運営者 Bitlet 姉妹サービス
268件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-11-28 青森県議会 平成30年第296回定例会(第2号)  本文 開催日: 2018-11-28 県立中央病院では、これまでの経営計画に基づく取り組みにより、その成果が着実にあらわれてきている一方で、高度・専門・政策医療の提供に必要な麻酔を初めとした医師不足や施設の老朽化に伴う修繕費の増加など、医療面から施設・経営面までさまざまな課題があるものと認識しております。   もっと読む
2018-10-16 青森県議会 平成29年度決算特別委員会(第2号)  本文 開催日: 2018-10-16 そのためには、麻酔を初め、医師や看護師等の医療スタッフの確保、限られた手術スペースを最大限活用した手術日程の調整及びこれらを踏まえたベッドコントロールのさらなる効率化などのさまざまな課題があるところでございます。   もっと読む
2018-07-05 愛媛県議会 平成30年環境保健福祉委員会( 7月 5日) ○(医療対策課長) 診療科の偏在につきましても地域偏在が根底にございまして、診療科別に見ましても麻酔の70.3%、呼吸器内科の82.1%、脳神経外科の60.8%が松山圏域の医療機関に従事しております。そのため各地域におけるこれらの麻酔科、脳神経外科等の配置が少なくなっておるという状況が見られるところであります。   もっと読む
2018-02-28 京都府議会 2018.02.28 平成30年予算特別委員会当初予算審査小委員会 書面審査 文化スポーツ部 本文 例えば綾部などでは、産婦人科医は最大4人いたのが、平成29年には1人、麻酔は最大3人いたのが1人ということで、その他の診療科も慢性的な医師不足でありますし、京丹後市弥栄病院、久美浜病院等も、いずれも内科、外科、産科、整形外科、小児科と、府立医大を中心に常勤医の派遣を緊急的な課題として要望をされているところでありますが、この課題についてはどのように考えていらっしゃいますか。 もっと読む
2018-02-14 茨城県議会 平成30年保健福祉常任委員会  本文 開催日:2018.02.14 また,高性能MRIなど最先端の検査機器を導入しているほか,中央病院の麻酔と連携した修正型電気けいれん療法についても実施しております。  続きまして,(2)の精神科救急病棟の拡充についてでございます。  警察官通報による措置入院や緊急的な入院に24時間365日対応する体制を整備するほか,既存病棟を精神科救急病棟に転換し,受け入れ体制の拡大を行っております。  5ページをごらん願います。   もっと読む
2017-11-01 香川県議会 平成29年[11月定例会]文教厚生委員会[健康福祉部、病院局] 本文 丸亀の香川労災病院に視察に行った際にお聞きしたのですが、全国的に救急や麻酔が足りないところ、丸亀の労災病院には麻酔が8人いらっしゃるそうです。やっぱり力を入れたらそれだけ成果があると思いました。  中央病院の患者数もそれほどふえていないという話ですし、一般の人の話を聞きますと、ゴッドハンドではありませんが、あそこの医者は何がうまいとか、口コミなどで患者がよく話をしております。 もっと読む
2017-10-18 茨城県議会 平成29年保健福祉常任委員会  本文 開催日:2017.10.18 これはもう相当苦労していて,麻酔が実は2年ぐらい前まで6人しかいなかったのを,9人まで今ふやすことができたんですね。それで,3,200ぐらいでとまっていたのを,去年は3,600,その次の年は3,488,3,621で,今年度は3,800を超えます。ただ,これはもう毎日のように麻酔と外科医とかでもめながら,同じ手術室の中でも稼働率,要するに使用している率を上げていくということです。 もっと読む
2017-10-02 滋賀県議会 平成29年 9月定例会議(第9号〜第14号)−10月02日-05号 このほか、麻酔科医師の不足を補うため、滋賀医科大学が行います麻酔ブラッシュアップ事業への補助によりまして、市立長浜病院へ麻酔1名を派遣しているところでございます。 ◆12番(杉本敏隆議員) (登壇)市立長浜病院では、現在、小児科の医師が2人で、来年の春から閉鎖しなければならないような状況もあると、少なくとも3人から4人の増員が必要だというふうにおっしゃっておられました。 もっと読む
2017-09-22 秋田県議会 平成29年 第2回定例会 第4日 このうち、かづの厚生病院の産婦人科については、秋田大学と岩手医科大学からそれぞれ常勤医1名と非常勤医の派遣を受けて運営されており、個室対応や立ち会い出産への対応も可能ですが、麻酔が常勤ではなく、また、NICU(新生児集中治療管理室)がないため、双子や精神的に不安定な妊婦、妊娠高血圧などリスクが高い分娩には対応できず、大館市立総合病院の地域周産期母子医療センター及び秋田赤十字病院の総合周産期母子医療 もっと読む
