33243件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-01 06月12日-03号

昭和五十六年度の公立高校入試の結果を見てみましても、たとえば「最近の科学の進歩は著しい」、この「著しい」という漢字が読めない者が全受験者の二五・七%を占めております。また「要点をカンケツにまとめる」という「簡潔」というかなを漢字で書かせた出題におきまして、六六・八%が誤っておる実態がございます。 

兵庫県議会 2021-03-22 令和 3年 2月第353回定例会・速報版(第9日 3月22日)

多様な兵庫人材の活躍については、学校教育におけるICT活用の推進、生きる力を育む体験教育充実県立高校における学力向上魅力づくり障害のある児童生徒への合理的配慮による特別支援学校整備充実公立夜間中学の一層の拡大、障害者の適性に応じた就労支援更生保護におけるきめ細やかな就労支援などが求められました。  

石川県議会 2021-03-18 令和 3年 3月18日厚生文教委員会-03月18日-01号

取組前の平成29年度から直近の令和2年度までの対前年度の増減については、小学校は順に0.6時間、2.5時間、0.7時間の減、中学校は5.3時間、2.9時間、3.7時間の減、全日制高校は4.4時間、2.3時間、3.0時間の減となっており、いずれの校種も対前年同期に比べて減少を続けています。  中ほどの(4)第3四半期の時間外勤務時間の校種別人数分布を御覧ください。  

兵庫県議会 2021-03-02 令和 3年 2月第353回定例会・速報版(第7日 3月 2日)

最後に、県立高校修学旅行についてお伺いいたします。  兵庫県の県立高等学校等修学旅行実施基準を見ると、所要経費は8万円程度海外は3割増しの10万4,000円程度までとすると決められています。ところが、2018年度県立高校修学旅行代金を私が調べてみると、平均額は約9万3,900円、国内は9万1,300円、海外は約10万9,400円となっています。

兵庫県議会 2021-03-01 令和 3年 2月第353回定例会・速報版(第6日 3月 1日)

私が45年前、県立定時制高校の担任をしていたとき、クラスに児童養護施設出身の2人の生徒がいました。1人は全くの天涯孤独、もう一人は三姉妹の長女で、2人とも親の顔すら知りませんでした。2人とも、物心がつく頃には施設で育てられていました。2人は中学卒業後、准看護師の資格を取り、病院の夜勤などのときは一睡もすることなく働き続けたまま定時制高校に通いました。

東京都議会 2021-02-26 2021-02-26 令和3年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文

既に一部の都立高校などに導入され、複数のハイリスク児童生徒の存在に気づき、保護者医療機関との連携による具体的な支援に寄与した事例が報告されています。  そこで、こうしたIT技術を導入し、児童生徒の心をケアする体制を強化すべきです。都教育委員会の見解を求めます。  

兵庫県議会 2021-02-26 令和 3年 2月第353回定例会・速報版(第5日 2月26日)

本年1月に県教育委員会が実施した高校新入生アンケートでは、高校魅力・特色を高校選択の理由にしましたかや、現在、あなたの高校生活充実していますかなどの設問が5問あり、最後の6問目に、その他、学校に期待することという自由記述がありました。その中で、やっぱり意見が出たなと感じたのがスマートフォン規制緩和、そしてユニセックスな制服などという記述でした。  

兵庫県議会 2021-02-25 令和 3年 2月第353回定例会・速報版(第4日 2月25日)

特に昨年の12月2日には、神奈川県において、京都府宇治市の高校2年生の少女が受け子として逮捕されるなど、特殊詐欺グループにおいて組織の末端であり、実行犯をつかさどる受け子出し子の低年齢化が問題となっています。愛知県警調査によりますと、特殊詐欺実行犯のうち、約半数の若者がSNS交流サイトの勧誘をきっかけに加担していることが発表されておられます。

東京都議会 2021-02-24 2021-02-24 令和3年第1回定例会(第2号)(速報版) 本文

一方で、高校段階では、より高度かつ複雑な学習で活用するために、高スペック端末が本来必要ですが、高校段階においてはそもそも一人一台端末整備されていないのが現状です。特に、高校段階の学びにふさわしい高スペック端末は、義務教育段階端末よりも高額となるため、保護者負担を考慮した上で、裾野が広い支援が必要になります。  

兵庫県議会 2021-02-24 令和 3年 2月第353回定例会・速報版(第3日 2月24日)

質問最後は、未来の県立高校在り方についてであります。  県教育委員会が昨年10月に発表した令和3年度の公立高等学校生徒募集によると、今春の国公立中学校卒業見込者数は4万3,100人で、昨年より1,753人減少することから、全日制高校定員が1,200人、30学級分の減となりました。全日制高校定員減は、これで7年連続です。

兵庫県議会 2021-02-17 令和 3年 2月第353回定例会・速報版(第1日 2月17日)

3月に提出される高等教育あり方検討委員会の報告を踏まえ、魅力ある高校在り方や、学校適正規模、配置などに関する実施計画を策定します。  阪神地域特別支援学校では、児童生徒数増加により定員を上回る状況が続いています。阪神北地域に加え、阪神南地域でも新設校整備に着手します。  4月に開学する芸術文化観光専門職大学には、全国から多くの出願がありました。

石川県議会 2021-02-10 令和 3年 2月10日厚生文教委員会-02月10日-01号

ここには公立高校のほか国立、私立の高校について、昨年11月末現在の就職内定状況をお示ししています。  一方、下の表ですが、これは本県が独自に調査をしたものであり、これは県内公立高校の12月末現在の就職内定状況です。  まず、上の表を御覧ください。令和2年11月末現在、文部科学省調べについてです。  表の上段は昨年度、下の下段は今年度です。  

石川県議会 2021-02-08 令和 3年 2月 8日商工観光公安委員会−02月08日-01号

これについても先日、寺井高校における就職内定率が100%という報道があり、そういった意味では皆さん方の常日頃の努力のおかげでこんな高い数字が出てきたと思っています。確かに県内大学と一緒で前年同期から比べると少しは減ってきていますが、部長の説明では、3月末までにはしっかりと確保できるのではないかという見通しなので、そこはぜひ期待したいと思います。