52件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福井県議会 2019-07-19 2019.07.19 令和元年予算決算特別委員会 本文

これについて、1点伺うけれども、20年後のAIとかIoT、ドローン、それからうちの永平寺町でもやっている自動走行、そしてまた、こうしたものについては、飛躍的な変化を遂げるというのは、おぼろげながら、何となくはイメージできるのであるけれども、どこまで果たしてイノベーションが起きるのだろうというのは想像できないというか、現時点では、なかなか想像つかないわけであるけれども、こういった今、知事からも話があったように

石川県議会 2019-06-12 令和 元年 6月第 3回定例会−06月12日-02号

さて、通信の世界ではの普及は車の自動運転を可能にしつつあります。条件づきで全ての操作が自動で、緊急時は人間が関与するというのがレベル3だそうですが、世界的にはこのレベル3という実用化のみならず、その上を行く全ての運転を自動化するレベル5もそう遠くない予感を持たせています。

東京都議会 2019-06-11 2019-06-11 令和元年第2回定例会(第10号)(速報版) 本文

について伺います。  現在の移動通信システム以上の超高速、多数同時接続などを可能にする第五世代移動通信システムである環境整備は、身の回りのあらゆるものがつながる本格的なIoT時代の実現に必要不可欠な公共インフラといえるものであり、現在、通信会社基地局への投資にしのぎを削っています。  

福岡県議会 2019-06-09 令和元年6月定例会(第9日) 本文

AI、IoT、といった最新技術を用いることによりまして、大量生産、画一的サービスの提供から、個々のニーズに応じた効率的な生産、サービスの提供への移行、資源、資産の効率的な活用、人が行っております労働ロボットシステムによる代替、補完を進めていくことによりまして、産業の生産性の飛躍的向上を図ることができます。また、それは生産、販売、消費といった経済活動だけにとどまるものではございません。

群馬県議会 2019-06-03 令和 元年第2回定例会総務企画常任委員会(企画部関係)-06月03日-01号

◎友松 企画部長   (第5世代移動通信システム)を視野にいれていくと、今後、Wi-Fi環境は当然の基盤となると考えられる。企画部の情報政策課では先進的な取り組みや技術的な問題を研究していく必要がある。問題意識を持ち、関係部局と連携して研究していきたい。 ◆藥丸潔 委員   部長から重要性を認識しているとの答弁をいただいた。よろしくお願いしたい。  ぐんま暮らし支援について伺う。

群馬県議会 2019-05-29 令和 元年 第2回 定例会-05月29日-05号

しかし、我が国においても、ドローンやAI、フィンテック、自動運転、ロボットビッグデータなどという新しいデジタル技術の革命によって社会は一変いたします。  ちなみに、というのは第5次移動通信システムのことでございます。1Gは昔あったショルダーフォン、めちゃくちゃ重たいもので、これは電話の機能です。そして、2GはPHSで、メールができるようになりました。

群馬県議会 2019-05-24 令和 元年 第2回 定例会-05月24日-03号

文書管理条例の制定について         │知 事        │ │        │4 少子化への対応について              │           │ │岸善一郎    │  (1) 本県の少子化の原因について          │こども未来部長    │ │(自由民主党) │  (2) これまでの県の取組と今後の取組について    │こども未来部長    │ │発言割当時間  │ 

兵庫県議会 2019-03-04 平成31年度予算特別委員会・速報版(第4日 3月 4日)

間もなく始まる通信、膨大なデータのやりとりが早く安全になると考えられる。更なるセキュリティーなど環境整備も必要ではあるが、巨大オフィスに人を集めるのではなくて、人がいる場と作業成果を集める場との分離、このことが子育て介護、プライベートな時間確保、ワーク・ライフ・バランスにつながり、ひいては仕事上の成果も上がると考える。  

