34件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

愛媛県議会 2019-06-26 令和元年環境保健福祉委員会( 6月26日)

また、本県におきましては、4名の県職員麻薬取締に任命されており、国の麻薬取締官と連携して薬物事犯の捜査、あるいは病院等の麻薬取扱施設の立ち入り調査等を実施して、薬物乱用防止に努めているところでございます。  そのほか、県警においても組織犯罪対策課を中心に薬物事犯の取り締まりに当たっており、必要に応じ、県警とも連携を図りながら取り締まりを実施することとしております。

長野県議会 2016-03-10 平成28年 2月定例会県民文化健康福祉委員会-03月10日-01号

◎斉藤邦昭 薬事管理課長 ここ2~3年は、長野県麻薬取締として検挙した事例はございませんけれども、厚生局麻薬取締機関がございます。そのブロックの中で協力捜査という形で一緒に動いている部分はございます。 ◆垣内基良 委員 それ何で聞きたいのかというと、前の課長がおもしろい答弁したんです。だって、逮捕に行くときには、後ろについて、拳銃を持って行くわけでしょ。拳銃が2丁、玉が500発ぐらいあるね。

滋賀県議会 2015-02-10 平成27年 2月10日厚生・産業常任委員会-02月10日-01号

私どもも、小学校中学校と連携いたしまして、県の我々のところにおります麻薬取締、あるいは地域少年センターならびに学校薬剤師会、そういうところと連携いたしまして、協力をいただきながらこの防止教室というのをしておりますので、今後も引き続きこの条例をもとにその辺の啓発は進めてまいりたいというふうに考えております。

鹿児島県議会 2013-03-15 2013-03-15 平成25年環境厚生委員会 本文

そこで今現在、自民・公明・民主三党の議員立法という形で、麻薬取締官麻薬取締、それとあと各保健所、薬務課も含めまして薬事監視員というのがおります。ここに一つ立入権限を与えようということ、それと、収去に関しましては、今までかなり難しかったわけですけれども、今回、薬事監視員等が疑いのあるものと判断したときには、それを強制収去できて、それを検査分析を行うという権限まで付与されてきております。

鹿児島県議会 2012-12-11 2012-12-11 平成24年第4回定例会(第6日目) 本文

例えば、麻薬取締官及び麻薬取締は一般の警察官は行うことができない、おとり捜査を行うことができるなど、特殊な権限を持たせて取り締まりに当たっております。  規制される薬物は、国民に深刻な健康被害をもたらし、薬物乱用による幻覚、妄想が殺人や放火等の凶悪な犯罪交通事故を引き起こすことがあるなど、乱用者本人のみならず周囲の人、さらには社会全体に対しても取り返しのつかない被害を与えてしまいます。

栃木県議会 2012-10-17 平成24年定例会第314回通常会議-10月17日-06号

二 指定薬物麻薬取締官及び麻薬取締による取締りの対象外であることを改めるとともに、指定薬物の疑いがあるものを発見した場合に収去ができるなど法整備の強化を図ること。 三 国民に対して、脱法ドラッグ危険性を周知徹底するための広報活動を強化すること。 四 青少年による乱用を防ぐため、薬物乱用防止教育の徹底を含む未然防止策の強化を図ること。  

佐賀県議会 2012-09-06 平成24年9月定例会(第6日)〔意見書案〕

二 指定薬物麻薬取締官及び麻薬取締による取り締りの対象外であ  ることを改め、指定薬物を発見した場合に収去ができるなど法整備の  強化を図ること。 三 特に青少年や若者の乱用を防ぐため、薬物教育の徹底を含む未然防  止策の強化を図ること。  右、地方自治法第九十九条の規定により意見書を提出する。   

