29件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

愛媛県議会 2019-06-26 令和元年環境保健福祉委員会( 6月26日)

また、本県におきましては、4名の県職員麻薬取締任命されており、国の麻薬取締官と連携して薬物事犯捜査、あるいは病院等麻薬取扱施設立ち入り調査等を実施して、薬物乱用防止に努めているところでございます。  そのほか、県警においても組織犯罪対策課を中心に薬物事犯取り締まりに当たっており、必要に応じ、県警とも連携を図りながら取り締まりを実施することとしております。

長野県議会 2016-03-10 平成28年 2月定例会県民文化健康福祉委員会-03月10日-01号

斉藤邦昭 薬事管理課長 ここ2~3年は、長野県の麻薬取締として検挙した事例はございませんけれども厚生局麻薬取締機関がございます。そのブロックの中で協力捜査という形で一緒に動いている部分はございます。 ◆垣内基良 委員 それ何で聞きたいのかというと、前の課長がおもしろい答弁したんです。だって、逮捕に行くときには、後ろについて、拳銃を持って行くわけでしょ。拳銃が2丁、玉が500発ぐらいあるね。

茨城県議会 2015-09-18 平成27年保健福祉常任委員会  本文 開催日: 2015-09-18

また,条例制定に伴う体制強化のため,麻薬取締を現行の2名から3名に増員いたしました。  危険ドラッグについては,販売店舗はなくなりましたが,いまだにインターネットデリバリー販売などが見受けられることより,条例の趣旨を踏まえ,引き続き,取り締まり啓発等強化を図ってまいります。  次に,12ページをお開き願います。  茨城県動物愛護管理推進計画の改定についてであります。  

滋賀県議会 2015-02-10 平成27年 2月10日厚生・産業常任委員会-02月10日-01号

どもも、小学校、中学校と連携いたしまして、県の我々のところにおります麻薬取締あるいは地域の少年センターならびに学校薬剤師会、そういうところと連携いたしまして、協力をいただきながらこの防止教室というのをしておりますので、今後も引き続きこの条例をもとにその辺の啓発は進めてまいりたいというふうに考えております。

秋田県議会 2014-09-11 09月11日-02号

一方、国においては、近年の薬物乱用の広がりを踏まえ、危険ドラッグについて、薬事食品衛生審議会を経ることなく緊急指定を行うほか、麻薬取締捜査権立入調査権を付与するなどの対策を講じてきております。 このように、国が、法改正などにより全国一律の規制に乗り出したことから、県としましては、法律に基づいて対応しているところであります。

千葉県議会 2013-09-05 平成25年9月定例会(第5日目) 本文

また、県はどのように対応するのかとの御質問ですが、今回の法改正により、これまで県の麻薬取締に付与されていた麻薬覚せい剤等犯罪捜査や取り調べに関する権限の範囲が拡大され、薬事法指定薬物にも適用されたところです。また、麻薬取締取り扱い店舗に立ち入り、指定薬物またはその疑いがある製品を検査のために無償で強制的に持ち帰ることができる権限が付与されました。

栃木県議会 2012-10-17 平成24年定例会第314回通常会議-10月17日-06号

二 指定薬物麻薬取締官及び麻薬取締による取締りの対象外であることを改めるとともに、指定薬物疑いがあるものを発見した場合に収去ができるなど法整備強化を図ること。 三 国民に対して、脱法ドラッグ危険性を周知徹底するための広報活動強化すること。 四 青少年による乱用を防ぐため、薬物乱用防止教育徹底を含む未然防止策強化を図ること。  

佐賀県議会 2012-09-06 平成24年9月定例会(第6日)〔意見書案〕

二 指定薬物麻薬取締官及び麻薬取締による取り締りの対象外であ  ることを改め、指定薬物を発見した場合に収去ができるなど法整備の  強化を図ること。 三 特に青少年や若者の乱用を防ぐため、薬物教育徹底を含む未然防  止策強化を図ること。  右、地方自治法第九十九条の規定により意見書を提出する。   

栃木県議会 2011-05-31 平成23年 5月生活保健福祉委員会(平成23年度)−05月31日-01号

八島 薬務課長 麻薬取締ですが、現在は2名おります。 ○若林和雄 委員長 山口委員。 ◆山口恒夫 委員 最後ですが、この取り組みは栃木県以外の他の都道府県でも実施されているところはありますか。 ○若林和雄 委員長 八島薬務課長。 ◎八島 薬務課長 数的なものは現在把握はしてございませんが、私どもが始めた平成21年度は本県だけと認識しております。

三重県議会 2010-09-27 09月27日-03号

まず、この件に関する知事の公的な役割、責任、先日知事のほうから説明がありましたけれども、主な役目としましては、免許に関する認可とか、あと麻薬取締任命中毒患者等措置入院権限、それから、三重薬物乱用対策本部本部長と、こうした役割というものがあるんだなということを確認しました。 あと、午前中の知事の答弁を聞かせていただいて、深甚なる反省をされているなと、このように感じたところでございます。

三重県議会 2010-09-15 09月15日-01号

また、今回の事件と私の知事としての職務との関係でありますが、薬物に関連して知事には、麻薬覚せい剤などの使用所持が認められる免許に関する認可をはじめ、麻薬取締任命麻薬中毒者等措置入院などの職務権限がございます。また、昭和48年から設置されております三重薬物乱用対策本部本部長の職にもあります。薬物にかかわる犯罪は大変重いものです。

長野県議会 2010-06-30 平成22年 6月定例会健康福祉委員会−06月30日-01号

麻薬取締は、今、薬事管理課に4名おります。そのうちで、実際に撃てるのは2名でございます。私は撃ったことございません。小銃はもう40何年たっていると聞いています。ことしは予算要求をして、新しい小銃にかえなければいけないという状況にあるということで聞いております。 ◆垣内基良 委員 撃ったのはいつですか。 ◎丸山洋 薬事管理課長 職員ですか。昨年、撃っています。 ◆垣内基良 委員 練習場でしょう。

新潟県議会 2009-09-07 09月07日-一般質問-03号

このうち麻薬などの取り締まり業務として、麻薬及び向精神薬取締法に基づき、県には麻薬取締が設置されております。 この麻薬取締は、特別司法警察職員としての権限が与えられており、職務遂行に当たり、けん銃等の携帯が認められております。また、密売流通ルートの解明のために、おとり捜査麻薬取締に認められた行為とされております。 

  • 1
  • 2