2221件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東京都議会 2021-02-24 2021-02-24 令和3年第1回定例会(第2号)(速報版) 本文

WHOインフルエンザワクチンと同様に推奨している極めて重要なワクチン肺炎球菌ワクチンであり、四億円の現在の予算に二億円ほど追加すれば、ほぼ負担なしで接種ができます。  現在、三割という高齢者肺炎球菌ワクチン接種率を格段に向上させるため、都は定期接種を受ける人の自己負担額をなくすべきと考えますが、見解を求めます。  二月三日に、新型インフルエンザ等対策特別措置法が改正されました。

千葉県議会 2021-02-01 令和3年2月定例会 発議案取扱状況

   │止又は延期を求める意見書について         │        │       │       │    │    │    │            │    │  │ ├───┼─────────────────────────┼────────┼───────┼───────┼────┼────┼────┼────────────┼────┼──┤ │   │台湾世界保健機関WHO

千葉県議会 2021-02-01 令和3年2月定例会 発議案

第一にワクチンは一部の国で接種が始まったものの、世界保健機関WHOは今年中に集団免疫を達成することはあり得ないとしており、ワクチン頼み開催は展望できない。第二に各国感染状況による練習環境の違いや、ワクチン接種でも先進国途上国の格差があり、「アスリート・ファースト(選手第一)」の立場からも開催の条件はない。

山口県議会 2021-02-01 03月02日-02号

世界保健機関WHO専門家は、ワクチンによってパンデミックを阻止できるような集団免疫を達成するには、六○から七○%の接種率が必要と言っています。治験結果ではワクチン有効性が約九○%と言われていますので、ハードルはさらに上がります。 まずは国の責任において、ワクチン接種有効性と副作用・副反応に対する正しい情報を提供していただく必要があります。

鳥取県議会 2021-01-01 令和3年1月臨時会(第1号) 本文

そして世論調査では、東京オリパラ開催に疑問の声が広がり、WHO主任科学者が今年中に世界全体での集団免疫の達成はあり得ないとし、世界的にも予防接種は間に合いません。オリパラが中止になれば、この予算は無駄になります。予算計上をやめる意思はありますか、お尋ねいたします。 ◯議長藤縄喜和君)答弁を求めます。  

栃木県議会 2020-12-17 令和 2年度栃木県議会第369回通常会議-12月17日-04号

また、国際的に評価されている台湾感染症防止対策ですが、世界的な公衆衛生危機への対応力強化のため、9月の通常会議においても、台湾世界保健機関WHOへの参加を求める意見書全会一致で議決されました。平成31年4月に本県国際戦略推進本部を設置し、現在、新型コロナウイルス感染拡大の影響がありますが、世界から選ばれる栃木を目指して国際戦略の策定を進めております。

栃木県議会 2020-12-16 令和 2年度栃木県議会第369回通常会議−12月16日-03号

このように日本が世界屈指長寿国であることは非常に喜ばしいことであると思いますが、WHO(世界保健機関)が健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間と定義している健康寿命については、直近のデータによれば、男性が72.14歳、女性が74.79歳となっております。平均寿命健康寿命男性は9年、そして女性は12年程度の開きが生じております。

群馬県議会 2020-12-15 令和 2年 第3回 定例会−12月15日-付録

     │     │     │ │議第16号議案│皇嗣殿下に差し上げる賀詞  │  〃  │     │     │     │  〃  │ │      │              │     │     │     │     │     │ ├──────┼──────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼─────┤ │      │台湾世界保健機関WHO

群馬県議会 2020-12-15 令和 2年 第3回 定例会−12月15日-12号

続いて、「台湾世界保健機関WHOへのオブザーバー参加を求める意見書」の発議についてですが、これは、本県にとって重要な関係にある台湾が、WHO年次総会オブザーバーとして参加が認められていないことに対し、台湾WHO参加支持を表明している関係各国地域と連携し、オブザーバー参加の実現に向けて、これまで以上に取組を強化するよう、国に強く要望するものであり、採決の結果、全会一致をもって本委員会から

