて、生産性の向上に寄与する。そういったことで企業の支援を進めていきたいと考えている。 ◯大森委員  それはそうなのである。だからそこをどうやってAIを進めていくのという部分も、補助制度はあるけれども、現実的に簡単ではない。 もっと読む
2019-02-13 福井県議会 2019.02.13 平成31年第405回定例会(第1号 開会日) 本文 IoT化等に対応した大型投資が相次いだほか、若者に人気のIT関連企業の進出がふえております。  一方で、本県の雇用情勢については、12月の有効求人倍率が2.07と依然として高い水準であります。人材確保が課題となっております。昨年4月に開きました人材確保支援センターでは、先月までに延べ881社からの相談を受け、人材確保や業務改善についての提案を行ってきております。 もっと読む
2019-02-01 福岡県議会 平成31年2月定例会(第1日) 本文 このほか、将来の成長が見込まれるバイオ、ロボット、水素エネルギー、IoT、航空機といった先端成長産業の育成にも取り組んでまいりました。  農林水産業では、ブランド化、輸出促進、六次産業化を推進するとともに、担い手の確保、地産地消にも力を入れてまいりました。 もっと読む
2019-01-08 福岡県議会 平成31年 農林水産委員会 本文 開催日: 2019-01-08 次に、IoT、AI、ロボット等を活用したスマート農林水産業の推進でございます。スマート農業加速化実証プロジェクトは、IoT、AI、ロボット等の先端技術を生産から出荷まで一貫した体系として現場において導入、実証すること等を支援するもので、概算決定額五億円に補正額六十二億円を加え、合計六十七億円となっております。  最後に、収入保険制度の充実強化でございます。 もっと読む
2019-01-08 福岡県議会 平成31年 総務企画地域振興委員会 本文 開催日: 2019-01-08 ここでは、さまざまなものがインターネットにつながるIoT、そのIoTによって得られるビッグデータ、このビッグデータを分析・活用するための人工知能AI、大量のデータを送受信するための第五世代移動通信技術5Gの四つについて、その概要と今後の動向について記載しております。また、これらの技術により達成される未来社会像としてソサエティー五・〇についても記載しているところです。   もっと読む
2018-12-21 滋賀県議会 平成30年11月定例会議(第16号〜第22号)−12月21日-07号 そのためには、これまでの日本の教育の良さを活かしつつ、AI、IoT等の革新的技術を始めとするICT等を活用した新たな教育の展開が不可欠である。  そのような中、一人一人の進度や能力、興味関心に応じて公正に個別最適化された学びを可能とするだけでなく、管理に伴う教員の負担軽減にも資するEdTechによる教育イノベーションの波が世界各国の教育現場に及び、「学びの革命」が進んでいる。   もっと読む
2018-12-19 東京都議会 2018-12-19 平成30年第4回定例会(第18号) 本文 十三 東京水道あんしん診断について、スマートメータなどのIoT等を活用して合理的でより効率の良い手段を試行し、生産性向上に取り組まれたい。  十四 小中学校の水飲栓直結給水化モデル事業について、事業終了後も更なる普及に向けて積極的に取り組まれたい。  十五 テロ対策について、サイバーテロも含めた危機管理意識を強化し、有事への対策を進められたい。   もっと読む
2018-12-17 福岡県議会 平成30年 県民生活商工委員会 本文 開催日: 2018-12-17 六番、IoTの日本市場でありますが、自動車、家電、工場の製造装置など、あらゆるものがインターネットにつながるインターネット・オブ・シングスの市場規模は、二〇一七年時点で五・八兆円が、五年後には二倍になると予測されております。  六ページをお願いいたします。本県の中小企業数ですが、二〇一六年の数値でありますが、二〇一四年から八千者減の十三万五千者となっております。   もっと読む
2018-12-14 山口県議会 平成 30年11月定例会-12月14日−07号 一方で、多くの事業者は、後継者問題や働き手の確保、将来的な事業展開、IoTやAI等の先端技術への対応など、大きな不安や懸念を抱かれております。  このような中、みずからの経営戦略、創意工夫に加え、県においても、事業者に対し、一歩でも前に出て向き合い、きめ細かく支援を行っていくことが、事業者が未来を切り開いていく上での大きな支えにもなると考えます。   もっと読む
2018-12-14 福井県議会 2018.12.14 平成30年予算決算特別委員会 本文 ここでは県内企業がAIやIoT技術を導入するに当たっての体験等を受け付けているわけであるが、今後県内企業はやみくもに外国人労働者を雇用するのではなく、AIやIoT技術等の適正を見きわめ、適材適所の分野にそれぞれを導入、雇用するといったすみ分け雇用というのか、そういう対策も必要じゃないかと思う。   もっと読む
2018-12-13 石川県議会 平成30年12月第 5回定例会-12月13日-04号 そこで県は工業試験場内にいしかわAI・IoT技術支援工房を開設し、AI・IoT実践道場を開催するなど技術面、人材育成面で中小企業のAI・IoT導入の後押しをしております。七つの講座は全て定員を上回り、好評のようでございますが、いしかわAI・IoT技術支援工房における支援によって中小企業のAI・IoT導入に向けた意欲の向上などの手応えをお聞きします。   もっと読む
2018-12-12 長野県議会 平成30年11月定例会総務企画警察委員会−12月12日-01号 要するにAIやIoTに対して対応できるだけの人材。ないしはそれを基本として、人材育成ということで、今、ITだとか、介護の人材育成をつくるために、県が去年あたりから、これを支えるような手だてを講じたとこういうことで、この5年計画の学びと自治として評価するものでありますが。そのことで、どういう意図でどんな形で進めているのか、この事業を御説明いただけますか。 もっと読む
2018-12-12 大分県議会 平成30年 第4回定例会(12月)-12月12日−05号 本委員会は、IoT、AI、ドローンなど第4次産業革命の革新的技術について調査研究し、知事に対して政策提言を行うことを目的とし、平成29年9月15日に設置されました。  付託事件は、地域課題の解決のための革新的技術の活用について、革新的技術を活用した新ビジネスの創出について、革新的技術の活用を支える基盤づくりについての3件であります。   もっと読む
2018-12-12 東京都議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第17号) 本文 AIやIoTを活用した電力需給、気象等の予測技術、そして遠隔制御技術などの進展も期待されており、再生可能エネルギーの拡大は、温室効果ガスの削減とともに関連産業の成長にもつながるものでございます。  都といたしまして、エネルギーの大消費地といたしまして、今般、キャップ・アンド・トレード制度において、再エネ電力の利用拡大に向けた新たなインセンティブを付与することなども検討いたしております。   もっと読む
2018-12-12 鹿児島県議会 2018-12-12 平成30年産業経済委員会 本文 次に、スマート農業技術につきましては、耕種部門では、茶園のロボット技術開発を初め、ロボットトラクターやドローンの活用技術を、畜産部門では、哺乳ロボットとIoT等を活用した子牛の哺育管理技術の開発等を行うこととしております。   もっと読む
2018-12-11 長野県議会 平成30年11月定例会環境産業観光委員会−12月11日-01号 委員会の冒頭から、IoTについてもさまざまな話が出ているところでございます。IoTデバイスの開発を推進するため、とりわけ県内企業の強みを最大限に生かした開発をしていくということで、現在、デバイスの研究拠点を松本市に新設するべく準備が進められていると思います。まずこの拠点整備に向けた状況について、お伺いしたいと思います。 もっと読む