長野県議会 2019-02-27 平成31年 2月定例会本会議-02月27日-08号

また、こうしたIoTの話題から、現在の4Gより高速、大容量とされるについて話を進めますと、一例として、和歌山県立医大では、来年本格運用を目指してによる遠隔診療を社会実験として開始したと報じられています。昨年の診療報酬改定により遠隔診療が認められ、の特性である高精彩な画像による正確な疾患の把握、映像や会話のタイムラグ減少による円滑なコミュニケーション実現などの実用性が挙げられます。

兵庫県議会 2019-02-20 平成31年 2月第343回定例会(第3日 2月20日)

来年度には、情報を伝える速さが現在の100倍となる次世代通信規格の無線通信サービスが、世界で実用化の段階に入ります。1人の運転者が都心にあるオフィスの遠隔操作室にいながらにして、同じ日に複数の現場の作業ができるようになる可能性もあり、現在建設業が抱える将来の労働力不足や熟練技術者技能者不足の解消、施工現場の安全確保、高精度な施工による品質確保などが近い将来実現すると確信しています。  

福岡県議会 2019-01-08 平成31年 総務企画地域振興委員会 本文 開催日: 2019-01-08

ここでは、さまざまなものがインターネットにつながるIoT、そのIoTによって得られるビッグデータ、このビッグデータを分析・活用するための人工知能AI、大量のデータを送受信するための第五世代移動通信技術の四つについて、その概要と今後の動向について記載しております。また、これらの技術により達成される未来社会像としてソサエティー五・〇についても記載しているところです。  

石川県議会 2018-12-13 平成30年12月第 5回定例会-12月13日-04号

この背景の中、ニュージーランド政府は十一月二十八日に、そしてオーストラリア通信網の整備の中に中国製品のファーウェイ、ZTEの参加禁止する決定を下しております。さらに、米政府日本など同盟国に対し、不正な通信傍受や意図的な遮断など安全保障の脅威にさらされかねないという懸念から、ファーウェイ製品を使わないよう説得工作を始めたというふうに書いてございました。

兵庫県議会 2018-03-15 平成30年度予算特別委員会(第10日 3月15日)

実際もう今、が2020年ぐらいから順次、広がっていくと思うのだが、そうなると、例えばで受けられて、それをWi−Fiでやるほうが、通信回線をダブルで持っておくほうがいいかなと思うので、これは多分そのうち、今、4Gだと数人が一緒に使うとちょっと心もとないということがあると思うのだが、その辺もちょっと頭の中に入れておいていただいて、通信回線を何せダブルで確保しておくということは、とても必要だと思うので

埼玉県議会 2018-03-09 平成30年  2月 予算特別委員会-03月09日−02号

これらを同時に行うために必要なのが、と呼ばれる次世代の移動通信システムなんですけれども、海外では来年にも商用化がされる見通しであります。  国内でも、東京オリンピックに合わせましてサービス提供を計画しているようなんですけれども、現在前倒しも計画しているというような報道を、毎日ではないですけれども、ちょこちょこ耳にしたり、目にしたりしております。  

長野県議会 2018-03-08 平成30年 2月定例会危機管理建設委員会-03月08日-01号

◆清沢英男 委員 自動運転はという時代になるという話なんです。そうすると、誤差が数センチしかないという話になって、そういう時代が来るだろうと言われています。そんな予測も持ちつつ、除雪のことも、いつかそういう感じになってくるのかなと考えます。  それから、きょうの信濃毎日新聞掲載の緊急輸送路と電柱の新設禁止の話です。日本電柱というのは3,550万本プラス年間に7万本ふえているんだそうです。

青森県議会 2018-03-05 平成30年第293回定例会(第3号)  本文 開催日: 2018-03-05

そこで、労働負担の軽減のためのIoT、、スマホやロボット導入の省力化のための機器導入や飼養管理技術の高度化の支援、労働条件の改善が特に重要だと思います。本県において、平成二十八年三月に青森県酪農・肉牛生産近代化計画が制定されて、平成三十七年度までの計画期間であります。どのように取り組みを進められているのかお伺いをいたしたいと思っております。