2017-07-05 長野県議会 平成29年 6月定例会県民文化健康福祉委員会−07月05日-01号 私自身も臨床におりましたときに麻酔として痛みのコントロールをしておりました中で、本当に痛みというものにも、身体的な痛み以外に精神的な痛み、さまざまな痛みが患者さんの病状に反映されているということを身をもって感じておりました。そういった中で、がんの哲学外来といったものも、私も本を読んだり講演会に行ったりしたんですけれども、非常に重要な視点だと思っております。   もっと読む
2017-07-04 長野県議会 平成29年 6月定例会県民文化健康福祉委員会-07月04日-01号 そして、産科医が15名というのは、確か長野県も産科医、外科医、麻酔が足りないということですかね、かなり足りないということでいうことでありまして。この成約者111名というのが、最新ですよね。確か、この前のは117名になっている。111が最新でよろしいですね。  それと、学生に貸与、就学資金貸与していたかと思うんですが、これは何年前からやっていたんでしたか、すみません。 もっと読む
2017-03-14 愛媛県議会 平成29年経済企業委員会( 3月14日) 新居浜病院につきましては、今年度、4月から整形外科医が不在だったのが3名配置されて再開したということで、評価の際には点数化されておりまして、整形外科医が不在の場合、5点マイナスということで、それと救命救急センターに救急医等の専従、ずっとそこにいなければならない医師が不在だということで、あと2名以下の場合は2点ということで、そういった専従医が今現在2名確保できておるということと、整形外科がなかった時点で麻酔 もっと読む
2017-03-08 兵庫県議会 平成29年度予算特別委員会(第5日 3月 8日) ○病院局管理課長(秋山徹志)  県立病院の医師確保の取組として、これまでから系列大学への働きかけの強化に加え、指導医資格の取得支援や麻酔総合研修システム、救急科研修プログラムなどの本県独自の取組を行ってきたところである。   もっと読む
2017-02-24 長崎県議会 平成29年  2月 定例会-02月24日−02号 同協議会において、周産期医療については、地域で安心して子どもを産み、育てられる環境を維持するためには、産婦人科医とともに、急変時等に対応する外科医あるいは麻酔の待機、NICU(新生児集中治療管理室)、こういう機能も含め、二次医療圏全体で支えていく体制を構築すべきである旨の報告がなされました。   もっと読む
2016-12-09 愛媛県議会 平成28年経済企業委員会(12月 9日) ○(県立病院課長) 南宇和病院では、医師不足、医師確保が難しいということで、平成16年度から麻酔は配置されておりません。それで、南宇和病院で全身麻酔が必要な場合につきましては、中央病院から定期的な派遣で麻酔科の医師が行って、全身麻酔を行っております。 もっと読む
2016-10-24 秋田県議会 平成28年 第2回定例会《10月議会》 決算特別委員会 第6日 その前は平鹿総合病院が−−柴田正敏議員の話があったように、ああいうすばらしい病院が出来たにもかかわらず麻酔がいなくて大変厳しい状況にあるという、そういう状況は改善されているものですか。 ○医師確保対策室長(佐藤徳雄)  先ほどもちょっとお話ししたのですが、最近女性医師が増えてきております。 もっと読む
2016-10-12 高知県議会 平成28年 10月 危機管理文化厚生委員会-10月12日−01号 特に、あき総合病院では、課題であった脳神経外科医や麻酔を確保できたこと。また、幡多けんみん病院では平成26年度に減少した2名の外科医を回復できたことは大きな成果と考えているところです。   もっと読む
2016-09-26 茨城県議会 平成28年決算特別委員会  本文 開催日:2016.09.26 また,帝王切開などに対応するために麻酔も必要でございますので,麻酔の1名増員といったことを行いました。  それから,ちなみに,助産師なのですが,助産師の数は13名配置しておりまして,そのうち,分娩介助実施可能ないわゆるベテラン助産師さんは5名ということでございます。   もっと読む
2016-09-20 茨城県議会 平成28年保健福祉常任委員会  本文 開催日:2016.09.20 28年度になってから,ほかの外科系のほうも使っていかないと,もう手術がこなせないということになってきましたので,麻酔も増員されましたので,むしろ手術室がリミッティングファクターになって,ふえてきた。その関係で,器具とか何かの置く場所とかが少し狭隘化していって,ほかのフロアに器具を置いておろしたりとか,そういうことをやっている現実なんですけれども。   もっと読む
2016-09-16 新潟県議会 平成28年  9月定例会 厚生環境委員会-09月16日−03号 中央病院といたしましては、麻酔も先日不幸にしてお亡くなりになられたということもございまして、手術ができなくなるようなことがないように、麻酔について可能な範囲で新潟労災病院を応援するなどして、中央病院に患者が集中するということのないように、必要な協力を行っているところでございます。 もっと読む