栃木県議会 2011-05-31 平成23年 5月生活保健福祉委員会(平成23年度)−05月31日-01号

◎八島 薬務課長 麻薬取締ですが、現在は2名おります。 ○若林和雄 委員長 山口委員。 ◆山口恒夫 委員 最後ですが、この取り組みは栃木県以外の他の都道府県でも実施されているところはありますか。 ○若林和雄 委員長 八島薬務課長。 ◎八島 薬務課長 数的なものは現在把握はしてございませんが、私どもが始めた平成21年度は本県だけと認識しております。

長野県議会 2010-06-30 平成22年 6月定例会健康福祉委員会−06月30日-01号

麻薬取締は、今、薬事管理課に4名おります。そのうちで、実際に撃てるのは2名でございます。私は撃ったことございません。小銃はもう40何年たっていると聞いています。ことしは予算要求をして、新しい小銃にかえなければいけないという状況にあるということで聞いております。 ◆垣内基良 委員 撃ったのはいつですか。 ◎丸山洋 薬事管理課長 職員ですか。昨年、撃っています。 ◆垣内基良 委員 練習場でしょう。

茨城県議会 2005-03-04 平成17年保健福祉常任委員会  本文 開催日: 2005-03-04

1番目の職員給与費等は,麻薬取締2名の職員給与費等の確定により増額するものでございます。  次の覚せい剤等薬物乱用防止推進費のうち,1つ目の覚せい剤等乱用防止推進費は,地域の青少年相談員等に委嘱しております薬物乱用防止指導員に係る啓発活動費でございますが,国庫補助金基準額の確定により減額するものでございます。  

栃木県議会 2004-10-14 平成16年10月決算特別委員会(平成16年度)−10月14日-01号

この表にありますように、薬務課に配置されております特別司法警察員麻薬取締が乱用事犯を4件検挙いたしました。また、薬物乱用防止につきましては、現在、第3次覚せい剤乱用期と言われ、しかも低年齢化の傾向にあることから、薬物乱用防止啓発用リーフレットの配布や中学校での薬物乱用防止啓発演劇を目標の月間に企画をいたしまして実施するなど、小中高校への啓発をいたしたところでございます。  

茨城県議会 2004-03-10 平成16年保健福祉常任委員会  本文 開催日: 2004-03-10

1番目の職員給与費等は,麻薬取締2名の給与費等でございます。  次に,1つ飛びまして,覚せい剤等薬物乱用防止推進費のうち,1つ目の覚せい剤等乱用防止推進費は,県内の地域の青少年相談員等に委嘱をしております薬物乱用防止指導員 400人の普及啓発活動に要するものでございます。  

茨城県議会 2000-03-10 平成12年保健福祉常任委員会  本文 開催日: 2000-03-10

そのうち,備考欄の職員給与費等は,麻薬取締2名分の給与費の国からの確定によるものでございます。  その下になりますが,覚せい剤等薬物乱用防止推進費の国庫補助分でございます。県内の地域の有識者に委嘱しております薬物乱用防止指導員に係る啓発活動費の国庫補助確定による減でございます。  

茨城県議会 1999-03-03 平成11年福祉衛生常任委員会  本文 開催日: 1999-03-03

そのうちの備考欄の職員給与費等でございますが,これは,麻薬取締2名分の給与費の確定によるものでございます。  下から2番目でございます覚せい剤等薬物乱用防止推進費の国庫補助分でございますが,県内の有識者に依頼しております覚せい剤等乱用防止推進員に係る活動費の国庫補助の確定によるものでございます。  次に,146 ページをお開き願います。  

茨城県議会 1998-04-22 平成10年福祉衛生常任委員会  本文 開催日: 1998-04-22

本課におきましては,麻薬取締2名が配属されており,麻薬取扱者等の立入検査や法令違反,被疑事件に対する捜査を行っておりますが,ここ数年,覚せい剤を初めとする薬物乱用者が増加傾向にございますので,取り締まりの強化を図る一方,乱用防止に係る啓発活動にさらに力を入れてまいりたいと考えております。  次に,事業区分の上から4番目でございます。

  • 1
  • 2