247件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿児島県議会 2019-06-21 2019-06-21 令和元年産業経済委員会 本文

2)県内就職ローラー作戦の実施につきましては、新規学卒者等の雇用確保のため、五月三十一日に、鹿児島労働及び県教育委員会と連携して、県内経済団体に対し、求人票の早期提出や働き方改革の推進等について要請を行ったところでございます。  また、県内の個別企業や高校・大学等に対しましても、県内就職の促進について要請を行っていくこととしております。  

鹿児島県議会 2019-03-08 2019-03-08 平成31年産業経済委員会 本文

参考までに、別の指標をお示ししたいと思うんですけれども、平成三十年十二月末現在の、鹿児島労働のほうで調べております、ハローワーク等への障害者の方の登録状況なんでございますけれども、トータルで一万六千四百五人登録されている方がおられまして、そのうち、身体に障害をお持ちの方というのが七千六百九十六名、知的な障害をお持ちの方が三千二百四名、それから精神的な部分でのいろいろな課題をお抱えの方が四千八百九十二名

鹿児島県議会 2019-02-25 2019-02-25 平成31年第1回定例会(第3日目) 本文

外国人労働者につきましては、鹿児島労働によると、平成三十年十月末現在では六千八百六十二人となっており、前年に比べ二割以上増加しているところであります。  労働環境の相談の現状についてであります。  外国人労働者労働環境改善の相談につきましては、県では雇用労政課に労働問題相談員を配置しておりますが、これまで外国人からの相談は寄せられていないところであります。

鹿児島県議会 2018-10-02 2018-10-02 平成30年海外経済交流促進等特別委員会 本文

まず、本県の監理団体、受け入れ企業の現状につきましては、私どもといたしましては、主として外国人技能実習機構でございますとか、鹿児島労働の公表資料などにより、基本的な情報を収集しているところでございます。  技能実習機構のホームページにおきましては、全国の監理団体が公表されていますが、最近公表されました資料によりますと、県内の監理団体数は、許可を受けた団体は十七団体となっております。

鹿児島県議会 2018-09-26 2018-09-26 平成30年第3回定例会(第7日目) 本文

鹿児島労働によりますと、平成二十九年十月末現在の本県の外国人労働者数は五千五百四十二人であり、そのうち、技能実習生は三千三百七十八人であります。技能実習生数の国籍別内訳は、ベトナムが千七百九十一人、中国が九百一人、フィリピンが四百六十六人などとなっております。産業別内訳は、食料製造業を中心に製造業が千八百七十七人、農業林業漁業が八百五十五人、建設業が二百五十七人などとなっております。  

鹿児島県議会 2018-09-14 2018-09-14 平成30年第3回定例会(第2日目) 本文

また、本年三月には、給与の比較だけでは見えない、本県の暮らしやすさや魅力を伝えるリーフレットを鹿児島労働と共同で作成し、県内の高校生、大学・短大生等へ配布したところであります。  今後とも、関係機関と連携しながら、新規学卒者や若年者の県内就職やUIターンの促進に努めてまいります。

鹿児島県議会 2018-09-11 2018-09-11 平成30年第3回定例会(第1日目) 本文

保育士の確保につきましては、鹿児島労働と連携し、復職を希望する潜在保育士に対し、八月に最新の求人情報を提供したところであります。さらに、保育士等の処遇改善を図るために、保育所等の設置者を対象とした処遇改善啓発セミナーなどを実施することとしておりまして、引き続き、保育士等がやりがいを持って働き続けられる魅力ある職場づくりを促進してまいります。  

鹿児島県議会 2018-09-11 2018-09-11 平成30年第3回定例会 目次

について      ・離島空港の就航率向上とその対策について      ・口永良部島航路の就航率向上の取組について     計画性・均衡あるクルーズ船誘致と港湾整備について      ・鹿児島港におけるクルーズ船の寄港数及びクルーズ船観光客の訪問先等について      ・世界遺産を生かしたクルーズ船の離島への誘致及び港湾整備の取組等について     働き方改革に伴う本県の取組について      ・鹿児島労働

鹿児島県議会 2018-06-20 2018-06-20 平成30年海外経済交流促進等特別委員会 本文

鹿児島労働が公表しております資料によりますと、昨年十月末現在の本県内の技能実習生の方の数は約三千三百人余りでございます。本県における技能実習は、そのほとんどがこの(二)団体監理型によるものとなっているところでございます。  続きまして、二ページをお開きいただけますでしょうか。  実習生の処遇ということについてでございます。  

鹿児島県議会 2018-06-18 2018-06-18 平成30年企画観光建設委員会 本文

131 ◯森 監理課長 鹿児島労働が公表した平成二十九年十月現在の数字がございます。これは、雇用した事業所は届け出なければならない仕組み、制度に基づくものでございまして、それによりますと、外国人労働者雇用する事業所数、これは全体で一千百六十八事業所ありまして、うち、建設業の事業所は九十七事業所、一割弱となります。