愛媛県議会 2020-12-14 令和 2年第372回定例会(第6号12月14日)

しかし、請願の中にもあるように、グリホサートは、2015年、WHO国際がん研究機関発がん性があると指定しています。アメリカでは、2018年からモンサント社を相手取った裁判で次々と原告が勝訴し、巨額の賠償金の支払いが命じられています。フランスで2019年12月販売禁止、EU、オランダ、スイス、ドイツ、オーストリアなどいろんな国が使用しない、販売しないという流れになっています。

北海道議会 2020-12-11 令和2年第4回定例会-12月11日-05号

───────────────────────────────── 意見案第1号 私立専修学校等における専門的職業人材育成機能の        強化等を求める意見書 意見案第2号 別居・離婚後の親子の面会交流についての法整備を        求める意見書 意見案第3号 台湾世界保健機関WHOへのオブザーバー        参加を求める意見書 意見案第4号 住まいと暮らしの安心を確保する居住支援

佐賀県議会 2020-12-10 令和2年文教厚生常任委員会 本文 開催日:2020年12月10日

WHOではフッ化物洗口は否定されているんですね。六歳未満は絶対やってはいけない。それから、急性中毒性、例えば、よだれ、嘔吐、腹痛、下痢、けいれん、ひどいときには不整脈というふうなことにもなる。新たなアレルギーを生む可能性もある。つまり、化学物質過敏症等ですね。それから、長期的な害の作用がある。つまり、骨のフッ素症

群馬県議会 2020-12-08 令和 2年第3回定例会厚生文化常任委員会(健康福祉部・病院局関係)−12月08日-01号

台湾世界保健機構(WHO)へオブザーバー参加を求める意見書」について、本案のとおり委員会から発議することに、賛成の委員は挙手願います。  (挙手全員)  挙手全員であります。  よって、本意見書は案文のとおり、厚生文化常任委員会から発議することといたします。

広島県議会 2020-12-05 令和2年12月定例会(第5日) 名簿・議事日程

びに結果報告 可決   一 広島選挙管理委員及び補充員選挙   一 県議第四号議案 広島県議会議員議員報酬の特例に関する条例案 上程   一 佐藤一直提案理由説明   一 県議第四号議案 否決(委員会付託省略)   一 意 見 書 案(三件)      発議第十号 国会における憲法議論推進国民的議論の喚起を求める意見書 可決委員会付託省略)      発議第九号 台湾世界保健機関WHO

千葉県議会 2020-12-05 令和2年12月定例会(第5日目) 本文

しかしながら、今日の状況を見ますと、結果的にはWHO我が国初動対応を見誤ったということになると思います。ワクチンができても、コロナウイルスは50種類以上見つかっていると言われています。さらに新しいコロナウイルスが出現する可能性は高いのではないかと思いますが、これからは、このたびの経験を生かして、過ちを繰り返さないように危機管理体制をさらに強化していく必要があると思います。  

熊本県議会 2020-12-04 12月04日-06号

不妊原因は、女性だけにあるものではなく、WHOによると、約半数は男性原因があるとされていて、検査をしても原因が分からないこともあります。 不妊治療は、妊娠出産まで、あるいは治療をやめる決断をするまで続きます。年齢が若いうちに治療を開始したほうが妊娠出産に至る確率は高くなるという傾向にありますが、いつ終わるのかを明らかにすることは困難です。

神奈川県議会 2020-12-04 12月04日-14号

報道の中では、回答が得られた出産後1年未満母親2,132人のうち、産後鬱の可能性がある人はおよそ24%に上り、これまでWHO世界保健機関見解などを基に、10%ほどの母親が産後鬱を発症するとして注意を呼びかけていましたが、調査結果では、倍以上に増えているおそれがあることが明らかになったという大変衝撃的なものでありました。  産後鬱は、なかなか表面化しづらい事柄であります。