7898件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青森県議会 2019-09-26 令和元年第299回定例会(第3号)  本文 開催日: 2019-09-26

最高は東京都の千十三円、最低は鹿児島の七百八十七円で、格差は二百二十四円より二円広げるというものでした。  日本最低賃金制度には二つの大きな問題があります。その第一は、その水準の絶対的な低さです。一日八時間、年千八百時間働いたとしても、改定予定額九百一円では年間賃金百六十二万円余と、ワーキングプアの水準であります。

富山県議会 2019-09-18 令和元年第4回定例会(第17日・9月18日) 本文

悲しい事件は後を絶たず、ことしに入ってから、千葉県野田市札幌市鹿児島出水市でも子供の虐待死が起きました。国や自治体などの関係機関の取り組みの強化で、子供が犠牲になる虐待を未然に防止することがますます大事になっているのではないでしょうか。児童相談所の相談件数、毎年のように過去最高を更新して、平成三十年度は全国で約十六万件に上りました。

石川県議会 2019-09-13 令和 元年 9月第 4回定例会−09月13日-03号

しかし、それ以降も児童虐待事件は後を絶たず、ことし一月には千葉県野田市で、また六月には札幌市、そして最近では先月末に鹿児島でも女児が死亡する事件が発生し、深刻な社会問題となっています。  こうした事件報道されるたびに「どうにかして助けることができなかったか」という声が多く聞かれます。周囲の人、また警察児童相談所が適切に情報共有していれば幼い命を救うことは不可能ではなかったと考えられます。

石川県議会 2019-09-11 令和 元年 9月第 4回定例会−09月11日-02号

豚肉輸出に力を入れる鹿児島などはワクチン接種に否定的であり、政権も農林水産物輸出拡大の方針を持っているため慎重です。  石川県は国との協議によって経口ワクチンの散布によって感染をブロックする方針で対策を実施していると思いますが、先日の県議会農業研究会の研修における意見交換会では養豚業者から豚へのワクチン接種を望む強い思いが語られました。

富山県議会 2019-07-22 令和元年 2020年東京オリンピック・パラリンピック対策特別委員会 閉会中(第1日・7月22日)本文

63 オリンピック大会室長 タイに関しましては、県内では川越市のみですので、お伺いしているところですと、鹿児島鹿屋市がタイのバレーボールのキャンプ誘致をやっておりますので、そちらのほうと今後どういった形で交流ができるのかというのは、またお伺いしていきたいと考えております。

福岡県議会 2019-06-30 令和元年6月定例会(第30日)〔資料〕

また、最低賃金地域格差はこの十年で二倍以上も広がり、最高の東京都が九百八十五円、最低の鹿児島が七百六十一円と、その差は二百二十四円にもなっている。フルタイムで働けば年収で約四十万円の差である。地域格差があれば、最低賃金が高い地域人口が流出して経済基盤が弱まり、ますます賃金が上げられず、更に格差が広がるという悪循環になる。  

鹿児島県議会 2019-06-28 2019-06-28 令和元年第2回定例会〔 意見書等議決結果 〕

令和元年六月二十八日         鹿児島議会議長  外 薗 勝 蔵 衆議院議長  殿 参議院議長  殿 内閣総理大臣 殿 財務大臣   殿 総務大臣   殿 経済産業大臣 殿 内閣官房長官 殿 内閣府特命担当大臣経済財政政策)殿 内閣府特命担当大臣地方創生、規制改革)殿 鹿児島議会 ↑ ページの先頭へ...

鹿児島県議会 2019-06-28 2019-06-28 令和元年第2回定例会〔 請願・陳情議決結果 〕

産業経済委員会 請願  受理 受 理   別               件        名           提    出    者   結  果 陳情  番号 年月日 陳情  2001 令元・6・4 「主要農産物種子条例」制定について   鹿児島市西田二丁目一一─八      継  続               の陳情書                 特定非営利活動法人鹿児島有機農業

鹿児島県議会 2019-06-26 2019-06-26 令和元年海外経済交流促進等特別委員会 本文

52 ◯瀬戸口委員 和牛の知名度というのは非常に高いんですが、中国で凍結精液や受精卵が確認されたということでありまして、鹿児島は五〇%以上のシェアを肉用牛改良研究所が持っている、県が持っている独特な県なんですけれども、精液あるいは受精卵の管理については、国のほうでは六月をめどにそういう法律をつくるということで今、一生懸命やっており、これは大変なことなんだなと